ポイントは3つ!ビジネススタイルに合うマフラーとは

ポイントは3つ!ビジネススタイルに合うマフラーとは

ビジネススタイルでの防寒具にマフラーは欠かせませんよね。暖かさはもちろん、ジャケットコーデを“上品におしゃれに”見せてくれる、そんなマフラーがおすすめです。

池田 やすゆき

2016.12.28

小物
マフラー

ビジネススタイルに合うマフラーとは?

スーツやジャケットを着るときのビジネスマフラーは、カジュアルすぎてはいけません。あくまで防寒用の小物ですから、マフラーも相応の上品なものを選びます。ちなみに海外では「マフラー」は通じません。「スカーフ」ですのでお間違いなく。

ビジネスマフラーを選ぶときのポイントは?

それでは、ビジネスマフラーを選ぶ3つのポイントを解説します。これを知っておけば、まず失敗することはないでしょう。

ポイント1「編み」より「織り」のマフラーを

マフラーは大きく分けて「織り」と「編み」の2種類ですが、スーツやジャケットを着るビジネスやフォーマルスタイルのときは「織り」マフラーを合わせます。巻いたときにボリュームが出すぎる「編み」のニットのマフラーは、ビジネスには不向きなのです。あくまでスタイリッシュに装うためには「織物」マフラーを選びましょう。

ちなみに、セーターのようにループ目が並ぶのが「編物」、縦横に糸を並べていくのが「織物」です。もちろん素材は上質なウールを。首周りがチクチクすることなく、温かさも抜群ですので。

ポイント2ビジネスカラーなら安心です

ビジネスカラーとは、ネイビー、ブラック、グレー、ブラウンなどビジネススーツに用いられる系統の色のことです。これらはどのように組み合わせても間違いということがない便利な色でもあります。

たとえばネイビースーツには、ブラックやグレー、ブラウンのマフラーが、グレースーツには、ブラック、ネイビー、グレーのマフラーが合わせられます。日常着もベーシックカラーで揃えておけば、コーディネートを失敗することはありません。ま、色みが地味なぶん、面白みには欠けますが……。

ポイント3柄物を選ぶならクラシックなものを

ビジネスマフラーは無地またはクラシックな柄物を。クラシック柄とは、チェックやストライプなど、スーツ同様の伝統的かつシンプルな柄のこと。

チェック柄ならウインドウペンや千鳥格子、グレンチェックなど。タータンチェックは基本的にカジュアル向けの色柄で、女子高生とか学生っぽく見えてしまうので注意が必要。

ストライプ柄なら、ピンストライプやペンシル&チョークストライプを。マルチカラーのスクールストライプも制服っぽいのでやめといたほうがいいですね。

タイプ別に提案! スーツに似合うマフラー

ではビジネススタイルに使えるマフラーを見ていきましょう。ビジネススタイルはあくまで着る人が主役で、服が目立ってしまってはいけません。「地味でつまらないなー」と思われるかもしれませんが、あくまでストイックな選び方に徹するべきものとご了承ください。

あ、ちなみにここでいう「ビジネススタイル」は、あくまでドレスコードのおカタい業種ということですので。IT系とかファッション業界とか、服装自由なとこは好きなマフラー巻いてご出勤ください。

▼ドレッシーに装うならベーシックカラー

ネイビー、グレー、ブラック、ブラウン、この4つのベーシックカラーの組み合わせ方は、いかようにしても間違いがありません。ネイビースーツにはグレーでもブラックでもブラウンでも、もちろんネイビーのマフラーだってOKです。季節柄、グレイフランネルのスーツにブラウン系のカシミヤマフラーなんてのが上品かと。

『エディフィス』リバーシブルカシミヤマフラー

表裏で同色のトーン違いになったカシミヤマフラー。カシミヤはなんといっても肌触りの良さが決め手。上質なカシミヤは本当に温かくて、肩周りまでほっこりします。縦半分に折ってどちらの面を見せるか選べますし、開いたまま適当にひねって巻けば2トーンのコントラストを楽しめます。

『ナノ・ユニバース』ジャパンメイド ウールソリッドマフラー

『ナノ・ユニバース』からはジャパンメイドのウールマフラーをピックアップ。素材の良さとベーシックなカラーリングでラグジュアリーな雰囲気が漂います。汎用性の高いシンプルな無地で、カジュアルシーンに合わせてもなんだかリッチな気分になりそう!

『アーディ アンド シー』ソリッドカラーストール

ウール、カシミヤ、シルクの3種の高級獣毛を混合したコスパの高い『アーディ アンド シー』のソリッドカラーストール。滑らかで上質なタッチと発色の良さはもちろん、ほんのり光沢が浮き上がるドレススタイルに最適なマフラーです。

▼差し色使いしたいなら、トレンドカラーのボルドー&グリーンを選ぶ

スーツ合わせやすいからといってベーシックカラーのマフラーでは物足りない! という方のために金曜日用のカラーマフラーを提案させていただきましょう。とはいえ赤だの黄色だの鮮やか色はビジネス向きではありません。今季のトレンドカラーである、ボルドーやグリーンあたりが旬な気分を醸してくれるのではないでしょうか。

『アーバンリサーチサニーレーベル』カシミヤマフラー

濃いめのトーンのボルドーカラーは大人っぽく決まって、コーデのアクセントになるので意外と取り入れやすいカラーです。赤系のなかでもワイン色に近いボルドーは、いわゆるビジネスカラーと相性がいいので◎。サラッと巻くだけでワンランク上のスタイリングを実現してくれます。

『フィローモ』カシミヤマフラー

カーキに近いミリタリーグリーンはビジネスシーンにも大活躍。こちらはカシミヤの中でも最高峰の内モンゴル産の素材を採用しています。上品な素材にタフな色を使うというミックス感がおしゃれ心をくすぐりますね。

『グリーンレーベルリラクシング』ウールカシミヤ ヘリンボーンマフラー

美しいエメラルドグリーンのマフラーは一見無地のようですがヘリンボーンの織り柄がさりげなく施されています。品の良いカラーなので、カジュアル使いはもちろんのことドレッシーなスタイリングにも重宝しますよ。

▼柄物にトライしたいなら、ストライプ&チェック

ビジネスマフラーに柄を使うなら、ベーシックなものにしておきましょう。ビビッドカラーがふさわしくないように、大胆なプリント柄も妙に浮いてしまいますので。スーツの柄同様、ストライプやチェックも控えめなものを選びます。ただしスーツやコートが柄物の場合、柄物マフラーは避けるのが無難です。

『アバハウス』カシミヤストライプリバーシブルマフラー

スーツにもありそうなグレー地にストライの柄。同じようなストライプのスーツに合わせるのは鬼門ですので、無地のスーツに合わせることをおすすめします。シンプルなストライプ柄なら、柄物スーツに合わせてもうるさくなりすぎません。

『ザ スーツカンパニー』ストライプ×織柄マフラー

ストライプと織柄を組み合わせた高級感あるルックスは、ビジネススタイルにぴったりです。ちょっとグレイッシュなところは、ネイビースーツでもグレースーツでも、うまい具合にハマるはず。

『グリーンレーベル リラクシング』カシミヤ W/P マフラー

上質なカシミヤ素材とウインドウペーン柄が絶妙にマッチした上品なマフラー。幼くなりがちなチェック柄を落ち着いたカラーリングで大人仕様に仕立てているので、ビジネスマフラーに選んで間違いありません。

▼マフラー専業ブランドから選べば間違いなし

マフラーやスカーフなどのネックウェア専業ブランドなら、素材にこだわって織られているので、肌当たりが抜群で温かいことは間違いありません。色柄もコーディネートしやすいものを揃えているので、迷ったら専業ブランドと覚えておくと良いでしょう。

『ジョンストンズ』カシミヤ大判ストール

『ジョンストンズ』社は1797年にスコットランドの北東に位置するエルガンで創業した高級マフラー&ストールの専業メーカーです。高級メゾンや多くのデザイナーズブランドのOEMも請け負っているので、その実力は世界屈指。とろけるような肌触りと温かさを実感できます。そのぶんお値段は少々張りますが、一度使ってみればほかのマフラーが使えなくなるほど。

合わせて読みたい:
その品格は主役級。ジョンストンズのストールが重宝する

ジョンストンズのマフラーがもたらす、首元の上品さと暖かさ

『ドレイクス』

ネクタイが有名な『ドレイクス』は、英国のネックウェアの専業ブランド。モダンな色柄に定評があり、こちらのマフラーは落ち着いた4カラーから選べます。同ブランド十八番であるアンゴラ素材を配合したマフラーは軽量かつしなやかな肌触りで使いやすいうえ、おしゃれ感も高まります。

『アルテア』

『アルテア』は今ではトータルブランドに成長を遂げているので、厳密には”専業”ではないのですが、もともとはネクタイから始まったミラノのネックウェアブランドです。素材選びと色出しのうまさは、さすがはイタリアブランド。こちらは大判マフラーでストール風ですが、ビジネス使いももちろんOK。繊細な総柄ですがビジネススーツに合わせても違和感なく馴染みます。

スーツに似合う巻き方ってどういうの?

ビジネススーツにマフラーを使う際、ボリューム巻きはNGです。コートを着ていることを前提に考えれば、巻かずに首に掛けるように使うこともありますが、ここではスマートな「巻き方」をご紹介しましょう。

巻き方1ピッティ巻き

毎年1月と6月にイタリア・フィレンツェで開かれるメンズファッション見本市「ピッティ・ウォモ」に世界中から集まるバイヤーやジャーナリストの間で流行していたことから名付けられた、スーツに似合う巻き方です。襟元がコンパクトになり、密着度も高いので保温性も抜群です。

巻き方2ワンループ巻き

シンプルな巻き方ですが、襟元を絞り上げる保温性の高い巻き方。マフラーをひねらないので、柄がきれいに見えるのが特徴です。ただし長めのマフラーだと、ちょっとアンバランスなので、短めのマフラーを使うようにしましょう。

【ピッティ巻きとワンループ巻きの巻き方はこちらをチェック!】
参考記事: 即実践!大人が挑戦すべき、マフラーの巻き方教えます

巻き方3アスコット巻き

アスコットタイのように、一回結んで垂らす巻き方。シンプルな巻き方なので、ビジネススーツに合わせるのに適していますが、襟元を絞らないので保温性は……。マフラーをアクセサリー的に使うときに活用したい巻き方です。

【巻き方】
1.マフラーを首に掛けて、胸元で一回結ぶ。
2.ループの上に引き出している部分が面で垂れるように調整して完成。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

    ビジネスシューズ20選。頼りになる1足の選び方とおすすめ

    足元はビジネススタイルの要。見た目はもちろんですが、履き心地も重視したいところです。頼れる1足を見つけるために、選び方のポイントや信頼できるブランドをご紹介!

    近間 恭子

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK