日数別に提案!スーツケース&サブバッグの推しセット

日数別に提案!スーツケース&サブバッグの推しセット

旅行前は、現地での計画や宿泊場所だけでなく、バッグの選択も悩みの種。そこで、旅行日数に合わせたおすすめバッグ&サブバッグをご紹介します。

モチヅキ アヤノ

2016.12.21

バッグ
トラベルグッズ
旅行

意外な落とし穴? 旅行バッグ本体こそ、一番の大荷物

意外な落とし穴? 旅行バッグ本体こそ、一番の大荷物

旅行前は、どんな服を持って行くべきか、洗面道具は? 仕事道具も念のため持って行っておくべき? ……と何かと悩んでしまいがちですよね。実際、持ち物は現地でどうにかなるものが多いのが事実。ですので、準備物より何よりも、一番真剣にセレクトすべきものは「バッグ」ではないでしょうか。準備段階で「バッグ」さえ、日数に応じた大きさのものを用意しておけばひと安心です。どんなかばんが適しているのか、さっそくご紹介しますね!

旅行かばんといえども種類は豊富……。何を基準にバッグを選ぶのがベター?

旅行の日数は決まった! けど、どうやってバッグを選んだらいいのか、ポイントがわからない方も多いかと思います。旅行用バッグをセレクトする段階で重視すべき、大切なポイントをご紹介します。

スーツケースは安定感のある4輪を選ぶと無難

スーツケースは安定感のある4輪を選ぶと無難

重たい荷物も持ち運びやすいスーツケースをメインバッグに選ぶ方が多いかと思います。スーツケースには大きく分けて「4輪タイプ」と「2輪タイプ」があるのですが、安定性が高いのは圧倒的に「4輪タイプ」。とくに、サイズが大きいものなら必ず4輪タイプを選んでおきましょう。「2輪タイプ」は、荷物サイズが少なく、軽量な場合に選ぶのがベター。ハンドルを持って引きながら歩けるため、未舗装の道を歩く場合におすすめです。

出発時に内部がぎゅうぎゅうになるものはNG! 余裕あるサイズを選ぼう

出発時に内部がぎゅうぎゅうになるものはNG! 余裕あるサイズを選ぼう

バッグのセレクトをまちがえたときにありがちなのですが、出発の時点でバッグ内部がぎっちりつまっていると、帰りに荷物が増えたときかなり困ります。とくに、旅行先で家族や同僚にお土産を買うことを検討している方や、飛行機に乗る方ならなおさらです(航空会社によっては荷物が増え、預け荷物個数を増やすと追加料金が徴収されます)。出発時にある程度バッグ内に空間ができるものを選んでおきましょう。

セキュリティ対策も忘れないで! サブバッグは外から中身が見えないものを

スーツケースやボストンバッグなど、メインの荷物バッグにロックをかける方は多いと思うのですが、持ち歩きのサブバッグにはロックはかけないですよね。そこで心配になるのが、スリなどの被害。とくに、海外では日本人はスリのターゲットになりやすいです。バッグにロックをかけないのなら、サブバッグは開口部がファスナータイプ仕様のものなど、すれ違った人から中身が見えないものを選びましょう。

日数別。持ち運ぶかばんの種類と大きさについて

バッグといってもいろいろな種類がありますよね。そこで、日数別にどんなバッグが良いのか解説しながら、日数に応じたおすすめのバッグをピックアップ。旅行の計画がある方、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼1泊2日の旅行で持ち運ぶなら……

1泊2日の場合、着替えも多くないため、容量20〜25L程度のリュックやボストンバッグで十分でしょう。お土産を買う予定がある方は、荷物が増え、重くなるため、容量30L程度のメインバッグが小回りも利きやすくおすすめです。サブバッグは、この場合ほとんど必要ないかと思いますので、メインバッグと併用して使うと良いでしょう。

メインバッグ『ミスターオリーブ』撥水レザー 2wayワークアンドボストン

雨や汚れに強い撥水レザーを使っているだけでなく、洗うこともできる最強のボストンバッグ。1日分の衣類とお土産を入れるのには十分な大きさです。ショルダーベルトも付いているので、持ち運びも楽々ですよ。

サブバッグ『アイエーティーエー ゴルフ』トラベルバッグ

サブバッグではないのですが、荷物が増えたときの救世主「折りたたみバッグ」をご紹介。エコバッグとして使えるだけでなく、スーツケースのハンドルに通して使えるバッグです。31Lも容量がある一方、ポケットサイズまで折りたためるのでかさばりません。

▼2〜3泊の旅行で持ち運ぶなら……

2〜3泊の旅行なら、メインにスーツケースやリュックを持ち歩く場合は容量30〜50Lのものがバッグ内の余裕もでき、おすすめです。サブバッグは、ショルダーの小さなバッグが散策や移動時に使いやすいかと思います。飛行機で移動する際は、機内で使うものが入りやすい大きさのものが良いでしょう。

メインバッグ『フィクチュール』ビッグトラベル バックパック3

名前のとおり、大容量の旅行用リュックです。手前の収納ポケットはマチ付きで、細かなアイテムがどんどん入る仕様に。容量は39Lで、衣服も洗面用具も余裕で収納可能ですよ。

サブバッグ『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』レザーフラップ ショルダーバッグ

オールレザーのショルダーバッグは、ユニセックスなデザインで彼女や奥さんとお揃いで持ち歩いてもすてきです。フラップ仕様に加え、ファスナー開閉のためセキュリティ面も◎。週末旅行の街歩きにもぴったりなサイズ感ですね。

▼4〜6泊の旅行で持ち運ぶなら……

4〜6泊の旅行だと、容量50〜80L程度のメインバッグが必要です。4泊以上の旅行となると、飛行機利用での長距離移動が必要な国内・海外旅行に行く方も増えてくるはずですので、サブバッグは機内で使うものが入る程度の容量もあると良いでしょう。

メインバッグ『センチュリーアベニュー』スーツケース

つや消しマットな質感が上品なスーツケースです。またキャスターは消音設計されているため、音も気になりにくい優秀なアイテム。MAXで7泊分の荷物が入る大容量サイズで、日数分の衣類に加え、海外旅行先でのお土産も十分収納できるサイズ感ですよ。

サブバッグ『バトラーヴァナーセイルズ』シュリンクレザーエディターズバッグ

安心のジャパンメイドによる型崩れしにくい本革バッグで、防水機能も完備されています。街歩きはもちろん、機内用スリッパや洗面道具、タブレットに充電器具、書籍までバッチリ収納できる、移動中にも重宝するバッグですよ。

▼1週間程度の旅行で持ち運ぶなら……

1週間となると着替えの量も増えて、重さもぐっと増します。1週間程度の旅行では、洗濯ができる服を持って行くこともおすすめ。洗濯が可能な施設に泊まる場合は3〜4泊分程度の衣類で十分かと思います。洗濯できない場合は、70〜90L程度の容量のメインバッグがぴったりです。サブバッグは4〜6泊のときと同じサイズ感のもので大丈夫でしょう。

メインバッグ『サムソナイト』アーメット スピナー79 エキスパンダブル スーツケース

近未来的なデザインと高品質性で世界中から愛される『サムソナイト』のスーツケースです。このモデルは全サイズに容量拡張機能が搭載されているため、1週間の旅行で荷物が増えた際も安心して使えますよ。

サブバッグ『マキャベリック』ダブルベルトデイパック リュックサック

現地滞在中にどこかへ日帰り旅行する際にも便利なリュックです。トップのポケット付きフラップ部分や、サイドポケットもあるなど収納力も豊富。年齢問わず使えるベーシックなデザインのリュックは、1つは持っておいて損はないアイテムです。

▼10日以上の長期旅行で持ち運ぶなら……

10日を超える旅行の場合、メインバッグは容量100L以上の大型スーツケースがおすすめです。また、10日を超える旅行になると、さすがに仕事が気になる方が多くなってくるのではないでしょうか。そんな方には、サイドバッグはPCや書籍が収納できる大容量のものをお供に持って行くのがおすすめです。

メインバッグ『ブリーフィング』ハードケース H100

1998年にラゲッジブランドとしてアメリカで誕生した『ブリーフィング』のスーツケース。容量は100Lで2週間以上の長期旅行に適しています。余計なデザインをそぎ落としたミニマルなデザインと、耐衝撃性に優れた頑丈なつくりは世代を問わず大人気です。

サブバッグ『ハーシェルサプライ』リトルアメリカ ミッドボリューム

『ハーシェルサプライ』は2010年創立のカナダ発バッグブランドで、こちらはブランドを代表する「リトルアメリカ」モデル。開閉はマグネットフラップ+巾着のコンビでセキュリティ面も十分です。PCポケットはクッション性が高く、持ち歩きに最適ですよ。

【番外編】荷造り時にあると助かる、おすすめアイテム

旅行日数が長い場合や荷物が多いと、往路・復路ともに荷物整理時に混乱しやすくなりますよね。筆者が出張時や旅行時に、荷物を整理するために重宝したおすすめアイテムをご紹介します。

持っていて助かったアイテム1バッグオーガナイザー

下着や靴下、シャツなどの衣類をそれぞれ分類して収納できるポーチです。防水ものだと、メインバッグ内で何かの液体が漏れたときも衣類のダメージを最小限にとどめてくれます。これがあるだけで、メインバッグ内をすっきりと整理できますよ!

持っていて助かったアイテム2衣類圧縮袋

とくに、日本とは気候が異なる土地に行くときにありがちな「服がかさばる」問題を解決してくれるのがこの圧縮袋です。掃除機なしでも自分の力で圧縮できるのでとても便利なんです。お手頃価格で販売されていることが多いネットやホームセンターなどで探してみてくださいね。

持っていて助かったアイテム3スーツケース重量計(ラゲージスケール)

復路で飛行機を利用する際は重量オーバーが気になりますよね。その重量の不安を解消してくれるのがこの重量計。スーツケースのハンドルに引っ掛けるだけで重量を計ってくれますよ。

持っていて助かったアイテム4旅行用洗面バッグ

洗面道具は小物が多く、ばらつきがちですよね。バッグの中で見つからなくなっているものがある方もいらっしゃるのでは? この洗面バッグは水回りで使う小物をきちんと収納してくれる優秀アイテムで、フック付きのため壁面に引っ掛けて使えるんです。旅行先の宿泊施設では洗面所やお風呂が狭いことが多々ありますが、これがあれば水回りが散らからずに済むことも大きなメリットです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK