軍人に見せない。オリーブを着こなす3つのポイント

軍人に見せない。オリーブを着こなす3つのポイント

メンズファッションで活躍するオリーブカラー。でも使い方を間違えるとおしゃれには見えない着こなしに。失敗しないオリーブカラーのスタイリングをマスターしましょう。

高嶋 一行

2016.12.13

ミリタリーファッション

【あなたは大丈夫?】まず知るべきはNG例。オリーブの“軍人見え”する着こなしとは?

メンズファッションで多用されているオリーブカラーですが、実はコーディネートの際に気をつけるポイントがいくつかあります。知らないうちにNGコーデとなっていないか、このタイミングにチェックしてみましょう。

NG例1:全体的にゴチャゴチャしている

NG例1:全体的にゴチャゴチャしている

ポケットがたくさん付いたデザインや過度な機能性は、本物のミリタリーウェアに見えてしまう恐れも。あくまでオリーブカラーをミリタリーテイストで取り入れたいなら、装飾が多いデザインは避けるようにしましょう。ミリタリースタイルは、あくまで”テイスト”を楽しむためのもので機能性よりもデザイン重視。ゴチャゴチャした不要なデザインは不要です。

NG例2:たくましく見えてしまうルーズなシルエット

オリーブの色みを取り入れたファッションで気をつけたいシルエットが、ルーズ過ぎないことです。アメリカ軍などが開発したカーゴパンツなど、第一線で使われてきたアイテムは動きやすいルーズなシルエットが多いことが特徴的。そのため、ワイドなシルエットで取り入れる本格的なミリタリースタイルを連想してしまうことに。カッコよくオリーブカラーでまとめるなら、ルーズすぎないスタイルが無難です。

NG例3:上下ともオリーブカラーを取り入れたコーディネート

NG例3:上下ともオリーブカラーを取り入れたコーディネート

オリーブカラーのパンツに、シャツやジャケットもオリーブ。これこそ軍人見えしてしまう明らかな原因となるコーディネートです。セットアップはもちろん、上下でオリーブカラーは控えたほうがいいスタイリング例です。オリーブカラーはダークな色合いでありながら存在感があるので、部分使いが一番バランスの取れる使用方法。パンツやアウターなど、1枚だけオリーブカラーを取り入れるようにしましょう。

【これなら大丈夫!】コーデの正解例。オリーブの今季的かつオトナらしい着こなし方

NGがわかったら、これらのポイントに気をつけて日常のスタイリングに取り入れましょう。着こなしのヒントを知っておけば、おしゃれなミリタリーテイストの完成です。

ヒント1:シンプルきれいめミリタリーにまとめる

今期のトレンドでもあり、オリーブカラーを取り入れたファッションをスタイリッシュに見せる方法。シンプルなスタイルで統一し、きれいめミリタリーとしてまとめましょう。

冬のミリタリースタイルの定番アイテムMA-1をオリーブカラーで取り入れたスタイル。インナーも無地でシンプルに、パンツはスラックスを合わせることでドレッシーに着こなしています。余計なアクセサリーは取り入れないミニマルなスタイルが特徴的です。

寒い冬のシーズンでも快適な暖かさを保つミリタリーコートをオリーブカラーで取り入れた着こなし。アウターに十分な存在感があるので、パンツやデイパックなどはブラックでシンプルにまとめています。リュックもスッキリとしたデザインがスマートに見せるコツです。

シンプルかつ王道ながらも、サイジングやシューズでクリーンなスタイリングにシフト。オリーブと相性が良い色みでまとめることで、雑味のない大人らしい着こなしに。

ヒント2:シルエット重視でタイトに着こなす

全体的にタイトなシルエットであれば、オリーブのNGなファッションを避けることができます。都会的でクールなスタイリングは全体的なスマートさで表現すると簡単です。パンツのシルエットがもっとも重要なポイント。

定番のMA-1をオリーブカラーで取り入れて、フードパーカーで重ね着したスタイリング。MA-1のボリュームも少しスッキリしたものを選び、タイトなブラックデニムを合わせれば完成。カジュアルなミリタリーテイストファッションに仕上がります。

オリーブカラーのカーゴパンツを取り入れた冬のファッション。ワイドシルエットが基本のカーゴパンツでも、タイトなシルエットを選ぶことでスマートな着こなしに。コートと合わせれば大人っぽいミリタリーファッションに仕上がります。

トレンドのきれいめミリタリーなスタイルで全面アピールなコーディネート。ホワイトのパンツに合わせたのはタイトなMA-1。インナーにはよりミリタリーな雰囲気を出すことができオリーブのシャツをチョイスしています。オリーブ×ホワイトもおしゃれにマッチする組み合わせです。

ヒント3:オリーブと合わせるカラーバランス。ネイビーやブルーを活用

メンズファッションでオリーブカラーに合わせるなら、同じくトーンを落としたネイビーや、メンズコーデの基本であるブルーカラーが相性抜群です。モノトーンに飽きたら、ぜひブルー系のカラーを取り入れてみましょう。

オリーブカラーのカーゴパンツにネイビーのMA-1を組み合わせたスタイリング。トレンドのMA-1も、オリーブやブラックを避けてネイビーを選ぶだけで、周りとは違うおしゃれを楽しむことができます。よりコーディネートの幅が広がるアイテムとして便利。

カジュアルに着こなすことができるオリーブカラーのダウンジャケットをメインにコーディネート。インナーにネイビーベースのストライプ柄のトップスを取り入れ、さりげない個性をアピール。ネイビーとオリーブなら対立しない色合いとして自由な組み合わせが可能です。

ミリタリーなスタイルに少しワークスタイルをミックスさせるならデニムシャツもおしゃれなアイテムです。MA-1と組み合わせれば、ヴィンテージファッションやアメカジスタイルのようなノスタルジックな印象を演出できます。

【買うならコレ!】一枚で“NOT軍人”。今着たいオリーブのアイテム

オリーブカラーのアイテムをこれから取り入れたいなら、どんなアイテムが今のオススメでしょうか。買い物前に知っておきたい旬なきれいめミリタリーなアイテムをご紹介します。

『ビームス』MA-1

本格的なMA-1もいいけれど、スタイリッシュな着こなしを目指すのであれば、現代風にスッキリとした仕様が一番。ムダを取り除いてシンプルに取り入れましょう。『ビームス』のアイテムはスタイリングしやすさを考えたデザインが魅力です。

『アヴィレックス』カーゴパンツ

本物仕様なカーゴパンツこそ、軍人に見えてしまう一番の原因。そこでタイトなシルエットでアレンジしたアイテムこそが本当に買うべきカーゴパンツです。ストレッチ素材で快適な履き心地も魅力的。

『シップス』タートルネックニット

『シップス』で取り扱われているオリジナルのニットアイテム。適度な太さの糸でほどよいボリューム感を演出した大人のタートルネック。ラムズウールの暖かさで冬でも比較的薄着なコーディネートができる着心地の良いオリーブアイテムです。

『ジャーナルスタンダード レリューム』ガーメントダイシャツ

インナーにオリーブカラーを取り入れたいときに活躍するシャツ。コットンサテンに起毛加工をすることで、独特な風合いをデザインしていることが特徴。カジュアルにマッチするワーク感あるデザインから、1枚だけで着ても存在感があります。

『ジャーナルスタンダード レリューム』チェスターコート

『ジャーナルスタンダード レリューム』と生地メーカーとが共同開発した機能性をキープしたリーズナブルなウール素材を使用。そのため、上質感がありながらも気軽に購入できる価格帯となった2枚目、3枚目に取り入れたいアウターです。深みあるオリーブの色合いが上質感あります。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK