ユニクロのアイテムをおしゃれに着こなすヒント【秋冬編】

ユニクロのアイテムをおしゃれに着こなすヒント【秋冬編】

国民的ブランドといっていいくらい多くの人に愛用されている『ユニクロ』。WEARのおしゃれなコーディネートを参考にしながら導き出した着こなしのコツを紹介します!!

平 格彦

2016.11.25

ユニクロ(UNIQLO)
冬の着こなし・コーデ

『ユニクロ』で賢くおしゃれしよう!

Freeamericanidol世代も活用する『ユニクロ』のアイテムは、シンプルでベーシックなアイテムが大半。着こなし次第で自由自在にアレンジができるアイテムを選ぶことで、賢くコーディネートに取り込んでいる人が増えています。
そんなアイテムの中でも、とくに人気が高いのはタートルネックニット、ジョガーパンツ、定番アウターの3タイプです。その着こなしテクニックを実例とともにひも解きましょう!

地味にすごい! 『ユニクロ』活用テクニック集

さっそく、着こなしの実例をWEARからピックアップ! シンプルでスタンダードなアイテムは地味に見えるかもしれませんが、こんなにも汎用性が高く、こんなにもおしゃれに見えるなら、活用しない手はありません!!

活用術1:タートルネックのニットで大人っぽさを加味

シンプルなデザインのニットは素材感がもっとも重要。『ユニクロ』なら、カシミアをはじめとする上質な素材のニットがリーズナブルな価格で手に入ります。ということで、『ユニクロ』のニットをコーディネートに組み込んでいるおしゃれな人が続出!! とくに、タートルネックで大人っぽくまとめている人が目につきます。インナーとして取り入れ、上品に着こなすのがおすすめです。

ロング丈のアウターのインナーとして『ユニクロ』のタートルネックニットを採用。スリムなジョガーパンツなどで下半身をすっきりまとめれば、今季らしいコーディネートに仕上がります。全身をモノトーンでまとめて、シックな大人のニュアンスも演出!

こちらも、ロング丈のチェスターコート×タートルネックニットというスタイリング。コートは軽やかなライトグレーを選びつつ、ニットを含めたほかのアイテムをブラックで揃えて引き締め、クールな印象にまとめています。メガネ&レザーシューズで知的な品格も上乗せ。

今シーズンらしいカラーを取り入れたコーディネート。温かみと気品を合わせもつベージュのタートルネックニットがアクセントとして効いています。さらに、旬なオリーブ系カラーのコートも新鮮。デニムをロールアップすることで、さり気なくヌケ感を演出したテクニックも秀逸です。

パンツやブーツなどをブラックで揃えてクールな印象のベースを確保。そのうえに表情のあるニット地のジャケットを重ね、こなれた感を演出しています。さらに、カラバリ豊富な『ユニクロ』のタートルネックニットからライトグレーをセレクト。ダークな印象やヘビーな雰囲気を中和しつつ、クールなムードをキープすることに成功しています。

オールブラックのコーディネート。タートルネックのニット、ブルゾン、スラックス、レザーシューズはすべて黒ですが、素材感の変化によって適度な表情が生まれています。ブルゾンを使った着こなしはカジュアルになりがちですが、タートルネックやスラックスの上品な印象を加味することで大人っぽく仕上げた好例です。

タートルネックのニットは上品なニュアンスを演出してくれるので、少しハードに着こなしでも大人っぽいコーディネートに仕上げることができます。この着こなしは、レザーパンツを合わせてワイルドなムードを演出しているのがポイント。ネックレスでも男っぽさを上乗せしていますが、タートルネックのニットとグレンチェック柄のチェスターコートで品格もしっかり堅持しています。

『ミハラヤスヒロ』のタッキー (悪趣味) なジャケットを着こなし、エッジの効いたスタイリングに。ブラックをベースにしつつ、タートルネックのニットを合わせることで落ち着いたバランスに導いています。今回ピックアップしたサンプルでも登場回数が多いブラックのタートルネックニットは、1枚あると重宝します。

活用術2:ジョガーパンツでスッキリ感とヌケ感をミックス

この冬はますますジョガーパンツの愛用者が増えています。手軽な価格で手に入る『ユニクロ』のジョガーパンツはとくに大人気。ファッショニスタもガンガン取り入れています。品格とスポーツ感を兼備するデザインに加え、リラックスできるはき心地とすっきり見える足元が大きな魅力。素材やカラーのバリエーションが多彩ですが、モノトーンのスラックス系を選んで大人っぽく仕上げるのがおすすめです。靴もモノトーンで揃えれば、どんなスタイルにも旬なヌケ感をミックスできます!

MA-1タイプの丈が短めのブルゾンは、ジョガーパンツを合わせると軽快なイメージが強調できます。あまりラフなイメージになり過ぎないよう、定番カラーのみでまとめているのが大きなポイント。さらに、足元にレザーシューズを合わせて重厚な品格も加えています。

ブラックのジョガーパンツにブラックのスニーカーをセットすれば、今時なスポーツミックススタイルのベースが完成!! ダークネイビーのジャケットを合わせることで、エレガントなコーディネートに落とし込んでいます。古着のスカーフでさらなら気品を上乗せ。

バーガンディのブルゾンがコーディネートに新鮮味を与えているスタイリング。ほかのアイテムはスタンダードなものばかりですが、ブラックのジョガーパンツが適度なヌケ感を演出しています。靴をスニーカーではなくローファーにすることで、大人な品格もプラス!!

スポーティなジョガーパンツときれいめなショールカラーカーデを合わせたミックスコーデ。程よくきちんと感があって、大人の休日コーデにおすすめです。パンツの裾を少し短めに設定して素肌をちら見せ、ローカットスニーカーと合わせて軽快に仕上げています。

大きなフードが特徴的なロングコートは、カジュアルでリラックスできるイメージ。シンプルなデザインなので大人なスタイリングにもマッチします。その特徴は、ジョガーパンツにも共通するポイント。ということで、相性もバッチリです。白いプルオーバーシャツで適度な品格を注入しつつ、ブラックのスニーカーで適度なヌケ感も加味。

本当におすすめしたいのは、ロング丈の上品なアウターにジョガーパンツ&スニーカーを合わせるスポーツミックスな着こなし。その好例がこれです。ロングカーディガンとシャツで大人な品格を確保しつつ、ジョガーパンツとスニーカーでスポーティな要素を加味しています。品の良さとリラックス感のバランスも絶妙!!

こちらもおすすめのバランス。ドレスな雰囲気のドロップショルダーコートで大人なムードを醸出しつつ、スタンドカラーシャツでワインレッド系のカラーを差して今季らしさも演出しています。そのうえで、ジョガーパンツ&スニーカーで一気にリラックス。このミックス感が新鮮です。

活用術3:定番デザインのアウターで大人なムードに誘導

大人のコーディネートに欠かせないのはシンプルなアウター。『ユニクロ』のアウター類はスタンダードなデザインばかりですので、大人にこそうってつけというわけです。しかも、機能性の高いアイテムが増加中。だからこそ、おしゃれな人こそ『ユニクロ』のアウターを選択肢に入れています。着回しやすいのは定番カラーですが、思い切った挑戦ができる価格帯なのでトレンドカラーを狙うのもおすすめです!!

『ユニクロ』には、トレンドのミリタリー系アウターも充実。その代表格であるMA-1も、素材違いをラインアップしています。ここでセレクトしたのは、王道的なナイロン素材。ブラックを選びつつ、全身をダークトーンでまとめてクールに仕上げています。色落ちしたデニムシャツで無造作感も演出。

ミリタリージャケットの中でも人気が高いM-65を用い、旬なニュアンスを醸し出したお手本。インナーをマリン調のボーダー柄にすることで、男臭くなり過ぎないようにバランスを整えています。パンツやシューズは上品なタイプをセレクトし、全体として大人な雰囲気に。

温かみを感じさせるツイード調のテーラードジャケットが『ユニクロ』のもの。上質感があるために大人なムードを放ち、総裏仕立てで保温性にも優れています。インナーを選ばない万能なアウターですが、こなれ感を演出するにはデニムシャツがイチ押し。ブラックデニムで引き締めつつ、ブラウンの革靴でアウターとの一体感を醸出!!

ウールにカシミヤを混紡した素材のチェスターコートは、『ユニクロ』の中でも最も品のあるアウターのひとつ。ただし、明るいブラウンを選ぶと今季らしい新鮮味を醸すことができます。ほかのアイテムは比較的カジュアルなタイプを選び、適度にカジュアルダウンした好例。

着回しやすいシンプルな面持ちのブロックテックパーカーは、機能性が圧巻! 耐久撥水性、防水性、防風性、伸縮性、透湿性を兼ね備えています。都会的なグレーをセレクトしつつ、ジョガーパンツも同色にしてスタイリッシュな着こなしを構築。インナーとスニーカーをホワイトにすることで、爽やかなイメージを打ち出しています。

『ユニクロ』のアウターといえば、忘れてならないのがウルトラライトダウンです。その暖かさや軽やかさは、一度体験すると病みつきになるほど。まずはベストから取り入れてみてはいかがでしょうか? この着こなし、アースカラー中心のコーディネートにダウンベストを合わせ、スポーティかつ都会的に仕上げたテクニックが見事!

ウルトラライトダウンをインナーに用いれば、冬でもコーディネートを軽快に仕上げることが可能です。ここでは、ジーンズで着崩したジャケットスタイルにウルトラライトダウンをセット。保温性を高めつつ、スポーツミックスな雰囲気を演出して今っぽいスタイリングに仕上げています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK