それ、どこの?今チェックしたいコラボアイテム15選

それ、どこの?今チェックしたいコラボアイテム15選

複数ブランドの長所を良いとこ取りしたコラボアイテムは、希少性やスペシャル感も大きな魅力。注目作をピックアップしますので、気になったらすぐにでも確保すべき!

平 格彦

2016.11.26

別注・コラボレーション

売り切れ必至! 狙いめコラボアイテム

コラボアイテムとは、ブランド同士のジョイントワークやセレクトショップによる別注など、複数のブランドが共同で生み出したもの。各ブランドの良いとこ取りをしているため、優れものばかり。また、生産量が限られていることによる希少性やスペシャル感も大きな魅力です。そんなコラボアイテムから、注目作を厳選してて紹介しますので、完売するまでに入手しましょう!

『オルテライン』×『ジャーナルスタンダード』

ブランド名の『オルテライン』より“水沢ダウン”といったほうがピンとくるかもしれませんが、とにかく機能的なダウンジャケットがベース。ブランドの中でもハイスペックなモデル、マウンテニアに注目しつつ、着丈を変更しています。最上級のフランス産ホワイトダックダウン、高い耐水性、優れたベンチレーションシステムなどはそのまま搭載!

■参考記事: 日本発の最高ダウン。水沢ダウンは秋から狙うのが正解

別注によって着丈を長めにアレンジすることで、オンでもオフでも使えるように配慮。スーツの上に羽織ってもジャケットが隠れる長さになっています。ネイビー、ブラック、アーミー (カーキ) の3色展開。

『ステュディオス』×『ナンバーナイン』

高品位でしっとりとしたカシミヤ混のウールメルトン地を起用したチェスターコート。ナイロンも混紡されているため、耐久性にも優れています。軽量ながら保温性が高く、シルエットは細身でスタイリッシュ。これ一着あれば、都会の冬を乗り切ることができます。今時なスポーツミックススタイルを築く際にも重宝。

両ブランドのタグが内側に。『ナンバーナイン』のアイコンとなっている音符柄は裏地に採用しています。また、特徴的なダーツも前身頃と肩部分に入っています。ベージュに加え、ブラックやネイビーもラインアップ。 こちらの裏地を使ったダウンジャケット も、合わせて要チェック!

『レミ レリーフ』×『ビーセカンド』

自前のファクトリーで追求しているナチュラルな加工感が圧巻の『レミ レリーフ』らしいデニムダウンジャケット。人気のダウンベストを、セレクトショップの『ビーセカンド』が別注でブルゾン型にアレンジしました。縦落ち感が絶妙なデニム地は風合いがあり、袖を通した途端、こなれた印象がにじみ出します。また、圧巻の『レミ レリーフ』らしいペイズリーモチーフのバンダナ柄を使用。

徹底してディテールまでこだわった仕上がり。スナップボタンには旧5セント硬貨であるバッファローニッケルのコンチョボタンを採用し、その内側には特注のダブルジップも起用しています。

『リー』×『ナノ・ユニバース』

冬用のサービスコート。『リー』ならではのワークなディテールを落とし込みつつ、外側のポケットなどはむだをそぎ落としたミニマルなデザインでモダンに仕上げています。その一方、風合いある表地や内側のブランケット地、フックでとめる仕様などはクラシカルなムード。伝統と革新をブレンドした別注コートです。

裏地は『リー』伝統のストームコートで使用しているブランケットを起用。保温性にたけているため、真冬でも頼りになる一着です。グレーやカーキだけでなく、チャコール グレーもラインアップ。

『コロンビア』×『チャオパニック ティピー』

コーディネートの幅を広げてくれるリバーシブルベストです。片面はボアフリース地で、反対側の面はナイロン地。水や汚れをはじく『コロンビア』独自のオムニシールド機能を搭載しています。ライトなアウターやインナーとして着用することができ、しかも両面使い。アメリカ最大級のアウトドアブランドが手掛けただけあって品質もお墨付きです。

ナイロン地を表にするとこんなデザイン。速乾性も高い素材で、使い勝手も良好です。カラーはベージュ、ネイビー、ブラックの3色展開。また、袖が付いたノーカラージャケット型もラインアップ。

『チャンピオン』×『エディフィス』

『エディフィス』の別注アイテムでは定番的なディテールとなっているラウンドテールを採用したスウェットパーカー。薄手でストレッチ性に優れる裏地生地のフレンチテリーを用いています。パターンからの完全別注で、メタルパーツ付きのスピンドル、ステッチのカラー、フード裏の配色までこだわっています。

ラウンドする裾は、通常のリブ付きタイプよりもリラックスした雰囲気。カンガルーポケットを取り除くことで、すっきりとしたシルエットに仕上げています。カラーはナチュラルのほか、ホワイトとグレーも展開。

『ワイルドシングス』×『アメリカン ラグ シー』

1981年にアメリカで生まれたアウトドア系ブランドへの別注品。4wayストレッチ素材を使用し、トラベルパンツに仕上げています。むだを省いたミニマルなデザインをコンセプトに掲げ、ポケットには目立たないコンシールファスナーを起用。ジョッパーズ風のテーパードシルエットで、ローカットのスニーカーとバランスが取りやすい丈感に設定しています。

実はセットアップのジャケットもラインアップ。パンツと同じコンセプトのもと、スナップボタンを採用してシンプルな面持ちに仕上げています。カラバリはブラックのほかにグレーも準備。

『チャンピオン』×『フリークスストア』

人気のイージーセットアップが進化して登場!! 完成されたフォルムはおおむねそのまま継承しつつ、防寒性を高めるためにパーカーはハイネック仕様に変更。パンツのサイドポケットをパーカーと同じユニバーサル社製にマイナーチェンジしています。ベーシックなデザインでオールマイティーに着回せるのも大きな魅力です。

毛羽感のあるフリース素材は、触り心地が快適で、リラックスできる着心地をもたらしてくれます。ラグジュアリー感を振りまきつつ、抗菌防臭加工が施され、自宅で気軽に洗濯が可能。写真のチャコールグレーに加えて、ブラックとネイビーも選べます。

『ティンバーランド』×『アトモス』

名門アウトドアブランドのアイコン的なモデル、シックスインチプレミアムブーツを『アトモス』が別注。ファッションとしてのスニーカーを提案しているショップのテーマカラーである鮮やかなブルーでアレンジしています。実は2013年にも登場したコラボ品ですが、そのときは即完売。しかも今回は、素材がスエードからヌバックレザーにグレードアップしています。防水設計や、高い保温性・クッション性・耐久性といった機能面はそのまま継承。

アウトドアテイストを放つバイカラー使いのシューレースも付属。気分やコーディネートに合わせて付け替えることができます。また、プレミアムレザーのアッパーは上質感があり、鮮やかなブルーでも意外とはき回しやすいたたずまいです。

『ザ・ノース・フェイス』×『シップス』

人気の高い名門アウトドアブランドの中でもヒットアイテムの上位に入るヌプシブーティを、今季らしい品のあるマテリアルでモディファイ。東レが開発した話題の人工皮革、ウルトラスエードを起用しています。超極細繊維が束状になって緻密に絡み合い、上質な天然スエードを思わせる風合いと手触りを実現。しかも、型崩れやシワが生じにくく、重量はおよそ半分。ケアもしやすい優れものの素材です。

ウルトラスエードの素材感が上質感を演出。機能素材のプリマロフトを中綿に使用しているため、保温性が高く、防水性も備えています。ネイビーのほか、カーキ (ベージュ) のカラバリもラインアップ。

『ホワイトハウスコックス』×『ビューティー&ユース』

ビジネスマンでは誰もが知っているほど人気のレザーグッズブランド『ホワイトハウスコックス』。イギリスでも希少なブライドルレザーが象徴的ですが、今コラボの長財布は従来の仕上げと異なるクロコダイル調の型押し加工を採用しています。ラグジュアリーなムードが圧巻で、周囲と差をつられること確実!!

実は長財布のほかにも、同じ仕上げを採用した革小物をバリエーション豊富にラインアップ。カードケースやキーケースも同じシリーズで揃えるのが理想的です。カラーはネイビーとブラックで展開しています。

『カシオ』×『アメリカン ラグ シー』

人気のGショックをコラボでアレンジ。映画『スピード』でキアヌ・リーブス演じる主人公が身に着けていたことでブレイクしたモデル、DW-5600をベースにしています。マットなボディーにはじまり、ベルトの留め具やケースや液晶の文字に至るまで徹底してオールブラックにこだわることで、リュクスなムードとストリート感を兼備するスペシャルモデルに仕上げています。ケースガードは取り外し可能で、付ればラフなガジェット風に、外せばシンプルで都会的なイメージに早変わり。

ケース裏は唯一シルバー。『アメリカン ラグ シー』のロゴが刻まれ、コラボであることをさり気なくアピールしています。クールで男っぽくてシンプルなのにガジェット感も兼備。ここまでバランスの良いデジタルウォッチはほかに見当たらないでしょう。

『ニューエラ』×『ビューティー&ユース』

ヘッドウェアブランドとして不動の地位を築いている『ニューエラ』の定番モデル、ナイントゥエンティーがベースのコラボBBキャップ。ヤンキースの “NY” ロゴを通常よりもコンパクトにアレンジして、大人っぽいムードに仕上げています。大人なスタイリングにハマるキャップはそう多くないので、気になったらすぐに確保するのがおすすめです!

今シーズンらしいカラバリをラインアップ。ダークグリーンに加え、ブラック、ネイビー、ダークブラウンを展開しています。どれも大人なカジュアルスタイルになじみやすい色合いですが、さり気ないロゴがスポーティーなムードも演出!!

『ミステリーランチ』×『フリークスストア』

本格的な仕様のナイロンバッグで人気を高めている『ミステリーランチ』への別注品。原型はテクニカルデイパックのプロトタイプで、『フリークスストア』流のモダナイズを加えています。生地やバックルなどの素材はミリタリーシリーズと同じものを採用していますが、容量19リットル、マチは10センチというややコンパクトで薄めのサイズ感が現代的。フロントポケットは適度なストレッチ性を備え、思ったより荷物が入ります。当然ながら“メイド・イン・USA”で品質も折り紙付き。

本作のみのスペシャルワッペンが付属。『フリークスストア』の30年間にわたるアドベンチャーの功績をたたえつつ、さらなるチャレンジへの期待も込めたスペシャルモデルという位置づけです。

『ブリーフィング』×『ユナイテッドアローズ』

オンでもオフでもガンガン使えるA4サイズの3wayブリーフケースに注目!! 基本的にはビジネスシーンでの使用をイメージし、ロゴを含めた細部までブラックで統一し、クールに仕上げています。機能に関しても申し分なく、大容量のメインコンパートメントは大きく開閉でき、荷物が整頓しやすいように内ポケットを3つ装備。ノートPCやタブレットも収納しやすくなっています。素材はバリスティックナイロンで、汚れや傷に強く、使い心地は軽快。

出し入れ可能なストラップを使えばリュックに。着脱可能なショルダーベルトも付属しているため、手持ちのブリーフケース、リュック、ショルダーバッグの3wayで使用できるというわけです。フロントに配置された2つのポケットも非常に便利。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK