裏地で勝負。“ロールキャベツ”ダウンが大人の選択

裏地で勝負。“ロールキャベツ”ダウンが大人の選択

没個性的になりがちな冬コーデ。とくに着用率の高いダウンジャケットは周りと差をつけるのが難しいアイテムですが、攻略するヒントは普段見えない裏地に隠れていました。

編集イトウ

2016.11.19

ナンバーナイン(NUMBER (N)INE)
アウター
ダウン
ダウンジャケット

街にあふれるダウンジャケット。ベーシックな一着は頼れるけど、やや物足りないかも

街にあふれるダウンジャケット。ベーシックな一着は頼れるけど、やや物足りないかも

冬アウターの中でも高い保温力を誇るダウンジャケット。頼りがいのあるアイテムなだけあって街での着用率が高く、おしゃれに着るならよほど工夫しないと量産型コーデになりがち……。ノームコアが主流の今、過度な主張のあるダウンジャケットで着飾るのは大人の着こなしとしても避けたいところですが、没個性的すぎるのもおしゃれに敏感なFreeamericanidol読者としては物足りないところ。では、何を選べばいいのか。その答えは裏地にありました。

表向きは無地、裏地は柄デザイン! まるでロールキャベツのようなダウンが大人の選択

ベーシックなデザインながら周りと差をつけたい。その答えを追求すると、見た目は草食系(=柔軟に対応する無地デザイン)で、裏地は肉食系(=インパクト強めの柄デザイン)のデザイン、まるでロールキャベツのようなバランス感の一着にたどり着きます。

しかし、このタイプだとパッと見は差がつかないのではと思う人も多いでしょう。そこがミソなんです。ふとした瞬間にさり気なく差がつく、まるで余裕ある男を体現するかのようなダウンジャケットが今、大人には必要なんです! この大人のおしゃれを演出する、具体的なシーンを見てみましょう。

裏地にデザインが施された一着なら、こんなシーンで差がつく!

見た目は無地のシンプルデザイン、中身は総柄のこだわりデザイン。大人のおしゃれに欠かせない“ロールキャベツ”ダウンジャケットの実力を発揮する、主な3つのシーンをご覧あれ!

シーン1風でサッとダウンジャケットがめくれたとき

寒い北風がぴゅ〜っと吹き、裏地がちらり。いつもは見えない裏地が効果を発揮する代表的なシーンは、体温が下がる代わりにおしゃれ度をグッと上げてくれるシーンでもあるんです。インナーが無地でシンプルなほど効果的!

シーン2室内で脱ぎ、ダウンジャケットをハンガーにかけたとき

暖房の効いている室内。必然的にダウンジャケットを脱ぎ、ハンガーへかけるという流れになりますが、このシーンでも裏地がその効果を発揮。着用時のベーシックな表情とは裏腹に、遊びの利いたデザインがいいギャップを生みます。

シーン3ダウンジャケットをソファに脱ぎ置いたとき

帰宅してダウンジャケットを脱ぎ、バサッとソファへ置く。いちいちハンガーにかけるのが面倒で男ならよくやってしまうと思いますが、こんなときも裏地デザインのしゃれた一着なら、不思議と絵になる魅力があります。

魅力ある”ロールキャベツ”ダウンは、大人の装いにハマる『ナンバーナイン』のもの

裏地にデザインのあるタイプ、実はあるようでないもの。しかも派手すぎず、地味すぎないバランスの取れたタイプとなるとなかなか見つかりません。そんな中でようやく発見したのが、Freeamericanidol世代からも絶大な支持を集めるブランド『ナンバーナイン』の一着でした。

音楽をバックボーンのひとつとしながらも、リアルクローズな一着へと昇華するデザインに定評のある『ナンバーナイン』。そのシンプルながら力強いデザインは、今回紹介するダウンジャケットにも色濃く表れています。

まず目につくのはボックス型の立体ポケット。シンプルな表情はそのままに、デザイン性のある面持ちがFreeamericanidol世代にちょうどいいです。また、機能面も袖の間接にアクションプリーツを施すことで、快適な着心地を実現。見た目だけでなく、実用性にも優れた一着に仕上がっています。

もっとも特徴的なデザインといえるのが、裏地に配した『ナンバーナイン』オリジナルの音符デザイン。ブラック×ホワイトのモノトーン配色でデザインされたこちらは、派手すぎず、地味すぎない絶妙なバランス感が特徴です。裏地とはいえ総柄に抵抗のある人でも挑戦しやすいのではないでしょうか。

なお、サイズ展開は以下のとおり。ジャストサイズを基本に、好みのサイズ感をチョイスしましょう。

2(Sサイズ相当)/着丈:68cm 身幅:108cm 肩幅:42cm 袖丈:62cm
3(Mサイズ相当)/着丈:70cm 身幅:115cm 肩幅:44cm 袖丈:64cm
4(Lサイズ相当)/着丈:72cm 身幅:119cm 肩幅:46cm 袖丈:66cm

※サイズ表記や採寸値はあくまで目安としてください

    KEYWORD関連キーワード

    BACK