今年は何色をかぶる?旬カラー別、冬のニット帽コーデ

今年は何色をかぶる?旬カラー別、冬のニット帽コーデ

今やファッション小物の定番としてシーズン問わず活躍してくれるニット帽。今っぽさを意識するなら春夏とは違った合わせ方を心がけたい。色別に旬な合わせ方を紹介しよう。

大中 志摩

2016.11.20

帽子
ニット帽・ビーニー
冬の着こなし・コーデ

もはやおしゃれに必須のニット帽。今季の気分は何色?

防寒具でありながら、ファッション小物としても不動の地位を確立したニット帽。豊富なカラーバリエーションが展開され、今年は何色をゲットしようかと悩んでいる人も多いハズ。ベーシックな黒やグレーならばどんな着こなしにもすんなりなじんでくれる。着こなしの鮮度を上げたいならば旬な赤やカーキという選択も。そこで、今回はニット帽を使った着こなしをカラー別に紹介する。

カラー1クールな黒

ベーシックなカラーの中でもダントツの人気を誇る黒。着こなし、アイテムを選ばない汎用性の高さが人気の秘密で誰もが一度は手にしたことがあるのでは。ニットアイテム特有の柔らかさを演出しながらも着こなしの引き締め役としても活躍してくれるので、スタイリッシュなコーディネートを導いてくれる。

黒をうまく活用して着こなしをすっきりと見せる

スタジャン、パーカー、デニムのストリートなコーデ。黒を随所に取り入れ、カジュアルな着こなしをすっきりとしたクールなスタイルにうまく昇華させた。上半身がプレーンな分、エッジの効いたデニムでバランスを調整。

色数を絞って雰囲気のあるスタイルを構築

デニムジャケットのインナーには丈の長い白のカットソーをチョイス。パンツは細身を合わせることで上下でメリハリの利いた着こなしに。ニット帽とスニーカーの色を合わせことで統一感を出した。

ミリタリーな雰囲気をニット帽でマイルドに演出

ミリタリー特有の土臭さはニット帽を組み合わせれば払拭可能。ニットならではの柔らかな素材感がミリタリーの土臭さをマイルドに仕上げてくれる。クロップド丈のパンツを合わせて、きれいめに仕上げつつこなれ感もアピール。

カラー2クリーンな白

暗くなりがちな冬のコーディネートの差し色にピッタリな白。クリーンな雰囲気をプラスしてくれるので、清涼感のある着こなしが楽しめる。同じ白でもクリームに近いオフホワイトならマイルドな印象なので、大人のスタイルに取り入れやすく、柔らかさのある着こなしに。

白のニット帽なら柔らかな着こなしが手軽に楽しめる

ハードなレザージャケットをパーカーとスウェットパンツで抜け感のある都会的な着こなしに。リラックス感が強くなりすぎないように白、グレー、ブラックとモノトーンでまとめ、スタイリッシュさを主張している。

きれいめスタイルを適度にカジュアルダウン

かっちり感の強いコートをパーカーやニット帽でカジュアルダウン。ニット帽は白をチョイスすることで着こなしを重くさせない。ベーシックなカラーでまとめながらもカラフルな色使いが印象的なスニーカーで差し色を。

カラー3程よい軽快感が心地よい冬のカジュアルコーデ

今シーズン人気の高いスタジャンとパーカーのレイヤードスタイル。上半身をダークトーンでまとめているので薄色デニムや白のニット帽の存在感が際立っている。ローカットのオールスターで軽快感のあるスタイルに仕上げた。

カラー3シックなネイビー

シックな雰囲気を楽しみたいという人はネイビーカラーがおすすめ。コーディネートが暗くなりすぎず、大人っぽい落ち着いた雰囲気がネイビーのニット帽の魅力だ。ほかのカラーに比べてきれいめアイテムの印象が強いので、上品な着こなしにまとめやすい。

ネイビーをベースにシックな雰囲気を加速させた

ベージュのダウンジャケットを主役にしたシンプルな着こなし。シャツ、パンツ、ニット帽をネイビーで統一することでシックな雰囲気を強調している。足元は白のスニーカーでアクセントをつけることで、立体的な表情に。

ネイビーのニット帽ならきれいめスタイルにもすんなり馴染む

チェックシャツとスウェットシャツのレイヤードスタイルをピーコートで上品にコーディネート。デニムにスニーカー、ニット帽はネイビーで色みを落ち着かせることでシャツの存在感を際立たせた。カジュアル感ときれいめ感のバランスが絶妙。

シンプルな組み合わせをネイビーのニット帽で大人っぽく見せる

ニットにレザージャケットを重ねたワイルドなスタイルにスウェットパンツとランニングシューズを合わせたスポーツミックスコーデ。シンプルな組み合わせだが、ネイビーのニット帽を取り入れて大人っぽさを加えているのでこなれた雰囲気にまとまっている。

カラー4こなれたグレー

ベーシックなカラー最後はグレー。程よい抜け感のあるグレーは取り入れるだけでこなれた雰囲気を作りやすい。また、中間色なのでどんなアイテムにもマッチし、難しく考えずに着こなしに取り入れることができる。ライトグレーならば軽快に、濃いグレーならば落ち着いた印象に。

スタイリッシュな着こなしにグレーを合わせてマイルドに

シャツとパンツは黒、ダウンジャケットはカーキでカジュアルな着こなしながらもスタイリッシュな印象に。足元はデザートブーツで武骨さをプラス。さらにムラのあるグレーのニット帽を合わせて着こなしをマイルドにまとめた。

トーンの違うグレーで立体感を演出

ダウンのチェスターコートにスウェットパンツを合わせてリラックス感漂うスタイルを構築。足元はスリッポンで抜け感を与えつつ、ネイビーカラーをチョイスすることで大人っぽさを演出。ニット帽とコートはトーンの違うグレーで立体的に仕上げた。

色数を絞り、統一感のあるスタイルを作り上げた

チェックシャツ、スウェット、ダウンジャケットで上半身をカジュアルにコーディネート。カジュアルすぎないようにパンツはスラックスを合わせてバランスを調整。重くなりすぎないようにニット帽はやや明るめのグレーを合わせている。

カラー5アクセントとしても重宝する赤

トレンド色としても今季注目度の高い赤。原色の赤をアクセントとして取り入れることで着こなしの鮮度も上がり、動きのあるスタイルに仕上がる。ワインレッドのような落ち着いた色合いならば品の良いスタイルに。存在感のある色なので着こなしのスパイスとして効果的に取り入れたい。

トーンの落ち着いた赤で大人っぽく

Tシャツにデニムのカジュアルなコーディネートにトレンチコートを羽織って大人っぽさをアピール。Tシャツのプリントと色を合わせたニット帽を取り入れて統一感を出した。色落ちデニムで抜け感を出しつつ、白スニーカーで爽やかさを。

補色の特性を生かして存在感を主張

上品なグリーンチェックのコートに赤のニット帽を組み合わせた。どちらもトーンの落ち着いた色合いだが補色の効果を活用すれば存在感を強調することができる。Tシャツとデニムでラフにまとめ、カジュアルな着こなしを完成させた。

王道のアメカジスタイルにスパイスをプラス

パーカー、ミリタリーシャツ、ダメージデニムのアメカジスタイルにビビッドな赤のニット帽とオールスターでスパイスを。定番の着こなしだが、赤が加わることで表情が明るくなり、こなれ感が生まれている。色のバランスも絶妙。

カラー6ミリタリーな気分を盛り上げるカーキ

継続的なミリタリー人気もあり、今季の注目カラーであるカーキ。ミリタリー色特有の武骨な印象が男らしい着こなしを演出してくれる。差し色としてニット帽でカーキを取り入れれば土臭くなりすぎることもないので、ワンランク上のこなれた着こなしを作りやすい。

程よい抜け感が心地よいセットアップ×ニット帽

セットアップとニット帽の組み合わせは人気の高いコーディネートの1つ。セットアップで大人っぽさを出しつつニット帽で抜け感をプラス。セットアップ、ニット帽ともにカーキでまとめているが、セットアップの大人っぽさが土臭さを上品に演出している。

色のメリハリを利かせたカジュアルコーデ

デニムシャツとデニムのデニム・オン・デニムにグレーのニットできれいめ感のスタイルに昇華。ぼやっとした色使いなのでニット帽とスニーカーで暗めの色を取り入れてメリハリを出した。カーキが差し色となり、こなれた雰囲気に仕上がっている。

シンプルなスタイルをさりげない色使いで大人なスタイルに昇華

ニットとデニムのシンプルな着こなしはソックスの赤やニット帽のカーキで大人なカジュアルスタイルに昇華させた。小物で色を取り入れてもベースを落ち着いた色でまとめることで大人のスタイルにもすんなりなじんでくれる。

カラー7爽やかな雰囲気を醸す青

重くなりがちな秋冬スタイルに爽やかさをプラスするならば青のニット帽を活用してみるのも効果的だ。シックな雰囲気を醸すネイビーとは違い、明るめのブルーならば軽快感と爽やかさを演出してくれる。また、アクセントにもなってくれるので着こなしのバランスも整えやすい。

グラデーションを取り入れた技ありコーデ

青のニット帽、ネイビーのコート、薄色デニム、スニーカーの水色と青系のグラデーションを取り入れた統一感のある着こなし。グラデーションを活用することで立体的な表情に仕上がり、単調になりすぎないように。

部分的に青を取り入れて爽やかさを強調

ミドル丈のコートにダメージデニムを合わせたアメカジコーデ。ニット帽、デニム、バッグに青を取り入れて統一感の色使いを意識。他アイテムが明るめのカラーを使用しているので足元はブラックのサイドゴアブーツで大人っぽさを。

ベーシックな着こなしにビビッドな青が映える

黒のレザージャケットにグレーのパーカーを合わせて抜け感のあるスタイルを構築。カジュアルになりすぎないように足元には黒のスエードシューズを合わせた。ベーシックなカラーのアイテムでまとめている分、ビビッドな青のニット帽の存在感が際立つ。

カラー8軽快感のあるイエロー

最後に紹介するのは軽快感のあるスタイルを演出してくれるイエロー。存在感のあるカラーなのでアクセントとしても取り入れやすく、重くなりがちな秋冬スタイルにも相性抜群。大人の着こなしに取り入れるなら、落ち着いたマスタードよりのイエローを選ぶとうまくなじんでくれる。

原色系のイエローでやりすぎないフレッシュさをプラス

原色系のイエローに子供っぽさを感じて抵抗がある人も多いかもしれないが、合わせ方次第でその若々しい雰囲気が効果的に働くことも。存在感の強いカモ柄のアウターはそのままでは悪目立ちしてしまうがイエローのニット帽を合わせることで、バランスのとれたこなれたスタイルに演出。

シンプルなスタイルをモダンにアップデート

ベーシックなカラーでまとめたスウェットパーカーとリブパンツのシンプルなスタイルに1点鮮やかなイエローのニット帽を加えることでモダンな印象にアレンジ。白のコートシューズを合わせ上下に明るい色を置くことで軽快感もプラスしている。

差し色として取り入れて着こなしを華やかに演出

昨年から高い人気を見せているスカジャンをベースに白ニットとチノパンできれいめにコーディネート。ネイビーと白を基調とした着こなしにイエローのニット帽を投入し、スパイスに。大人っぽさ香るストリートなきれいめコーデを完成させた。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK