ウェリントン&ボストンの“いいとこ取り”が正解!

ウェリントン&ボストンの“いいとこ取り”が正解!

一世を風靡したウェリントンは少し食傷気味。新鮮なのは、さらに丸みのあるボストンとの中間的なフォルムだ。クラシックかつ知的な演出ができ、印象アップは間違いなし!!

平 格彦

2015.04.27

アイウェア
メガネ

やや丸みを帯びた変形のウェリントン型がこれからのイチ押しシェイプ

ジョニー・デップなどが愛用していることから人気に火が付き、一気に定番シェイプとして認知された“ウェリントン”。その流れを受け、同じくクラシカルな魅力を宿して丸みが強い“ボストン”も人気が高まった。さらに、その中間的なフォルムも注目の的に。知的で上品なハイブリッドタイプが旬な好印象を演出してくれる!!

■合わせて読みたい:
クラシカルで知的。ウェリントンメガネのおすすめブランドとコーデ術

中間的なイチ押しシェイプは『アヤメ』の NEWOLD !!

『アヤメ』は2009年にスタート。デザイナーの出身地である茨城県潮来市を象徴する花の“菖蒲 (あやめ)”と、目を彩るという意味の“彩目”を重ねたブランド名が印象的だ。コンセプトの「温故知新」を具現化したようなモデル NEWOLDは、ウェリントンとボストンを融合したうようなシェイプが特徴的。

『アヤメ』の NEWOLDは、べっ甲柄もクラシカルで狙い目

王道はブラックだが、クラシックな魅力をアピールするなら“べっ甲柄”もオススメ。ダークなブラウン調なら品格があって着けこなしやすい。注目モデルの NEWOLD は、適度に丸みを利かせたカッティングで顔なじみが良く、ミドルサイズのバランスも抜群で男女問わず人気が高い。知性や品性が振りまけるイチ押しシェイプだ。

さらに新鮮に魅せるなら NEWOLD のダークウッド調

『アヤメ』は、世界最高峰の技術を誇る福井県鯖江市の熟練職人が仕上げる品質も魅力。ということで、色で変化を付けても上品にまとまりやすい。イチ押しモデルの NEWOLD なら、限定カラーのダークウッド調に注目。アイウェア中心のセレクトショップ、コンティニュエのために生まれた色で、エコ素材を起用している。

『オリバーゴールドスミス』の ANNABEL-f も“いいとこ取り”シェイプ

イギリスの『オリバーゴールドスミス』は、1926創業の老舗。モナコ王妃のグレース・ケリーやオードリー・ヘプバーンなどに愛用されてきた歴史を持つ。そんなブランドの ANNABEL-f は、ウェリントンとボストンのハイブリッドタイプ。キーホール型のブリッジがクラシカルな雰囲気をいっそう主張してくれる。

夏に向け、クリアな ANNABEL-f でムードを盛り上げてもOK!

『オリバーゴールドスミス』のコレクションでは珍しい細めのフレームも特徴的な ANNABEL-f 。その軽やかな魅力を生かすなら、透明度の高い色調で爽快なイメージをアップするのもオススメだ。品格あるイギリスの老舗ブランド『オリバーゴールドスミス』なら、軽薄なイメージは皆無。誠実な印象をさり気なく演出できる。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK