使い込むほど自分色に。革製手帳カバー&システム手帳

使い込むほど自分色に。革製手帳カバー&システム手帳

ビジネスマンの必需品として多くの人が使用している手帳。機能性はもちろんだがせっかくなら見た目にもこだわりたいもの。今回、高級感を演出できる革製カバーに注目した。

大中 志摩

2016.11.15

雑貨
手帳・メモ帳

革の手帳カバーの魅力とは

昨今デジタル化がかなり進んだが、いまだに手帳を持ち歩く人は多い。しかし、手帳をそのまま持ち歩いていては味気ない。そこでおすすめしたいのが革の手帳カバー。なぜ革の手帳カバーがおすすめなのかを魅力ともに解説していく。

おすすめしたい理由の1つ目はレザーアイテムであるという点。Freeamericanidolでもブーツを始め、数多くのレザーアイテムを紹介しており、レザーアイテム最大の魅力といえば、使い込むことで味のある経年変化が楽しめるということ。手帳はほぼ毎日持ち歩くアイテムで1日に触れる機会も多いので、革の手帳カバーはレザーの経年変化を楽しむのにうってつけなのだ。

レザー特有の高級感のある見た目も見逃せないポイントのひとつ。紙やビニールのものも悪くはないがどこか安っぽさを感じてしまう。しかし、革ならば安っぽさを感じさせず、スマートな印象を与えることができるのでビジネスシーンでもできる男感を演出することができる。また、多少色で遊んでも革ならば子供っぽく映らないというのもおすすめする理由。

カバーと手帳のサイズ合ってる? 主な4つの手帳サイズを把握しておこう

カバーを使用するうえで注意したいのがカバーと手帳のサイズ。実際に手帳を差しながらカバーを選ぶるならば問題はないがネットショッピングで購入する場合などは実際に触れながら選べないので、届いてからカバーを差し込めないなんてことも……。そうならないためにも自分の持っている手帳のサイズを把握しておくことが大切。主な手帳のサイズは以下の4つ。ブランドによって多少前後はするものの基本は以下のサイズ感になるのでカバーを選ぶときの参考にして。

A6 文庫本サイズ 14.8cm×10.5cm
B6 単行本サイズ 18.2cm×12.8cm
A5 教科書サイズ 21.0cm×14.8cm
A4 ノートサイズ 29.7cm×21.0cm

大人向けの革の手帳カバー&システム手帳を紹介

大人にこそおすすめの革の手帳カバーに加えて、ビジネスマン必見のシステム手帳を厳選。新年度をもうすぐに控え、手帳の買い替えを考えている人はぜひ参考に。

1952年にフランス・マルセイユで誕生したクオバディスダイアリー専用のカバー。『ポーター』×『B印 ヨシダ』のコラボモデルで素材にはパキスタン原皮のゴートレザーのオイルドレザーを使用している。充実のカードスペースとジップポケットを装備し、ブックマークとして使えるマグネットクリップがアクセントに。(25cm×19cm)

ラムレザーを使用し、革職人によってハンドメイドで作られた手帳カバー。手帳の端を玉縁処理することで強度と上品な見た目を両立させた。革の素材感を生かしたプレーンなデザインで肌触りは柔らかく、軽い仕上がりに。ダークブラウンとブラックの2色展開。(23.5cm×16.5cm)

ブライドルレザーを使用し、コーナーは繊細に革のプリーツを寄せて縫い合わせるいせ込み製法を採用。ペンホルダーのほか、領収書やメモリースティック、小銭などの収納に便利なフルサイズのファスナー付きポケットも付属している。6穴仕様のリングタイプなのでお好みのリフィルでカスタム可能。(20cm×14cm)

手帳全体をまとめているベルトには、表と裏の革の間に芯材を挟んで盛り上げ、ボリューム感を出す肉盛りという手法を採用している。頑強なブライドルレザーとヌメ革を組み合わせているのでリフィルが曲がることなく、いつまでも手にしたときの安定感が続く。(19cm×13.7cm)

イタリアの人気ブランド『オロビアンコ』の手帳カバーは、レザーとナイロンのコンビ仕様。ボディーにはインナークッション入りで高級感のある見た目を演出。リフィルは6穴バイブルサイズ対応で、両側のL型仕切りとカードポケット10個、ペン差し1か所を搭載している。(19cm×14.5cm)

ビジネスシーンからプライベートのダイアリーに最適な大判サイズのフラップカバー。6穴バインダー仕様でお好みに合わせてリフィルをカスタムできる。カバー内側はファスナーポケットやミニポケット、鉛筆、定規など充実した装備。シンプルなのでユニセックスで愛用できる。(15cm×10cm)

裏表紙をかぶせて、マグネットの留め具でくるむタイプのスタイリッシュなデザイン。自在に折り曲げることができるiPad(第2、第3世代)ケースに、取り外し可能なノートとペンホルダーを備え、外側には、書類ポケットを搭載。デジタルにもアナログにも対応するマルチな仕上がり。(20.5cm×26cm)

6穴タイプのリフィル用の手帳カバー。植物なめしの牛革を使用し、ダブルホック仕様なのでホックベルトを好みのサイズで調整可能。内側にペンホルダーを備えているのでカバンの中で荷物に引っかかる心配もない。A5サイズなので使い勝手も抜群。(18.3cm×24cm)

1987年に創業された日本の老舗手帳メーカー。高品質なオリジナルの素材を使用した質実剛健なラインアップで多くのビジネスマンから絶大な支持を集めている。本作では傷に強く耐久性のある日本製のレザーを使用。また、硬めのしっかりとした本革なので型崩れの心配がなくハードな使用でも安心だ。(18.5cm×23.5cm)

傷や汚れに強く、耐久性に優れたハイブリッドレザーを使用した『フランクリンプランナー』のバインダー。牛床革にポリウレタンレザーのコーティングをした後に、型押し加工を施し、鮮やかな染色に仕上げた。シルバーの金具とのコントラストが美しく、デザイン製と機能性の両方を兼ね備えたアイテムに。(23.5cm×17.8cm)

シンプルでA5サイズのノートパッドが付いたノートカバー。名刺などの収納に便利なカードポケットを5か所備え、マネーやメモクリップなど充実した機能性が魅力だ。ペンホルダーにペンを差し込んでノートカバーを留めるタイプなので、資料やコピー、レジュメ、配布物などを一緒に収納して持ち運部ことが可能。(17.7cm×22.6cm)

シンプルかつスタイリッシュな包み込むようなデザインが印象的。革の裁断から縫製まですべてハンドメイドで仕上げられており、ていねいでこだわりのある仕上がりに。上質でなにも手を加えていないヌメ革の一枚革を使用しているので、軽量で持ち運びにも便利。(18.5cm×23.5cm)

モデル名のルフトはドイツ語で“空、空気”を意味する。新開発のオリジナルバックプレートとリングで一枚革を挟み込むことでこれまでのシステム手帳の常識を覆す軽さを実現した。革本来の素材感を生かしたフルベジタブルタンニンなめしによる本革を使用しており、使うほどにツヤが増していく。(10cm×18.5cm)

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK