きちんとケアしていますか? 乾燥から髪を守る3つの策

きちんとケアしていますか? 乾燥から髪を守る3つの策

高温多湿な夏から一変して、秋冬は乾燥が気になりますよね。肌は男性も気を遣っているかもしれませんが、乾燥は髪にも影響を与えます。その対応策、要チェックです。

Freeamericanidol編集部

2018.07.06

ヘア
ヘアスタイリング剤
シャンプー・トリートメント

髪も肌と一緒。“乾燥”はダメージの原因です

髪も肌と一緒。“乾燥”はダメージの原因です

秋冬は、なんとなく目や肌が乾く方も多いでしょう。「だから?」と思うなかれ、毛髪の乾燥はダメージの大きな原因。目や肌は感覚器官ですから、乾燥を感じることで自然と対策をとることができますが、髪には感覚がないので気付かない=気付いたらダメージが深刻に……ということも考えられるのです。

“髪が乾燥する”っていったいどういうこと?

そもそもですが「髪が乾燥している」というのはどういう状態なのでしょう。通常、いわゆる“髪を乾かした”状態の毛髪は11〜14%の水分を含んでいます。それが何らかの要因によって減ってしまうことが「髪が乾燥している」という状態です。

ではその要因とは何でしょうか。それは髪表面の“キューティクル”が剥がれ、中の水分が抜け出てしまうことがほとんど。

毛髪は表面からキューティクル、コルテックス、メデュラという三層構造になっているのですが、水分を含んでいるのはコルテックス(皮質)の部分。それをウロコ状のキューティクルが保護しています。キューティクルがダメージを受けると、コルテックスから水分などの成分が抜けてしまい、パサついたり切れたりしてしまうのです。

 “髪が乾燥する”っていったいどういうこと?

「なぜキューティクルが剥がれるの?」というところで話は最初に戻るのですが、キューティクルは紫外線、摩擦などさまざまな外的刺激にとても弱いもの。特に秋冬は、空気の乾燥そのものはもちろん、それにより引き起こされる静電気からの摩擦という、髪にとってはダブルパンチ状態になっているのです。

髪を乾燥から守るための対策とおすすめグッズ

乾燥から毛髪を守るためにはどうしたらよいのでしょうか。

「ぬらせばいいん」と思ったら大間違い。実は髪はぬれるとキューティクルが開いた状態になるのです。ぬれたままにしておくと、コルテックスからどんどん成分が抜けてしまい、傷んでしまいます。ぬれてもダメ、乾燥もダメ……ではいったいどうしたらよいか、3つの対策をレクチャーします。

対策1トリートメントを使用する

トリートメントは髪の内部に栄養を与え、キューティクルを保護するヘアケア剤。男性の中には面倒でしないという人も多いですが、毛髪を健やかに保つためには、ぜひとも省略しないでほしいアイテムです。特に、すでに痛んでしまっている場合は、内部を補修してから保護するトリートメントが威力を発揮します。

『モルトベーネ』クレイエステレシュティヴ パック レシュティヴ

『モルトベーネ』の頭皮ケアライン、クレイエステのトリートメントパック。髪のダメージを補修し、頭皮をリラックスさせ潤いを保ちます。清涼感があるので男性にも好まれやすいアイテムです。

『ナプラ』 ケアテクト HB リペアトリートメント

『ナプラ』のケアテクトは自然成分が特徴のシリーズ。赤いパッケージのリペアトリートメントは、熱処理によるダメージヘアをいたわり、自然なツヤとまとまり感を与えます。

『アロマキフィ』ダメージケア トリートメント ローズ&ジャスミン

『アロマキフィ』は、香りはもちろんコスパ面でも評価が高いシリーズ。高品質植物由来成分(ペリセア)&植物オイルがダメージヘアを内側と外側からしっかりと補修・保湿し、ぜいたくな潤いと上品なツヤを与えます。

『タマリス』ヘアレスキュークリニックシステム

カラーやパーマで痛みが激しい人には、補修力の高いヘアレスキューがおすすめ。1液でコルテックスを補修、2液でシーリング、3液でキューティクルプロテクト層を完成と3段階の徹底ケアで、ツヤのあるみずみずしい髪を取り戻します。

『ルプルプ』ヘアカラートリートメント モカブラウン

『ルプルプ』のヘアカラートリートメントなら髪を補修しながら、白髪も染まって一石二鳥。ガゴメ昆布から抽出したエキスで頭皮の表面を潤し、育毛もサポートします。無香料・ノンシリコン・ノンパラベンもうれしい。

対策2洗い流さないトリートメントをスタイリング剤代わりに使用する

洗髪時以外で髪を保護する目的で使われるのがアウトバストリートメントという、洗い流さないタイプのトリートメントです。油分を含むクリームタイプであれば、電車内やオフィスの暖房などの強い乾燥状態からでもしっかりと髪を守ってくれます。ワックスほどのホールド力はないものの、自然なスタイリングならまかなえちゃいます。

『アリミノ』アクアモイスチュア エム

『アリミノ』のアクアモイスチュア エムは、ジェルタイプのトリートメント。スクワランとセラミドを配合し、ドライになりやすい髪1本1本をコーティングして、ていねいに保湿します。ベトつかず、軽い仕上がりがメンズにも人気。

『ルベル』イオ エッセンス モイスト

『ルベル』のイオ エッセンス モイストは、軽い使い心地のミルクタイプ。シア種子エッセンスが紫外線をブロック、ホホバエッセンス配合が柔らかく、まとまりのある髪へ導きます。

『シュワルツコフ』BCファイバーフォース ファイバーヴェール

『シュワルツコフ』のBC ファイバーフォースシリーズは、年齢による髪のチリつきやパサつきを、ファイバー皮膜で引き締めるという新発想のヘアケア剤。「ファイバーヴェール」はミルクタイプでしっとりまとまります。

『ディアテック』デザインフリーフィンBC

「トリートメントでスタイリングをする」がコンセプトの『ディアテック』のフィンシリーズ。エマルジョンタイプのフィンBCは、パーマスタイルを軽やかにキープしつつ、痛みを補修、保護してくれます。

『ロレッタ』モルトベーネ ロレッタ ヘアバター

『ロレッタ』のヘアバターはシアバターと精油からできた、天然成分100%のトリートメント。シアバターの保湿力でしっかりケアをしながら、ワックス感覚でスタイリングもできるのがうれしい。

対策3普段使用しているタオルを見直してみる

最後に推薦するのがタオル。意外だと思うかも知ませんが、タオルが古いと吸水力が弱く、ゴシゴシと拭くことになり、その結果摩擦でキューティクルを痛めてしまう危険性が大。余計な摩擦をおこさないためにも、常に吸水力の高いタオルで素早く&やさしく髪を乾かしたいところです。

『泉州タオル』フェイスタオル

「泉州/本晒し タオル」は、後晒しという独自の技法により、糸の不純物を取り除き、おろしたてのときから高い吸水力を発揮。滅菌作用もあるので清潔です。男の部屋にふさわしいカラー展開も魅力。

『今治タオル』フェイスタオル

今治製の綿55%、マイクロファイバー45% のタオル。マイクロファイバーの吸水性と速乾性を保ちながら、綿らしい肌触りも兼ね備える絶妙なバランスがグッド。ナチュラル系のカラーリングも好印象。

『テネリータ』バスタオルショート

品質、デザインともに評価の高い『テネリータ』のオーガニックコットンタオル。糸の撚りを極限まで甘くすることで、思わず触れずにはいられないしっとりと柔らかな肌触りを実現。お値段以上の幸せが待っています。

『ナバル』バスタオル

『ナバル』のバスタオルはナノテック加工による高い抗菌作用が特徴。汗臭や部屋干しの臭いをシャットアウトし、常に清潔を保ちます。通常よりも太い糸を使用することで、使い続けるごとにフカフカの肌触りに。

『根性タオル』フェイスタオル

老舗タオルメーカーが開発した『根性タオル』は、オーガニックコットン・コーマ糸使用で、高い吸水力と軽さ柔らかを誇り、洗うたびにボリュームが増す一本。タグのQRコードを読み込むと、スポ根魂を揺さぶる曲が流れるというしかけも。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK