シエラデザインの十八番にメロメロ。いま欲しいのは、本格派マウンテンパーカー

シエラデザインの十八番にメロメロ。いま欲しいのは、本格派マウンテンパーカー

マウンテンパーカーが注目されていますが、忘れてはいけないのが『シエラデザイン』のそれ。機能的ながら無駄のないデザインの逸品は、大人の秋コーデに必須です。

Freeamericanidol編集部

2017.10.31

シエラデザイン(SIERRA DESIGNS)
アウター
ジャケット
マウンテンパーカー
秋の着こなし・コーデ

機能的でクラシカルな雰囲気。“欲しい”が詰まった『シエラデザイン』はやっぱりイイ

『シエラデザイン』は、1965年にアメリカ・カリフォルニア州で誕生したアウトドアブランド。創業以来長年にわたる経験や技術を生かして、アパレル、バッグ、キャンプ用品など高品質なアイテムを数々リリースしてきました。いずれのアイテムもオーバースペックではなく、さまざまなシーンにマッチする必要十分な機能が盛り込まれつつも、クラシカルな見た目に仕上がっているのが魅力。スペックと見た目の両立こそが、同ブランド最大の長所。長く愛されるブランドのゆえんは、ここにあるのです。

『シエラデザイン』で狙うべきマウンテンパーカー、その魅力とは?

多彩なラインアップを誇る『シエラデザイン』ですが、マウンテンパーカーが代名詞的存在。その魅力は、高いデザイン性と機能性の両立にアリ。豊富なポケット数による収納力はもちろん、機能面に起因する素材が秀逸なんです。たとえば、同ブランドを代表する「60/40クロス(ロクヨンクロス)」。横糸綿60%と縦糸ナイロン40%の混紡生地で、保温保湿性や丈夫さ、軽さなどを備えています。

『シエラデザイン』のマウンテンパーカー、指名買いしたい4モデルをチェック

初めて『シエラデザイン』のマウンテンパーカーを手にしようと考えている方にも、リピート買いを狙っている方にもおすすめしたい4モデルをピックアップ。素材や着丈などのバリエーションから、ご自身のお気に入りをチェックしてみましょう。

アイテム160/40クロス マウンテンパーカー

『シエラデザイン』を代表する60/40クロスを使用し、4ポケットなどアウトドアテイストをふんだんに盛り込んだミドル丈のマウンテンパーカー。ラグランスリーブで機動性が確保されているのも見逃せません。ネイビーやブラックなどの定番色を選べば、普段の街着としても活躍間違いなしのアウターです。

アイテム260/40クロス ペンドルトンマウンテンパーカー

ネイティブ柄のライニングが目を引くペンドルトンマウンテンパーカー。上述のマウンテンパーカーのディテールに加え、ペンドルトン社製のウール100%の生地をライニングに使用することで保温性を大幅にアップさせました。ナチュラルなベージュと落ち着いたネイティブ柄はどんなコーデにもなじみそう。

アイテム365/35 マウンテンパーカー

若者にも手が届く価格帯が魅力の『シエラデザイン ブルーレーベル』から、復刻版トレイルパーカーが登場。リーズナブルな価格帯ながら65/35クロスを使用した日本製のディテールは、アメリカ製のパーカーに引けを取りません。タウンユースにうってつけのショート丈や深みのあるカラーリングもポイント。

アイテム460/40クロス ミリタリーマウンテンパーカー

定番のマウンテンパーカーをミリタリー調にアレンジした1枚。渋いオリーブカラーで統一された無駄の無いルックはいつもの着こなしに合わせやすく、アウトドア感も控えめ。通常のパーカーのスペックに加え、ライニングにはマイクロフリースを採用しているので防寒性も抜群です。

『シエラデザイン』のマウンテンパーカー、街の大人はどう着てる?

オーセンティックな『シエラデザイン』のマウンテンパーカーを、フェアアイルセーターやクラークスのデザートブーツなどアメカジ王道アイテムとコーディネート。インナーダウンで防寒性を確保しつつ、タイトなシルエットで全体をスマートな印象に。

ボタンダウンシャツとジーンズの王道アメカジコーデ。ここに黒のマウンテンパーカーを重ねてモードな印象をプラス。キャップとスニーカーも黒で揃えれば統一感のある大人の着こなしに。アウトドアテイストを控えたカジュアルなスタイリングのお手本です。

ロング丈でボリュームのあるマウンテンパーカーや『ダナー』のブーツを、グレーのスウェットパンツとコーディネート。アウトドア×スポーツという旬のMIXスタイルに、ハイネックでクリーンなテイストも加えた上級者コーデです。

グリーンのマウンテンパーカーはヴィンテージ感のあるジーンズと好相性。ハットを加えることで、カジュアルすぎない大人らしいコーディネートに仕上げています。

ナチュラルなムード漂うベージュのマウンテンパーカーは、ボーダーカットソーと好相性。足元はジョガーパンツとキーンのスニーカーでスポーティーにまとめ、さり気なくスポーツMIXに。パーカーの爽やかなライトブルーの裏地を差し色として使っているのも技ありです。

マウンテンパーカー、スキニーパンツ、スニーカー、ハット、アイウェアとすべてブラックで統一したモノトーンコーデ。それでいてマウンテンパーカー内側のペンドルトン柄を着こなしのアイキャッチとして活用するのも計算ずく。白の靴下をのぞかせて、重くなりがちなコーデにライトな印象を加えているのもお見事!

アウトドア×ミリタリーという男らしいMIXスタイルには、黒のマウンテンパーカーが正解。土臭いイメージに偏りすぎないよう、黒でシックなムードを取り入れるだけで、都会的なルックスが完成します。

落ち着いた印象のデニム・オン・デニムに、あえてアウトドア色の強いオレンジのパーカーをセレクト。インナーとシューズ、キャップはジーンズになじむモノトーンで統一し、パーカーの存在感を際立たせています。

ロング丈のグリーンのマウンテンパーカーを、ブラック系のボトムスやブーツ、つば広ハットとコーディネート。パーカーのフロントをすべて閉めて着用することで、着こなし全体がぐっとミニマルで洗練された印象に早変わりします。

グリーンのロング丈マウンテンパーカーを、スウェットパンツやスニーカーといったカジュアルアイテムとコーディネートしたスタイル。インナーに着たハイネックの白が効いているので、ボリュームの出がちなスタイルもすっきりと明るく見えます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK