コスパが良くって使える“リア充”服集めてみました

コスパが良くって使える“リア充”服集めてみました

おしゃれに手抜きはしたくないが、頻繁に着る服へかける出費は極力抑えたい。それが大人の本音だろう。そこで見た目にも今どきで、ガシガシ着られる“リア充”服に注目!

菊地 亮

2016.11.14

アウター
トップス
ボトムス

“コスパの良いおしゃれ着がほしい”そんな願望かなえます

勝負服、あるいはこだわりのアイテムには、妥協せず投資したい。そのためには、“日常着”にかける金額をどれだけ抑えられるかが鍵。とはいえ、いい大人にもなればみすぼらしい格好は避けたいところだ。そこで“リア充”服の出番。

“リア充”服とは、コスパに優れ、かつ見た目にも格好がつくお手軽かつ便利なアイテム。つまり、お手頃価格だけど安っぽく見えず大人の着こなしにハマる”お値段以上”の優秀服。これさえあれば、お財布にも余裕が生まれ日常を心底楽しめる。

おしゃれ上手は“リア充服”をフル活用

普段、周りからおしゃれと思われている人は、きっといいアイテムを着ているのだろうと思うかもしれない。しかし、そういう人ほど、実は“リア充”服を有効活用している。

セットアップ風に見せるのがポイント

粗野感が出そうなデニム・オン・デニムのコーディネートを、スタイリッシュに見せた好サンプル。きれいなブルゾンに足元はエレガントなスリッポンと、随所に抜け目のなさを漂わせているが、ジーンズはなんと『ユニクロ』。ジージャンとトーンを合わせた点がキモだ。

ジャケパンの一部として溶け込ませる

リーズナブルなアイテムに見せない1つの方法として挙げられるのが、ドレスコードとの併用。大人の定番アイテムであるジャケットへ、品を損なわない白パンを合わせたクリーンなジャケパンなら、プライス以上の価値を周囲にアピールすることができる。

シンプルな定番アイテムで合わせる

色のメリハリ、ウィットに富んだ丈感のギャップなど、着こなしに独自性を加えてファッション性を高めた上級者。ただ、シンプルなブルゾンは『H&M』、メンズカジュアルの基本であるジーンズは『GU』と身につけているのはコスパに優れたアイテムばかりなのが驚き。

モノトーンで大人っぽく仕上げる

トラックジャケットをロング丈にしたようなアウターをメインとしたコーディネート。ブラックを中心に、適度にホワイトをのぞかせたことでダークな印象を回避しながらモードライクに合わせている。これなら、着こなしの主役が“リア充”服だとは誰も思うまい。

効果的なアクセントとして使う

ジージャンでアメカジ感を出しつつトレンチコートでキリッとさせた“剛”と“柔”の使い分けが巧み。内側からさり気なく見せた太ボーダーや足元の白スニで爽やかさも演出している。そこへパーカーを差すだけでスポーツテイストが加わり、今風な着こなしになる。

買わなきゃ損! 買って得する“リア充”服

そんな使えるアイテム、そうそうないと高をくくっている人はぜひともご覧あれ。思っている以上にちまたでは“リア充”服が豊富。ここではカテゴリーごとにおすすめのアイテムを選抜。

▼9,999円以下で見つけるチェスターコート

冬のショッピングで頭を悩ませるアイテムに、誰もがアウターを挙げるだろう。上品なコートはその最右翼で、コーディネートの主役を張るだけでなく、他アイテムと比べプライスも格段に跳ね上がる。それが、9,999円以下で手に入るのならこれほどうれしいことはない。

『ジップファイブ』ウールメルトンダブルチェスターコート/7,452円(税込)

80cmを超えるロング丈が、すらりとしたしたシルエットを描き出すブランド不動の人気アイテム。美しい色出しを実現させた生地は、通常の280gから680gへと肉厚にし、圧縮しながら目を詰めたことでメルトンらしいハリを生んでいる。

『ザ カジュアル』ウールチェスターコート/8,424円(税込)

スタイルが最もよく見えるよう、計算し尽くされたパターンで作られたコート。ウインドウペンを全体へあしらい、ラペルや3ボタンも通常のテーラードジャケットをベースに仕上げているためグッと大人な印象に。

『ユニオンステーション』カットチェスターコート/9,709円(税込)

ベース生地にカット地を使用。チェスターコートのエレガントな部分はそのままに、適度なカジュアルさをプラスした。ロングアウターでありながら、テーラードジャケットを着るかのような気軽さもウリ。

▼9,999円以下で見つけるダウン

冬アウターの代表的アイテムで知られるダウン。アウトドアシーンから派生してきただけに保温性は言わずもがな、用いる素材も高級なだけに多くの人たちが多大な出費を覚悟するはずだ。しかし、鼻息を荒らげなくても最低限の出費で実はゲットできる。

『コーエン』中綿N-3Bフーデッドジャケット/9,180円(税込)

『コーエン』のヒット作に数えられる中綿マウンテンパーカー。こちらはそのリニューアルバージョンで、軍アウターの代表的モデル、N-3Bをデザインに落とし込んでいる。ネックを高めに設定しているため防寒性もしっかりケア。

『ヴィブジョー』フードダウンジャケット/9,936円(税込)

フロントはファスナーとボタンのW仕様で吹き込む寒風をシャットアウト。いつもなら野暮ったくなりがちなダウンジャケットも、スリムシルエットに仕上げたことで見事に払拭。フードは着脱が簡単で2wayの着こなしが楽しめる。

『タカキュー メンズ』リバーシブルダウン/9,709円(税込)

やさしいプライスと高い機能性をハイレベルで実現。中綿による温もりは言うに及ばず、さらに生地はタッチのしなやかなナイロンタフタを起用。そこへ撥水加工を施しながら防水性を高めている。リバーシブルで着られるのもいい。

▼4,999円以下で見つけるニットウェア

素材に見る希少性、技術を要する繊細なニッティングなどから、比較的高額なインナーの部類に入るニットウェア。保温性や心地いい着用感を考えれば、大きな出費も当然覚悟しなければいけないところだが、これらのアイテムがその悩みを解消してくれる。

『コーエン』アランケーブルクルーネックニット/4,860円(税込)

ワントーンの配色の中、アラン編みのデザインがひときわ目をひくこちら。クラシカルなルックスではあるものの、厚みを抑えているためレイヤードがしやすいのもポイントだ。脇部分の切り替えも『コーエン』らしい。

『グローバルワーク』7ゲージケーブルニットプルオーバー/4,860円(税込)

ウールの風合いを持ちながらコットンのような着心地を楽しめる一着。太さの異なるケーブルを並べた編み地は立体感を生み出し、袖の内側にラインを入れているため折り返したときのいいアクセントにもなる。

『ナバル』ベーシックケーブルクルーネックニット/3,132円(税込)

1枚で着ても、レイヤードさせても存在感を出せる絶妙な厚みが頼もしい。柔らかいうえに軽やかで、ジャケットのインナーとしても活躍してくれる。にもかかわらず7ゲージでしっかりと編み込まれた骨太な作り。

▼4,999円以下で見つけるテーラードジャケット

大人っぽさを難なく打ち出せるテーラードジャケットは、ビジネスの場でもカジュアルシーンでも欠かせない存在。それを、リーズナブルな金額でゲットできるのなら、これほど好都合なことはない。しかも、どれもがスタイリッシュな趣を作れる秀作ばかりだ。

『エイト』テーラードジャケット ブレザー/3,132円(税込)

微光沢がのった本格的なスーツ生地を使っているだけに、ジャケット特有の品行方正な佇まいをしっかりキープできている。細身のラペルはモダンな印象を与え、1ボタン仕様のためパーティーシーンでも活躍確実。

『インプルーブス』メルトンウールダブルボタンジャケット/3,996円(税込)

メルトンウールのやさしく滑らかな素材感は、暖かいうえにゴワつきも皆無。ラグジュアリーな雰囲気をナチュラルに誘発してくれる。しかも、クラシカルなダブルブレストタイプだから大人っぽさもさらに増す。

『アーケード』メルトンウールテーラードジャケット/3,998円(税込)

ウール混ゆえに、テーラードジャケット特有の凛々しさを保てるだけでなく温もりも感じられる。シワができづらいのも高ポイントで、無駄をそぎ落としたシンプルなデザインは、さまざまなアイテムともフィットしやすい。

▼3,999円以下で見つけるシャツ

冬コーデはレイヤードが一般的だけにインナーが目につきにくい。しかし、胸元からのぞくシャツが決して小さくない効果を生むことを、センスのある大人はよく心得ている。思い切った投資はできないが気も抜きたくない、そのジレンマをこのアイテムが解消するはず。

『ジョルダーノ』ライオン刺繍フランネルブロックチェックシャツ/2,149円(税込)

アメカジの定番として知られるチェック柄のフランネルシャツ。ソフトな着用感と適度な温もりは、普段着として実に重宝する。胸元へあしらったブランドアイコンのライオン刺しゅうがさり気ないアクセントに。

『コーエン』ギンガムチェックオックスボタンダウンシャツ/3,888円(税込)

生地は、シワがつきにくくコシもあり、さらに丈夫な従来のオックスフォード生地となんら遜色ない心強さを誇る。そのため、腰巻きや肩がけにも存分に活用できる。4色のカラバリで展開され、シーンに合わせて着こなしたい。

『マングローブ』綿麻ノーカラーシャツ/3,780円(税込)

素材に使用した綿麻のミックス生地は、肌触りが心地よく袖通しも滑らか。サラッとした着心地だけに、デイリーに着られるアイテムだ。ノーカラー仕様だが、ややV気味に開いたネックにより1枚でも様になるようデザイン。

▼3,999円以下で見つけるジーンズ

デニムがメンズカジュアルの基本といわれるのは、長い歴史と、さまざまな時代の中でも廃れることなく男たちをとりこにし続けてきたから。その存在感は今もなお健在だが、とがっていた若い頃とは違い、今でははき心地も重視したいところ。そのうえ安いとくれば買わない手はない。

『ヴィブジョー』ストレッチデニムスキニーパンツ/3,780円(税込)

すっきりとしたシルエットが印象的な、我々には馴染み深いスタンダードな5ポケットパンツ。きれいなレッグラインながら、ストレッチが効いているためはき心地も充実。ウォッシュをかけたことでよりこなれた雰囲気に。

『エイト』スキニーデニム/3,980円(税込)

リアルさを追求したヴィンテージ加工が出色。フロントに浮き上がったヒゲ、縫製部分に残るアタリ、そして、何年もはき続けたかのような色落ちはこなれたデニムスタイルを見事に演出し、トレンド感もアピール可能。

『アーケード』スリムフィットストレッチスキニ―デニム/2,980円(税込)

動きやすさと見た目の美しさを高次元で実践する、考え抜かれたパターンが目をひく『アーケード』のジーンズ。うっすらとテーパードを入れた点がキモで、深みのある濃紺のカラートーンによりさらに端正な表情に。

▼3,999円以下で見つけるスニーカー

スニーカーは気軽に履きたいもの。ラフに扱っても気にならないのがそもそもの魅力のひとつだったりする。だからこそ、ことさらかける金額には気を使う。財布の中身を気にせず手にできるスニーカーであれば、休日シューズとしては最良なのではないか。

『AAA+』2324/2,980円(税込)

デッキタイプのシンプルなルックスは、どんなボトムスとも合うオールマイティーさが最大の魅力。ロープライスながら、アッパーはキャンバス地のため丈夫。カラーも豊富なため、大人買いがおすすめだ。

『インプルーブ』スリッポンスニーカー/2,997円(税込)

着脱も容易なスリッポンタイプのスニーカー。クッション性があり履き口部分も肉厚にしているため歩きやすさと安定感を生み出している。表面にはキルティングステッチを施し、ビジュアル的インパクトものせた。

『エイト』ハイカットスニーカー/¥3,480(税込)

往年のスケートシューズをほうふつとさせる肉厚な作り。PUレザーのアッパーはスニーカーながらも上品な印象を与えてくれる。厚めのソールは地面からの衝撃を吸収し、ベルクロが足首をしっかりホールドするため安定感も抜群。

適材適所のアイテム選びで賢い買い物&着こなしを

すべてをハイブランドで固めれば嫌みに見え、コスパブランドばかりだと大人としての威厳を保てない。コーディネートのどこに力を入れるかでおしゃれの度合いも変わってくる。そこで今回のアイテムがきっと役立ってくれるはず。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

    CANADA

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK