寒くても短髪にしたい。冬にトライすべきショートヘア

寒くても短髪にしたい。冬にトライすべきショートヘア

清潔感と男らしさをキープできるショートヘアは、秋冬も継続してメンズヘアスタイルの流行の中心に。今年の冬らしいショートヘアのポイントを一挙紹介します。

田坂 タケシ

2016.11.09

ヘア
ヘアスタイル
ショートヘア

大人の秋冬ショート。こだわるべき3つのポイント

秋冬も継続してメンズヘアスタイルの人気の中心は、ショートヘア。とはいえ、髪型にも季節感は求められます。オン・オフ両方で清潔感や男らしさが求められる大人メンズにおすすめしたいショートヘアで押さえるべき「3つのポイント」を紹介します。

清潔感をキープするうえで刈り上げはマスト、という人も多いはず。とはいえ、春夏に流行した極端なツーブロックや刈り上げは、秋冬の服装やスタイリングとはバランスがよくありません。刈り上げるときに押さえるべきポイントは「控えめなメリハリ」です。

極端な刈り上げと同様に、髪をすき過ぎてスカスカに見えるようなヘアスタイルも秋冬シーズンでは避けたいところ。寒々しく見えない、落ち着いた大人向け秋冬メンズショートのキーワードは、程よい「重み」を残すことです。

空気が乾燥する秋冬は、それだけで髪のダメージにつながる可能性があります。また、乾燥によって髪が広がりまとまりつかなくなることも多いはず。「髪を乾燥から守る」ために、整髪と髪のケアを兼ねてスタイリング剤で補うことが必要です。

秋冬ヘアはこれで決まり。大人の男性におすすめしたいショートヘア20選

秋冬のスタイリングにマッチする旬のショートヘアスタイルを、一挙20例紹介します。ニットやアウターなど秋冬シーズンの服装とバランスの良い、程よい「重み」を生かした大人向けショートヘアを参考に、自分に似合うスタイルを見つけてください。

ビジネスでもオフでも変化をつけて対応できるツーブロックのショートヘアスタイル。耳周りはツーブロックでバックはグラデーションで刈り上げていますが、短過ぎないので秋冬のスタイルにもフィットします。前髪を上げても、下ろして流しても決まるスタイルです。

サイドをツーブロックで刈り上げ、カット後に髪が伸びても気にならないナチュラルなぼかしカットを生かしたスタイル。トップは髪のクセを生かして重みを残しているので、ベリーショートでもカジュアルになり過ぎず、ビジネススタイルにもマッチします。

クセ毛風のナチュラルなパーマを生かしたヘアスタイル。耳周りからえり足にかけてすっきりとカットし、前髪からサイドにかけては流れやすいようにカットしています。バックはある程度長めに残して、後頭部の形を丸くきれいに見せる工夫も。

サイドをツーブロックで短くカットし、トップを長めに残したショートスタイル。程よく毛量を間引くようにカットしているので、グリースやウェットタイプのワックスなど、ぬれ感を生かしたスタイリング剤を使うと簡単に毛流れを演出することができます。

グラデーションの刈り上げをポイントにしたクセ毛風パーマのヘアスタイル。表面の髪がやさしく重なり合うようにレイヤーカットされているので、グリースなどウェット感のあるスタイリング剤でタイトに流しても、ワックスなどでラフに毛先を遊ばせても決まります。

サイドやえり足の刈り上げからトップへと自然につないでいくカットでみせるショートヘアスタイル。トップの重みを残しながら毛量を程よく間引いているので、グリースやグロスワックス、ジェルなどのスタイリング剤を使うことで簡単に髪の束感を再現できます。

トップの重みを残しながらサイドとえり足を短くカットしたツーブロックのショートレイヤースタイル。毛先に自然な動きが出るように毛量をコントロールするカットが施されているので、ドライヤー後にワックスを軽くもみ込むことでナチュラル感を演出できます。

サイドとえり足はすっきりと、バング(前髪)は長めに残して毛流れを生かせるよう動きをつけてカットしたショートヘアスタイル。クラシックで理知的な印象のヘアスタイルなので、眼鏡などのアイウェアとのバランスも抜群に良くなります。

マッシュルームカットをベースにレイヤーカットを施すことですっきりとした毛束感を演出したツーブロックヘア。前髪はラフにかき上げても下ろして流しても、ちょうど良い長さを残しているので、その日の気分によってさまざまなスタイルを楽しむことができます。

髪の厚みや毛量を生かして束感を残したベリーショートのヘアスタイル。サイドやえり足は穏やかに刈り上げて顔周りをすっきりさせているので、ドライ後はハード系ワックスなどをもみ込んで自然に崩すだけで、数分で手軽にスタイリングが完成します。

毛先にニュアンスが出るようピンパーマでクセ毛風の動きを出したヘアスタイル。サイドはグラデーションで刈り上げてすっきりさせていますが、前髪からトップにかけては長さと重さを残しているので、大人風の色気があるショートヘアを演出できます。

頭の形がきれいに見えるようにグラデーションカットと刈り上げを施したショートヘア。全体に毛流れと動きがつくようにカットされているので、グリースなどを少量もみ込みながらセットするだけで、清潔感のあるクラシックなスタイルが完成します。

子供っぽい印象になりがちなマッシュルームカットを、大人向けのバランスにアレンジしたヘアスタイル。中間から髪を間引いて毛量をコントロールしてすっきり見せています。スタイリングはトリートメント効果のあるヘアクリームなどをもみ込むだけでOK。

サイドからつなげてえり足はすっきりとグラデーションで刈り上げたショートヘア。トップは長めに残して自然なパーマで前髪からふんわり立ち上がるようセットされています。メリハリのあるカットですっきり見せるので、これから髪を伸ばす途中段階の人にもピッタリ。

トップから前髪は長さと重みを残しつつ、サイドは耳上でおさまるようタイトにカットしているので、顔周りがすっきり見えます。チャレンジできる人は、やや明るめの上品カラーを施すことで、自然な毛流れとツヤ感をより印象的に演出することができます。

トップから全体にかけてのやさしい動きが印象的なマッシュベースのショートヘア。サイドの耳周りからえり足にかけて短めにカットされているので、全体の印象が重くなりません。髪のボリュームが出にくい場合は、軽いパーマをベースにかけることもおすすめです。

サイドからえり足は長めの刈り上げで毛流れを残し、外国人っぽいラフな質感を出すためにピンパーマをランダムに施したやさしい印象のリーゼントスタイル。毛先を遊ばせても、タイトに毛流れを演出しても決まるので、大人メンズのオン・オフにも対応します。

春夏ベリーショートを楽しんだ人が冬に向けて髪を伸ばしたいというときにトライしてもらいたいヘアスタイル。サイドとバックはしっかり刈り上げながら、トップはひし形に見えるようボリュームを出しているので、男らしさと清潔感を兼ね備えています。

サイドとバックは短くすっきりとカットしつつトップから前髪(バング)のサイドパートを生かしたショートヘア。タオルドライ後まだ髪がぬれている段階でグリースをつけ、コームで整えながらスタイリングすることでしっかりとした毛流れをセットできます。

サイドからバックにかけてグラデーションで刈り上げ、トップの重みを自然に残したショートヘアスタイル。きっちりとタイトな印象にまとめたいときはグリースをつけた後にコームで整え、ラフに仕上げたいときにはもみ込んでルーズにすることで、変化を楽しめます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK