よく耳にするミックススタイル。大人はどう着こなす?

よく耳にするミックススタイル。大人はどう着こなす?

「きれいめ」×「スポーティー」など違うテイストを合わせるミックススタイルが人気です。スタイルの基本と実践方法を予習し冬に生かしたいところ。その方法を伝授します。

CANADA

2016.11.08

冬の着こなし・コーデ
スポーツファッション

ここ最近でよく耳にする“ミックススタイル”って何?

テーラードジャケットにスウェットパンツを合わせたり、プリーツの入ったきれいなパンツをスニーカーで崩したりなど、相反するテイストのアイテム同士をかけ合わせることをいいます。全身を同じテイストで揃えるのでは遊びがありませんので、どこかに違ったテイストを入れるだけでコーデがこなれて見えるのです。

ミックススタイルを実践したい。何がポイント?

ミックススタイルを作るポイントは、ずばり「軸となるテイストを2つにしぼる」こと! たとえば、「きれいめ」×「スポーツ」×「マリン」としてしまうとコーデのポイントがどこにあるのかわからなくなり、イケてない結果になってしまいます。ここは、「スポーツ」×「きれいめ」といったように、軸のテイストは潔く2つにしましょう。

そしてFreeamericanidol世代がミックススタイルに挑戦する際は、テイストのひとつに「きれいめ」を取り入れるように注意して。ラフになりすぎず、大人の着こなしにまとまりますよ。

「きれいめ」を主軸にする大人のミックススタイル参考書。着こなし例を一挙公開

「きれいめ」を主軸にした挑戦しやすいミックスコーデをご紹介。今季はスポーティ、ミリタリー、アウトドアの3つのテイストミックスがおすすめです。洋服の着こなしが楽しくなるこれからの季節に、ぜひ取り入れてみてください!

▼きれいめ×スポーティ

スポーティなアイテムをボトムスで取り入れようとすると難易度が急激に高くなるのでミックススタイル初心者は避けるべき。トップスにスポーティなアイテムをもってきて、ボトムスできれいめ要素を取り入れるのが基本です。

今シーズンはスタジャンが流行の兆し! タイトめなサイジングのものを選べば、モタつかずに大人っぽく着られます。ボトムスには九分丈のスラックスをチョイスして、王道のスポーツミックスを実現。

『アディダス』のトラックジャケットは、流行に左右されない男の定番アイテム。黒を選べばコーデ幅も広がります。ボトムスはタイトなパンツでもアリですが、ルーズなスラックスならより旬度の高い着こなしに。

スタジャン×スウェットパーカーの組み合わせに、スラックスを合わせて作ったスポーツミックススタイル。色みをモノトーンで揃えれば、ラフになりすぎない大人のカジュアルスタイルが完成します。

『チャンピオン』の半袖スウェットにワッフル素材のパーカーをレイヤード。合わせたスラックスは、アンクル丈なのでトップスのスポーティな雰囲気とも自然にマッチ。さり気なく腰に巻いたバンダナがポイントです。

▼きれいめ×ミリタリー

メンズコーデの定番であるミリタリーアイテムは、きれいめアイテムと相性よし。無地のものなら難なく取り入れられるし、柄物も落ち着いた配色を選べば大人のコーデにもマッチします。

フランス軍のF-2をイメージしたミリタリージャケットと細身のストライプ柄アンクルパンツの組み合わせ。現代的にアレンジされたミリタリーアイテムなら、大人の着こなしにも取り入れやすい。

ヨーロピアンな深みのあるミリタリージャケットにベーシックなテーパードボトムスを合わせた大人の休日カジュアル。明るめのニットやベレー帽子をMIXして、都会的でクリーンなイメージをプラス。

本格的な冬が訪れる前に楽しみたい、シャツ・オン・シャツスタイル。ビジネスにも対応するきれいめのコットンストレッチパンツをもってきて、ミリタリージャケットの土臭さを払拭。

トレンドのMA-1は旬のノーカラーをチョイス。そこにスラックスを合わせて王道のきれいめ×ミリタリーMIXに。つば広のハットを合わせれば、視線が上向くのでスタイルアップ効果も期待できます。

▼きれいめ×アウトドア

寒さが厳しくなるにつれ、アウトドアアイテムの防寒性はやはり頼りになりますよね。実は、アウトドアアイテムはきれいめアイテムとも相性がいいのです。そのミックス技をご覧ください!

ノーカラーでスタイリッシュに仕上げたボアブルゾンが主役。ホワイトのトップスにかわいらしさがある分、グレーのスラックスと黒のレザーシューズで全体を引き締めています。このメリハリがおしゃれに見せるポイント。

モノトーンでまとめたクールなアウトドアミックススタイル。パーカーのフードやカットソーのボーダーでメリハリをつけています。スラックスもアンクル丈にしたことで、重たい色合いでも軽快な雰囲気に。

都会的なシルエットのハーフコートの中にインナーダウンをIN。アウターを軽めにして中にダウンを忍ばせる着こなしが旬です。アウトドアアイテムを使いつつも、クールな色合いでまとめれば大人っぽく仕上がります。

ボリューミーなダウンジャケットを色みの上品なコーデュロイパンツと合わせて街でも着られるアウトドアミックススタイルに。トップスのダウンにボリュームがある分、ボトムスはすっきりとまとめるバランスがいい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1と言えば。アルファ インダストリーズの代表作を着こなす

    MA-1と言えば。アルファ インダストリーズの代表作を着こなす

    今季も相変わらず人気のMA-1ですが、選ぶならやはりその道の名門ブランドが正解。米軍への納品実績も豊富な『アルファ インダストリーズ』なら選択肢として間違いなし!

    山崎 サトシ

    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    上品にもカジュアルにも着こなせる、万能ボトムスの1つであるネイビーカラーのパンツ。大人の着こなしにこそおすすめしたい理由を、コーディネート術とともに伝授します。

    近間 恭子

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

    Freeamericanidol編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    BACK