秋冬コーデにハマるスニーカーは?鉄板コンビを知ろう

秋冬コーデにハマるスニーカーは?鉄板コンビを知ろう

引き続き人気のスニーカー。ただし着こなしを間違えるとアンバランスに映ることもあります。そこで、秋冬コーデにバランス良くキマるスニーカーを使った鉄板セットを紹介!

平 格彦

2016.11.03

スニーカー
秋の着こなし・コーデ
冬の着こなし・コーデ

相棒さえ間違えなければ、スニーカーは大人の秋冬コーデにもハマる!

スニーカーの人気はまだまだ衰え知らず。秋冬シーズンでも活用すべきアイテムです。ただし、カジュアルな印象があるだけにスタイリングを間違えると子供っぽく写ってしまいがちです。そこで、大人な秋冬コーデを築く際に選ぶべきスニーカーと、組み合わせるべきアイテムを提案します。今回のコンビを活用すれば、大人なスニーカースタイルを構築するのも簡単です!

4つの鉄板コンビを押さえれば、オートマチックで大人な秋冬スタイルに

今回紹介するのは、今シーズンに選びべきスニーカーと、それを使った4つの鉄板コンビ。具体的には、

「コンビ1:コンバースオールスターは、薄色デニムで味のある着こなしに」
「コンビ2:ニューバランスのランニングシューズは、上品なニットスタイルのハズしに」
「コンビ3:アディダスオリジナルスのスタンスミスは、スラックスと合わせて大人顔に」
「コンビ4:スエードスニーカーは、ジャケットスタイルでワンランク上の装いに」

という組み合わせです。詳細と具体例を解説します!!

コンビ1コンバース オールスターは、薄色デニムで味のある着こなしに

『コンバース』のオールスターは、ヴィンテージライクな面持ちが魅力。常に人気が高く、今季も高い支持を集めています。はきこなすには、ニュアンスが近い色落ちジーンズを合わせ、味のあるコーディネートに仕上げるのがおすすめ。比較的ラフな印象にはなりますが、ヴィンテージ調の大人な着こなしに組み込むというイメージなら、薄色デニムのトレンド感や新鮮味、軽快感を生かすことができます。やや細めのデニムを選び、トップスをシンプルにまとめると大人っぽく仕上げるのも簡単です。

ハイカットのキャンバスオールスター ハイと、ロールアップした薄色デニムでこなれたヴィンテージテイストを演出。トップスにテラコッタ調の秋色ニットを合わせることで、今季らしいカラーリングに仕上げています。モックネックもトレンド感を上乗せ。

こちらもベースは、ハイカットのキャンバスオールスター ハイと、ロールアップした薄色デニム。スウェットパーカーを合わせてヴィンテージ調のスポーツテイストを加味しつつ、薄手のダウンベストでスポーツ感を一層上乗せしています。デニム以外はモノトーンでまとめて大人な落ち着きを演出。

ジージャンを着用することで、デニム・オン・デニムのヴィンテージ調スタイルを構築。コンバースのオールスターを含め、ほかのアイテムをダークなモノトーンで揃えてシックなムードを加味しています。ケーブル編みのフィッシャーマンニットも大人な上質感を醸出。

ホワイトのオールスターを選ぶと、一層軽やかなニュアンスに仕上がります。しかもここでは、アウターもホワイトにしてクリーンで新鮮な秋冬らしさを演出。ダークなシャツを組み込むことで、大人なニュアンスもプラスしています。

王道ともいえるアメカジスタイルがベースですが、色使いで新鮮味を演出した好例。オールスターはグレー、デニムは明るいインディゴブルーというセットが軽快です。トレンドカラーのオリーブをMA-1で取り入れ、腰に巻いたシャツで赤を差したバランスも秀逸!!

コンビ2ニューバランスのランニングシューズは、上品なニットスタイルのハズしに

オールマイティーにはき回せる汎用性の高さで人気を集めているのが『ニューバランス』のランニングシューズ。持ち前のこなれ感を拡大しつつ、旬なリラックス感と大人なムードを生かしたコーディネートに仕上がるには、上質感のあるニットとセット使いするのがイチ押しです。スニーカーは定番カラーのグレーorネイビーを選びつつ、その色を拾ってニットをセレクトするのが定石!!

グレーの『ニューバランス』M996を選びつつ、明るいグレーのハイゲージニットでそれに呼応。インナーに白いシャツを組み入れることで大人なコーディネートに仕上げています。ボトムスがジーンズでも落ち着いたムード。

『ニューバランス』のML574は、ネイビーを選ぶとレトロでスポーティーな印象。ボーダー柄のニットと色合いでリンクすれば、爽快なコーディネートにベースが固まります。シャツをジーンズを合わせれば、こなれた大人の着こなしに。

1980年代後半の傑作モデル、M996をセレクト。比較的シンプルなデザインなので、定番のグレーなら合わせるパンツを選びません。どんなニットも相性抜群なので、ここでは旬なブラウンを選んでいます。ただし、首元のラインでグレーのスニーカーを連携。温かみと大人な印象を併せ持つスタイルに仕上がっています。

このスニーカーも『ニューバランス』のM996。落ち着きのあるネイビーを選びつつ、ネイビーを使ったボーダー柄のニットと爽やかなカジュアルスタイルに導いています。トレンドのオリーブをパンツで取り入れつつ、シンプルなステカラーコートで大人なニュアンスを醸出。

コンビ3アディダスオリジナルスのスタンスミスは、スラックスと合わせて大人顔に

シンプルなデザインのスタンスミスは、合わせるコーディネートを選ばない万能性が人気の一因。だからこそ、最も上品なボトムスであるスラックスを合わせ、大人っぽくまとめるのがおすすめです。ホワイト基調のスタンスミスに定番カラーのスラックスを合わせたセットは、スポーティーなのに品格もある旬なテイスト作りの近道。どんなトップスを合わせても大人なスタイリングにまとまること確実です!

おすすめのセットにタートルネックのニットを合わせただけのシンプルなコーディネート。全身をモノトーンで統一することで大人な落ち着きを確保しています。ただし、ホワイトのスタンスミスが差し色にもなっているため、無難なだけの着こなしにはなっていません。

明るいグレーのクリースパンツを合わせたパターン。トップスをダークな印象に仕上げることで、落ち着いたムードにまとめています。上下のコントラストがおしゃれな印象の発信源。ウインドウペン柄のテーラードジャケットがトラッドなニュアンスも放っています。

グレーのスラックスとテーラードジャケットをセレクトしたセットアップスタイルのハズしとして白いスタンスミスを活用。上品なコーディネートを無造作にカジュアルダウンすることで、大人なオフのスタイルを築いたお手本です。

ホワイトのスタンスミスにネイビーのスラックスを合わせることで、爽やかな大人テイストのベースを構築。白いTシャツを合わせることでそのニュアンスを拡大しています。オリーブのMA-1を羽織ってトレンド感も上乗せ!

こちらもホワイト×ネイビーのカラーリングを活用し、爽やかスタイリングを築いた好例。シャンブレーシャツをのぞかせることでこなれたムードを加味しつつ、グレーのチェスターコートでスタイリッシュなイメージに。

コンビ4スエードスニーカーは、ジャケットスタイルでワンランク上の装いに

ブランドを問わず、上質感や温かみが薫るスエード素材のスニーカーが大人なコーディネート作りにもってこい。その特徴を生かすなら、ジャケットスタイルに合わせるのが今の気分です。スニーカーとジャケットの色を揃えるのは、大人っぽく仕上げる定番テクニックのひとつ。ただし、それ以外にも大人な印象を演出するポイントがありますので、着こなし例とともに見ていきましょう!!

シンプルなスニーカーを選ぶのが大人に見せるテクニックの筆頭。『バンズ』なら、そんなアイテムが揃っています。ここで選んでいるモデルは、エラ。相棒のテーラードジャケットをブラックで統一しながら、シャツとスラックス調パンツで上品に決めています。

『ハムネット』のシンプルなスニーカーをセレクトしつつ、ブルーのジャケットを合わせて爽やかなジャケットスタイルを構築。インナーをネイビーのニットにしたブルー系のトップスで、爽快感を強調しています。グレーのテーパードパンツを大人なムードをダメ押し。

『バティ』のシンプルな1足は、ブルテリアという犬種の顔をイメージした丸みのあるトゥが特徴的。野暮ったく見えないよう、ストライプのジャケットでスタイリッシュかつ新鮮な着こなしに誘導しています。白いタートルネックのカットソーで今季らしい清潔感や、大人な品格をミックス。

ジャケットスタイルを簡単に築けるセットアップを活用すれば、大人な着こなしが簡単に作れます。スエードスニーカーとも相性は抜群。このコーディネートは、ネイビー基調のジャケットスタイルをグレーのスニーカーで着崩した好例。

『リプロダクションオブファウンド』のブリティッシュミリタリートレーナーは、スエード製スニーカーならではの大人っぽさと、トレンドのミリタリーテイストが同居。ミリタリー調のカーキを採用したセットアップスタイルに合わせれば、今季らしさは最大限に。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK