こなれ感抜群。チェスター×スウェパンの着こなし方

こなれ感抜群。チェスター×スウェパンの着こなし方

上品なチェスターコートはオン・オフ問わず幅広い着こなしにマッチ。だからこそ、スウェットパンツを合わせると絶妙なバランスに仕上がります。着こなし方のコツを伝授!!

平 格彦

2016.11.04

アウター
コート
チェスターコート
スウェットパンツ
冬の着こなし・コーデ

上品なチェスターコート×ラフなスウェットパンツのテイストミックスが相当おしゃれ!!

正式名称はチェスターフィールドコート。テーラードジャケットの丈を伸ばしたようなシンプルなデザインのコートは元々、フォーマルなシーンで使用されていたものです。ただし最近は、素材感やカラーなどで適度にカジュアル化したタイプも登場。オンからオフまで着れるコートとして不動の人気を誇っています。上品なコートだからこそ、どう着崩すかがセンスの見せどころ。そこでおすすめしたいのが、スウェットパンツを合わせるというコーディネートなのです。何がおしゃれなのか、具体的に説明しましょう!!

チェスターコート×スウェットパンツってなぜおしゃれなの?

どうしてチェスターコートとスウェットパンツのセットがイチ押しなのか。その理由は主に3つあります。おしゃれな理由を理解できれば、すぐにでも実践したくなるはずです!

おしゃれな理由1バランスが絶妙でこなれたムードの演出が簡単!

上品とカジュアルのバランスがとにかく絶妙!! 品のあるチェスターコートで大人なニュアンスを確保しつつ、くだけた印象のスウェットパンツを合わせることで、自動的にほしいバランスに仕上がります。的確な着くずしによって“こなれ感”も生まれ、シンプルな着こなしでもおしゃれに見えることは確実です!

おしゃれな理由2今季らしいリラックス感が醸し出せる

今シーズンは“リラックス”がキーワードの1つ。大きめのサイズ感やソフトな生地感などでリラックス感を演出すると今季らしい着こなしに仕上がります。丈が長いチェスターコートはオーバーサイズ気味を選ぶことでリラックス感が強調でき、スウェットパンツは柔軟でストレッチ性のある生地がリラックス感を主張。否応なしに旬なムードが醸し出せるというわけです。

おしゃれな理由3最近人気のスポーツミックスを自動的に実践

スニーカーブームに象徴されるように、ここ数シーズンはスポーツアイテムをミックスした着こなしが人気。スウェットパンツはもともとスポーツ用のアイテムということで、コーディネートに組み込むと今っぽいムードが演出できます。足元にスニーカーを合わせればスポーティなムードがいっそう加速!!

チェスターコート×スウェットパンツの着こなし5つのヒント

実際にチェスターコート×スウェットパンツのセットを着こなすとなると、最初は躊躇してしまうかもしれません。そこで、今っぽく着こなすためのヒントを5つ紹介します。2つ以上取り入れれば確実におしゃれ!!

ヒント1今季らしいインナーの筆頭は白いタートルネックニット

上質感とリラックス感を兼ね備えるニットは、チェスターコート×スウェットパンツの着こなしに同調するニュアンスの持ち主。その中でも今季らしさが演出できるのは、タートルネックです。さらにホワイトなら、旬なムードが加速し、クリーンな印象も加味できます。

ヒント2シャツを組み込んで大人っぽくまとめるのもおすすめ!!

チェスターコートのインナーがTシャツやカットソーでもカジュアルスタイルとしては十分に上品ですが、シャツを合わせていっそう品良く大人っぽくまとめるという手もおすすめです。ドレスシャツだと堅苦しい印象にもなり兼ねませんので、少しカジュアルな素材や存在感がある柄物を選ぶとオフのムードに調和します。

ヒント3足元は、すっきり見えるローカットのスニーカーか短靴

裾がリブになっていて足首がシャープにまとまっているスウェットパンツは、ブーツインするのにも適したボトムスです。冬なのでそんな足元でも問題はありませんが、旬なスポーツ感を演出するなら足元はスマートにまとめるのがベター。ローカットのスニーカーを選べば自ずとスポーツテイストが強まりますし、レザーの短靴でもすっきりして軽快な足元に仕上がります。

ヒント4ハットをかぶって大人な印象を高めるのもセンスアップの近道

エレガントな印象とスポーティな雰囲気をミックスした着こなしなので、チェスターコート×スウェットパンツのセットは合わせる小物を選びません。だからこそ、上品なムードのハットを合わせて大人な雰囲気や品格を上乗せするのがおすすめ。上半身と下半身のメリハリがいっそう浮き彫りになり、お互いのテイストを強調し合ってセンス良く映ります。

ヒント5トレンドカラーのチェスターコートで新鮮味を最上級に

チェスターコートの王道カラーはブラック。フォーマルシーンに用いられることの多いグレーやネイビーの定番カラーです。着回しやすさを考えるとそんなカラーを選ぶのがセオリーですが、ベーシックなカラーだけに、手持ちのアウターとかぶるという人も少なくないはず。そんなときは、キャメルやベージュ、カーキ系、テラコッタやボルドー系といった旬な色を選ぶと新鮮。シンプルな上品なチェスターコートなら、カラーで遊んでも大人なムードがキープできます。

WEARで見つけたおしゃれなコーデサンプル

ここでは、具体的な実例として5つのヒントを実践しているコーディネートをピックアップ!! WEARで見つけたリアルな着こなしばかりですので、参考にして取り入れやすいはずです。

ヒント1と3、4を実践

すっきりしたシルエットのやや薄手なチェスターコートをセレクトしつつ、厚手のタートルネックニットで保温性をプラス。ネイビー×ホワイトの色合いが爽快です。定番カラーのスウェットベーカーパンツと黒いスニーカーで、ラフになり過ぎなようにカジュアルダウン。

ヒント1と3を実践

こちらもチェスターコートとタートルネックニットという組み合わせを採用。ブラック×ホワイトという配色の上半身に加え、ブラックをベースにした下半身で落ち着いたニュアンスに仕上げています。

ヒント1と3を実践

同じくホワイトのタートルネックを用いていますが、やや薄手のニットを選びつつ、インバーダウンで保温性を確保。それと同時に、スポーティな印象も高めています。さらにグレーをベースにしたコーディネートで、都会的なニュアンスを演出しているのもポイント。

ヒント2と3を実践

シャツを組み込むことで大人なコーディネートに仕上げたお手本。スウェットパンツをホワイトにすることで軽やかでクリーンなイメージも打ち出しています。ニット&ニットキャップを鮮やかなブルーにしていっそう爽やかなニュアンスに。

ヒント2と3を実践

こちらもシャツがコーディネートのポイント。バンドカラーやロング丈が今季らしさを放つシャツをインナーに選んでいます。また、ブルー系のストライプと相性の良いネイビーのチェスターコートをセレクト。下半身を明るいトーンにして新鮮な冬の着こなしに。

ヒント2と5を実践

トレンドのキャメルカラーをチェスターコートで取り入れた着こなし。ほかのアイテムはダークなモノトーンをベースにしつつ、適度に白を差して軽快感も演出しています。また、シャツと革靴を組み込むことで大人な品格もプラス!

ヒント2と3、5を実践

こちらもキャメルのチェスターコートを着用。ロゴ入りのニットとビエラチェック柄のシャツを合わせることで、アメカジ系のテイストもミックスしています。また、スニーカーをボルドーのスエード素材にして冬らしい温かみを上乗せ。

ヒント4と5を実践

チェスターコートでトレンドカラーのオリーブを取り入れた着こなし。ミリタリーテイストを演出しつつ、武骨な印象になり過ぎないようにボーダー柄のインナーで爽やかにカジュアルダウンしています。また、足元のローファーで大人な落ち着きも加味。

ヒント3と4を実践

チェスターコート×スウェットパンツのセットでも、ここまで品良くまとまるという好例。定番カラーでまとめつつ、シャツ、レザーシューズ、ハットを選ぶことで大人なイメージを打ち出しています。赤いライン入りのソックスがさり気ないアクセントに。

ヒント3と4を実践

大きめのチェスターコートとツバが広めのハットで大人っぽい気品を演出。スウェットパンツとスニーカーをグレーで統一し、スポーティなムードを加味しつつスタイリッシュに仕上げています。首元にバンダナを巻いて個性もブレンド。

今選ぶならこれ、おすすめの“チェスターコート×スウェットパンツ”

各ブランドから、さまざまなチェスターコートやスウェットパンツで豊富にリリースされている今シーズン。ということで、今セレクトすべき逸品をピックアップしました。おすすめの組み合わせで一気に紹介!

『フォーワンセブン エディフィス』

世界トップレベルのクオリティを誇るオーストラリアメリノウールに起毛を施し、空気を含むよう仕上げた二重織りのソフトな質感が魅力。構築的な仕様を再読しつつ、リラックス感のあるシルエットで今季的に。

『ヴィブジョー』

適度な厚みのある裏毛スウェット地を使用。シャギーの生地が表情豊かで、こなれたムードを高めています。ナチュラルなテーラードシルエットがすっきりとして印象ですが、ストレッチ性があるので着用感は快適。

『ステュディオス』

二重織りのメルトン素材を起用。毛足の長いビーバー仕立てでふっくらと仕上げています。メルトンでは珍しいビスコース混素材で、美しいドレープ感と光沢感を実現。ラグジュアリーな佇まいですが、立体的なフォルムで袖回りの動きやすさにも配慮。

『ナイキ』

吸汗性に優れ、肌触りが心地良いフレンチリースウェット地を使用した一本。テーラードの効いた美しいシルエットが特徴的で、大人なスポーツミックススタイルを築くのに最適です。左脇のロゴがさり気ないワンポイント。

『アバハウス』

両面ビーバー素材を糸から作り上げることで、より軽く仕上げた珠玉のコート。ウエストのくびれを高めに設定してシャープに見せつつ、肩回りやサイバラライン (脇のパーツ) などには丸みをもたせてマイルドに仕上げたバランスが巧妙です。

『センス オブ プレイス by アーバンリサーチ』

メランジ感が強く、こなれた表情が強く出ているスウェット生地が特徴的。このカラーはネイビーで、霜降り感がよりはっきり現れています。スポーティなアイテムと相性が良いので、スニーカーを合わせるのがおすすめ。

『リチウム オム』

ショートビーバー仕上げのウール地を採用。厚手で滑らかな質感が品格を放っています。比翼仕立てといったクラシカルなディテールを踏襲しながらも、スリムなシルエットと素材感でモダナイズ。

『プーマ』

フェラーリコレクションのスウェットパンツ。ジップポケットの赤いスライダーや、左もものフラップポケット、その上にレイアウトされたブランドのアイコンなどがさり気なくスパイスに。

『グラム』

4回の試験を繰り返し、深藍色 (ふかきあいいろ) に近い色みを実現。トレンドカラーのオリーブは人気が高いだけに、それとは異なる上品なグリーンで差をつけるのもおすすめです。レイヤードがしやすいように大きめのシルエットを採用。

『チャンピオン』×『マウント デザイン』

毎年人気を集めている別注リバースウィーブシリーズの一本。クライミングパンツの立体的なクロッチやカッティングを流用し、細身で動きやすいシルエットを生み出しました。裾にコンシールファスナーを備え、足元のアレンジが可能です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK