アークティックパーカー以外も。ウールリッチの傑作ダウン

アークティックパーカー以外も。ウールリッチの傑作ダウン

180年以上の歴史をもつアメリカ最古のアウトドアブランド『ウールリッチ』。代表格のアークティックパーカーをはじめ、注目のダウンジャケットを一挙ご紹介します。

Freeamericanidol編集部

2018.10.30

ウールリッチ(WOOLRICH)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
冬の着こなし・コーデ
アウトドアファッション

大人のためのリュクスなダウンを展開する『ウールリッチ』

『ウールリッチ』は180年超の歴史を誇るアメリカ最古のアウトドアブランド。その名のとおり、創業当初の『ウールリッチ』はアウトドアのさまざまな分野で信頼のおける衣類や羊毛の布を供給するブランドとしてスタートしました。アウトドアの自然に感化された製品は、多くの人々の支持を集めて、世界的なライフスタイルブランドへと成長を遂げます。

『ウールリッチ』の代表格といえば、アークティックパーカー

1970年代にアラスカのパイプライン作業員用に考案されたモデルをベースとするアークティックパーカー。創業180周年にあたる2010年にアークティックパーカーはリニューアルされて、ニューアークティックパーカーとして38年ぶりにシルエットがモダナイズされました。2012年には着丈などのディテールが洗練されて、より都会顔へとアップデート。あまたあるダウンジャケットを展開するブランドのなかでも頭一つ抜けた存在となりました。

表地は、アウトドアウェアではオーセンティックな素材として知られるコットン60%、ナイロン40%の混紡生地“60/40(ロクヨン)クロス”が定番。ナイロンよりも耐摩耗性にたけて、コットンよりも通気性に優れているのが特徴です。コットンが水分を吸収するとともに繊維が膨張して、ナイロンとの生地密度が上がり、水分の侵入を防いでくれるという50年以上前に誕生したとは思えない高機能生地からは、男のロマンを感じます。

アークティックパーカーの着丈。お好みはどちら?

アークティックパーカーには着丈が2種類存在します。基本となるノーマルレングスの「アーティックパーカー」と、それよりやや短めに設定された「アークティックパーカー ニューショート」です。どちらかといえば前者はオーセンティックなムードで、後者はややコンパクトでシャープな印象となります。どちらの着丈でもアークティックパーカー自体の魅力を存分に味わえるという意味では同じなので、どちらを選ぶかはお好みで!

通常版はヒップがちょうど隠れるくらいのレングス

基本となるレングスがこちら。選ぶサイズによっても多少変わりますが、着用した際にお尻がちょうど隠れるくらいの長さです。ルックスとしてはアウトドアを意識したクラシックな表情が持ち味といえるでしょう。次に紹介するショート版と比べて体を覆ってくれる面積の多いので、保温性の面ではこちらに軍配が上がります。

コンパクトで動きやすい短め丈の「ニューショート」

動きやすさを意識して着丈に改良を加えた「ニューショート」は、レングスが若干短くなったことによってヒップ周りがすっきりしています。着用時のもたつきが軽減されているので、丈が長いと足さばきが気になる、という人にはこちらがおすすめです。ルックスも、どちらかというとシャープな印象に仕上がっています。

カジュアルからスーツまで。アークティックパーカーは幅広い着こなしにマッチします

無駄のないシンプルでオーセンティックなルックスをもつアークティックパーカ―は、着こなしを選ばずどんなスタイルにもマッチしてくれる汎用性の高さも魅力のひとつです。アメカジをベースにしたカジュアルコーデはもちろん、上品さを求められるビジネス系コーデもカバーしてくれるのはうれしい限りです。

旬なルーズシルエットを意識したジーンズスタイルと相性良し

ジーンズを主役としたラフなスタイリングは、アウトドアウェアを出自にもつアークティックパーカーと相思相愛の組み合わせ。オーバーサイズのカットソーに、ワイドジーンズを合わせた今季らしいストリートスタイルにもうまくハマります。

セットアップで構築したドレッシーな着こなしによくハマる

アークティックパーカーの守備範囲は、スタイリッシュで品格のある着こなしもカバーしてくれます。スラックスにタイドアップという大人のきれいめスタイルにもしっくりハマるので、ビジネスシーンでも着回したいという人にピッタリです。

アークティックパーカーだけじゃない。ブランドが誇るダウンリスト

長い歴史を誇る『ウールリッチ』には、アークティックパーカー以外のアイテムも良作揃い。今季のモデルの中から、ブランドのイチオシアイテムを厳選してご紹介します!

アイテム1ラミネーテッドコットンパーカー

ラミネートコットンを採用し、軽量化&撥水性アップを図ったラミネーテッドコットンパーカー。定番の60/40クロスと比較すると、ライトな着心地とクリーンな印象が特徴です。着丈を長めに設定したり、ネックまで閉められるフロントファスナーを搭載したり、より防寒性が高まっている点もうれしいポイント。

アイテム2アラスカンパーカー

アークティックパーカーと並ぶ『ウールリッチ』の代表作であるアラスカンパーカーは、ほかのアイテムと比較して、着丈が長く、ボリュームのあるシルエットが特徴的です。表地は光沢感のあるコットン100%で上品な面持ちながらも、テフロン加工を施しているため、撥水性と防汚性を備えた優れモノ!

アイテム3ゴアテックス マウンテンダウンジャケット

防水・防風・透湿・耐久性を兼ね備えたゴアテックスを表地に採用した高性能なマウンテンダウンジャケット。フード周りのファーを省いたシンプルで都会的なデザインも特徴です。タウンユースはもちろん、レジャーやアウトドアシーンでも活躍します!

アイテム4ゴアテックス マウンテンパーカー

こちらも表地にゴアテックスを採用した高性能なマウンテンパーカー。『ウールリッチ』の代名詞である、アークティックパーカー ニューショートのファーを省いたシンプルなデザインで大人っぽく着られる1着です。すっきりとしたスマートな見た目ながら、ダウン85%、フェザー15%なので保温性は申し分なし。

アイテム5ロロピアーナマウンテンジャケット

マウンテンパーカーのデザインをベースに、シルクブレンドのウールツイル採用して上品に仕上げた1着。しなやかな生地感とやわらかい肌触りが魅力で高級感たっぷりです。フロントのボタンとジップの2重構造やウエストのドローコードなど防寒性を高める機能も満載。オン・オフ使える汎用性の高さも高ポイントです。

アイテム6アリューシャンベスト

表地には60/40クロスを採用。高い機能性を備えつつも、アウトドア色を抑えたシンプルなデザインかつ、すっきりとしたスマートなシルエットで、普段の着こなしに取り入れやすい1点です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。Freeamericanidol世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

    山崎 サトシ

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    目の肥えた高感度な大人たちが多く集まる、代官山の人気ショップ「ナナミカ」。アウトドアでも街でも使えるアイテムを多く展開する同店は、今のトレンドにも似合います。

    山崎 サトシ

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    多くのブランドが今季こぞってリリースしているモンスターパーカー。ビッグシルエットと圧倒的な保温力が特徴の同アイテムの魅力と、着こなし方を紹介します。

    平 格彦

    BACK