オン・オフで使い分け。編集部員のMY定番バッグ

オン・オフで使い分け。編集部員のMY定番バッグ

コーディネートのアクセントになるバッグ。シーンによって使い分け、よりおしゃれを楽しみたいですよね。今回はFreeamericanidol編集部員のオン・オフの愛用バッグを大公開!

編集カツラガワ

2016.10.23

バッグ

おしゃれにこだわるなら、バッグだってシーンに合わせてチェンジしたい!

毎日の通勤のお供、休日のお出かけ用、みなさんはシーンに合わせてバッグもチェンジしていますか? 機能性を重視した通勤バッグ、ファッション性を重視した休日バッグ、シーンに合わせたバッグ選びは重要ですよ。早速、編集部員のオン・オフ愛用バッグをご覧あれ。

編集イトウは、シンプルでベーシックなデザインが好み

シンプルでベーシックを好む編集イトウは、バッグも極力シンプル派。2代目を購入したという『ビズビム』のリュックと『サンシー』のポシェットを愛用しています。

オン用バッグはこれ!『ビズビム』リュック

『ビズビム』リュック

WEARWEAR

「実はこちらのバッグは2代目。お気に入りすぎて、同色・同デザインを昨年買い直しました。通常の収納スペースのほか、PCの持ち運びに便利なポケットも完備されており、見た目以上の収納力とパフォーマンス力があります。個人的に気に入っているのは、縦ジップが施された外ポケット。サッと手を突っ込んで必要なものを出し入れできる利便性の高さにくわえて、財布にケータイ、社員証とよく使用するものがすべてここに収納できるのが高ポイントです」

今選ぶならこのリュック『ブリーフィング』ネオフォース

『ブリーフィング』ネオフォース

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ミルスペック仕様が魅力の『ブリーフィング』のリュック。バリスティックナイロンを採用しており耐久性にすぐれた丈夫な仕上がりです。B4サイズが余裕で収まる大きさで、デイリーユースはもちろんアウトドアシーンでも対応可能。コーディネートを選ばないシンプルな黒リュックは重宝すること間違いなし。

オフ用バッグはこれ!『サンシー』ポシェット

『サンシー』ポシェット

WEARWEAR

「休日は財布とケータイ、イヤホン程度しか荷物がないので、ポシェットで十分。これらがすべて収まるうえに、革素材ならではの程良い高級感がある『サンシー』のポシェットは、普段使いはもちろん、旅行でも大活躍するすぐれものです。オンでも外出のない日は使用しているので、今一番愛用しているバッグかも」

今選ぶならこのバッグ『アニエスベー』HH02-01

『アニエスベー』HH02-01

ZOZOTOWNZOZOTOWN

シンプルなデザインゆえに上質なレザーの素材感が際立ち、上品で大人な雰囲気漂うこちらのバッグ。ボディーは防水のスコッチガード加工レザーを使用、ファスナーには止水テープを使用しており雨にも強い作りも魅力です。コンパクトなショルダーバッグでスマートにキメてみては。

今気になる! 注目バッグ『マーガレットハウエル』×『ポーター』ヘルメットバッグ

『マーガレットハウエル』×『ポーター』ヘルメットバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

「前々から気になっていたヘルメットバッグですが、フロントのポケットがぼてっと付属しているタイプはやや苦手。もっとシンプルでスマートなデザインはないものかと探していたところ、琴線に触れたのがこちらのバッグです。『マーガレットハウエル』らしいシンプルなデザインと『ポーター』ならではの確かな作り、そしてバッグ底に防水性の高い素材を採用するなど機能面もバッチリ。どこを切っても良いところしか見えません!」

編集イトウの記事一覧はこちら

編集イトウの記事一覧はこちら

FreeamericanidolFreeamericanidol

男性ヘア&ファッション誌でエディターとしてのキャリアをスタート。ジーンズと白の無地T、コンバースチャックテイラーをこよなく愛す、「Freeamericanidol」創刊者です。

編集コヤマは、デザイン性はもちろん、機能性も重視!

編集コヤマは、スタイリッシュな見た目はもちろんですが、耐久性や収納力、使い勝手など機能性にこだわりあり。ガシガシ使えるタフなバッグを愛用中。

オン用バッグはこれ!『ケルティ』トートバッグ

『ケルティ』トートバッグ

WEARWEAR

「仕事柄PCを持ち歩くこともあるので、それが入るくらいの大きさはオン用バッグの譲れないポイントなんですが、ほぼ毎日使うので軽くて丈夫なのはもっと重要なポイント。その点、コーデュラナイロンを用いている本製品なら耐久性も問題ないです。オフもファザーズバッグとして使用できる点も、欲張りな私にとっては魅力ですね。
黒のバッグなので基本的には何とでも合わせやすいですが、すごくカジュアルな服装よりもゆるめのジャケパンくらいが相性いいかなと。靴なども黒にして、色みを合わせることが多いです」

紹介したバッグはこれ『ケルティ』ナイロン トート バッグ

『ケルティ』ナイロン トート バッグ

シューズストア アビックシューズストア アビック

『ケルティ』のナイロントートは、アウトドアブランドならではの機能性はもちろんスタイリッシュなデザインが人気です。A4 の書類やPCなど楽々入れられ、広めの開口部で出し入れしやすさも◎。さらに撥水性のある生地で汚れにくく丈夫なので思い切り使える点も魅力です。

オフ用バッグはこれ!『ブリーフィング』クラッチバッグ

『ブリーフィング』クラッチバッグ

WEARWEAR

「言わずもがなタフな男の代名詞といる『ブリーフィング』。クラッチバッグももちろんタフな作りです。大小いくつものポケットがあるので、ここは財布、ここはスマホ、ここには折りたたみ傘……のようにしまい分けておけます。サイズ感的にオンでも使えますし、結婚式などのかしこまった席でも出番があるので気に入っています。
ジャケットなどの羽織り物があるときのほうが、コーデのおさまりとしてはいいと思います。ちょうどいい色みのネイビーなので、デニムパンツとの相性も抜群です」

今選ぶならこのバッグ『ブリーフィング』FLAP 15

『ブリーフィング』FLAP 15

ZOZOTOWNZOZOTOWN

都会的でカジュアルなスタイルにもマッチする「QLシリーズ」のフラップ15。500デニールのコーデュラナイロンの素材を使用しているため、軽量で使い勝手の良いアイテムです。15インチのノートパソコンやA4サイズの書類を収納可能。もちろんクラッチバッグとしても使えます。

今気になる! 注目バッグ『グラナイトギア』サコッシュ

『グラナイトギア』サコッシュ

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

「アウトドアで活躍していたサコッシュですが、今やタウンユースとしてブームが来ています。中でも『グラナイトギア』は、ショップから別注があるなど注目の的。財布やスマホを入れてポケットがパンパンじゃいただけないので、これくらいのポーチがあると便利ですよね」

編集コヤマの記事一覧はこちら

編集コヤマの記事一覧はこちら

FreeamericanidolFreeamericanidol

適当に見せて実はまじめだというギャップで攻めたい、腹黒WEB編集者。ハイ&ローMIXや、力を抜いたファッションが好き。IT、映画、グルメ情報にアンテナびんびん

編集フカザワは、使い込むことで自分好みに味付け

編集フカザワは、『レン』のショルダーと『イーストパック』のリュックを愛用中。ともに、長年にわたって使い込まれた風合いがいい味を出しています。

オン用バッグはこれ!『レン』ショルダーバッグ

『レン』ショルダーバッグ

WEARWEAR

「約10年前、はじめてのアルバイト代で購入した思い入れのある一品です。クタッとしたレザーの質感や、使い勝手の良いサイズ感が気に入っています。シンプルなバッグですが存在感があるので、シンプルなコーディネートに取り入れることが多いですね。カジュアルからきれいめまで、幅広い着こなしでもアクセントになってくれるので重宝しています」

今選ぶならこのバッグ『レン』ショルダーバッグ ソラム・デイリーショルダー

『レン』ショルダーバッグ ソラム・デイリーショルダー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

オン・オフで使えるデイリーショルダー。コンパクトに見えますがA4ファイルや雑誌等も入るサイズ感なので通勤にもおすすめです。キップスキンのベジタブルタンニングレザーを使用しているため、収縮性が少なく耐久性にもすぐれ、長く愛用できる逸品です。

オフ用バッグはこれ!『イーストパック』リュック

『イーストパック』リュック

WEARWEAR

「シンプルなデザインと、サックスブルーの色みが好みです。汚れてきてしまいましたが、それも味のひとつだと思って使い続けています。カジュアルな着こなしはもちろん、秋冬に着用するロングコートのハズしにもなるところが便利。配色だけ気をつけて、カラフルになりすぎないようにしています」

今選ぶならこのバッグ『イーストパック』パデッドパッカー

『イーストパック』パデッドパッカー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

リュックの定番ブランド『イーストパック』。シンプルでベーシックなデザインはどんなコーデとも合わせやすく、活躍すること間違いなしです。たいてい黒やネイビーなどシックな色を選ぶ方が多いと思いますが、コーデのハズしにブルーはいかが? カラバリが豊富なので自分のお好みのカラーに出会えるはず!

今気になる! 注目バッグ『スーリー』パラマウント 29L フラップオーバーバックパック

『スーリー』パラマウント 29L フラップオーバーバックパック

サックスバーサックスバー

「休日は11インチのPCとカメラを持ち歩くことが多いので、ガジェットを整理できる収納性がマスト。それでいてシンプルな見た目+程良くゴツめなデザインが好みなので、気になっています」

編集フカザワの記事一覧はこちら

編集フカザワの記事一覧はこちら

美容専門系出版社にて、編集者としてのキャリアをスタートした「髪」オタク。自他ともに認める大酒飲みでありながら、バスケットボールを愛する健康男児。

編集カツラガワは、コンパクトなシルエットに夢中

実用性よりも見た目にひとめぼれしがちの編集カツラガワは、コンパクトなシルエットのバッグを愛用しています。そのため最近はバッグの中身をとことん軽量化。

オン用バッグはこれ!『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』2wayリュック

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』2wayリュック

WEARWEAR

「大人なリュックを探していたときにこのバッグを発見。コンパクトなサイズ感とカジュアルすぎないデザインで、大人っぽく使えるところが気に入って購入しました。コーデに合わせてリュックかショルダーバッグに使い分けできるところもポイント。通勤スタイルにはショルダーバッグとして合わせています。基本的にカジュアルなコーデが多いので、肩掛けできれいめを意識」

紹介したのはこのバッグ『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』フェイクレザー2wayリュック

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』フェイクレザー2wayリュック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

きれいめスタイルにはショルダーバッグとして、カジュアルスタイルにはリュックとして、コーディネートに合わせて2wayで使える万能バッグです。小ぶりな見た目の割にはマチがしっかりして収納力あリ。リーズナブルな価格帯も魅力的です。

オフ用バッグはこれ!『3.1フィリップリム』ミニサッチェルショルダーバッグ

『3.1フィリップリム』ミニサッチェルショルダーバッグ

WEARWEAR

「4年前、自分への誕生日プレゼントに購入。当時円高だったので、NYに行った友人にお願いして買ってきてもらいました(笑)。以来、休日のお出かけコーデやドレススタイルに合わせて愛用しています。シボのあるレザーの重厚感やスタイリッシュなデザイン、そしてなんといってもコンパクトなサイズ感がお気に入り。やっぱりミニのバッグってかわいいんですよね。カジュアルなデニムスタイルも、バッグを合わせるだけでぐっと上品に仕上がります。ワードローブに欠かせないアイテムです」

紹介したのはこのバッグ『3.1フィリップリム』ミニサッチェルショルダーバッグ

『3.1フィリップリム』ミニサッチェルショルダーバッグ

ブランドショップ AXESブランドショップ AXES

『3.1フィリップリム』の人気シリーズのミニショルダー。コンパクトシルエットに、シボのあるレザーを用いてタフに仕上げた一品です。ドレススタイルはもちろん、カジュアルスタイルにも幅広く使えます。彼女へのプレゼントにもおすすめ。

今気になる! 注目バッグ『ビューティフルピープル』ライダース巾着バッグ

『ビューティフルピープル』ライダース巾着バッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

「普段荷物が多いタイプなのですが、ついミニショルダーばかりに目がいってしまいます。
『ビューティフルピープル』のショルダーバッグはライダースジャケットをモチーフにしたデザインにひとめぼれ。しかも巾着型で丸底のコロンとしたディテールもツボすぎます。女っぽい着こなしのハズしとして、メンズライクな着こなしのスパイスとして、コーデのアクセントにもってこいです」

編集カツラガワの記事一覧はこちら

編集カツラガワの記事一覧はこちら

FreeamericanidolFreeamericanidol

女性ファッション誌の編集部で8年間編集業務に携わる。洋服バカといわれるほど洋服が好きで、日々ファッショントレンドをチェックするミーハー女子。

編集ナスは、レザーの風合いにこだわりあり

上品なレザーを使用したバッグを愛用中の編集ナス。ユーズドのトートバッグは、使い込むうちにクタクタになったレザーの風合いに注目。

オン用バッグはこれ!『ナンバートゥエンティワン』撥水ブリーフ

『ナンバートゥエンティワン』撥水ブリーフ

WEARWEAR

「黒レザーのボディーに金色の金具を施した外見や、裏地がワイン色であるところなどどこを見ても上品さを感じるところが気に入っています。荷物が多くなる通勤バッグですが、マチが広く大容量でA4サイズがすっぽり入り、そのうえジップでしめることができるので中身が出る心配もなく、安心して通勤に使用しています。通勤は落ち着いた服装が多いですが、このバッグを持つことでコーディネート全体にシックさをプラスしてくれます。スラックスやシャツと合わせるとより、きれいめな雰囲気を出してくれます」

今選ぶならこのバッグ『アジョリー』バイカラ― ハンドル 2way バッグ

『アジョリー』バイカラ― ハンドル 2way バッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

スクエアのフォルムにワンハンドルのデザイン、ブラックのボディーにレッドのショルダーベルトの配色がおしゃれでスタイリッシュな2wayバッグです。いつもの通勤スタイルが一気にあか抜け! しっかりとしたマチで収納力が高いところも魅力です。

オフ用バッグはこれ!ユーズドのレザートートバッグ

ユーズドのレザートートバッグ

WEARWEAR

「何にでも合わせやすく、ちょうど良いサイズ感なのでオフのバッグはこのレザートートバッグに頼りきりです。カウレザーなので元々柔らかな生地感ですが、自身で4年ほど使い込みかなりクタクタしてきました。ツヤ感も出てきたのでさらに愛着が湧いています。最近はレザーの明るい色みを強調させ、使用感を引き立たせるコーディネートにはまっています。ニットやウールなどの秋冬素材とブラウン系のカラーは相性が良いので、これからの季節が楽しみです」

今選ぶならこのバッグ『マーガレットハウエル アイデア』Tマチトートバッグ

『マーガレットハウエル アイデア』Tマチトートバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

レザーのクタッとした風合いと落ち着いた色みがたまらないこちらのレザートート。使えば使うほど味が出てくるゴード革を使用しており、ヴィンテージ感たっぷりです。

今気になる! 注目バッグ『シーサイド フリーライド』ポシェット

『シーサイド フリーライド』ポシェット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

「黒や茶色以外で色のついたバッグを探していたところ、今季のファッションアイテムでよく見かけるアースカラーのブルーが気になりました。落ち着いたカラーリングと羊革のくたっとした素材感が、秋冬に多いブラックやネイビーのアウターに対して、主張しすぎない差しアイテムとして活躍してくれそうです。巾着のような女性らしい型も魅力的」

編集ナスの記事一覧はこちら

編集ナスの記事一覧はこちら

FreeamericanidolFreeamericanidol

Freeamericanidolの新米編集部員。ファッション含め、ライフスタイル全般に興味津々。元古着屋スタッフの経験を生かし、女性の視点で幅広い情報をお届けします。

編集ウエダは、上品で大人な日本製ブランドを愛用

編集ウエダは、日本人デザイナーが手がける『トフ&ロードストーン』と『ポティオール』のバッグをヘビロテしています。好きなものほどとことん使い込むタイプ。

オン用バッグはこれ!『トフ&ロードストーン』ハイエンドキャンバス

『トフ&ロードストーン』ハイエンドキャンバス

WEARWEAR

「日本人デザイナーが手がけるバッグブランドで、本当に良質な素材にこだわり、世代を問わず愛されるデザインが特徴。ブランドアイコンともなるオリジナルの真鍮金具は手づくりで、使い込むほどアンティーク風の味わいが出ます。シンプルなデザインでとても使いやすく、キャンバス地に透明なフィルムをラミネート加工され、水や汚れに強く普段使いに◎。ちょっとした日帰り旅行にも使えるくらいガッツリ容量も入るので便利です」

紹介したのはこのバッグ『トフ&ロードストーン』ハイエンドキャンバス

『トフ&ロードストーン』ハイエンドキャンバス

NONSTYLE online shopNONSTYLE online shop

『トフ&ロードストーン』の人気シリーズ、ハイエンドキャンバス。シックな配色できちんと感のあるデザインは通勤バッグとしても最適。また内側には複数ポケットがあるのも女性にはうれしいポイントです。

オフ用バッグはこれ!『ポティオール』クラッチバッグ

『ポティオール』クラッチバッグ

WEARWEAR

「こちらも日本人の女性デザイナーが手がけているだけあり、こういうバッグが欲しかった! と思わずうなるようなデザインがポイントです。短めのショルダー付きで、肩から掛けられる点が一番のお気に入り。コンパクトなのにポケットが充実している点、柔らかくて上質なヤギ革に牛革のヘアカーフが施され黒のバッグだけれどワンポイントに使える点などなど、挙げればキリがありません。フォーマル、カジュアルにも使えて重宝しています。使いすぎてところどころハラコが剥げていますが、それすらも愛くるしく感じてしまう一品です」

今選ぶならこのバッグ『フリン』ファークラッチバッグ

『フリン』ファークラッチバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

上質なファー素材のバッグは秋冬の着こなしのアクセントに最適です。シンプルなデザイン、小ぶりなサイズが上品でレディー感満点。コーディネートをぐっと格上げしてくれます。

今気になる! 注目バッグ『スタンダードサプライ』64クロスデイパック

『スタンダードサプライ』64クロスデイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

「今やオン・オフ問わずに大人の定番になりつつあるバックパック。日本のブランド『スタンダードサプライ』のデイパックは、シンプルでムダがない、が第一印象で、そのシンプルさゆえに目を引く存在感があります。よく見ると、シンプルながらも内装はしっかりしており、A4大の収納スペース、外ポケットに内ポケットとキーフック、両サイドにもポケットがあり、持ち手にはレザー、背面部分のパッド内部を補強するなど細かな配慮が施され、機能も充実。カジュアルながらも上品な印象で、普段のコーディネートに取り入れやすく、何より性別を問わず持てる洗練された大人のアイテムだと思います」

編集ウエダのプロフィール

編集ウエダのプロフィール

雑誌編集、アパレル販売を経て、ひょんなことから編集業を再スタートした出戻り女編集部員。自身のマニッシュな嗜好を生かしたジェンダーレスな記事を目指し、日々奮闘中。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    Freeamericanidol編集部

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

    目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック19選

    本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

    Freeamericanidol編集部

    旅の相棒、サブバッグ。旅行に備えたい3つのタイプ別、おすすめ12選

    旅の相棒、サブバッグ。旅行に備えたい3つのタイプ別、おすすめ12選

    機内への持ち込みや現地での持ち歩き用として、旅行時に必須のサブバッグ。旅のスタイル別に、リュック・ショルダー・パッカブルの3タイプのおすすめを紹介します。

    ai sato

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    BACK