配色でおしゃれ度もUP!白ニットでつくる大人コーデ

配色でおしゃれ度もUP!白ニットでつくる大人コーデ

クリーンな白ニットは大人スタイルの心強い味方。しかも、装いの配色次第でさらに洗練された雰囲気を打ち出せます。おすすめのカラーコーデをここでリコメンド。

山崎 サトシ

2016.10.24

トップス
ニット・セーター
秋の着こなし・コーデ

白ニットは着こなしの配色でさらに魅力がUP!

すがすがしいイメージを振りまくホワイトニットは、簡単にアカ抜けた大人コーデを演出できる頼もしいアイテム。だからといってその利点に甘んじて、考えなしに取り入れるのはNG。なぜなら、そこに合わせるカラー次第でその魅力をさらに増幅することができるからです。近いトーンでまとめたり、あるいは対照的なカラーでメリハリをつけたり……。手法はさまざまですが、そのポテンシャルを最大限に引き出せば、着こなしの完成度はより高水準なものに。

配色別にリサーチ! おしゃれな白ニットコーデ解説

白ニットとマッチする色みと、それぞれの着こなしサンプルをピックアップ。ご自身が好きな配色で、白ニットの着こなしを楽しみましょう。

配色1同系色のベージュとならクリーン&ミニマルなコーデが完成!

まず鉄板の色合わせとして挙げたいのがホワイト×ベージュ。このベージュもまた清潔感あるカラーなので、白の持ち味を効果的に高めてくれるのは確実です。秋のトレンドカラーでもあるので、積極的に組み入れたいところ。ボトムスで取り入れても良いし、アウターとして投入してニットトップスとレイヤードしてもOK!

アウトドアコーデでも清潔感は演出可能

『ストゥッテルハイム』のレインコート×『フリークスストア』のローゲージニットで、アウトドア風味にスタイルメイク。本来清潔感とは縁遠そうなスタイルですが、このカラーコンビネーションならご覧のとおりきれいめに仕上げられるんです。

ジャケットスタイルも色づかい次第でやわらかに!

ロロ・ピアーナ社製の生地を使った『アクアボニスト』のジャケットと、ユーズドのチノをベージュでリンク。中からキーカラーのホワイトニットをのぞかせています。堅苦しく見えがちなセットアップ風スタイルもクリーンなカラーコンビだと柔和な印象です。

きれいめ感の匂い立つレイヤードで好印象をゲット

コットンリネンのホワイトニットにオンしたのは、ベージュのステンカラーコート。両者ともアイテムそのものがきれいめなので、爽快感あるカラーがより映えます。暗めのボトムスと合わせて、メリハリ感を楽しむあたりも小粋です。

温かみのある素材同士の組み合わせに注目

ざっくり編みの白ニット×ベージュのコーデュロイパンツで温かみのある着こなしに。コーデの色みが淡い分、小物は濃いめのブラウンやカーキでコーデに深みをプラスしています。靴下のアーガイル柄がアクセントに。

配色2クールなブラックとなら白の存在感が引き立ちます

ベージュなど同系色と組み合わせるのが王道ならば、こちらは逆転の発想。反対色であるブラックを合わせることで、ホワイトニットを引き立たせるのも有効なテクニックのひとつです。黒×白のモノトーンベースは誰にでも似合いやすいという大きなメリットも。チャレンジしやすいので、さっそく実践してみましょう!

中からチラリと見えるホワイトが爽快なアクセント

メインアイテムであるアウター&パンツともブラック系のアイテム。着こなしの大きな面積を黒が占めているからこそ、ホワイトの秘める爽快感がより一層鮮明に。スタイリングがトラッドテイストなのも品良い白ニットには追い風です。

簡潔でもリズミカルなモノトーンコーデのお手本

ニット、シャツ、パンツの3点でミニマルにコーディネート。それなのに退屈に見えないのは、黒×白の反対色によるメリハリ感のおかげ。パンツにはウインドウペンが入り、ケーブルニットの素朴さ&上品さと絶妙にマッチします。

シャープなスタイルだからこそ白ニットが魅力を放つ

メルトンチェスターとフェードデニムはどちらもスリム&ブラックという特性を備え、スタイルはシャープな雰囲気。ですが、清潔感あるワッフルニットを差すことで抜け感も生まれています。色合いが落ち着いている分、白の視覚効果は抜群です。

ブラックとの対比感が際立つ白×白の重ね着

八分丈のワイドブラックパンツが持つ存在感に負けないよう、トップスはニット×ブルゾンのダブルホワイトで。カラーリングはきわめてコンパクトですが、アイテム使いの妙で主張ある着こなしに仕上がっています。そう、クリーンでも“遊べる”んです!

配色3好相性カラーの代表格といるネイビー&ホワイト

紺×白のマッチングは、アメリカントラディショナルで散見されるカラーですよね。つまりは、古くからファッションシーンでは好相性のコンビとして認知されてきたというワケ。せいかんさに満ちたネイビーは、ホワイトの持ち味を最大限まで高めてくれます。この鉄板コンビネーションならば、下手を打ってしまう心配はまずナシ!

シックな中に清潔感も息づくイイトコ取りなスタイル

コートにスラックス、ハットとシックなアイテムを駆使したスタイリング。そんな中、同時にクリーンさも匂い立つのはネイビー×ホワイトのレイヤードのおかげ。シックでありつつも爽やか。一見両立が難しそうな要素を見事共存させています。

ネイビーのサンドイッチでホワイトが映える!

ブルゾン、デニムパンツともにネイビーをピックアップして、白ニットを上下でサンドイッチ。周囲を落ち着いたカラーでまとめたからこそ、ホワイトのすがすがしさが効果的に生きてきます。簡潔な中にリズムを持たせた好コーデ。

明るめのネイビーとなら程良くカジュアルに帰結

ブルーとネイビーの中間のような色合いのパンツと星柄白ニットのマッチアップ。白×紺はトラッドに寄りやすいカラーコンビですが、紺が明るめだと適度に軽快なムードになります。シャツの薄青チラ見せもナイスアクセント。

同系色パンツとのマッチングで強まる、ネイビーの存在感

ポリエステル白ニット×ライトグレーパンツという、淡いカラーのマッチアップは清潔感出しの定番。そこにコットンリネンのネイビーシャツブルゾンをさらりとオンして、シャープな印象もミックス。これぞ、メリハリコーデのお手本です。

配色4男っぽいカーキとのコンビも白を引き立てるうえで効果的

もうひとつ、白ニットと抜群にフィットするカラーがカーキです。カーキ自体はどちらかというと武骨なイメージがありますよね。ですがその独特の男っぽさが、かえってホワイトニットの持つクリーンさを引き出してくれるというワケ。同時にカーキは秋を感じさせる色でもあるので、今のシーズンにうってつけです。

シンプルにしてリズミカル。これが30代コーデの理想形!

シンプルなルックスの白ニットはリネン素材ということもあり、品良さと清涼感を兼備。少し骨太なイメージを持っているカーキのベイカーパンツをもってくると、その上品さがより鮮明に。ネックレスでパンツの色を拾う小技も◎。

男前なミリタリーコーデに白ニットで品をまとわせて

ユーズドのファティーグシャツを主役にしたミリタリースタイル。無垢なホワイトニットを使えば、都会的に仕上げにくいこの種のコーディネートもご覧のとおりスマートに仕上がります。トップスのレイヤードに目線が行くよう、ボトムスはプレーンなデザインで。

ミリタリー×トラッドのミックスコーデをつなぐ白ニット

カーキのモッズコートでミリタリー感を、フラノパンツでトラッド感を演出した装い。一見相反するテイストも、白ニットという両テイストに馴染むシンプルアイテムを織り交ぜればスムーズに同居させることが可能なんです。

フライトジャケットを今っぽく着こなした好サンプル

ヘビーアウターの代表格であるフライトジャケットを使いつつも、品行方正なホワイトタートルニットとの重ね着で清廉な雰囲気にアップデート。ボトムスのウールトラウザーも着こなしの格上げに貢献しています。胸元には2種類のネックレスを重ねて。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    ユニクロのジーンズ、みんなどうはいてる?おしゃれに見せる8つの法則

    ユニクロのジーンズ、みんなどうはいてる?おしゃれに見せる8つの法則

    高品質なのに低価格。汎用性の高いベーシックなデザインも加わり、圧倒的な人気を誇る『ユニクロ』のジーンズ。着こなしをスタイリッシュに見せる法則をご紹介します!

    平 格彦

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK