おしゃれな人は取り入れている、コーデのハズしとは?

おしゃれな人は取り入れている、コーデのハズしとは?

雑誌などでよく目にする“ハズし”というワード。わかっているようでわかっていない人も多いはずです。メンズコーデに欠かせないテクニックなので、詳しく伝授します!

平 格彦

2016.10.21

秋の着こなし・コーデ

そもそも“ハズし”とは?

コーディネートでいうところの“ハズし”とは、本来はそうあるべき王道の組み合わせや着こなしを把握したうえで、それとは異なるアイテムや着こなし方を選択して“外す”ということを指します。そのためには、本来のスタンダードな組み合わせを知っている必要がありますが、実はそう難しいことではありません。大人のコーディネートでは上品なスタイルがベースとなっていることが多いので、テーラードジャケット+シャツ+スラックス+革靴が基本形。そこから大きく“外れた”アイテムを選ぶことで、カジュアルダウンや着崩しを行う“ハズし”が大半。スラックスをデニムに置き換えるのが好例です。

今季らしく“ハズす”ことは、たいして難しくはない

“ハズし”は着こなしのテクニックではありますが、どんなアイテムを選ぶかがポイント。したがって、今回紹介するアイテムさえ選べば、実践するのもそう難しくはありません。今季的な“ハズし”を行うためのアイテムと、そのコーディネート例を紹介します。

ハズしテク1:スウェットパーカーで首元からカジュアルダウン

通称“ジャケパー”と呼ばれる着こなしにも象徴されるように、上品なアウターの中にスウェットパーカーを組み込むテクニックは“ハズし”の常とう手段。フードが襟の上に乗り、首周りからのカジュアルダウンが可能です。そして、その着崩し感は全身に波及。パーカーはスポーティなアイテムでもあるため、人気のスポーツミックススタイルにもつながります。

テーラードジャケットを使った着こなしを、霜降りグレーのスウェットパーカーでハズす着こなしは王道。セットアップスタイルをカジュアルダウンする際にも活用できます。全身をグレーで統一して、都会的でスタイリッシュなニュアンスを醸出。

オーバーサイズのコーディガンは、チェスターコートに似たフォーマルなムード。そのインナーにパーカーを差すことでハズし、リラックスできるカジュアル感を加味しています。足元にスニーカーを合わせれば、スポーツミックスなコーディネートが完成!

モッズコートはカジュアルなアウターですが、ミリタリーテイストにスポーツ調のパーカーを合わせるのも“ハズし”のひとつ。オリーブのコートとベージュのスニーカーによって、色使いでトレンド感も演出しています。

上のモッズコートを使ったスタイリングと同じような考え方。ミリタリーテイストのMA-1にスウェットパーカーを組み込むことでさり気なく“ハズし”を実行。ネイビーがベースのコーディネートに、白いパーカーを差した色使いも一種の“ハズし”です。

ステンカラーコートの中に白いスウェットパーカーを合わせ、クリーンな“ハズし”を実行。上半身は明るめのカラー、下半身は暗めのトーンで統一し、メリハリのある着こなしで軽快感のある秋のコーディネートに。

ハズしテク2:スラックス感覚でスウェットパンツを投入

大人っぽいコーディネートのパンツといえば、スラックス。ビジネススタイルにも用いられるパンツだけに、上品なニュアンスがすぐに漂います。だからこそ、そのスラックスをカジュアルなスウェットパンツに置き換えて“ハズす”だけで、今季らしいリラックス感やスポーツミックスなニュアンスが演出できます。スウェットパンツは、スラックスを連想させるグレーやブラックを選ぶのが基本です。

タートルネックニットも大人なカジュアルスタイルを築くのに便利なアイテム。そのブラックを拾ってレザーシューズを選べば、シックなコーディネートのベースは整います。スラックスを合わせればさらに上品にまとまりますが、あえてスウェットパンツで“ハズし”て今っぽいリラックス感をミックス。

Tシャツにジャケットを重ねた落ち着きあるコーディネートは大人な雰囲気。上品すぎない着こなしに導くためにスウェットパンツで“ハズし”、リラックス感とスポーティな印象を加味した今季的なスタイリングに仕上げています。

グレーのカバーオールを使ったスタイリングは、モノトーンを軸にすることでシックにまとめた大人なムードに。ブラックのスウェットパンツは、“ハズし”と適度な引き締めのバランスが絶妙です。ボーダー柄のインナーとスニーカーが爽やかな印象も演出。

こちらもブラックのスウェットパンツを着用。シャツとボンバージャケットを合わせたコーディネートですが、ダークトーンをベースにすることで大人っぽくてモダンな着こなしに導いています。全体的にスリムなシルエットにまとめているのも、シックな印象の理由。

ロング丈のコートにモックネックのインナーの合わせた着こなしは、今季らしい雰囲気。上品なイメージもありますので、スウェットパンツで“ハズし”ても大人な印象です。コートのテロっとした生地感とスウェットパンツの素材感により、旬なリラックス感も漂っています。

合わせて読みたい:
モックネックを着こなすために。 意識したい今季的なコーデ術

ハズしテク3:ソックスで足元に新鮮なアクセントを

最近になって急に増えている“ハズし”の手法が、ソックスを見せるという着こなし。スーツスタイルでは本来、立っているときにソックスが見えるのは御法度ですから、上品な着こなしでのそのルールを破るというイメージです。とくに、白いソックスをのぞかせるテクニックを取り入れる人が増えています。手軽にできるのに加え、最近注目度を高めているストリートテイストを匂わせることができるのも大きなポイント。少しナードなニュアンス (ダサい雰囲気) が逆に新鮮なので、しばらくは実践する人が増えていくでしょう。

『キャサリン ハムネット ロンドン』の厚手なリブソックスを“ハズし”として活用。ブラックのパンツとスリッポンの間から白いソックスをのぞかせることで、軽やかなヌケ感を加味することに成功しています。秋らしいダークトーン中心の着こなしでこそ、白い靴下の“ハズし”は有効です。

スウェットパンツによる“ハズし”も効いていますが、足元のソックスで白を差した“ハズし”でダメ押し。ネイビーのチェスターコートにグレーのパンツを合わせたダークトーンの着こなしが、軽やかなイメージにアレンジできています。

今シーズン注目されているアースカラーやサファリカラーは、全身を同系色でまとめるとかなり新鮮。この着こなしも、ベージュを基調にして統一感を出しています。そのうえで土っぽくなりすぎないよう、白いソックスでクリーンな“ハズし”を実践。シューズもブラックにした足元のモノトーンでモダンなムードを加味しています。

ブラックを軸にしたクールなスタイルがベースですが、バランス良く白をレイアウトすることで清潔感や軽快感も演出。ソックスをのぞかせた“ハズし”もその一環として貢献しています。白いソックス×スニーカーのセットは、スポーティな雰囲気が簡単に醸し出せるので重宝!!

ライン入りのソックスも人気上昇調。スポーツテイストを感じさせるスウェットパンツなどとは相性が良く、スポーティな足元を演出することができます。ヘビーになりがちな秋冬のスタイリングを、アクティブな“ハズし”で軽快に仕上げることができます。

ハズしテク4:白いスニーカーでクリーンに着崩す

足元で“ハズす”王道はスニーカーの活用。カラフルなデザインや、フューチャリスティックなハイテク感で“ハズす”というテクニックも有効ですが、ラフすぎたり子供っぽく見えたりしがちで、センスも必要です。そこで、おすすめなのが白いスニーカーで“ハズす”テクニック。大人っぽさを残したままでクリーンにカジュアルダウンすることが可能ですし、合わせるパンツや着こなしを選ばず、簡単にはきこなすことができます。

これがホワイトのスニーカーによる“ハズし”の基本形。ダークで品の良いトップス&パンツをセレクトしつつ、スニーカーで一気にカジュアルダウンしているのがポイントです。また、スニーカーを含めた全身モノトーンの統一感もシックな印象の発信源です。

白いスニーカーを使った“ハズし”は、ジャケットスタイルやセットアップをカジュアルダウンする際にも重宝します。モノトーンで統一すれば、カラーリングを考えずに着こなしを組み立てることも可能。アウターとジャケットをブラックで揃えればクールな装いが容易に完成!

モックネックのカットソーにジージャンを重ね、スラックスを合わせた大人なカジュアルスタイル。このバランスなら足元は何でも似合いますが、イチ押しは白いスニーカー。クリーンな“ハズし”で好感度が高く、旬なスポーツテイストもブレンドできます。

ライダースジャケットを筆頭とするレザーアウターは、ハードで男っぽいイメージが魅力。その印象が強くなりすぎないように中和する場合も白いスニーカーが有用です。全身をモノトーンでまとめれば、シックで都会的なコーディネートに仕上がります。

オリーブを筆頭とするミリタリーカラーは、今季トレンドのひとつ。そんな色のコートを用いる際も、男っぽい印象を上手に緩和するとおしゃれに見せることができます。そこで白いスニーカーの“ハズし”を実行。インナーやデニムも明るいトーンで揃え、爽やかなニュアンスの着こなしに導いています。

ハズしテク5:スパイスカラーのインナーをポイントに

実はカラーリングで“ハズす”のもひとつの基本技。1つのカラーを着こなしの軸にしつつ、今季らしいカラーをインナーにさり気なく差すのがおすすめです。その中でも効果覿面なのはスパイシーなカラー。具体的には、レッド系、マスタード系、グリーン系がおすすめ。どんな効果があるのかは、コーディネートの実例とともにチェックしましょう!

レッド系カラーの中でも落ち着きがあって使いやすい、ボルドー (マルーン) カラーのTシャツをインナーにセットして“ハズし”に。ほかのアイテムはブラックで統一しているため、インナーの色みが際立っています。

真っ赤なインナーで“ハズし”を実践したコーディネートのお手本。MA-1とパンツをネイビーで統一することで、インナーを思い切りアピールしています。ビビッドなスタイリングを生かし、キャップとスニーカーを合わせてスポーツミックスの着こなしに。

マスタードのTシャツを組み込むことで、上下をグレーで揃えたスタイリングにスパイスをプラス。戦略的な“ハズし”で秋らしさと今季らしさを同時に醸し出しています。マスタードは意外と着こなしやすいカラーなので、積極的に取り入れてみてください。

マスタード系イエローのニットを“ハズし”として活用。ボリュームのあるダウンジャケットに刺激的なカラーを差すことで、アウターのダークネイビーを分断し、ボリューム感を軽減しています。さらに、マスタードに近いベージュのパンツを合わせることで、タテ長の印象を拡大。スタイリッシュに見せた技巧的な着こなしです。

ロング丈のコートはヘビーなイメージに陥りがち。ダークトーンがベースのコーディネートならなおさらです。そこで、色使いによる“ハズし”を実行。オリーブのスウェットシャツをインナーに差したヌケ感で、重い印象を中和しています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    アディダスのおすすめスニーカー17選。人気モデルから2019年最新の1足まで

    アディダスのおすすめスニーカー17選。人気モデルから2019年最新の1足まで

    『アディダス』の定番スニーカーから2019年の売れ筋&話題作までを網羅。『アディダス』の“今押さえたい”スニーカー17モデルを厳選し、それぞれの特徴を紹介します。

    本間 新

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK