軽量&コンパクトに持ち運びできるパッカブルブルゾン

軽量&コンパクトに持ち運びできるパッカブルブルゾン

外出先や旅先で起こる急な天候の変化、しっかりと対応できていますか? そんな時、バッグに忍ばせておけば役に立つ軽量&コンパクトなジャケットを紹介します。

TERAONO

2015.04.23

アウター
ブルゾン・ジャンパー

高機能なアウトドアブランドか、おしゃれなファッションブランドを選ぶか

少し前までパッカブルブルゾンと言えば、アウトドアブランドの高機能モデルが主流でしたが、最近ではファッションブランドからも多数リリースされているようです。機能性で選ぶか、ファッション性で選ぶか。自分のライフスタイルに合った1着を手に入れましょう。

国内ブランド『ハイランド パーク』のナイロンジャケット

ライフスタイルにフィットする機能性のあるウェアを展開する日本のファッションブランド『ハイランド パーク』のナイロンジャケット。薄手の高機能ナイロン素材を使用し、付属のポーチにコンパクトに収納できるうれしいパッカブル仕様だ。軽量なのでストレスなく持ち運べる。

アクセントカラーが光る『チャムス』のウインドブレーカー

シンプルなデザインながらも、フロントやポケットのジッパーがアクセントとして映えるウインドブレーカー。フードや裾には、ドローコードを採用し、雨や風の侵入を防げる仕様となっている。左腰に配置されたポケットに本体を収納できるポケッタブルタイプ。フェスやキャンプなど、外遊びでの活躍必死です。

『ビームスライツ』のナイロンパーカ

付属のポーチに収納できるパッカブルナイロンパーカ。ボディには、スパンライクナイロンを使用して、光沢感を抑えたクラシカルなデザインに仕上げている。ベーシックなデザインなので、スタイルを選ばず着用ができる。シルエットや丈の長さなど、さすがは『ビームスライツ』の1着。

イギリス名門ブランド『バブアー』のパッカブルジャケット

『バブアー』の定番スタイルに、現代のテイストを落とし込んだナイロンフーデッドジャケット。軽量なナイロン素材を使用し、コンパクトに折りたたんで付属のポーチに収納が可能。タウンユースはもちろん、ちょっとしたアウトドアでも使える。パッカブルジャケットにもスタイルを求めるこだわり派にオススメ!

『コロンビア』の軽量ナイロンジャケット

アメリカを代表するアウトドアブランド『コロンビア』のナイロンジャケット。薄手ながら丈夫なナイロン素材を使用し、軽量に仕上げられたモデル。撥水性・防汚性に優れたコロンビア独自開発の機能“オムニシールド”を採用しており、雨や汚れをはじいてくれる。ポケットに本体を収納できるポケッタブル仕様だ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    財布だって、ニュートラル。アー・ペー・セーの小物がやっぱりおしゃれ

    シンプルで自然体なデザインを得意とする『アー・ペー・セー』。上質なジーンズが人気ですが、財布も隠れた売れ筋品。どれも毎日持ち歩くに相応しいスマートな顔立ちです。

    山崎 サトシ

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

    全力で楽しむために。フェス用バッグは用途に合わせて揃えたい

    7月~9月にかけては野外フェスのハイシーズン。思い切りエンジョイするために、バッグ選びはかなり重要です。フェスを最高に楽しむためのバッグについて、まとめました。

    山崎 サトシ

    BACK