今季的な着こなしをリサーチ。ジージャンのコーデ術

今季的な着こなしをリサーチ。ジージャンのコーデ術

世代を問わず、メンズファッションに欠かせないライトアウターの筆頭がジージャン。大人な着こなしに味方する一着の選び方と好相性なアイテム、秋のコーデ例を紹介します。

平 格彦

2016.10.19

アウター
ジャケット
デニムジャケット・Gジャン
秋の着こなし・コーデ

ジージャンならではの表情が、こなれた大人の着こなし作りに重宝する

デニムパンツが幅広いコーディネートにマッチするのと同じく、ジージャンもあらゆるスタイリングにハマる便利なアイテムです。メンズファッションの基本カラーであるネイビーやブルーや近い色みでありながら、素材感に表情があるのが大きな特徴。どんな着こなしにも、無造作なニュアンスを加味することができます。アイテム選びさえ間違わなければ、こなれ感のある大人なコーディネートを築くのも簡単です。

ラフ過ぎない加工感のジージャンを選ぶのが大人な印象作りの鉄則

加工具合によってさまざまな表情を見せるジージャンですが、大人のコーディネートを作るためにはラフ過ぎない表情のものを選ぶのが絶対条件。リジッドデニムやワンウォッシュといった色落ちの少ないタイプはもちろんですが、薄色ジージャンを選ぶ際は均一に色落ちしたものを選ぶのが原則です。デザインもシンプルなタイプが鉄則。サードタイプを筆頭に、セカンドタイプやファーストタイプといった王道的なデザインを選ぶとオールマイティーに着回すことができます。また、最近はストレッチ素材を用いたジージャンも増えていますので、快適に着こなせるタイプを選ぶというのも大切な視点です。

ジージャンをアウターとして着用する際に選びたい好相性なアイテム

丈が短い独特な形状を生かしてインナーとしても活用できるジージャンですが、今回は秋の着こなしに限定。ジージャンをアウターとして用いる際に今合わせるべきアイテムを10タイプ紹介します!

春夏シーズンで大人気だったビッグシルエットのTシャツは、そのままジージャンのインナーとしても活用できます。コンパクトなシルエットのジージャンとのコントラストにより、今年らしいコーディネートに仕上げてくれます。無地を選べば自動的に大人っぽく見えるので、大いに活用すべきです。王道はホワイトですが、グレーやブラック、旬色のカーキなどもターゲットに。

タートルネックのインナーをジージャンに組み込むと、途端に上品なニュアンスが広がります。つまり、ジージャンを大人っぽく着こなしたいときにはかなり頼れる存在。ハイゲージのニットがもっともエレガントですが、ローゲージのケーブルニットでも十分なほどの品の良さが演出できます。また、ニットではなくカットソーでもOK。とにかく白いタートルネックのインナーを確保しましょう!

襟先が固定されるボタンダウンカラーは、襟の収まりが良いのでインナーとして使用する際に重宝します。また、シャツとしてはカジュアルな仕様なので、ラフなジージャンとも相性は抜群。素材もややカジュアルなオックスフォード生地がおすすめです。その一方、シャツには違いないので、ジージャンを使ったコーディネートに大人な品格を加味してくれます。ホワイトが本命で、サックスブルーが対抗。チェック柄のシャツなどもボタンダウン仕様を選ぶのがベターです。

ジージャンを新調するなら、セットアップのジーンズも揃えておくのが賢明。セットアップで着用すれば統一感のあるコーディネートが簡単に築けますし、それぞれを単体で使用することもできます。つまり、スタイリングの幅が一気に広がるというわけです。すでにジージャンのみを持っているという場合は、似たような表情のジーンズを選ぶだけでもOK。セットアップ風の着こなしでも、十分に今季らしさが演出できます。

本来はフォーマルやドレスといったテイストが強いスラックスですが、最近はカジュアルにアレンジされたタイプが数多くリリースされています。ストレッチ素材、ウエストにゴムとドローコードを配置したイージーパンツ仕様、ワイドなテーパードシルエットがカジュアルなスラックスの特徴。そのうち2つ以上の要素を備えているタイプが狙いめ。さらに、上質感のある素材を使っていたら完璧です。もっともスラックスの魅力が感じられるのはグレーですが、ブラックやネイビーも使いやすくて便利。コーディネートをさり気なく格上げしてくれます。

スポーツテイストやリラックス感がキーワードとして浮上している今は、スウェットパンツがワードローブに不可欠な存在となっています。オーセンティックなヘザーグレーを選びつつ、スラックス感覚でコーディネートするだけで、スポーティーでリラックス感のある着こなしにアレンジすることが可能です。ブラックやネイビーなどの定番カラーもジージャンとの相性は抜群です。

今シーズンはクリーンなミリタリースタイルが注目の的。さらに、カーキやオリーブ、ベージュ系などのサファリカラーやアースカラーが人気を集めています。そんな両者をさり気なく着こなしにプラスすることができるカーゴパンツもおすすめです。王道カラーのオリーブは、インディゴブルーのジージャンとも好相性。スリムなシルエットに加え、カーゴポケットのボリュームが少ないタイプならすっきりまとまります。

ここ数年のスニーカー人気はまだまだ衰え知らず。機能的で歩きやすいのはもちろん、価格帯もリーズナブルなうえ、手軽にスポーツミックスを実践できる点が大きな魅力です。クリーンな抜け感を演出できるのはホワイトですが、秋らしい落ち着きを優先するならブラックが最適。スニーカーならではのスポーティーな軽快感は備えていますので、こなれたジージャンスタイルに導いてくれます。

スニーカーの人気が高止まりしているからこそ、あえてブーツをセレクトすると新鮮。スマートなシルエットのタイプなら上品な印象が振りまけますし、ボリュームあるタイプなら男っぽさを上乗せすることができます。ラフな印象や野暮ったいイメージは避けたいため、足元をクールに引き締めてくれるブラックがイチ押し。ただしこの秋は、バーガンディやボルドーなどのワイン系カラーも新鮮で狙いめです。

ジージャンにぴったりのカジュアル感や履きやすさを備えているローファーも捨てがたいのですが、あえて上品なレースアッブの革靴を合わせるのがおすすめ。ジージャンを主役にしたコーディネートはラフなイメージになりがちですが、気品のあるドレスシューズを合わせることで大人っぽい品の良さを獲得することができます。ブーツと同じ理由で、スマートなフォルムのブラックを選ぶのがイチ押しです。

ジージャン×好相性アイテムで築く大人コーデ15サンプル

今合わせるべきアイテムを披露したところで、実際のコーディネート例もチェックしましょう! シンプルだけど何気なくおしゃれな、大人な目指すべきスタイリングサンプルを15タイプ解説します。

サード型のジージャンを起点にしつつ、セットアップに見えるくらい色みの似ているデニムパンツをセレクト。やや大きめなTシャツとスニーカーでカジュアルにまとめていますが、シンプルな着こなしが大人な印象です。

ファーストタイプのジージャンを用いつつ、ボタンをとめることで新鮮な表情に。ルーズなサイズ感のTシャツをのぞかせ、今っぽさも演出しています。スキニーなスラックス系パンツと革靴を黒で統一し、クールに引き締めているのもポイント。

スタンダードのアイテムだけのコーディネートでも、こんなにもおしゃれにまとまるという好例。全体的にスリムに仕上げたシルエットでスタイリッシュに見せつつ、ビッグTシャツ&スニーカーのホワイトで爽快感を加味しています。

アイテムの組み合わせは上のスタイリングと一緒ですが、色使いでイメージが変わるというサンプルです。色落ちの少ないジージャンに加え、インナーとスニーカーをブラックで統一して落ち着いたニュアンスを醸出!

ジージャン+カーゴパンツのセットはラフなイメージになりがち。そこで、オーバーサイズのTシャツとスニーカーを白で揃え、クリーンに仕上げています。ジージャン自体にアクセントが効いているため、小物などは省いてシンプルな着こなしに。

こなれたニュアンスと上品なムードのバランスが絶妙な着こなし。全体的に適度に色落ちしたセカンドタイプのジージャンで無造作感を確保しつつ、タートルネックとスラックスで品良くまとめています。パンツのシルエットはワイド系で今時に。

王道のサードタイプをベースにしながら、コンパクトなシルエットでモダンに仕上げたジージャンをチョイス。ダークな色みの落ち着いた印象を生かすため、下半身も黒でまとめて大人っぽく仕上げています。その一方、白いタートルネックで清潔感も演出!!

オーセンティックなジージャンにホワイトのタートルネックのニットを合わせることで、大人なニュアンスは確保。スキニーなパンツ×ボリュームあるブーツという組み合わせで新鮮なシルエットに仕上げています。

デニムジャケットを含むセットアップでドレッシーにまとめた装い。デニム地のスリーピースがおしゃれです。ボタンダウンシャツにタイを合わせつつ、足元にもドレスシューズを合わせてエレガントにまとめています。

デニムジャケットを大人っぽく着こなす基本形。白いボタンダウンシャツ、ブラックのスラックス系パンツ、ダークブラウンのUチップシューズを合わせることで品格のあるカジュアルスタイルに導いています。

ボタンダウンシャツとスラックスを用いながらも、ラフに仕上げたジージャンスタイル。インナーにビッグサイズのTシャツを組み込みつつ、シャツの裾を開くことでリラックス感を生み出しています。パンツのロールアップも無造作な印象。

ドレス感と抜け感のバランスが巧妙なスタイリング。シャツとベストに加え、革靴やポケットチーフでドレッシーな印象をさり気なくプラスしています。パンツは厳密にはワーク系ですが、スリムなシルエットが上品。ブラウンの色みも今秋らしくて効いています。

ダークトーンのデニムを使ったセットアップをシンプルに着こなした好サンプル。タイトなフィッティングにこだわったストレッチ素材の魅力を最大限に生かしています。シャープなサイドゴアブーツで、ドレスな品格も付加。

ラギッドで武骨なイメージになりがちなジージャン×カーゴパンツという組み合わせを、ボーダー柄のインナーで爽快に仕上げています。ブーツやバッグが男っぽくても十分に軽やかなイメージ。

ジージャン、カーゴパンツ、ブーツ、ネルシャツと、アメカジ系の男臭いアイテムばかりをセレクトしていますが、スリムなシルエットでモダンなニュアンスに。ベーシックな色使いも落ち着いたイメージ作りに貢献しています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK