"実は"が肝心。女性がグッとくる見た目のギャップとは

女性が男性にキュンとするのはどんなときかご存じ? ずばり、ギャップを感じたとき。普段見せない一面を見たとき女性はドキッとするのです。これはファッションでも同じ!

編集カツラガワ

2016.10.05

モテ・好印象

女性は男性の“普段見せないギャップに弱い”もの。

女性は男性の“普段見せないギャップに弱い”もの。

人前ではクールなのに彼女の前ではデレデレ甘える“ツンデレ男子”、一見草食男子に見えて実はガツガツしている“ロールキャベツ男子”。両者はともに女性がキュンとしてしまう男性のタイプです。あなたは、この共通点にお気づき? それは何かというと、“ギャップ”。普段とは違う男性の一面に女性は弱いものなんです。

ファッションや髪型においてもそれは同じ。いつもと違う雰囲気に女性はドキっとしてしまうのものなんです。それでは、いくつか女性がときめくギャップを挙げていきましょう。

ギャップ萌え1:普段は戦闘力100のジャケパンスタイル。そんな彼の”無防備な休日着”

ビジネスシーンにおいて、男性はいつも気を張っています。ジャケットをビシッと着こなし、髪型もばっちりキメて、できる男を演出している人は多いはず。そんな姿が好きな女性も多いですが、でもふいにドキッとしてしまうのは気張っていないオフの瞬間。いつもとは異なる無防備でリラックス感のあるオフコーデにキュンとする女性は多いんです。

ネイビージャケット×ベージュチノの王道コーデ。シャツにネクタイをきちんと締めたら、身も心も引き締まりますよね。爽やかで好印象な”営業スタイル”。

こんなギャップに女性は弱い!ゆるニットのリラックスコーデ

冬といえばニット。着るだけで3割増しにキマります。クールなジャケパンコーデに対して、温かく包み込んでくれそうなボリュームとリラックスムード漂うルーズなサイズ感が女心をくすぐります。

こんなギャップに女性は弱い!ケーブルニットのほっこりコーデ

ほっこりとしたケーブル編みニットはやさしい雰囲気満点。一緒にいてホッと落ち着く男性をイメージさせてくれるでしょう。1枚でさらっとシンプルに着こなすのが正解。

ギャップ萌え2:普段はもっぱらカジュアル派。そんな彼の“スーツ姿”

1とは真逆のタイプがこちら。普段カジュアルなファッションなら、たまに見せるスーツ姿が女性をドキドキさせるでしょう。いつもカジュアルだからこそ、上下セットアップで正統派に着こなすのがコツ。ギャップが大きければ大きいほど、女性は心ひかれるのです。

とことんカジュアルな着こなしが基本。程良くトレンドを押さえたカジュアルな着こなしはおしゃれと定評あり。デニムジャケット×スウェットでスポーティーに。

こんなギャップに女性は弱い!めったにしないネクタイ姿

ネクタイは男性の色気を引き出してくれるアイテム。ネクタイをきちんと締めるだけで、男らしさがぐっと増すんです。普段身につけない人ほど、たまにすると女性はドキッ。

こんなギャップに女性は弱い!スーツベストの紳士な着こなし

スーツスタイルをより楽しみたいなら、スーツベストを取り入れるのがおすすめ。スリーピースで着るのはもちろん、ジャケットを脱いでも素敵です。エレガントでシャレ感満点。

ギャップ萌え3:いつもおしゃれな彼。「それどこの?」「『ユニクロ』だよ」

シンプルなのにこなれている、そんなおしゃれな男性は女性から人気です。ハイブランドを着こなすのはもちろんカッコいいのですが、意外にも女性の心をつかむのは、『ユニクロ』や『GU』といったおなじみブランドをさらっと取り入れた着こなし。”こんなにおしゃれなのに実はお手頃ブランド”というギャップに親近感が沸くんです。

シンプルなモノトーンコーデ。大人の色気とこなれた雰囲気が最大の魅力です。でもカッコイイけど、おしゃれすぎてちょっと近寄りづらいかも……。

こんなギャップに女性は弱い!『GU』や『ユニクロ』を愛用

『GU』や『ユニクロ』を着ているというだけで自然と親近感が沸きませんか? 『GU』のスウェットに『ユニクロ』のパンツを合わせたシンプルな着こなしですが、ルーズなサイジングでこなれた雰囲気に仕上げています。

こんなギャップに女性は弱い!チープなアイテムをMIX

『3.1フィリップリム』のパンツや『マルニ』の靴などハイブランドのアイテムに『GU』のカーディガンを合わせたハイ&ローな着こなし。カーディガンはシックな色を選んでいるため、まったくチープに見えません。

ギャップ萌え4:ぱっと見、普通。でも”小物使い”でこの人おしゃれ!

個性を主張しにくいスーツスタイルはベーシックになりがち。そこで人を差をつけたいなら小物使いでギャップを見せるべし。上品でスタイリッシュな腕時計、上質な革を使ったレザーシューズなどこだわりのある小物使いで、”実はこの人おしゃれ”とアピールしましょう。

ベーシックなネイビーのジャケットに白シャツで清潔感のある着こなし。これぞ、ビジネスマンの基本スタイルです。タイトなサイズ感でスタイリッシュに。

こんなギャップに女性は弱い!腕時計がおしゃれ

さりげなく見える男性の腕時計。ひそかにチェックしている女性は多いはず。華美なデザインを好む男性は多いと思いますが、女性好みはシンプルでスタイリッシュなデザインです。

こんなギャップに女性は弱い!上質な靴を履いている

足元はおしゃれからといわれるほど靴は重要。ベーシックなスーツスタイルだからこそ、足元で差をつけるべし。上質な牛革を使用したプレーントゥシューズは、長く愛用することで自分好みの一足に。

ギャップ萌え5:会社では大人の貫禄たっぷり。そんな彼の無邪気な着こなし

会社では落ち着いたスーツ姿。そんな男性の少年っぽいキャップ姿なんて想像できます? ちょっと想像しがたいですよね。だからこそ、無邪気な着こなしに“かわいい”とキュンとしてしまうのです。アウトドアなど、アクティブに遊びたいときはコーデも気持ちも思い切りはじけてみては。

シックなネイビーのスーツは知的でスマート。シャツもネクタイもブルー系でまとめて爽やかかつ、頼れる上司を演出しています。

こんなギャップに女性は弱い!カジュアルなパーカースタイル

カジュアルな着こなしに欠かせない王道のグレーパーカー。なんといっても、着飾らないラフさ、思い切り動けるところが魅力ですよね。ゆるっとリラックス気分で着こなしたい。

こんなギャップに女性は弱い!少年みたいなキャップ姿

キャップ=子どもっぽいと思いがちですが、意外と女性はちょっとやんちゃな大人のキャップに弱いもの。シンプルな着こなしのアクセントに加えてみては? 色みは落ち着いたカラーを選ぶのがおすすめです。

ギャップ萌え6:いつも髪型ばっちり。そんな彼のオフの日のノーセットヘア

ビジネスシーンでは、清潔感を重視した爽やかスタイルを基本とする人が多いですよね。毎朝ハードワックスやジェルなどを使用してきちんとスタイリングをする人がほとんどかと思います。そんなばっちりヘアも素敵なんですが、案外女性は休日のノーセットが好きだったりするんです。

爽やかなツーブロックのショートスタイル。前髪を上げて額を出したスタイリングは清潔感満点です。会社でも営業先でも好感度抜群。

こんなギャップに女性は弱い!無造作ヘアにゆるタートル

ゆるっとしたタートルニットと無造作なヘアスタイルがとてもお似合い。この無防備さに女性はドキドキするでしょう。リラックス感あふれる着こなしで、休日の朝にお散歩デートはいかが。

こんなギャップに女性は弱い!寝起きヘアにニット帽

ノーセットのヘアにニット帽の組み合わせもおすすめです。寝起きのままニット帽をかぶるだけなのに、こんなにもこなれた雰囲気にキマリます。ポイントは脱力感!

ギャップ萌え7:いつもはコンタクトレンズ。そんな彼のメガネスタイル

男性の場合、メガネだった女のコがコンタクトにしたときドキッとした経験はありませんか? 女性はその逆、いつもコンタクトの男性がメガネにしたときドキッとする人が多いんだとか。それはなぜって、“メガネ姿=家での彼”って妄想してしまうからです。やはり女性は普段見せない一面に弱いんですね。

ギャップ萌え7:いつもはコンタクトレンズ。そんな彼のメガネスタイル

オンのときはコンタクトレンズを装着。コンタクトをつけると1日のスイッチが入るなんて人も多いのでは。

こんなギャップに女性は弱い!家でのメガネスタイル

帰宅してコンタクトレンズをハズすとオフモードになる人も多いのでは? そのオフになったときの顔って実は色っぽいんです。シックなフレームのメガネが上品で大人の色気を引き出します。

こんなギャップに女性は弱い!デスクワークのときのメガネ姿

たまに仕事中にPC作業で目が疲れたからとメガネに変える人っていませんか? マニアックですが、ちょっとお疲れ気味のメガネ姿が素敵に見えたり……(笑)。主張しすぎないフレーム、細ぶちが絶妙なバランスでおしゃれ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK