秋の休日服に。テーラードジャケットをカジュアルに

秋の休日服に。テーラードジャケットをカジュアルに

大人なら週末でもある程度キチンとした装いで過ごしたいもの。そこで救世主となるのがテーラード。秋の休日カジュアルに最適です!早速おすすめアイテムとコーデをご紹介。

山崎 サトシ

2016.09.30

アウター
ジャケット
テーラードジャケット
秋の着こなし・コーデ

休日使いできるテーラードが1着あると重宝します!

若い頃と違って、オーバー30世代になると休日のカジュアルスタイルにも一定の品良さが必要となってきます。上品さを演出できるアイテムはさまざまありますが、もっともお手軽に取り入れられるのが汎用性の高いテーラードジャケット。オンするだけに、ラフなコーデでもグッと大人っぽく見せられます。しかも、今秋はトラッド系ファッションが人気なので、今っぽさにアプローチするうえでも有効。すなわち、1着持っておけばきっちり感とトレンド感の両方を入手できるんです。

大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

メンズのマストハブであるテーラードジャケットは、定番だからこそ着こなしで差別化を。相性抜群のアイテムと、これを活用したジャケットコーデ30スタイルを紹介します。

Freeamericanidol編集部

カジュアル使いしやすいテーラードはどんなタイプ?

もちろんテーラードなら何でもアリ、というわけではないのでご注意を。秋カジュアルで使いしやすいテーラードの特徴を紹介するので、下記のポイントを押さえて選ぶようにしましょう。

ポイント1季節感のあるマテリアルを使っている

秋の定番素材を使ったジャケットならば、上品さとともに季節感も手に入るので取り入れやすいはず。代表的なマテリアルとしては、ツイードやブークレ、コーデュロイなど。これらを使用したテーラードジャケットをはおれば、こなれた雰囲気を簡単にメイクできるんです。

ポイント2他アイテムとの親和性を考えるならシンプルなカラーを

いくら万能選手であるテーラードとはいえ、原色系などあまり突拍子もないカラーだとコーデになじませることは困難。基本的には悪目立ちしないシンプルカラーを選ぶのが良いでしょう。ブラック、ネイビー、グレー、ベージュ、ブラウンあたりの色が狙い目となります。

ポイント3少しゆとりを持たせたフォルムが今季の鉄板!

前シーズンまではテーラードジャケットの細身&短丈化が進んでいましたが、今季は一転。身幅がゆったりめで、丈感もやや長めに設定された少しゆるめのモデルが多くのブランドからリリースされています。トレンド感を考えるのであれば、断然後者を選ぶべきでしょう。

今選ぶならコレ。秋コーデを格上げするテーラードジャケット10選

上記のポイントをふまえつつ、おすすめのテーラードジャケットをピックアップ。どれも秋カジュアルを確実に格上げしてくれる秀作ばかりです。手持ちのワードローブと相談しつつ選択しましょう。

アイテム1『ビームスライツ』ハリスツイードジャケット

スコットランドの伝統的な素材であるハリスツイードをぜいたくに使った3パッチデザインジャケットは、信頼の置けるメイド・イン・ジャパン。胸ポケットの裏地部分がフェイクチーフになるなど、かゆいところに手が届くディテールワークも高評価です。

ジャケットもコートもこの素材で。ハリスツイードで作る大人の装い

ジャケットもコートもこの素材で。ハリスツイードで作る大人の装い

ツイード生地の代名詞である「ハリスツイード」には100年以上もの歴史があります。この高級生地を用いたジャケットやコートと、その着こなし方を解説しましょう。

近間 恭子

アイテム2『ダブル』ネップツイードテーラードジャケット

ネップ加工により、着込んだような表情を生み出した技ありのツイードジャケット。ボタン・ライニングともにブランドのオリジナルデザインというこだわりの作りもポイントです。また、非常にライトウェイトな仕立てなので、レイヤードスタイルに向いています。

アイテム3『タリアトーレ』コーデュロイジャケット

ボリューミーな胸回りとすっきりした先細りの袖が魅力的な、2ボタンタイプの人気モデルヴェスヴィオ。過度に絞りすぎない、ゆとりあるシルエットが今の気分にマッチします。生地は太畝のコーデュロイで、温かみと存在感を兼備。これ一着で秋らしさを高められます。

アイテム4『ステュディオス』ストレッチテーラードジャケット

ZOZOTOWNのみでのリミテッド販売となるこちら。起毛加工されたウォーム感たっぷりのファブリックは縦横2wayのストレッチ仕様となっていて、十分な運動性を有しています。ショルダーパットを排除した軽快極める仕立ても、心地良い着用感をアシスト!

アイテム5『シップス』ラッセルジャケット

変形ラッセル編みで仕上げた、リラクシングな面持ちのカーディガンジャケット。ニットならではの包み込むような着心地は、まさしく“ヤミツキ級”のひと言。エルボー部分のパッチ風ステッチワークで、ほんのりとレトロ感を落とし込んでいるのもミソです。

アイテム6『ワイルドシングス』ストレッチテーラードジャケット

セレクトショップの『アメリカン ラグ シー』の別注オーダーから誕生した一着。トラベル使いをテーマにしたモデルらしく、4wayストレッチにポケット周りのコンシールファスナーなど、機能への追求が光っています。無駄な装飾を省いた簡潔なルックスも大人好み。

アイテム7『ティーケータケオキクチ』コットウールジャケット

ウール使いのオリジナルのジャージー素材で仕立てた今作。裄綿・肩パットといった副資材は極限までボリュームをそぎ落としたものを使用しているので、軽やか&すっきりとしたいでたちです。同素材を用いたセットパンツの展開もあり、そちらと合わせるのもおすすめ。

アイテム8『エストネーション』ブークレニットジャケット

今季の旬素材として注目されているブークレ素材を使ったニットジャケットは、カーディガン感覚で気負わず着ることのできる好アイテム。カットソーでもシャツでもすんなりハマるので、1着あると重宝すること請け合い。フロントのパッチポケットもヌケ感を高める一助に。

アイテム9『ラルディーニ』バスケットジャケット

ロングセラーを記録しているバスケットジャケット。ニュアンス豊かなカゴ編みによって仕立てられていて、おしゃれ感たっぷりに着こなせます。ブートニエール(襟穴に挿す飾り花)が付属するさりげない気配りは、さすがイタリアンブランドの雄!

上質を知る大人の服。ラルディーニを着て襟を正す

上質を知る大人の服。ラルディーニを着て襟を正す

アンコン仕立てのジャケットブランドとして、日本はもちろん本国イタリアでも評価の高い『ラルディーニ』。あらためてブランドの魅力についてご紹介しましょう。

池田 やすゆき

アイテム10『レアセル』アーバンホリデイジャケット

ストレッチ性に富んだカットソー生地を使うことで、コンフォータブルな着心地を実現した逸品。フロントに配されたホワイトステッチがアイキャッチとして機能します。フラワー総柄のライニングを使うなど、見えないところもスタイリッシュに仕上げました。

テーラードをカジュアルに着こなすための三大法則

ドレッシーなイメージの色濃いテーラードをカジュアルに着こなすための三大テクニックをレクチャー。旬なテーラードスタイルを手に入れために、ぜひ参考してみてください。

ポイント1ニットと合わせて季節感をアップ

手っ取り早く秋っぽさを演出できる着こなしがこれ。ウォーム感の漂うニットを中に差し込むことで、がぜん季節味のあるスタイリングへと変化します。旬度向上を狙うならタートルタイプ、タフに攻めるならローゲージ、都会的に仕上げるならハイゲージと、狙う雰囲気に応じてチョイスを変えると良いでしょう。

ポイント2リジッドデニムとのコンビでスマートにドレスダウン

テーラードジャケットをカジュアルに料理するなら、着崩しは不可欠。ただしあまりにやんちゃなアイテムを持ってくるのはトゥーマッチ。そこで活躍するのがリジッドデニム。カジュアルでありつつスマートな印象も併せ持っているので、バランス良いコーディネートを実現できます。

ポイント3チェックシャツの投入でアメカジミックス!

Freeamericanidol世代の鉄板アイテムであり、アメカジの象徴でもあるチェックシャツ。実はテーラードとの相性は抜群で、休日にぴったりなくだけ感あるスタイルがかないます。ただし、あまりにポップなチェック柄は不相応なので、大人っぽいデザインを意識しましょう。

参考にしたい、テーラード巧者の着こなしをピックアップ!

ちまたには参考にしたいテーラード達人がたくさん! 特に気になった10名をここでピックしてみました。彼らのコーデテクニックを取り入れれば、着こなしのレベルがワンランク上がること確実です。

カットソー生地の気負わないテーラードジャケットをオンすれば、ほんのりとスポーティな雰囲気に。そのインナーにはヌケ感を高めるローゲージニットを選択。どこかくつろぎ感のあるテーラードコーデを実現しました。

黒のサキソニージャケットという王道テーラード使い。ともすればビズスタイルっぽく見えてしまいそうですが、生デニム&カットソーで着崩せば休日っぽいノリに変化。ただし、ローファーできっちり感もキープしました。

ハリスツイードのジャケットと、ケーブルニットのマッチアップでとことん温かみのあるコーディネートをメイク。赤茶の革靴も秋ムードを助長します。カントリーっぽく振れすぎないよう、スリムパンツでモダンさも注入しています。

主役の紺ジャケはコットンジャージー素材でカタすぎない表情。チェックシャツはジャケットと同系色を選び、統一感を打ち出しています。白ハイゲージニットのサンドイッチでクリーンさの入手にも成功しました。

『アダム エ ロペ』のセットアップを駆使したスタイリング。黒のセットコーデは味気ない雰囲気になりがちなのですが、中に暖色カラーニットを投入することで一気に秋らしくシフト。シンプルでもこなれて見せられるという好例です。

プレーンな黒テーラードだからこそ、ニットジャケット×チェックシャツという大胆なインナー遊びが映えます。上半身にボリュームを持たせるとコーデが重たく見えがちなので、爽快な白パンツで軽さもミックス。

テーラードジャケット、ギンガムシャツ、デニムジョガーパンツをネイビー系カラーでリンク。今日的なワントーンスタイルに仕上げました。軽く袖をロールアップすれば、程良くラフなニュアンスも生み出せます。

グレーセットアップ×ボウタイというドレッシーな着こなしを、中に着たチェックシャツで巧妙にドレスダウン。計算された引き算コーデです。靴とボウタイの色を合わせるという、小粋なテクニックもぜひ参考に!

ブラックをベースにしたクールな着こなし。この種のコーデは季節感が損なわれがちですが、温もりを感じるツイードジャケットをオンすればその心配は無用。スマートさと秋らしさはジャケットのチョイス次第で簡単に両立できるんです。

ジャケットはチャコールグレー、パンツはブラックと主役のアイテムが少しヘビーなので、インナーには白ニットを選んでトーンアップ。チェック柄チラ見せで無地基調のコーデに抑揚を描き出したのもキーポイントです。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

    人気ブランドのセットアップ10選。今季の売れ筋をレコメンド

    重々しいアウターを脱ぎ捨てる季節。これからの主役候補はやはりセットアップでしょう。今季の傾向を踏まえつつ、人気ブランドの新作や売れ筋を紹介します。

    山崎 サトシ

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    この春はカジュアルにもきれいめにも使えるボタンダウンシャツに注目。今回は、ボタンダウンシャツの基本的な選び方からおすすめのアイテム、着こなし方までお届け。

    大中 志摩

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

    大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

    メンズのマストハブであるテーラードジャケットは、定番だからこそ着こなしで差別化を。相性抜群のアイテムと、これを活用したジャケットコーデ30スタイルを紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    BACK