ジムフレックスのシャツはなぜ大人に支持されるのか?

ジムフレックスのシャツはなぜ大人に支持されるのか?

確かな品質とシンプルでクリーンなデザインが豊富にそろう『ジムフレックス』。なかでも大人の男性にはシャツがおすすめ。ラインアップと着こなしを整理して紹介します。

宮嶋 将良

2017.06.19

ジムフレックス(GYMPHLEX)
トップス
シャツ

イギリス発『ジムフレックス』は1936年生まれの名門スポーツウェアブランド

イギリスのグラハム・スクールウェア社が、1936年より軍に体育用のショーツを提供したことを機に誕生した『ジムフレックス』。現在では、ナショナルチームやチャールズ皇太子のポロクラブのユニフォームを手がけるなど、伝統ある一大スポーツウェアブランドです。

2013年春夏より、カジュアルラインとしてロッカールームシリーズを開始。スポーツウェアをベースとした着心地の良さと、ユニセックスなデザインを備えた品々は、男女を問わず幅広い層の支持を受け、世界中でファンを広げています。

『ジムフレックス』のシャツの最大の特徴は、体のラインをきれいに見せてくれる細身のシルエット。特にアームホールがすっきりしているため、ジャケットを羽織ったときももたつくことなく着られます。

ドレスシャツをイメージさせるような、程良い光沢のある生地感も魅力のひとつ。きれいめな印象で上品に着られる一枚です。また、多くのシャツで採用されるボタンダウンの襟元と、左胸のグリフィンのロゴマークが印象的なアクセントとして周囲の目を集めます。

絶対的なフォーマットから派生する信頼のバリエーションが魅力のシャツたち

『ジムフレックス』のシャツは、伝統が培ったベストなフォルムをベースに、多彩なバリエーションを展開。スタンダードからトレンドまでをそろえ、柄や生地、パーツの豊富さには、必ずコレ! というベストマッチの一着が見つかるはずです。

長袖ボタンダウンシャツ

『ジムフレックス』でとにかくマストバイはこの白のオックスフォード・シャツ。清潔感を与える細身のシルエットをはじめ、襟のロール、左胸のエンブレムなど『ジムフレックス』の魅力のポイントをシンプルに生かし尽くした、ムダのない一枚。ピマコットン100%の着心地の良さで、主役からレイヤードまでなんでも来いの万能選手です。

長袖ボタンダウン シャンブレーシャツ

年を経るごとに風合いが増すエイジングシャンブレー素材を使用。この生地選択は、長く着続けることが可能な『ジムフレックス』の普遍的なデザインだからこそ。落ち着いたブルーの色みも着るほどに表情豊かになり、プレッピーはもちろんややシックにまとめた大人カジュアルにも対応。コーディネートの幅を広げてくれること間違いなし!

長袖ボタンダウンシャツ ギンガムチェック

縦・横のラインの密度を近づける特別な技法で、より美しい見え方を追求したギンガムチェック。良質なコットンの風合いと先述の技法によって品の良さをアシスト。それでいてレイヤードした際には襟・袖のわずかな露出でも存在感を主張します。アクセントアイテムとしても優秀です。

長袖ボタンダウン マドラスチェックシャツ

柄モノの定番、マドラスチェックは常にトレンド感度の高いテキスタイルを提案。こちらは落ち着きあるシックな配色ですが、色によってチェックのピッチや濃淡のバランスが違い印象もさまざまです。コーディネートに華を添える1枚として、バリエーション違いでそろえるのもおすすめ。

長袖ボタンダウン ストライプシャツ

フランダース地方の最高級リネンを用いたシャツは、軽やかな透け感が魅力。ワイドスプレットカラーで羽織りとしても使いやすく、春から夏まで長く重宝します。いずれも美しい発色に天然素材によるちょっとした織りムラが変化をくわえており、風合いが楽しめるのも魅力。きれいめなリゾートスタイルからナチュラルテイストまで幅広く取り入れられます。

長袖ボタンダウン デニムシャツ

野暮ったくなりがちなデニムシャツですが、『ジムフレックス』の細身デザインならすっきりきれいめに着こなせます。ネップ感やアクが強く出すぎないプレーンなデニムを使用し、強めのウォッシュ加工を施すことで爽やかなサックスカラーに仕上げています。

半袖ボタンダウンシャツ

『ジムフレックス』の夏の定番といえば半袖オックスフォード・シャツ。細かなディテールや美しいシルエットは長袖と同様ですが、暑い季節でもピマコットンのなめらかな素材感が快適な着心地をキープしてくれるのがうれしいところ。1枚で着ても様になる上品な佇まいはさすがの一言。

半袖ボタンダウン リネンチェックシャツ

長袖でもお馴染みの定番ギンガムチェックが、夏は半袖リネンシャツで楽しめます。光沢のある上質な先染めリネンを使用し、清涼感のある爽やかな1枚に仕上げました。すっきりしたシルエットながらリネン特有の適度なリラックス感があるので、1枚ではもちろんTシャツの上に羽織るレイヤードコーデにおいても活躍しそうです。

半袖ボタンダウン リネンシャツ

毎年の定番、マドラスチェック。常にトレンド感度の高いテキスタイルを提案し、こちらはアースカラーを採用した一枚。色によってチェックのピッチや濃淡のバランスが違い印象もさまざまなので、バリエーションをそろえるのもおすすめですよ。カラフルなシリーズにも注目。

半袖 ボタンダウン マドラスチェックシャツ

さまざまなカラーリングが魅力のマドラスチェックシャツは、カラフルなラインアップにも要注目。鮮やかなブルーを基調とした配色は見た目にも爽やかで、コーデのアクセントとしても優秀です。存在感がありながら落ち着きのある絶妙な配色なので、気軽に色みを取り入れられるのもうれしいポイント。

普遍性と存在感を併せ持つから、着こなしの幅も無限大

伝統がありながら、トレンドを捉えたバリエーションで、気軽に日常に取り入れられるブランド『ジムフレックス』。さまざな世代や、多様なジャンルのファッション愛好家に好まれています。普遍性が広げた多彩なコーディネートを紹介!

定番オックスフォードの白シャツの魅力を堪能できるシンプルなコーディネート。デイパックとスニーカーを合わせても子供っぽくならないのは、ボタンダウンの襟元をはじめトラッド感のあるデザインがなせるワザ。

オックスフォードのクリーンな白さが目を引くマリンコーデ。『ジムフレックス』の逸品ならではの上品な美しさが、着こなし全体に清潔感を漂わせます。あえてスウェットショーツやコットンカーデといったラフなアイテムと組み合わせ、こなれ感のある夏の装いに仕上げました。

オーバーサイズのワンボタンコートはゆったりとしたシルエットが魅力。そんなルーズなアウターには、ボタンダウンシャツできちんと感と上品さを演出しているのがポイントです。カーキとライトブルーのコントラストも◎。

人気のギンガムチェックシャツは、クライミングショーツも好相性。ラフになりがちなショーツの着こなしに、シャツが程良くかっちり感を演出しています。シャツ以外のアイテムを全てモノトーンで統一し、ブルーのギンガムの爽やかさをぐっと際立たせているのも◎。

爽やかな縦ストライプのシャツには、シックなスラックスと合わせて上品なカジュアルスタイルに。『ジムフレックス』の普遍的なシャツには、スニーカーにデイパックなどアイテムでトレンドを主張しています。

バンドカラーシャツにハイネックをインしてトレンドを意識。コンパクトなトップスに、ゆったりとしたウールパンツを合わせてシルエットにメリハリをつけたのがポイントです。

これからの時期におすすめは、チェックのネルシャツ×ダウンベストのレイヤード。ネルシャツは温かみのあるルックスですが、すっきりしたシルエットなので着膨れすることなく着こなせます。

細くしなやかなコーマ糸使用の滑らかな肌触りのカラーシャツに、トレンド感のあるホワイトのアンクルパンツをチョイス。ゆとりのある着心地ながら、えりとアームまわりの抜群のフィット感のおかげで、全体がすっきりとした印象に。

空気感のあるロングカーディガンにゆったりしたパンツと、リラックス感漂う着こなしを、ボタンダウンでかっちり引き締め。ストライプシャツのシャープなラインが縦ラインを強調して、スタイルよく見せてくれます。

ダークブラウンのマドラスチェックのシャツは温かみがありやわらかい印象。ハットとレザーシューズも色みをそろえて落ち着き感を演出しています。全体的にタイトなサイジングでまとめているため、スタイリッシュでアーバンな雰囲気に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    半袖サマーニットが上品な夏の大人コーデを約束する

    Tシャツのように気軽に取り入れられ、それでいて着こなしが上品かつ大人っぽく仕上がる。そんな半袖サマーニットの魅力からおすすめ、着こなし方までをご紹介します。

    近間 恭子

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK