どう着こなす?大人のジップアップパーカー活用術

どう着こなす?大人のジップアップパーカー活用術

どんなコーデともマッチするジップアップパーカーの万能さは、誰もが重々承知のはず。ただそこに甘んじてはマンネリに陥ってしまう。それを防ぐための処方箋がこちら。

菊地 亮

2016.10.14

トップス
パーカー
秋の着こなし・コーデ

押さえるべきジップアップパーカーは、“着回し力”でセレクトしよう

もともとスポーツウェアだからこそ、気軽に袖を通せるパーカー。ただ、大人がよろこぶポイントはそれだけじゃない。カジュアルウェアとしてはもちろん、首元から飛び出たフードがいいアクセントになりキレイめスタイルのハズしとしても有効。単なる休日のリラックス着の域を超え、コーディネートの活用アレンジはこのうえなく広いのだ。今選ぶなら、その着回し力を存分に発揮するため、極力シンプルなデザインが望ましいだろう。

確かな一着を厳選。ファッションライターが狙うジップアップパーカー5選

ルックスに大きな変化が見られないだけに長年愛用できるといった面はあるが、どれも一緒でしょ、と思ったら下手を打つ。そこで、ファッションライターである筆者おすすめの逸品を紹介したい。

ブランド1『チャンピオン』

『チャンピオン』のパーカーは昔ながらの大定番。何を今さらと思うかもしれないがこちらはひと味違う。ゴアテックス社との共同開発による代物で、リバースウィーブ、ウィンドウストッパーと、両者の代名詞を掛け合わせたもの。しかも、『シップス』流にアレンジしたモダンフィットなのだ。

ブランド2『オーシバル』

ボーダーカットソーでおなじみの『オーシバル』が手がけるのは、本格仕様のディテールが垣間見える一枚。程良く肉厚なボディや、頑丈に作られたリブに、惹かれない男性はいないだろう。また、肩の可動域を確保するためのラグランスリーブもうれしい。

ブランド3『スリードッツ』

極上の気持ちよさが評判のカットソーブランドとして知られるが、もうひとつのヒット作といえばパーカー。こちらは、今もなおロングセラーを記録するダブルジップパーカーで、カットソー同様、長くしなやかな繊維を紡いだコームドコットンが抜群のやわらかさを生んでいる。

ブランド4『ジャックマン』

長年着続けたいのであれば、やはり耐久性はポイントになる。『ジャックマン』のパーカーは、太い糸を度詰めで仕上げたタフ差がウリ。福井県にある自社工場で、ユニオンスペシャルなど複数のミシンで織られたこだわりの品だ。それだけに、アウターとしても十分頼りになる。

ブランド5『ループウィラー』

さらなる上質を求めたい大人には、世界に誇るメイド・イン・ジャパンのアイテムがおすすめだ。『ループウィラー』は、今では希少な吊り編み機で編み上げた抜群の着心地で知られるが、こちらは『ビームスプラス』の別注によりミドルウェイトのコシのある生地で製作されている。

今の気分を形にする。着こなしのヒントとコーデサンプルを紹介

長らく定番を張っているアイテムだけに、今っぽさや違いを作るうえでは着こなしがカギを握っている。その最たるポイントをここでは4つに絞って紹介。それぞれの着こなしサンプルもお届けする。

ポイント1シルエットへの意識でいまどき感が出せる

アイテム自体はベーシックだが、全体のシルエットを意識すれば途端に“いつもの”感が鳴りを潜め、今っぽい表情になる。今なら、トップをユルめに、アンダーをタイトに設定し、自然なVライン作るのが理想的。

ビッグシルエットのパーカーには、スキニーパンツを合わせることで野暮ったさをしっかりフォロー。ロングコートをレイヤードし、縦の意識を強めたことでスタイリッシュな印象を強めているところにうまさを感じる。

主役はミリタリーライクなカーキのコートだが、センターラインから白Tを、えり元からパーカーのフードを露出したことでグッとライトに。スリムシルエットの濃紺デニムとスリッポンタイプの革靴が大人の空気を呼び込んでいる。

白を基調としたクリーンな着こなしの中に光るのは、丈感の遊び。ロング丈のTシャツの上にややタイトなパーカーとロングコートを重ね、細ピッチの柄を有効活用している。スニーカーやキャップといった小物も実に軽快だ。

ポイント2モノトーンに染め上げてクールに演じる

パーカーのカラーと聞いて誰もが想像するのはグレーだろう。その安定感はいつになっても頼もしいが、今を意識するならぜひブラックを。特有のシャープさや引き締め効果により、普段のそれよりもがぜんスマートに見える。

パーカーとコットンパンツという、いたってシンプルな着合わせだが、全身をダークトーンで仕上げたことで脱・普通を実践。しかも、トーンで違いをつけたことにより、黒特有のソリッドな表情をナチュラルにいなしている。ストリート感を添える小物選びの妙も参考にしたい。

パーカーにトラックパンツのスポーティーなセット。一見街へなじむか不安な組み合わせだが、ミリタリーコートやモノトーンの統一感により見事に解決。バケットハットを合わせながらオールドスクール風のいでたちに。

スウェットシャツにパーカーのレイヤードは、お互い同生地なだけにうまくなじんでくれる。内側へ行くほどに着丈が長くなるよう設定し、それぞれのアイテムをうまく生かした点がキモ。色のメリハリも絶妙だ。

ポイント3ハズしとして取り入れ大人の余裕を示したい

最近ではミックス感が着こなしの要素として注目されているが、それをうまく活用すればパーカーの鮮度も戻ってくる。たとえば、カッチリとしたスタイルに加えれば、力みを抜く手助けになるのでぜひともお試しあれ。

ややもすれば生まじめに見られがちなセットアップを、インナーへ差したパーカーで自然とかわしたスタイリング。ネイビーのジャケットとグレーのパーカーという色みのメリハリにより、パーカーの存在感を際立たせているのもうまい。

ビジネス着として申し分ないネイビーのプレーンなスーツ。活躍が限定されそうだが、内側へグレーのパーカーを取り入れ、さらにパンツの裾をロールアップ。極めつけに革靴を外羽のワーク系にすれば理想的なカジュアルダウンに。

ノーマルスーツで大人としての体裁を保ちつつ、随所にオリジナリティーを投入し街着としてのフランクさを手に入れた好例。レイヤードさせたパーカーはもちろん、キャップや足元の鮮烈な赤スニーカーといった小物も効いている。

ポイント4容姿端麗なアイテムを1点投入し引き締める

パーカーは見た目にもリラックス感が目につく。ともすれば、合わせによっては手ぬき感も出かねない。そこで、容姿端麗なスラックスを1点投入するだけで表情がグッと引き締まる。

パーカーにスウェット、そして足元はスニーカーと、とことんラフなアイテムチョイス。しかし、ストライプのウールサージ生地で仕立てた美しいボトムを選んだことで、即座に品の良さが顔をのぞかせる。そのギャップ感がいい。

こちらもスラックスを選んでいるが、トレンドでもあるワイド型。独特なAラインシルエットを構築しながら、パーカーの着こなしで危惧されるマンネリをうまくかわしている。ハットやプレーントゥの革靴など、小物選びも絶妙だ。

ヨーク部分にカーペット柄を配した比翼仕立てのシャツと、ダブルのグレースラックス、そしてパーカーはブラックをセレクトしモード仕立てにアレンジ。それによりいつもと違うパーカースタイルを作り込んでいる。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK