ライター&編集部員が選んだ!秋の夜長におすすめDVD

ライター&編集部員が選んだ!秋の夜長におすすめDVD

最近一気に涼しくなりましたね。秋の夜長にまったりとDVD鑑賞なんていかがでしょう。Freeamericanidolで活躍しているライター&編集部員のおすすめのDVDをご紹介します。

編集カツラガワ

2016.09.29

電化製品
DVD・ブルーレイ

秋の夜長にぴったりのFreeamericanidol ライター&編集部員のおすすめDVDをご紹介!

秋の夜長にぴったりのFreeamericanidol ライター&編集部員のおすすめDVDをご紹介!

“DVD鑑賞の秋”ということで、Freeamericanidolのライター&編集部員におすすめのDVDをリサーチ。ハマったもの、面白いと思ったもの、男泣きしたものなど、各々独自の視点でぜひ人におすすめしたいものを選んでもらいました。

DVD1ライター菊地 亮氏のおすすめは、『いまを生きる』

「人生に迷ったら、一度立ち止まってこの映画を。周りが敷いたレールは確かに安全ですが、そこから外れたときの恐怖と表裏一体。ただ、自分の人生は自分のものであって、多くの可能性を秘めていることも理解しなければいけません。若い頃にこの映画と出会い、当時感じていたさまざまな矛盾や迷いが一気に晴れたような気がしました。エンディングは、涙なしには見られません」

ストーリー:規則の厳格さで有名な名門校ウェルトンアカデミーに、同校OBの英語教師、ジョン・キーティングが赴任してくる。「教科書なんか破り捨てろ」と発し、机の上に立ちながら物事を別の視点から見ることも重要と説く彼の授業は破天荒極まりないが、いつしか生徒たちも自由に生きることの素晴らしさに気付き始める。そんなとき、ある事件が起こり……。

ライター菊地 亮氏の記事はこちら

メンズファッション各誌で編集・執筆を行うかたわら、WEBマガジンのディレクションも行うなどジャンルレスに活動。無類のスポーツ好きで、とくにサッカーへは熱い情熱を注ぐ。

DVD2ライター桐田政隆氏のおすすめは、『キリング・フィールド』

「カンボジア旅行前になんとなく予習しとこうと見たら予想以上に面白かったです。 クメール・ルージュは狂ってると感じてないと思いますが、人間の狂気を考えさせられました。また男の友情も。男性は好きな映画じゃないかなと思います。歴史を理解する勉強にもなります」

ストーリー:1970年代のカンボジア内戦、ポル・ポト政権下が舞台。ピューリッツァ賞を受賞した米国人記者、S・シャンバーグ氏のノンフィクションが原作。市街で繰り広げられるテロ行為、クメール・ルージュの目を覆うような恐怖政治がリアルに描かれている。

ライター桐田政隆氏の記事はこちら

ファッション誌やニュースサイトなどで執筆。洋服はいろいろなスタイルにふらつくも、なんだかんだでアメカジ好き。またラーメン、酒、川崎フロンターレがライフワーク。

DVD3ライター平 格彦氏のおすすめは、『風の谷のナウシカ』

「ささくれ立った心を滑らかにしたいときは、ジブリの作品が特効薬。その中でも『風の谷のナウシカ』の世界観が好きです。環境問題や現代社会への警鐘とも捉えることができるストーリーは、いろいろと考えさせられます。全7巻の原作マンガも併せて読むのがおすすめです」

ライター平 格彦氏のおすすめは、『風の谷のナウシカ』

ストーリー:“火の7日間”と呼ばれる最終戦争で現代文明が滅んだ1000年後の地球が舞台。風の谷に暮らすナウシカは、巨大な蟲「王蟲(オーム)」とも心を通わせ、有害な瘴気で覆われた森「腐海」の謎を解き明かそうとしていた……。

ライター平 格彦氏の記事はこちら

出版社の広告部、編集部を経て独立。エディターやライターとして活動する。メンズファッションを中心にコラムなども幅広く手掛け、各種プロデュースや企画も行っている。

DVD4ライター高島一行氏のおすすめは、『パイレーツロック』

「おしゃれが好きで洋楽も好き。そしてイギリスに興味がある方なら楽しめる映画。笑いの要素がたっぷりつまっているので、肩の力を抜いて気軽に見ることができます。1960年代ファッションに洋楽、そしてロック。これらが混ざり合った濃度の高い男性向け映画。当時のファッションにも注目してみましょう。私事ですが、偶然にも義理の母親が所有する賃貸の家が撮影場所に近く、撮影クルーがその賃貸に長期滞在していたことにも特別な思い入れがあります」

ストーリー:イギリス1960年代。ラジオで流す音楽が規制だらけだったときに誕生した「海賊ラジオ」。実在した海の上に作られたラジオ局をコメディーチックに描いた映画。当時から今でも愛される60年代ミュージックがつまった内容。イギリスらしいカルチャー、ヴィンテージ感ある当時のファッションなど、おしゃれ感と男っぽさがつまった映像にも注目。

ライター高橋一行氏の記事はこちら

ロンドンにてデザインアシスタントを経験後、日本では海外ブランドのエージェント会社に勤務。 現在はイギリスに戻り、英国を中心としたファッション記事を執筆中。

DVD5ライター橋本裕一氏のおすすめ:『マッドメン』シリーズ

「野心に満ちた登場人物たちの姿はまさに男が男であった時代。人物もストーリーも、そしてセリフの1つひとつが非常に濃厚です。また、60年代のスーツスタイルが非常にカッコよく、Freeamericanidolの読者の皆さんも参考にしてほしいです」

ストーリー:1960年代のNYを舞台に繰り広げられる広告業界のストーリー。激動の1960〜70年台に変わるアメリカ社会の変化の波、突きつけられる人生の選択。登場人物たちがそれぞれ幸せを見出していくプロセスとエンディングに注目。(シーズン7で完結)

ライター橋本裕一氏の記事はこちら

メンズファッション誌の編集部を経て、フリーランスのエディター・ライターとして独立。現在はメンズのヘアおよびファッション誌を中心に、幅広い分野のメディアで活動中。

DVD6ライター大中志摩氏のおすすめは、『ストレイト・アウタ・コンプトン』

「伝記映画は個人的に中身の薄さが気になってあまり得意ではなかったのですが、この作品は主人公たちのエピソードがしっかりと描かれており、劇中で流れる音楽とテンポの良さで2時間30分という長さを感じさせませんでした。N.W.A.というグループを知っていたからこそ楽しめたのかもしれませんが……。衣装や音楽、美術など80年代当時のストリートシーンが忠実に再現されたビジュアルは必見です」

ストーリー:犯罪率がアメリカでもっとも高い都市の1つとして知られるカリフォルニア州コンプトンで1986年に結成された、ヒップホップグループN.W.A.の結成から栄光、挫折までを描いた音楽伝記映画。彼らは音と言葉を武器に権力に立ち向かう。

ライター大中志摩氏の記事はこちら

都内の編集制作プロダクション所属。メンズファッション・ライフスタイルを中心に雑誌、webにて編集・執筆を行っている。

DVD7編集コヤマのおすすめは、『クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん』

「クレヨンしんちゃんは息子が好きなのでよく見るのですが、映画版は特にクオリティが高いのが魅力。ひろしはもともと父親の鑑みたいな男なんですけど、この映画はさらに輝いて見えました」

ストーリー:ぎっくり腰を治療にいったひろしがロボットになって超活躍するのもつかの間、“父親革命”が起こって春日部がパニックに。しんのすけとロボとーちゃんがそのピンチに立ち向かうというもの。

編集コヤマの記事はこちら

適当に見せて実は真面目だというギャップで攻めたい、腹黒WEB編集者。ハイ&ローMIXや、力を抜いたファッションが好き。IT、映画、グルメ情報にアンテナびんびん。

DVD8 編集フカザワのおすすめは、『シュガーラッシュ』

「スカッとする王道活劇。小難しさは一切皆無の、ベタベタな王道ストーリーが◎。Freeamericanidol世代にはお馴染みのゲームキャラクターが登場し、動いて騒ぐサマも良かったです。本当は映画館で見たかった・・・・・・(涙)」  

ストーリー:ゲームに登場するキャラクターたちが、“ゲームの中”で起こっているとある事件に巻き込まれる物語。不器用な大男とワケありの少女がタッグを組んで奮闘していく。

編集フカザワの記事はこちら

美容専門系出版社にて、編集者としてのキャリアをスタートした「髪」オタク。自他ともに認める大酒飲みでありながら、バスケットボールを愛する健康男児。

DVD9編集カツラガワのおすすめは、『マイ・インターン』

「仕事に、結婚に、出産、家庭とあらゆる局面で悩みが絶えないアラサー女子を応援! これを見たら、ポジティブに前向きになれる映画です。完全に女性向きでですが、とくに働く奥さんや彼女をもつ男性にぜひ見ていただきたい。普段バリバリ仕事をこなし強そうに見えても、実は繊細だったりするんですよ」

ストーリー:ニューヨークでファッション通販サイトの社長を務めるジュールズと、そこにシニアインターン制度でやってきた70歳の老人ベン。最初は老人ということで敬遠されていたベンだが、人生経験豊富なベンの小さなアドバイスやさりげない気遣いがジュールズを支えるようになり、いつしか良き理解者に。

編集カツラガワの記事はこちら

女性ファッション誌の編集部で8年間編集業務に携わる。洋服バカといわれるほど洋服が好きで、日々ファッショントレンドをチェックするミーハー女子。

DVD10編集サイジョウのおすすめは、『南極料理人』

「全編、変なおじさんたちとおいしそうな料理しかでてきません。特異な状況の中で、いい歳したおじさんたちが、とってもくだらないことを楽しそうにやっているシーンや、俳優の生瀬さんやきたろうさんといった妙な脇役陣のセリフの掛け合いが本当に笑わせてくれます。人気フードコーディネーターの飯島奈美さんが監修するご飯がおいしそうなのはもちろんのこと、おいしいご飯を囲んで生まれる会話の大切さを教えてくれる一本です」

ストーリー:南極の昭和基地よりも奥地にある、極寒の地ドームふじにて、堺雅人さん演じる料理人と、7人の観測隊員の個性豊かなおじさんたち(うち1名青年)の1年間の共同生活を描いたゆる系人間ドラマ。

編集サイジョウの記事はこちら

企業勤めから雑貨店勤務を経てFreeamericanidol編集部員に。好きなものはインテリア、雑貨、ねこ。アラサー女子目線から男性の皆さまにおすすめしたいあれこれをお届けします!

DVD11編集ナスのおすすめは、『きっと、うまくいく』

「おすすめしたい理由をまとめられません! なんせ170分と長編なので……(笑)ですが、もう終わったの? と思うほど見入ってしまい、終わった後のすがすがしい気持ちはもう一度、2度みたいと思わせます。今後の生き方の糧になる話で、自分の周りの人全員にすすめたい作品でした」

ストーリー:超エリート大学の学生3人が主役のインド映画。公開当時、インド本国で興行収入歴代1位を獲得。笑いが止まらないほどのユーモアとぽろっと涙がでてきてしまう感動シーンがありつつも教育をテーマに社会問題をも描いおり、コメディーとは一概にはいえない多くがつまった作品。

編集ナスの記事はこちら

Freeamericanidolの新米編集部員。ファッション含め、ライフスタイル全般に興味津々。元古着屋スタッフの経験を生かし、女性の視点で幅広い情報をお届けします。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK