タフなのに上品にキマる。ブレディのバッグはいかが?

タフなのに上品にキマる。ブレディのバッグはいかが?

長く愛されているバッグブランド『ブレディ』。『ブレディ』が世に送り出すバッグは上品なデザインと、ていねいな縫製、コーディネートに取り入れやすい点が魅力的です。

ライターI

2016.10.16

ブレディ(Brady)
バッグ

『ブレディ』とは

『ブレディ』は1887年にイギリスで、レザーバッグを製造・販売したことから始まったブランド。1920年代に新境地を求めアメリカに渡りビジネスの礎を築き、クラーク・ゲーブル氏、グレタ・ガルボ氏などその時代を代表する一流俳優たちに愛され、アメリカ中に広まりました。またイギリスでは同時期に『ブレディ』の代名詞になる「アリエル トラウト」が販売スタート。『ブレディ』のバッグは、今もなお創業当時から変わらない品質とクラフトマンシップが人気を支えています。

『ブレディ』のバッグ。ほかのブランドとはココが違います!

ほかのブランドとはひと味違う、『ブレディ』のバッグ。多くの人々から愛される魅力について迫ります。素材、デザイン、サイズに注目です。

魅力1シンプルで耐久性のあるアウトドアバッグの原型!

『ブレディ』はハンティングやフィッシングなどのゲームバッグを手がけたことから、アウトドアバッグの原型といわれています。ドリルドロップという防水性が高く、丈夫なツイル生地を使用しているのが特徴的。また、バッグに使われている金具は馬具に用いられる高品質の真鍮を使用、ストラップもミリタリー仕様になっているため、耐久性には優れています。

魅力2シンプルだから合わせやすいデザイン

『ブレディ』のバッグはシンプルなデザインでさまざまなスタイルに合わせやすく重宝されます。上質な素材を使用しているため上品できちんと感がある点も大人に好まれる理由です。使えば使い込むほど味が出てくるので長く使えるのもうれしい。

魅力3使い勝手のいいサイズ感

使いやすい大きさもまた、多くの人に愛される魅力のひとつ。小ぶりに見えますが、マチが広い作りになっているため、たっぷり荷物が入ります。また、バッグの開き口が大きいので、荷物の出し入れがしやすい点も◎。

大人におすすめの『ブレディ』のバッグ10選

シンプルなデザインが特徴的な『ブレディ』のバッグ。おしゃれな大人メンズなら1つは持って、普段のコーディネートに取り入れたいところです。ここでは、歴史深い『ブレディ』のバッグの中でおすすめのバッグ10選をご紹介します。自分の好みがきっと見つかるはず。

アイテム1「エイボン」

1950年にフィッシング用バッグとして発売された「エイボン」はコンパクトなサイズではありますが、収納力が高く、タウンユースとして人気の高いモデルになっています。スナップボタンが開閉しやすいところも魅力のひとつ。

アイテム2「キンロス」

「キンロス」はゲームバッグに現代風なアレンジを加えたモデルです。スナップボタンを1つにしてとてもシンプルなデザインにしています。幅44cm×高さ30cm×マチ18cmと、容量は大きく、普段使いはもちろん、旅行やアウトドアで活躍してくれるバッグです。

アイテム3「ストアー」

「ストアー」はフィッシング用のバッグとして開発されたもの。バッグのサイドには捕獲用のネットをひっかけるリング、フロント部分にはポケットが2つ付いていて、幅30cm×高さ23.5cmと、コンパクトながら収納力は高いモデルです。

アイテム4「アリエルトラウトジェンツ」

「アリエルトラウトジェンツ」はウォータープルーフ・ツイル生地を使った、『ブレディ』の原点といえる定番のフィッシングバッグです。クオリティやデザインは当初のまま作られています。レザーで縁取りされたていねいな縫製でとても丈夫な作りも魅力。

アイテム5「ダーウェント」

クラシックモデルの「ダーウェント」は幅43cm×高さ33cm×マチ16cmの、容量たっぷりなトートバッグです。楽にA4サイズを入れることができ、ビジネスシーンや日常使いにぴったり。持ち手は長く肩掛けもしやすいです。

アイテム6「キンロス」

通常の「キンロス」よりサイズがコンパクトになったモデル。高さ31cm×マチ18cm、幅は一番広い部分で47cmと、コンパクトになっても十分なサイズ感です。飽きがこないシンプルなデザインに、鮮やかなブルーが爽やかな印象を与えます。

アイテム7「マルバーン」

コンパクトなサイズ感とシンプルなデザインで使いやすいポシェットタイプの「マルバーン」も、ほかのモデルと同じように優れた耐久性を兼ね備えたモデルです。高品質にこだわり、レザーの縁取りなど細かな作りにもクオリティの高さを感じられます。

アイテム8「ぺニンリュックサック ダッフルバッグ」

幅28cm×高さ40cm×マチ16cmの大容量の筒状になったリュック。荷物を入れて口を絞りフラップを閉じると、スッキリとしたシルエットにきまり、大人メンズのファッションに合わせやすいデザインです。

アイテム9「バイシクルバッグ」

こちらはフィッシングバッグとメッセンジャーバッグを融合させたスタイリッシュなモデルです。太めのショルダーストラップと、腰部分を固定するストラップが付いているので自転車に乗るとき、安定性がありとても便利。

アイテム10「チェスター」

体にフィットしやすい半月状のフォルムが特徴の「チェスター」。むだのないシンプルなデザインで大人向け。正面に大きなポケットがある作りで、物の出し入れがスムーズです。見た目以上の収納力があるのもうれしい。

おしゃれに着こなす。『ブレディ』の着こなし

シンプルなデザインかつ、ベーシックなカラーが基本の『ブレディ』のバッグは、さまざまなスタイルにコーディネートしやすいアイテムです。普段使いはもちろん、ビジネスシーンにも使えるので、カジュアルスタイルやキレイめスタイルの着こなしをご紹介します。

ベージュとホワイトの七分丈ボーダーカットソーとベージュのワイドパンツで柔らかい色みでまとめた着こなし。ベレー帽やサスペンダー、レザーシューズの小物をブラウンでまとめてアンティーク調に仕上げています。トートバッグもコーデの配色にリンクしていてなじんでいますね。

グレーのタートルネック、デニムジャケットにモスグリーンのテーラードジャケットと重めなイメージのトップスに対して、ホワイトのパンツで明るさを加えたコーディネート。デニムジャケットと同系色のネイビーのショルダーバッグはコーデの締め役に。

ベージュ系のチェックシャツと濃いめのデニムのカジュアルな着こなしに、レザーシューズでかっちり感を加えて仕上げています。さらに、上品な面持ちの『ブレディ』のショルダーバッグがコーデを格上げしています。

ピンストライプのセットアップにグレーのスウェット、足元はホワイトのスニーカーを合わせた着こなしに、シンプルなブラックのトートバッグがよく合います。スウェットといったラフなスタイルもジャケットと、上質なバッグを合わせることでおしゃれ度がぐっと高まりますね。

『オーシバル』のバスクシャツを主役にしたコーディネート。主張が強い明るいカラーのボーダーですが、ベーシックなカーキの『ブレディ』なら、けんかすることなくすんなりと馴染みます。また、きちんと感と落ち着きを与えてくれるので大人にもってこい。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK