二大テイスト別。秋ファッションの必需品とコーデ紹介

二大テイスト別。秋ファッションの必需品とコーデ紹介

トレンドではないベーシックなアイテムこそ、広く着回せてマスト。そんな定番を、カジュアルときれいめという二大テイスト別に紹介!! 着こなし方もレクチャーします!

平 格彦

2016.10.09

秋の着こなし・コーデ

シーズン問わず着回せる定番を“カジュアル”と“きれいめ”に分けて紹介!

シーズン問わず着回せる定番を“カジュアル”と“きれいめ”に分けて紹介!

トレンドに左右されることなく、大人のコーディネートで絶対に使えるベーシックなアイテムがいくつか存在します。今回はそんな“ド定番”アイテムに着目。“カジュアル”と“きれいめ”に分けてワードローブに常備しておくべきスタンダードなアイテムを紹介します。さらに、そんな定番品を用いたスタイリング例もピックアップ。“ド定番”だからといってすべてのアイテムを揃える必要はありませんが、自分にとってのスタンダードを見つけておくと、ワードローブやコーディネートが構成しやすくなるのでおすすめです!

絶対使えるアウターはシックなカラーを選ぶのが共通するマナー

カジュアル使いに最適なマウンテンパーカーは、大人の着こなしにハマるブラックカラーを選んで

まずは絶対に使えるカジュアルなアウターを紹介しましょう。カジュアルといってもラフでだらしないイメージになってはNG。大人にふさわしい落ち着きも必要です。その一方、機能性も優れていたら申し分ありません。そんな条件をすべてクリアする定番は、ブラックのマウンテンパーカー。落ち着きと機能性を兼備する逸品アウターです。

ブラックのマウンテンパーカー

ブラックのマウンテンパーカー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

撥水性の高い素材を用いるなど、悪天候にも対応してくれるタイプが多いマウンテンパーカー。ポケットの多いデザインが主流で、収納力にも優れています。アウトドアスタイルを代表するアイテムということもあり、さまざまなカラーがリリースされていますが、大人っぽい落ち着いたコーディネートを築くならブラックがイチ押し。コンパクトなシルエットのタイプを選べば、シックな着こなしを築くことができます。

きれいめコーデを助長するネイビーのチェスターコートなら爽やかさも同時に演出可能

絶対に使えるきれいめアウターは、ビジネススタイルにもマッチするエレガンスと、幅広い着こなしにマッチする汎用性を持ち合わせているのが理想的。その意味では、チェスターコートがうってつけです。ブラックを筆頭とするダークトーンの定番カラーなら、フォーマルなシーンでも用いることのできる品位の持ち主。その中でも柔らかい印象のネイビーを選ぶことで、オールマイティーに使えます。

ネイビーのチェスターコート

ネイビーのチェスターコート

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フォーマルからカジュアルまで幅広く使用できるチェスターコートは、ネイビーというカラーに加えて上質な素材感も重要なポイント。たとえばこの一着は、日本最大の織物産地である尾州産地(愛知県一宮市)で生産したメルトン地を起用しています。どんなコーディネートでも、はおるだけで“きれいめ”に見せてくれる便利なアウターです。

絶対使えるトップスは二大定番に頼るのがベター

カジュアルな着こなしは着回し力抜群のヘザーグレーのスウェットを

カジュアルなテイストのトップスが多数ありますが、ここ数年人気を集めているスポーツミックスやリラックスできるムードをたたえているという意味ではスウェットシャツが最適です。カラーはもちろん、王道のヘザーグレー。杢グレーや霜降りグレーともよばれる表情豊かな生地感が、こなれたニュアンスの着こなしに導いてくれます。

ヘザーグレーのスウェットシャツ

ヘザーグレーのスウェットシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

アメカジスタイルの“ド定番”トップスであるヘザーグレーのスウェットシャツですが、無地を選べば大人なムードに着こなすのも容易です。ただし、王道だからこそ無難になり過ぎることもありません。それを避けるには、ディテールに個性のあるタイプを選ぶのがおすすめ。たとえばこの一枚は、左裾に3つ並ぶロゴ刺しゅうがさり気なく個性的です。

クリーンな白ニットで今の気分を楽しもう

もっとも上品なトップスの筆頭はドレスシャツですが、幅広く着回すことができる応用力という面ではニットが勝っています。上質感がありながらリラックスできる着心地も備えているという特徴も、今の気分にマッチしています。さらに、よりエレガントなタートルネックを選ぶのがおすすめ。質感などによって印象が変わりますが、ホワイトを選べばクリーンな気品が漂います。

ホワイトのタートルネックニット

ホワイトのタートルネックニット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上品なタートルネックのニットは、テーラードジャケットなどとも相性が良く、ビジネスカジュアルにも用いることができるアイテム。ピュアホワイトやオフホワイトをセレクトすると、一層品の良い印象です。ハイゲージな上品、ローゲージは比較的カジュアルという印象ですが、それでも十分にきれいめなスタイルとなります。ケーブルなどの編み柄で表情や個性を加味してもOK。

絶対使えるボトムスはカジュアルもきれいめもシルエットにこだわって

絶対使えるボトムス:カジュアル

カジュアルなボトムスの“ド定番”といえば、やはりデニム。ほかにもいろいろとパンツはありますが、デニムパンツほどポピュラーなアイアテムはありません。合わせるアイテムを選ばないオールマイティーな使い勝手や、長く愛用できる耐久性などが大きな魅力。王道のインディゴブルーは、決して大げさではなくワードローブに不可欠です。

インディゴブルーのデニムパンツ

インディゴブルーのデニムパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

どんなトップスにもマッチするブルージーンズは、色の濃さによってイメージが変わります。ダークなリジッドデニムは上品ですが、色落ちした加工デニムはかなりラフ。どんなコーディネートでもカジュアルダウンできます。ただし、スリムなシルエットを選べばモダンにはきこなすことができ、大人なカジュアルスタイルを築くことができます。微かなクラッシュ感でも大人なムードは確保でき、個性も演出できます。

絶対使えるボトムス:きれいめ

もっともエレガントなパンツはブラックやグレーのスラックス。きちんとした仕様ならフォーマルなシーンでも着用できますが、オフで使用するなら少しカジュアルな要素をブレンドしたタイプが最適です。たとえば、イージーパンツの仕様を取り入れているとか、少し短めの九分丈程度で足首がのぞくとか、全体的にやや余裕のあるシルエットとか……。そんなバランスのスラックスをはき回しましょう。

グレーのスラックス

グレーのスラックス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フォーマルなムードを感じさせつつも、堅苦しくないグレーがイチ押し。上質感のあるスラックスタイプのボトムスなら、着こなしをさり気なく引き締めてくれます。抜け感や軽快感を振りまく要素があるとオフの装いにもハマりやすく、この一本は短めのハンパ丈が軽やか。フランスの専業メーカー、キャリーマン社の生地が高級感も放っています。

絶対使えるシューズ、選ぶべき色みは”黒”が正解

絶対使えるシューズ:カジュアル

ラフなニュアンスでもOKということなら、足元は歩きやすさや機能性を重視するのが合理的。そうなると、スポーツブランドのスニーカーがイチ押しの“ド定番”となります。スニーカーはどんな色でも選べるほど多彩なカラーがリリースされていますが、大人っぽくて履き回しやすいのはモノトーン系。その中でも、もっとも落ち着きがあるブラックがおすすめです。スニーカー自体がかなりカジュアルなアイテムなので、もっとも落ち着いた黒でバランスと取るというイメージです。

ブラックのスニーカー

ブラックのスニーカー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ソールまでブラックで統一されたスニーカーもクールですが、スニーカーならではの軽快感を生かすならアッパーがブラックでソールはホワイトというカラーパレットがイチ押し。シューレースを黒にすることでクールな印象も確保できます。そんな色使いならハイテク系スニーカーでも悪目立ちすることはなく、大人なカジュアルスタイルにマッチします。

絶対使えるシューズ:きれいめ

おしゃれは足元から。そんな常套句もありますが、足元は意外と全身の印象を左右するものです。“きれいめ”なコーディネートに仕上げるなら、きちんと感のあるレザーシューズを選ぶのが前提となります。その一方、普段使いするために堅苦しい印象も避けたいので、もっともフォーマルなレースアップ仕様を避け、スリッポンタイプを選ぶのがおすすめ。その中でも、比較的くだけた印象のローファーが履き回しやすくて便利です。

ブラックのローファー

ブラックのローファー

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

パンツなどとの相性もありますが、まずはブラックのコインローファーを揃えておけば間違いありません。どんなボトムスとも相性が良く、カジュアル過ぎずフォーマルでもない“きれいめ”なバランスが作りやすい面持ちが魅力。ややノーズが長めのタイプを選んでおけば、スマートなコーディネートにも難なくマッチします。

合わせて読みたい: スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

絶対使える小物は、色みと柄で今季らしいムードに

絶対使える小物:カジュアル

装飾的な小物は最小限に抑えるのが落ち着いたカジュアルスタイルにまとめるポイント。とはいえ、着こなしの面だけでなく、防寒性などの面でも役立つ小物なら活用しない手はありません。その筆頭がニットキャップ。

着用することで、ヘアスタイルや寝グセを気にする必要がないという利点に加え、これからの季節は頭部の保温性を高めてくれるという役割も。大人なコーディネートに馴染みやすい無地を“ド定番”として提案します。

無地のニットキャップ

無地のニットキャップ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

柄や個性的なデザインが入っていないシンプルなニットキャップは、あらゆるオフのスタイリングに用いることができるオールマイティーなアイテムです。

使いやすいのはモノトーン系やネイビーですが、今シーズンらしいのはカーキやベージュといったアースカラー。定番カラーでもあるうえに秋らしいウォーム感も備えています。また、コーディネートの何気ないアクセントとしても重宝します。

絶対使える小物:きれいめ

きれいめなオフのコーディネートで使うことのできる小物は限られています。それは、上品なイメージを崩さないようなアイテムである必要があるから。そんな中でも、幅広い着こなしで使いやすいのがストールです。

無地でも十分なポイントになりますが、存在感があるのは総柄。トラディショナルな柄を選べば、品格を損なうことなく差し柄として主張してくれます。とくにタータンチェックのストールなら、“ド定番”として長く使えます。

伝統柄のストール

伝統柄のストール

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

巻き心地や上質感に直結するため、ストールの素材にはこだわるべきです。たとえば画像のアイテムは、スコットランドの専業ブランド『スコティッシュ トラデション』の定番、ウーブンストールです。

ウールにアンゴラを配合したとろみのある極上の質感が人気の理由。巻き方でアレンジがしやすい大判のサイズ感や、品格や鮮やかさを兼備するタータンチェックも大きな魅力です。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例

ここまでピックアップしてきた定番アイテムがどれほど使えるのか。実際の着こなしサンプルとともに検証していきましょう! “カジュアル”でも“きれいめ”でも、大人な品格と適度なリラックス感を両立させるのが“こなれ感”を演出するポイントです。

定番カラーを中心に組み立てた大人な“カジュアル”スタイル

カジュアルテイストのアイテムはカラフルで鮮やかなアイテムも豊富ですが、ワードローブの軸はすでに紹介した“ド定番”や、定番カラーのアイテムにすべき。そんなワードローブで築いたコーディネート例を解説します!

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

高機能で軽量なブラックのマウンテンパーカーを使用。ミックスグレーのスウェットパンツにスリッポン型のスニーカーと、かなりカジュアルなアイテムを合わせていますが、モノトーン基調で大人なムードです。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ブラックのマウンテンパーカーとブラックのスニーカーが“ド定番”のアイテム。そこにブラックのクライミングパンツを合わせてワントーンに近いクールな着こなしに。マスタード色の差し色で今季らしさものぞかせてます。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

絶対に使えるマウンテンパーカーとニットキャップを着用。ダークなインディゴブルーのリブパンツとブラックのシューズも“ド定番”に近いアイテムです。白いTシャツを合わせたシンプルな着こなしですが、ニット帽とパンツの丈でこなれた雰囲気に。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

グレーのスウェットシャツ、ブルーのジーンズ、ブラックのスニーカーが紹介済みの定番アイテム。そこにMA-1を合わせたアメカジ感の強いコーディネートですが、ネイビーのレザーを用いたアウターというヒネりでモダンな印象を演出!

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヘザーグレーのスウェットシャツと、ブラックのスリッポン型スニーカーが“ド定番”アイテム。ラフなイメージになりそうですが、ブラックのパンツで適度に引き締めています。ただし、ワイドなシルエットで今どきのリラックス感も加味。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 6枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

インディゴブルーのデニムパンツ、ブラックのスニーカー、無地のニットキャップが絶対に使えるアイテムです。“ド定番”に入れてもおかしくないデニムシャツを合わせていますが、バンドカラーをセレクトすることで新鮮味を醸出しています。

どこかに抜け感を加味した、こなれ感ある“きれいめ”スタイル

“きれいめ”という時点で大人なニュアンスは確保できています。だからこそ、アイテム選びや着こなし方で軽快感や抜け感を演出し、“こなれ感”も主張するのがおしゃれに見せるポイントです。“ド定番”アイテム中心のお手本的コーディネートを紹介します!

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 7枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

すべてのアイテムが“ド定番”に近いアイテム。きれいめコーディネートの基準となるような着こなしです。インナーのホワイトが効いているため、ヘビーになり過ぎていないバランスが巧妙。こんなスタイルをどう着崩すかがセンスの見せどころです。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 8枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

チェスターコートとスラックスが絶対に使えるアイテムからのセレクトです。ホワイトではなくグレーのタートルネックニットを合わせることで、こなれ感を演出しています。その一方、シャツブルゾンとスニーカーを白で統一して軽快感もプラス!

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 9枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

チェスターコートはネイビーでなく、グレーを定番としてチョイスしてもOK。ブラックよりもカジュアルでこなれた雰囲気があり、普段使いしやすい色みです。そこに“ド定番”小物であるチェック柄のストールを合わせつつ、全身をモノトーンでまとめて大人な着こなしに。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 10枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

チェスターコートに近いガウンコートを“ド定番”として認定。そこに白いタートルネックのニットを合わせ、絶対に決まるコーディネートのベースを確保しています。ネイビーのナイロンパンツ×スニーカーで、シックでスポーティな抜け感を加味。

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 11枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ハイゲージのタートルネックニット、スラックス、コインローファーという全アイテムがきれいめの“ド定番”。全体をスマートなシルエットにまとめることで、モダンな雰囲気に仕上げています。このスタイルをベースにするのがイチ押し!

絶対使える“ド定番”アイテムを中心にしたコーディネート例 12枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

上のコーディネートとアイテムの組み合わせは一緒ですが、ニットは厚手、パンツはワイド&ショート気味というアイテム選びによって“こなれ感”を巧みに演出しています。細かいディテールによって雰囲気が変わりますので、自分の個性に合うアイテムを選んでみてください!!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK