タイプ別に探す。10,000円台で買える秋アウターを紹介

タイプ別に探す。10,000円台で買える秋アウターを紹介

「冬に主役級の防寒着が欲しい。でも秋に使えるアウターも買い増ししたい」という人は必見。10,000円台で購入できる、コスパ良好な秋アウターをタイプ別に紹介します。

ライターI

2016.10.11

アウター

秋アウター、何にする? 選ぶならコスパ良好な一着が正解

いつものコーディネートでもガラッとスタイリングを変えることができる大切なアウターは、手を抜けないアイテムですよね。旬の雰囲気を出せる秋冬のアウターはきっちり押さえておきたいところですが、購入にそなえて財布を暖めておきたい秋。だからこそ秋のアウターはコスパで選びましょう。

種類別にリサーチ。10,000円以内で探す秋アウター

いつものコーデにも着回しやすくすぐ使える! 秋の大人メンズに最適なアウターから5種類選んでみました。どれも10,000円以下なのでお試しもありですね。冬素材を上手に取り入れながら、秋コーデを楽しんでください。

タイプ1ジージャン

カジュアルに外せないアウターの代表格であるジージャン。秋はアウターとして、冬はコートやダウンの下にインナーとして重宝します。重ね着しても着心地の良いストレッチ素材はおすすめ、ジャストサイズで着こなして。

『レイジブルー』ジージャケット

アメリカでもっとも古いデニムメーカーである、コーンミールズ社製の最高峰デニムを使用したスタンダードなジージャン。ストレッチがほどよく効いて着心地良く仕上がっています。きれいめなシルエットで、きっちりしたシャツやタイと合わせてもスタイリッシュにキマリそう。

『グローバルワーク』コーンデニムジャケット

使いまわしやすい黒のジージャンも押さえておきたいアイテムですよね。グローバルワークからは、ヴィンテージっぽい色落ちやクラッシュに味のあるジージャン。生地は薄めでほどよいストレッチになっているので、体の動きを妨げません。

『グローバルワーク』ストレッチニットデニムジャケット

軽くて薄い素材を使用しベーシックなデザインに仕上げています。ストレッチが効いており、残暑のある秋の初めはもちろん、シャツやニットなどと重ね着したりコートを上から着たりしてもすっきりとまとまります。

『ユニオンステーション』サードタイプデニムジャケット

パリッとしたジージャンらしい生地にきれいめシルエット、着るほどに体になじみ、味わい深い色落ちを楽しめそう。折り返した袖口の型もきれいなので、テーラードやチェスターコートなどドレスアイテムのインに良く合いそう。

『フラッシュリポート』 カットデニムジージャン

やわらかくストレッチの効いたカットデニム生地。ややゆとりがあるようなので厚手のパーカーをインしてもすっきりまとまります。裾は珍しくリブ仕様になっているので、普通にジャケットと変わりなくいろんなコーデが楽しめそうですね。

タイプ2マウンテンパーカー

アウトドアの過酷な環境下に耐えうる本格派から、タウンユース仕様まで幅広いバリエーションがあるマウンテンパーカー。羽織るだけで存在感のあるアイテムとして人気ですよね。他のジャケットにはない発色の良さやデザイン、充実の機能面から選んでみるのがおすすめです。

『フリークスストア』65/35マウンテンパーカー

季節の変わり目など崩れやすい天候でも大丈夫! 多少の雨をもろともしない撥水加工で突然の雨にも安心です。たくさんポケットが付いているのでバッグを持ちたくない日にも良いですね。羽織るだけで旬の男っぽさが出るので、今季は少しワイルドな着こなしを楽しんで。

『コーエン』 フリースリバーシブルパーカー

シンプルなシルエットでどんなコーデにも合わせやすいマウンテンパーカー。リバーシブル仕様で裏面がフリースになっていることもポイント高め。アウターとしてだけでなく真冬の防寒対策に、コートなどのインにガンガン着たいですね。

タイプ3ダウンベスト

秋口のアウターとしてももちろん、薄くても保温性も抜群。お気に入りのジャケットを手に入れたら、次に購入すべきはダウンベスト!インナーに取り入れるだけで都会的なスタイリングを作れる、秋冬大活躍間違いなしのマストアイテムなのです。今季狙い目はグレー・茶系・レッド、くすみのある渋色を取り入れて。

『ドゥニーム』ニットソーベスト

2016AW新作予約になるこちらのニットソーベスト。ヨーク部分にデニム素材を使用し、デニムやシャツにも相性良くカジュアル使いに良いでしょう。ほどよいボリューム感がありアウターとしての存在感があります。ニットキャップやスヌードなど小物もプラスして。

『ヴィブジョー』ボリュームネックベスト

ジップアップすると立ち上がりがきれいなボリュームのあるネックラインを作れます。ショールやストールがなくてもスヌードをしているように見えます。全体的にシャープなのでチェスターコートやトレンチコートなどきれいめアイテムのインに着てもおしゃれ。

『ナバル』ニットソーベスト

アウターとしてほどよいボリューム感あるニットソーベスト。シャツやニット、パーカーなどどんなアイテムとも相性良く、コーデの幅が広がります。おすすめはキャメルでこの夏から流行のコーヒーカラー〜オレンジに近い色みとなっています。

『ヴィブジョー』インナーダウンカーデ

薄くて軽くたたむとコンパクトになるので暑いときはバッグにイン。アウターの下にカットソーやシャツといっしょに着込んでも、かさばらず着膨れしにくいアイテム。アウターとして着るならカーディガン使いするのもアリです。

『アドポーション』カモウールダウンミックスベスト

ネックラインのボリューム感が格好良いダウンベスト。ハリのあるしっかりとした厚めの生地でアウターとして使えます。えり元以外のボタンを開けてAラインで、インナーとのレイヤードや配色を意識したコーディネートを楽しめそう。

タイプ4テーラードジャケット

秋冬の定番大人メンズにおすすめテーラードジャケットは、女性からの支持も高いアイテムですよね。大人カジュアルスタイルにもドレスアップにも、年中幅広く使えるのでおすすめです。1枚は持っておきたいワードローブです。

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』リネンジャケット

リネンの風合いを存分に活かしたニットジャケットは、初秋も使えます。しっかりとした作りなのでくたっとして見えずきちんと感があるのも◎。カットソーと合わせてラフな着こなしでも、シャツ&タイと合わせてきれいめスタイリングでも合います。

『コムサイズム』ジャケット

こちらもオン・オフ兼用という正統派ジャケットです。色は黒をチョイスしましたが、ネイビーも濃い目で落ち着いた色目なのでおすすめです。着心地よくシワになりにくい点も魅力。内ポケットからチラ見えするドット柄が遊び心あるジャケットとなっています。

『グローバルワーク』ピーチパジャマジャケット

重ね着やコートの下にうれしい薄手のジャケットで、ストレッチが効いていて体の動きを妨げません。パンツもあるのでセットアップでのコーデも良いですね。定番の黒やネイビーも良いのですが、ベージュはやさしい印象を与え、人気の渋色との相性が良いのでおすすめです。

タイプ5ミリタリージャケット

男っぽさのあるテイストがウケるこの秋冬ですが、数あるジャケットなかでもミリタリージャケットは、着るだけでワイルドな雰囲気を作りやすいアイテムですね。あまり武装系にならないよう軽めのインナーや、適度な肌見せで抜け感を意識したコーディネートが鍵となりそう。

『ナバル』ミリタリーシャツジャケット

シャツとしてももちろん秋口のアウターとしてもちょうど良い、しっかりとしたヴィンテージ感あふれる生地。着こむほどに風合いが良くなり、経年変化の楽しめる点もミリタリージャケットの魅力のひとつですね。袖のロールアップで肌見せ効果を狙っても良いですね。

『ドゥニーム』MA-1 ライトジャケット

2016AW新作はすっきりとコンパクトなデザインで、1枚で着てもコートのインにしてもサマになる、ほどよい光沢感があるジャケットとなっています。ワイルドなスタイリングからきれいめコーデまで、お好きなテイストで楽しんでいただけそう。

『ウィゴー』ナイロンMA-1

シンプルで余計な装飾がなくどんなコーデにも合わせやすい仕様となっています。ややオーバーサイズ気味なので厚手のパーカーやニットを着てもごわつかず、スリムパンツでメリハリのあるコーデが作れます。強すぎず上品なツヤ感も良いですね。

『イッカ』ナイロンMA-1

洗い加工時にシワ加工を施しており、独特のシワ感が陰影ある表情を作り出しています。ややゆとりがあるので、重ね着してももたつきません。ボトムスは細身でテーパードシルエットなら、デニムでもスウェットパンツでも今風な着こなしになります。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK