厳選。秋コーデにハマるメンズヘアスタイルをリサーチ

厳選。秋コーデにハマるメンズヘアスタイルをリサーチ

いくら流行の洋服で全身そろえていても、ヘアスタイルがキマってないと”残念な人”になってしまいます。そこで、服と髪とのベストバランスについて考えてみました!

CANADA

2016.10.06

ヘア
ヘアスタイル

服と髪。ふたつの要素にこだわって“かっこつけ”ましょう

洋服はセンスも良くてサイジングもバッチリなのに、髪型だけが残念な人っていますよね。反対に、髪型はトレンドを意識していてとてもすてきなのに、洋服がイケてない人も……。学生時代までだったら、それでもかっこいいと思われたかもしれませんが、大人はそうもいきません。

洋服とヘアスタイルは切っても切れないとても密接した関係にあります。大人になると見た目にこだわることを遠慮してしまいがちですが、服と髪、トータルで気を使えてこそ大人のおしゃれです!

4つのテイストに合わせてセレクト。秋のファッション別ヘアスタイルガイド

大人のおしゃれに欠かせない4つのファッションテイスト別に、それにもっともよく似合うヘアスタイルを提案。自分の好きなファッションにはどういったヘアが似合うのかわからない! という人は、これを読めば一目瞭然です!

▼デニム好きのためのカジュアルスタイル

爽やかさが売りのデニムカジュアルには、ヘアスタイルも潔くデコを出して男らしさを加えて。髪にツヤ感を出すとより男っぽさが強調されますし、男っぽさより爽やかさを強調したいのであれば、パーマを加えるのもアリです。

スタイル1大人仕様のデコ出しショート

ショートグラデーションをベースに、セニングで適度に毛量調整をして束感をくわえる。7:3ショートはカッチリしすぎる場合があるので、スタイリング時に自然な毛流れを作ってナチュラル感を出しましょう。

スタイル2自然な風合いの大人めアップバング

大人めな仕上がりを意識して、毛流れも束感もともにナチュラルに仕立てたデコ出しヘア。ニュアンスパーマをかけて、前髪はセンター付近のみを立ち上げることで、あくまで自然な仕上がりに徹しています。

スタイル3好感度バツグンのツヤ感ベリーショート

耳周りからえり足をすっきりと刈り上げつつ、頭の形に合わせながらグラデーションでトップまでつなげていき、チョップカットで毛先をぼかして束感を作る。前髪を上げながらしっかりドライし、ジェルとワックスを1:1で混ぜ全体になじませ整えたら完成です。

スタイル4端正なシルエットの中に遊びをプラス

刈り上げからトップへつないでいき、束感を毛量調節でつけていく。スタイリングは、ハードワックスを使ってシャープな仕上がりを目指して。黒髪でもアップバングで遊びのあるスタイルに。

スタイル5スタイリングにジェルを使ったウェットアップバング

毛先にニュアンスパーマを施してあるので、簡単にデニムカジュアルに合うアップバングショートが作れます。前髪を立ち上げるように8割方乾かしたら、ジェルとグリースをもみ込むだけでOK!

▼秋の旬候補。ミリタリースタイル

MA-1やモッズコートなどのミリタリーアイテムは、この秋冬シーズンも引き続き大人気。そんなミリタリーアイテムを使った着こなしには、クセ毛風パーマでゆるふわ感を出すのがおすすめです。洋服のハードさをヘアの柔らかさでうまく中和させるのが大人流。

スタイル1 クセ毛風ウェーブ×センターパート

バング長めのマッシュショートは、前下がりに仕上げることでセンターパート分けしたときに顔周りに雰囲気が増すのがポイント。スパイラルウェーブパーマを強めにかけて。スタイリングはマットワードワックスをもみ込むだけ。

スタイル2ランダム&ルーズな束感がカギ!

質の高い仕上がりながらも、あくまでさり気ないのはミックスパーマによる動きとハネ感のおかげ。くしゃっとした風合いは、アッシュベージュの髪色でより柔らかさと軽さが増しています。

スタイル3大人ルックのゆるふわパーマスタイル

マッシュベースにカットし、軽くミックスパーマをかけることで、髪をぬらすとパーマが強く出ますが、乾かすとナチュラルな仕上がりに。スタイリングは、ファイバーワックスを全体的にもみ込み、つまんでねじるだけ。

スタイル4軽やかなゆるふわ髪に男らしさをMIX!

ゆるふわを男らしく仕上げたアプローチが新鮮。ベースは8トーンのダークアッシュのマッシュショート。サイドとバックは内外ミックスでパーマをかけて、フロントはスパイラルパーマをかけて動きを出しています。

スタイル5無造作な質感が今っぽいマッシュショート

今人気のディテールを凝縮させたゆるふわヘア。ベースはマッシュショートで、ゆるやかなワンカールミックスパーマをかけて適度な動きをプラス。ワックスをもみ込み、毛先をラフに散らしながらスタイリングして。

▼シンプルが一番。今季も注目のノームコア

究極のシンプル=ノームコア。今シーズンもシンプルブームは継続しています。洋服がシンプルなだけに、ヘアは重さを残した前髪で雰囲気を作ってあげることが重要。シンプル+αで秋のおしゃれをリードして。

スタイル1 やさしい印象も出せる重めバング!

マッシュベースの持つ丸さを生かしながら、顔周りは重く設定。さらに毛先にゆるいパーマを加えることで柔らかさがアップします。ファイバーワックスをもみ込んで、仕上げにハードスプレーを振りかけて。

スタイル2重めの前髪で清潔感と色気を融合

サイドとえり足をすっきりとさせたショートマッシュは、前髪をやや長めに設定してフォルムにメリハリをつけています。これによって、清潔感とほどよい色気を演出。スタイリングは、ハードワックスを全体になじませて軽く流すように整えるだけ。

スタイル3重めバングを柔らか&軽快にシフト

ショートレイヤーベースにカットし、束感とニュアンスが出やすいようにそぎを入れています。パーマは、外ハネとCカールパーマをMIXしてやわらかい雰囲気が出るようにオン。ハンドドライ後、ファイバーワックスをもみ込んで束感を整えればOK。

スタイル4オンもオフもいけるクラウドマッシュ

前髪に重心を置いたグラデーションとレイヤーのミックススタイルに、ランダムな毛先巻きをプラス。ニュアンスのある動きが生まれて、より個性的で男らしい雰囲気を演出することができます。

スタイル5外国人風の重めバングがスイート

スタンダードなマッシュスタイルなのに外国人のような雰囲気になるのは、カラーリングで淡色ベージュを入れたから。直毛の人は、わざとらしさのないニュアンスパーマをかけるとスタイリングが楽になります。

▼秋の本命。テーラードジャケットを軸にしたきれいめコーデ

テーラードジャケットを使った着こなしは、ちょっと遊びを取り入れたい。髪型にツーブロックやカリアゲを施してエッジィなデザイン性を取り入れれば、決して地味にならないハイエンドなジャケットコーデが完成します!

スタイル1黒髪を生かした好印象なラフショート

グラデーションのカリアゲがポイントなので、そこから後頭部のボリュームを出すようつなげてカット。パーマは根元からのハーフカールで、あえて巻かない部分を作って自然なクセ毛っぽく見せています。

スタイル2毛先を遊ばせてエッジをきかせたソリッドショート

サイド&バックはカリアゲながらトップに向かってフォルムが広がるように設計。直線的なカットラインにシャープな毛束をプラスすることで、エッジィなニュアンスに。

スタイル3ラフな質感で仕上げるツーブロックショート

ツーブロックが見えるようにサイドをすっきりとカット。えり足もいさぎよく刈り上げ、トップの長さとのメリハリを演出しています。スタイリングは、アイロンで前髪をハネ上げるようにカールをつけて、その前髪に全体の流れをつなげていくイメージで。

スタイル4エッジィな動きと大人の色気を両取り!

サイドをカリアゲて、トップとバックはショートレイヤーのシンプルスタイル。パーマはゆるめにトップとバックのレイヤーセクションに軽めのコスメパーマをオン。スタイリングは、ジェルかグリースでウェット感を出して。

スタイル5無造作だけどきちんとしてるメリハリがGOOD

ツーブロックをMIXした黒髪ショート。男らしい空気感をベースに爽やかさを感じるのは、毛先に施したピンパーマのおかげ。スタイリングは、半乾きでソフトワックスをもみ込んで自然乾燥させるだけで仕上がります。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK