足元まで抜け目なく!靴下コーデを楽しもう

足元まで抜け目なく!靴下コーデを楽しもう

パンツのロールアップは定番テクニック。ハンパ丈のパンツも定番アイテムです。そうなると、秋冬シーズンが靴下の見せ方も重要。そこで、靴下コーデを解説します!

高嶋 一行

2016.10.09

小物
ソックス・靴下
秋の着こなし・コーデ

ボトムスのロールアップはもはや定番、となれば靴下だってこだわるべし

こなれたムードが簡単に演出できるパンツの裾のロールアップはもはや定番的なテクニック。さらに、クロップド丈や九分丈、ハンパ丈くらいの長さのパンツも定番化してきました。両者の共通するのは、パンツと靴の間に隙間が空くことが多いということ。夏は素足をのぞかせればOKでしたが、秋冬は寒々しい印象になってしまいます。そこで重要性を増すのがソックス。足元のコーディネートを意識し、ソックスにもこだわるのがセンスアップへとつながるのです。

はくだけで旬度アップ! おすすめの靴下コーデ

それではさっそく、靴下を効かせた足元コーディネートの好例を解説。4タイプの靴下をピックアップして、具体例を紹介します。おすすめのソックスも取り上げていますので、すぐにでも入手してトライしてみてください。

靴下1:ホワイトの無地ソックス

靴下を象徴する足元コーデのベースとなるのは白い無地ソックス。軽快感や清潔感を足元にプラスすることができ、着こなし全体を新鮮にアレンジするのも簡単です。リブなどの定番的な編み柄も含め、ホワイトソックスを確保したら、ここで紹介する着こなし例を参考にして実践してみてください!

夏に活躍したサンダルにソックスを合わせると、まだまだ秋でも活用できます。クリーンなホワイトのソックスも存分に主張できますので、すぐにでもマスターしたいテクニックです。

トレンドとなっているアースカラーでコーディネートを組み立てつつ、足元だけはホワイト&ブラックでクールに引き締めています。パンツの丈感も絶妙で、さりげなくソックスが際立っています。

もっとも実践しやすいのが、こんなバランスのスタイリング。短めのデニムからのぞく白いソックスが今っぽさをアピールしています。ビッグサイズのインナーも今季らしさを加速するポイント。

日本製のスローンケーブル柄ソックスです。編み柄入りでもシンプルな面持ちなので、革靴からサンダルまで合わせるシューズを選ばず、足元のレイヤードを楽しむことができます。

心地良いフィット感のリブ編みソックス。無駄を省いたベーシックなデザインですが、適度な表情もあり、あらゆるコーディネートに取り入れることができます。ピュアなホワイトがクリーン!!

靴下2:スポーツロゴソックス

いわゆるスポーツミックスなど、スポーティな要素をブレンドしたコーディネートのアクセントとして最適なのがワンポイントでスポーツブランドのロゴが入ったタイプ。スニーカーやサンダルに合わせるのが基本です。パンツの丈が長いとロゴが見えないという難点もありますが、ロゴが見えなければパンツをロールアップすればOK。ロゴを隠せば無地のソックスと同様に使用することもできて便利です。

スニーカーにくわえ、ロゴソックスでスポーツテイストを強調。ショートパンツや短めの丈のボトムスを使ったコーディネートでは、こんな見せ方が定番です。もう少し丈の長いパンツなら、秋でも活用可能!

サンダル+ロゴソックスという組み合わせも相性抜群。厚手のソックスをセレクトすれば、秋でも使用できる履きこなしです。下半身をモノトーンで揃えつつ、トップスでアレンジを加えれば着回しも簡単です。

少し上級者向けのスタイル。ハンパ丈のワイドなパンツを選びつつ、ブラックのロゴソックスとレザーシューズを合わせ、クールな着こなしを構築しています。ブラックのワントーンスタイルなのにシャレた雰囲気です。

『ナイキ』のロゴが主張しやすいアンクル丈のソックス。ベーシックなカラーの3足セットになっていますので、とりあえずの数を確保できます。履き口と足裏はリブで切り替えられていて、快適なフィット感をサポート。

こちらはフルレングスのソックスで、パイル生地が心地良い履き心地を与えてくれます。『チャンピオン』のロゴが2色使いなので、足首にのぞかせるとかなりの存在感。3足セットなのにうれしいプライスです。

靴下3 :ラインソックス

スポーツテイストを主張できるもうひとつのデザインがライン入りのデザイン。履き口付近にラインがあしらわれているタイプがほとんどなので、自分の好きなパンツの丈感に合わせ、ショート丈のソックスも揃えておくのがおすすめです。また、主流は白地にモノトーンや定番カラーのラインが入っているタイプ。だからこそ、異なる地色のソックスを活用すると一層新鮮です。

プルオーバーパーカー型のシンプルなアウターで大人なニュアンスを確保しつつ、カモフラージュ柄のパンツを合わせてカジュアルダウン。足元はラインソックス+スニーカーでスポーティにまとめたミックス感が個性的です。

トラッドなレジメンタルストライプを採用したトラックジャケットが主役。デニムパンツをスエードシューズで大人なカジュアルスタイルにまとめつつ、足元のライン入りショートソックスでスポーツテイストを強調しています。

秋のショートパンツスタイル。ワイドな3本線が特徴的なチューブソックスは、生地が厚手なので、保温性を補完するアイテムとしてもうってつけです。もちろん、ミリタリー調の着こなしにスポーティな抜け感を加えるアイテムとしても重宝!

こんなレングスのモノトーン系がスタンダード。2本のラインでスポーティな印象です。しっかりした厚みがあるので保温性、耐久性、履き心地も抜群。3足セットで価格も手頃です。

丈が短めのソックスを選びと、ラインをのぞかせることも簡単。また、モノトーンが多いからこそ、ブルーなどのカラーを選ぶと新鮮味がアップします。しかもこの一足は、スラブ糸を用いた表情がこなれ感を演出!!

靴下4:総柄ソックス

靴下をもっとも主張できるのは総柄のデザイン。最近はバリエーションも豊富ですが、履き回しやすいのはチェック柄とボーダー柄です。靴下を含めてモノトーンでまとめると総柄でも簡単に合わせられますが、慣れてきたら差し柄として思い切り主張するのもおすすめです。

ボーダーカットソー×デニムパンツのカジュアルな着こなし。ローファーを合わせてかっちりさせつつも、星柄ソックスでハズしているのがポイントです。足元で個性をアピール!

こちらもレザージャケットを用いたスタイリング。靴下を総柄にすることでハードな印象を緩和しています。ボーダー状の柄はナバホ族のラグがモチーフで、適度な民族調が男っぽいムードです。

オレンジとモノトーンを組み合わせたボーダー柄ソックスをスパイスとして効かせた好サンプル。ミリタリー調のアウターにスラックスを合わせシンプルな着こなしが新鮮に昇華しています。

アウトドアスタイルの定番であるバッファローチェックをソックスに採用。日本では希少な織機を用いてボリューム感をだしています。吸水速乾素材のドラロンを起用しているので履き心地も快適です。

ヘンプ混素材の触感がソフトなクルー丈のソックス。メランジ調の風合いがあるため、カラフルな色使いでも悪目立ちせず足元になじんでくれます。カラーバリエーションは全3色。

スーツのときだって足元をおしゃれにしたい! そんなあなたにおすすめ靴下10選

スーツスタイルだって足元で差をつけるべし

ビジネスシーンでのスーツスタイルにはいくつかのルールがありますが、全般的にドレスコードがカジュアル化する中でルールが揺らいできています。靴下に関するルールもしかり。スラックスか靴の色に合わせるのが原則ですが、そのルールを破って靴下で主張する人も増えてきました。靴下を差し色や差し柄として活用すると、装い全体がカジュアルな印象になる半面、小じゃれた印象や若々しい雰囲気を演出することができます。好み次第ではありますが、足元でスーツスタイルを新鮮に演出するというテクニックも視野に入れてみましょう!

アイテム1『ビームスエフ』カラーロングホーズ

スーツスタイルでは、足を組んだ際などでも肌を見せないのが原則。ロングホーズと呼ばれる長めの靴下を使用するのがフォーマルな場では不可欠です。通常は黒などですが、こんなサックスブルーなら爽快で新鮮。

アイテム2『ユナイテッドアローズ』リブソックス

幅広い用途に使えるリブソックス。やさしい肌触りのレーヨン混生地は発色も美しく、全10色展開です。このターコイズブルーなら、足元を爽やかかつ軽やかに見せてくれること確実!!

アイテム3『パラティノ』ホーズソックス

イタリアのローマで1949年に創業した高級ソックスメーカー『パラティノ』のロングホーズ。トレンドカラーであり定番カラーでもあるベージュは、季節感を振りまくアクセントとして使いやすい色です。

アイテム4『ジャーナルスタンダード レリューム』マウンテンレンジグルーソックス

旬なカラーのオリーブをソックスで取り入れるというのもおすすめ。ネイティブ調を感じさせる編み柄もさりげなく主張してくれます。ネイビーやオフホワイトをもラインアップ。

アイテム5『キャサリン ハムネット ロンドン』ペンチェックソックス

細かいハウンドトゥース柄とペンチェック柄を組み合わせたトラッド調のパターンは、ビジネスからカジュアルまで使用可能。デオドラント効果のあるコーマコットンを採用しています。

アイテム6『メンズ メルローズ』アーガイルソックス

大柄のアーガイルチェックは存在感があり、足元のアクセントとしてもってこい。トラッドなパターンなので品格も備えています。こんな伝統柄からソックスで遊ぶのがおすすめです。

アイテム7『キャサリン ハムネット ロンドン』ヘリンボーンソックス

ヘリンボーン柄とカラーブロックを組み合わせたデザインが何気なくモダン。グレーのグラデーションもスタイリッシュです。防臭効果のある生地を用いていますので、臭いが気にある人にも最適。

アイテム8『ロンドンシューメイク』日本製メンズソックス

シューズブランドのオリジナルソックス。独創的なデザインが魅力で、これは散髪屋のサインポールがデザインソール。ブルー基調で爽やかさも感じさせます。日本製で品質は折り紙付き。

アイテム9『ビーセカンド』ブリオンカモフラソックス

カモフラージュ柄が新鮮かつ男っぽいムード。日本の紡績技術でしかできない、世界でもっとも細いプークレーヤーン素材を使用しているため、柔らかい極上の肌触りに仕上がっています。

アイテム10『ロンドンシューメイク』日本製メンズソックス

靴ブランド『ロンドンシューメイク』のオリジナル。日本一の靴下生産地、奈良県広陵町の専業工場で生産されています。“数学者”と名付けられたこのモデルは、幾何学的でクラシカルな図柄が独創的です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

    山崎 サトシ

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

    平 格彦

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

    見直してみない? ポロシャツのコーデとおすすめブランド

    ポロシャツは、年齢を問わずに着られるからこそコーディネートが重要。そこで大人にふさわしいポロシャツのコーデのヒントや実例、即戦力となる人気ブランドを紹介します。

    編集フカザワ

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    BACK