似合うものを熟知!WEARで見つけた先輩4人のコーデ

似合うものを熟知!WEARで見つけた先輩4人のコーデ

30代のうちはもちろん、40代以降のファッションはどうすべきか……。その回答は、先輩たちを参考にするのが得策。そこで今回、40代のおしゃれな人をクローズアップします。

平 格彦

2016.09.24

着こなし・コーデ

先輩ファッショニスタのWEARで大人のコーデを学ぶ

若い年齢層のユーザーが多いファッションコーディネートサイトのWEARですが、実は40代のおしゃれな方も存在しています。経験を重ねてきたからこその着こなしテクニックや、自分に似合うテイストを熟知したスタイリングは、ワードローブの指針として非常に参考になるので要チェック! 先輩方のファッションのほうが攻めていませんか!?

大いに参考になる先輩のスタイリング例をピックアップ

40代のおしゃれで人気の高い先輩たちのコーデをセレクトして紹介。それぞれの個性が際立った多彩な着こなしからエッセンスを盗んで自分のセンスアップに役立ててください!

taroさん[email protected]

43歳、165cm。銀座で美容師をしているだけあって、taroさんのファッションセンスは抜群。テーラードジャケットやシャツの着用率が高く、リアルなカジュアルスタイル作りの参考になるコーディネートばかりです。『ナノ・ユニバース』の公認WEARISTAということもあり、セレクトショップで購入できるアイテムが中心。

ブラックジャケットをクラッシュジーンズで着崩したコーディネートの好サンプル。決めすぎていないバランスが絶妙です。ベルトやブーツをブラックレザーでリンクし、細部まで抜かりなく仕上げています。

全身をブラックで統一したクールなジャケットスタイルですが、足首がのぞくイージースラックスの丈で抜け感を演出。スリッポン型スニーカーの白いソールも、軽快なアクセントとして効いています。

ホワイト×ブラックのカラーリングがドレッシーなニュアンス。その一方、バンドカラーの白いシャツを全開にすることで、ワイルドなイメージを創出しています。袖をまくる着こなしでも男っぽさを上乗せ。

トレンドのデニム素材をセットアップで取り入れたコーディネート。足元のコインローファーはヘビーな印象になりすぎないよう、ネイビーを選んでいます。サングラスやハットの小物類も似合っていて見事。

『ナノ・ユニバース』のジャケット&ベストにボウタイを加えたフォーマルトップスを、『ユニクロ』のデニムパンツで一気に着崩したハイセンスなコーディネート。品格とこなれ感が絶妙に両立しています。

TAKAOさん[email protected]

43歳、167cm。『ソフネット』、『ユニフォームエクスペリメント』、『マスターキー』といったストリート調の人気ブランドを多用。ジーンズ×スニーカーを使ったスタイリングが中心ですが、小物も駆使して大人っぽくまとめたコーディネートが参考になります。

シンプルなニットスタイルと思いきや、リメイク調のパッチワークデニムが個性をアピール。ニットもジーンズもデニムシャツもブランドは『マスターキー』です。『コンバース』×『ソフネット』の白いスニーカーがクリーンなアクセントに。

この秋の注目カラーでもあるベージュのミリタリーシャツが季節感を主張。ほかのアイテムを黒でまとめ、シャツが引き立てています。そんな主役のシャツは『ユニフォームエクスペリメント』。『ニューバランス』のスニーカーもクール!

存在感のある大柄チェックは今シーズンのトレンドとなりそうな気配。そんな『ダブルタップス』のアウターを主役にした着こなしですが、シンプルに着こなすことで自分らしく昇華しています。

白いシャツの上にボーダー柄のニットを重ねて爽やかさを演出。ジャケットで大人っぽい落ち着きを重ねつつ、薄色デニムでカジュアルダウンしたバランスの良いコーディネートです。ジャケットは『ロンハーマン』で、ニットは『ソフネット』。

メインのウェア類は前出のものばかりですが、小物使いでダンディーにまとめています。ストールは『ジョンストンズ』×『ロンハーマン』、ハットは『オーバーライド』で、サングラスは『オリバーピープルズ』。

HIROさん[email protected]

43歳、174cm。好きな服、好きなスタイルでおしゃれを楽しんでいるというHIROさん。ダウンベストやスウェットパンツを用いたリラックス感のあるスタイリングが多く、インパクトのあるカラーも果敢に取り入れています。王道ブランドとプチプライスブランドを上手にミックス。

パーカーにスウェットパンツを合わせたラフなコーディネートを、ジャケットによって引き締めたバランスが絶妙。アイウェアやスニーカーのデザインでさり気なく個性も加味しています。スウェットパーカーは王道の『チャンピオン』!

ネルシャツにダウンベストをレイヤードし、カーキのチノパンツを合わせたアウトドアテイストの着こなし。シャツとスニーカーで赤を差しつつ、さり気なくリンクさせることで大人っぽく見せています。

ワイドなボーダー柄のカットソーが今っぽいムードを醸出。『ライトオン』のミリタリージャケットも旬色で、この秋っぽい雰囲気です。ジーンズは『ザラ』でニット帽は『ウィゴー』、スニーカーは『プーマ』。

ボーダー柄のカットソーは何と『しまむら』。リーズナブルな価格帯のブランドを取り入れつつ、ブルーを中心にすることで爽やかにまとめています。イエローのニットキャップで個性もアピール!

スウェットパーカー、ジーンズ、スニーカーを使ったカジュアルなスタイルを、ステンカラーコートで大人なムードにアレンジ。ボーダー柄のインナーと白いスニーカーで軽やかに仕上げています。

ShinjiJediMoriyamaさん[email protected]

48歳、168cm。40代後半の大先輩ですが、『ディストリクト ユナイテッドアローズ』でショッププレスなどを担当しているということで、センスは卓越! 『コム デ ギャルソン』や『カラー』といったモードなブランドを自分らしいコーディネートに落とし込んでいます。

『アイクベーハー』のチェックシャツは褪せたような色みがヴィンテージ調。明るいグレーのジャケットとライトオリーブのパンツを合わせることで、軽妙洒脱なスタイリングに仕上げています。

『ディストリクト』のセットアップをベースにしつつ、ライトオリーブのコートを重ねて軽やかなコーディネートに。ホワイトのシャツに加え、明るいトーンのスニーカーも軽快感に拍車を掛けています。

2012年に発売された『コム デ ギャルソン』と映画『スターウォーズ』とのコラボニットを着用。全身をブラック中心にまとめつつ、各アイテムのディテールでスパイスを効かせたバランスが秀逸です。

リブニットジャケットからビッグサイズのインナーをのぞかせたレイヤードスタイルがハイセンス。ワイドかつクロップド丈という形状のパンツもおしゃれです。ジャケットもパンツもブランドは『カラー』。

スタイリッシュなセットアップの上に『ディストリクト』のブレザーをはおったレイヤードスタイルがエッジィ。全体をダークにまとめてクールに仕上げつつ、ソックスの赤を適度なスパイスとして効かせています。ウォレットチェーンも何気ないアクセントに。

40代になっても十分にファッションを楽しめる!

偉大なる先輩たちのコーディネートはいかがだったでしょうか? それぞれ個性は異なりますが、自分に似合うスタイルを全うしているところが共通したポイントだと思います。また、太りすぎていない体型を維持できているからこそ、着こなしを楽しめているという点も重要です(笑)。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    不朽の名作。インディビジュアライズドシャツの魅力を徹底解剖

    不朽の名作。インディビジュアライズドシャツの魅力を徹底解剖

    オン・オフともに重宝するシャツはこだわりの1枚を手にしたい。そんなあなたには、着回しやすく、こなれ感も演出できる『インディビジュアライズドシャツ』をプッシュ!

    モチヅキ アヤノ

    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

    CANADA

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    BACK