Freeamericanidol編集部員のこれ買った!2016年秋編

Freeamericanidol編集部員のこれ買った!2016年秋編

まだまだ暑いですが、Freeamericanidol編集部員たちは着々と秋服を購入し始めている今日この頃。そこで、秋に向けてリアル買いしたホットなアイテムたちをご紹介します。

編集カツラガワ

2016.09.09

編集部連載

Freeamericanidol編集部員のリアル買いアイテムを大公開!

ファッション好きが集うFreeamericanidol編集部。まだまだ暑いですが、編集部員たちは着々と秋物を購入中。そこで、この秋買ったアイテムとその着こなしプランを聞いてみました。

編集イトウは、この秋もやっぱりMY定番アイテムでキマリ

一度気に入ったものをとことん愛用する編集イトウは、MY定番の『アメリカンアパレル』のニットと『コンバース』のスニーカーを購入。この秋もジーンズ&スニーカーがベースの着こなしでブレがありません。

アイテム1『アメリカンアパレル』ニット

「すでに黒色の同商品を持っていますが、コットンニットなのでウール製品のように気を使わずジャブジャブ洗えるのが◎。肩の落ちるリラックス感のあるシルエットも今っぽくて気に入っています。スタイリングは、ジーンズと合わせてナチュラル&シンプルに。シャツを重ねるというよりはインナーにカットソーを合わせて、よりシンプルに取り入れたいです」

紹介したのは、こちらのニット

こちらは『アメリカンアパレル』の定番で人気のフィッシャーマンズニット。柔らかい肌触りとドロップショルダーでルーズなシルエットが魅力です。豊富なカラーバリエーションもうれしい!/『アメリカンアパレル』

アイテム2『コンバース』×『ビームス』スニーカー

「定番モデルの汎用性はそのままに、ソールに配された赤と青のラインを反対にした遊び心あるデザインがポイント。上で紹介したニットにブルージーンズ、コンバース。いつもの組み合わせですが、間違いないコンビです」

紹介したのは、こちらのスニーカー

『ビームス』創業40周年を記念した『コンバース』とのスペシャルコラボ。ソールのラインの配色が本来のチャックテイラーとは逆になっている点に注目です。インソールは『ビームス』のブランドカラーのオレンジ!/『コンバース』×『ビームス』

編集イトウの記事一覧はこちら

男性ヘア&ファッション誌でエディターとしてのキャリアをスタート。ジーンズと白の無地T、コンバースチャックテイラーをこよなく愛す、「Freeamericanidol」創刊者です。

編集コヤマは、トレンドと定番をしっかり押さえる

定番にトレンドを取り入れたMIXコーデが得意な編集コヤマ。この秋は、スポーティな『アディダスオリジナルス』のジャージと、MY定番の『無印良品』のオックスフォードシャツを購入済み。

アイテム1『アディダスオリジナルス』ジャージ

Freeamericanidolの記事 を見て触発されてしまい、夏セールでついつい買ってしまったのです……。夏のTシャツにそのまま羽織るだけでサマになる感じが好きですね。主に家で着る秋服の筆頭として、毎週末ヘビロテしそうな予感です」

今選ぶなら、このジャージ

スポーツコーデの代表格である『アディダスオリジナルス』ジャージ。同ブランドならではのスリーストライプスとトレフォイルのロゴがあしらわれたクラシックなデザインが人気の理由です。/『アディダスオリジナルス』

アイテム2『無印良品』オックスフォードシャツ

「もう何年も、毎年買い足しています。ベーシックで着やすいだけでなく、オーガニックコットンだし、毎年シルエットもアップデートされているので、何枚持っていても飽きません。白、グレー、サックス……などなど色んなオックスフォードシャツを持っているのですが、どれもやっぱりデニムパンツとよく合いますね。秋はこれ1枚かジャケットのインナーとして、冬は1枚セーターを重ねた使い方が良さそう」

今選ぶなら、このシャツ

綿100%素材で、ナチュラルストレッチが効いているため着心地抜群な一枚。身幅が適度にシェイプされているため、すっきりときれいに着こなせます。豊富なカラバリ、コスパの良さも魅力的!/『グローバルワーク』

編集コヤマの記事一覧はこちら

適当に見せて実はまじめだというギャップで攻めたい、腹黒WEB編集者。ハイ&ローMIXや、力を抜いたファッションが好き。IT、映画、グルメ情報にアンテナびんびん。

編集フカザワは、シルエットやディテールにこだわりあり

ストリートコーデを基本とする編集フカザワ。この秋もそのワードローブにハマるアイテムをチョイス。ベーシックなアイテムながらも、シルエットやディテールに編集フカザワならではのこだわりが見られます。

アイテム1『ヴァルタ』ショーツ

「夏から秋にかけてはけるショーツを探していたところ、『ビームス』にて発見したのが『ヴァルタ』のショーツ。膝下の丈感やワイドなシルエットが、まさにツボ。9月の休日はほぼこれでキマりです。スタイリングは、上下ともにオーバーサイズで着こなして、ストリートな気分を楽しもうと画策中。合わせるトップスを選ばないメリットをあえて無視して、プレーンなロンTと合わせる予定です」

今選ぶなら、このショーツ

極太シルエットが今っぽい『シップス ジェット ブルー』のガウチョショーツ。この秋は、オーバーサイズのトップスと合わせたリラックス感漂うスタイリングがおすすめです。/『シップス ジェット ブルー』

アイテム2『ギャップ』ネルシャツ

「安売りのセールで購入できた点と、触り心地が好みでした。赤なのかネイビーなのか、『何色なんだ、これは?』というツッコミどころにも心をつかまれました。スラックス生地のパンツや革靴など、きれいめな足元に合わせたいですね。似合うか似合わないかは考えず、超カジュアルなアイテムときれいめなアイテムをがっちゃんこさせると年齢相応に見えるのかなと思う今日この頃です……」

今選ぶなら、このネルシャツ

この時期とにかく重宝するネルシャツ。くたっとしたヴィンテージライクな風合いで、羽織るだけでこなれた装いにキマります。メイド・イン・ジャパンならではの着心地の良さも味わってもらいたい一枚。/『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

編集フカザワの記事一覧はこちら

美容専門系出版社にて、編集者としてのキャリアをスタートした「髪」オタク。自他ともに認める大酒飲みでありながら、バスケットボールを愛する健康男児。

編集カツラガワは、大人レディーなアイテムが気になる

毎シーズン必ずトレンドを押さえる編集カツラガワ。この秋は、レディーライクなキャミワンピやワイドパンツに注目です。レディーできれいめなアイテムをゆるっとラフにスタイリングするのが今季流。

アイテム1『マカフィー』キャミソールワンピース

「このキャミワンピは『トゥモローランド』の夏のセールでゲットしたもの。春夏トレンドのキャミワンピですが、ドレッシーな生地感、上品なキャメルの色みが秋のスタイリングにもハマると思い、購入しました。初秋はTシャツとデニムパンツを合わせてカジュアルに着るのが定番。寒くなったら、ロングのニットカーデを羽織ってゆるっと着こなすのが気分です」

紹介したのは、こちらのキャミソールワンピース

シルクのような滑らかな生地感、細いストラップの華奢なデザインが大人の女性にぴったりなキャミソールワンピース。バッグに大胆に入ったスリットもポイントです。/『マカフィー』

アイテム2『オープニングセレモニー』ワイドパンツ

「昨年に引き続き、今季もワイドパンツは必須です。こちらのワイドパンツは、かなり横広なシルエットとテロっとした素材感がお気に入り。ジージャン&スニーカーのカジュアルな着こなしが定番になりそうです。ベージュのざっくりニットを合わせたワントーンコーデも気になっています」

今選ぶなら、このワイドパンツ

上質なコットンチノ素材を使用したハリのある生地感や、たっぷりとしたギャザーでふんわりとしたボリュームのあるシルエットが女性らしいワイドパンツ。クロップド丈でバランスがとりやすいのも◎。/『ジャーナルスタンダード』

編集カツラガワの記事一覧はこちら

女性ファッション誌の編集部で8年間編集業務に携わる。洋服バカといわれるほど洋服が好きで、日々ファッショントレンドをチェックするミーハー女子。

編集サイジョウは、ベーシックなアイテムこそ質にこだわる

上品な大人のカジュアルファッションを好む編集サイジョウ。デザインはシンプル、素材や着心地、機能面にこだわったアイテム選びがポイントです。この秋の本命は、『シシ』のライダースジャケット。

アイテム1『シシ』シングルライダースジャケット

「着始めから革がくたっとした表情が出るよう加工してあり、ハードすぎない雰囲気が好印象でした。また、袖を折り返したときの墨黒の生地と革の黒のコントラストがかっこいいところも好きなポイントです。アイテム自体がカジュアルなものなので、丈長めのプリーツスカートや、スーツ生地のグレーのパンツなど、きちんと感があるものを合わせてバランスをとりたいと思います」

今選ぶなら、このライダースジャケット

しなやかですっきりとしたシルエット、ナチュラルな光沢感、柔らかい風合いが魅力的で、女性らしさを感じさせる『シシ』のライダースジャケット。着込めば着込むほど味が出る一点です。/『シシ』

アイテム2『スタンダードサプライ』おりたたみリュック

「旅行用におりたためて使えるシンプルな黒のリュックを探していて、これにたどり着きました! おりたたみにありがちな細い肩ひもではなく、しっかりとした作りで長時間背負っていても負担にならない機能面と、潔いミニマルなデザインがお気に入りです。黒のオールインワンやロングワンピースと合わせて、色はモノトーンでまとめてコーディネートしたいです」       

合わせて読みたい:
シンプルを好む大人に。スタンダードサプライのバッグがちょうどいい

紹介したのは、このアイテム

ベーシックなデザインで使い勝手のいい『スタンダードサプライ』の黒リュック。見た目はシンプルながらも、細部のディテールにはこだわった機能性の高いデザインです。パッカブルで前ポケットに収納できる点もすてき。/『スタンダードサプライ』

編集サイジョウの記事一覧はこちら

企業勤めから雑貨店勤務を経てFreeamericanidol編集部員に。好きなものはインテリア、雑貨、ねこ。アラサー女子目線から男性の皆さまにおすすめしたいあれこれをお届けします!

編集ナスは、シルエットにこだわったアイテム選び

シンプルでナチュラルな着こなしが基本の編集ナス。秋もやっぱりシンプルなアイテムがベースですが、さりげなく個性をアピールできるシルエットにこだわりが見られます。

アイテム1『アダム エ ロペ』UVチュニックVネックニット

「このニットは夏のセール時に購入しました。薄手なのでまだ暑い時期からでも着ることができたのと、秋に入ってもダークブラウンの色みなので長く着られると思いまして。広めに開いたVネックがデコルテをきれいに見せてくれる点が気に入っています。初秋は重くならないよう薄色デニムを、少し寒くなってきたら黒のボトムを合わせて、季節感を意識しながら着こなす予定です」

今選ぶなら、このVネックニット

微光沢があり、サラッとした肌触りの生地感が上品で大人っぽさを演出。また長めの着丈でゆったり着られるサイズ感が今年らしい一枚です。前後どちらを前にして着られる2wayでコーデの幅も広がります。/『アダム エ ロペ』

アイテム2『サイ ベーシック』セルビッチデニム ヒップガゼット 5ポケット

「独特なカッティングを施したバッグシルエットに引かれ、購入を決めました。裾に向かってテーパードが効いたシルエットと、赤耳が付いたディテールで、ロールアップするといい感じに仕上がります。秋はシャツや革靴を使い、大人っぽさを演出した品の良いコーデを組む予定。たくさんはきこなし、色落ちをしていくのが楽しみです」

紹介したのは、このデニムパンツ

シンプルで上質、そこに遊び心がくわえられた『サイ ベーシック』のセルビッチデニムパンツ。特徴的なバッグスタイルやセルビッチのディテールがポイントです。テーパードシルエットですっきりはける一枚。/『サイ ベーシック』

編集ナスの記事一覧はこちら

Freeamericanidolの新米編集部員。ファッション含め、ライフスタイル全般に興味津々。元古着屋スタッフの経験を生かし、女性の視点で幅広い情報をお届けします。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    ジョガーパンツコーデのいろは。上手に着こなすための3つの方法

    メンズボトムスの定番としてすっかり市民権を得たジョガーパンツ。基本の選び方から着こなしのポイント、おすすめの1本まで幅広くご紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK