色を抑えて秋仕様。テイスト別、おすすめリュック20選

色を抑えて秋仕様。テイスト別、おすすめリュック20選

カジュアルにもきれいめにも使え、両手がふさがらず荷物を持ち運べる使い勝手の良さから、リュックは年齢問わず支持を集めている。今回は秋冬に向け注目のリュックを紹介。

大中 志摩

2016.09.27

バッグ
バックパック・リュック

春夏とは違う、秋冬リュックの選び方

春夏とは違う、秋冬リュックの選び方

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カジュアルからきれいめスタイルまで幅広いスタイルになじんでくれるリュック。デザインによってはビジネスシーンの通勤バッグとしても使え、両手をふさがずに多くの荷物を持ち運べるのもリュックの魅力。春夏では着こなしのアクセントとして明るめのカラーをチョイスしていた人も多いと思うが、秋冬のスタイルに取り入れるなら落ち着いたシックなカラーの物を選びたい。

この秋手に入れたいおすすめのリュックをピックアップ

ここではこの秋おすすめのリュックを厳選し紹介していく。きれいめコーデ向け、カジュアルコーデ向けに分けて紹介していくので自分のスタイルにあったアイテムを見つけ出して。

▼きれいめコーデに使える秋冬リュック

きれいめコーデに使えるリュックの特徴は、シンプルかつスタイリッシュなデザイン。コーディネートを選ばない黒リュックをメインにご紹介。

アイテム1『ニューバランス』バックパックロング

『ニューバランス』バックパックロング

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ボディーにはカモフラ柄のジャガード素材を使用している。スタイリッシュなデザインで素材のカッティングで表現した大きなNロゴがポイント。大容量のメインコンパートメントのほか独立したシューズスペースを下部に備えており、2~3泊程度の旅行にも対応してくれる。

アイテム2『ベリー』オジギサック

『ベリー』オジギサック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シンプルでモダンなデザインに定評がある『ベリー』。こちらのODIGI SACKは、口折れ部分のセンターをベルトで留めたシンプルかつスタイリッシュな仕上がり。程良いマチで十分な収納力を備えながらも洗練されたデザインでオンスタイルにも相性抜群。型押しレザーがクールな雰囲気を醸す。

アイテム3『ハーシェルサプライ』クラウン

『ハーシェルサプライ』クラウン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

2010年に誕生したカナダ発の人気バッグブランド『ハーシェルサプライ』。ボディーにはリップストップ生地を使用しているので、軽量で磨耗性にも強い。内部にはジップ付きのポケットを配置。無駄のないシャープなデザインで、ほかにはない独特な雰囲気に仕上げた。

アイテム4『ソット』KDDIレザー パンチングバックパック

『ソット』KDDIレザー パンチングバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

非常に柔らかく、しっとりとした質感のKDDIレザーが全面に施されたパンチング加工が印象的。メインコンパートメントは大きく開きA4サイズの書類もスムーズに出し入れできる。フロントの大きなポケットのほか、3つのポケットが付いているので小物の整理にも便利。

アイテム5『メメンティズム』BASTET サイドストラップバックパック

『メメンティズム』BASTET サイドストラップバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ミニマルかつモダンな雰囲気が魅力的な『メメンティズム』のバックパック。サイドのスラトラップで絞ることで2パターンの表情が楽しめ、大きめのサイズでPCも楽々収納することが可能。きれいめスタイルだけでなくストリートやカジュアルなど幅広いスタイルに相性が良い。

アイテム6『ラコステ』ナイロンバックパック

『ラコステ』ナイロンバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

高密度のナイロンにブラックニッケルの黒をあしらったシンプルかつモダンなデザイン。内装にはクッション付きのポケットを配置し、外側には4つのポケットが搭載されており、機能的な収納にこだわった。ブラックのボディーにシルバーの金具がアクセントとして映える。

アイテム7『マンハッタンポーテージ』イントレピッド バックパック

『マンハッタンポーテージ』イントレピッド バックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『マンハッタンポーテージ』からは大容量ながらも背中に収まるシャープな形状が特徴的なバックパックが登場。両サイドには小物の整理に便利なポケットを、メインコンパートメント内には書類の整理に便利なポケットを搭載している。Dカン付きショルダーベルトはキーリングなどのカスタムが可能。

アイテム8『マキャベリック』ダブルベルトデイパック

『マキャベリック』ダブルベルトデイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

マチが広く開口部も広いので使い勝手が良く、2泊程度の荷物も収納できる大容量モデル。本体には耐久性に優れたコーデュラナイロンを使用し、さらにテフロン加工を施しているので撥水、防汚効果も備えている。フロントのブタハナにはヌメカウレザーを使用しているの使い込むことで味わい深い表情に。

東京発、都会顔。マキャベリックのリュックを大人におすすめするワケ

東京発、都会顔。マキャベリックのリュックを大人におすすめするワケ

頭角を現しつつある次世代バッグブランドといえば、東京発の『マキャベリック』。洗練されたデザインに加え、作りに対して優れたコスパ性など、褒めどころが満載なんです。

山崎 サトシ

アイテム9『ハレ』ドラムバックパック

『ハレ』ドラムバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

無駄なデザインを排除したシンプルかつモダンな仕上がり。フロントのポケットは止水ジップ仕様で、メインコンパートメントにはPC用の収納ポケットを配置。コーデュラナイロンを使用しているのでガシガシ使ってもヘタレないタフなアイテムとなっている。

アイテム10『アダムパテック』ナイロンバックパック

『アダムパテック』ナイロンバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

2014年に誕生した新進気鋭の若手ブランド。こちらは使い勝手の良いベーシックなカラーリングとスポーティなルックスで高い人気誇るアイテムだ。ボディーにはナイロン、ジップには止水ジップを採用しているので雨の日でも安心して使うことができる。

▼カジュアルコーデに使える秋冬リュック

ガシガシ使えるアウトドア感の強いリュックをピックアップ。ブランドのロゴや、ポケットやベルトのディテールがあしらわれたデザインに注目してほしい。

アイテム1『ニューバランス』スウェットバックパック

『ニューバランス』スウェットバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

フロントにスウェットを使用しカジュアル感を強調したバックパック。メインコンパートメントの収納口はストラップの開閉式で小物などの収納に便利なファスナーポケットを上部とサイドにファスナーを搭載している。グレースウェットならではの抜け感が心地良い。

アイテム2『バトラーヴァナーセイルズ』栃木レザー10号パラフィン デイパック

『バトラーヴァナーセイルズ』栃木レザー10号パラフィン デイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ボディーは10号パラフィンキャンバスと栃木レザーのヌメ革コンビで表現。金具をほとんど使っておらず、底部分にはテープを2本配している。ショルダー部分にウレタンを入れているのでローテクなデザインながらも重さが軽減され、使いやすいアイテムに。

アイテム3『ナンバーナイン』デイパック

『ナンバーナイン』デイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

強度と耐久性に優れたヘビーナイロンを使用したデイパックが『ナンバーナイン』からリリース。表にはオリジナルのロゴタグとアイコンのエンブレムを配した同ブランドらしい仕上がり。裏地はロゴを連ねたダイヤチェック柄でオリジナルファスナーの引き手など細部にいたるまでこだわったアイテム。

アイテム4『ジャンスポーツ』ホフマン

『ジャンスポーツ』ホフマン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

大きく開いて出し入れしやすいメインコンパートメントは、A4サイズまでのファイルを縦に入れることが可能。フロントには小物の収納に便利なジップポケットを2つ配置している。バックパネルにはパッド入りで背負い心地も至極快適だ。

アイテム5『イーストパック』ピナクルバックパック

『イーストパック』ピナクルバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ベーシックなデザインとサイズ感ながらも、2つのメインコンパートメントに2つのサブポケットを搭載し収納力を誇るハイパフォーマンスモデル。滑り止め付きショルダーストラップ、パッド入り背面パネルが背負ったときのストレスを和らげてくれる。

アイテム6『マンハッタンポーテージ』ワシントンスクエアバックパック

『マンハッタンポーテージ』ワシントンスクエアバックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

SQ Backpackにウッドランドカモとブラックをミックスし、パネルで切り替えたバイカラー仕様のシーズン限定カラーが登場。フロントポケットを大きくデザインし、サイドにはポケットを配して使いやすさを向上させた。ショルダーはハーネスとD菅があしらわれている。

アイテム7『レイフ×アダム エ ロペ』別注 ナイロンミニバッグ

『レイフ×アダム エ ロペ』別注 ナイロンミニバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ミニマルなサイジングだが、A4サイズのファイルまで収納可能。シンプルなデザインながらも微光沢のナイロン地が個性を主張する。バックパックとしてはもちろん手持ちバッグとしても使える万能型。背中への収まりが良く、軽量で着用感が心地良い。

アイテム8『チャムス』エコトラペゾイドデイパック

『チャムス』エコトラペゾイドデイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

再生PETのポリエステル素材とコーデュラ糸を混ぜて作られた環境にやさしい素材を使用しており、スクエアシルエットがレトロな雰囲気を盛り上げる。タフな仕上がりなのでデイリーユースにも最適。メインコンパートメントには15インチまでのPCスリーブとメッシュポケットを装備しており、サブコンパートメントにもA4サイズの資料を入れることができる。

タイプ別にレコメンド。チャムスのリュックおすすめ10選

タイプ別にレコメンド。チャムスのリュックおすすめ10選

アウトドアブランド『チャムス』のリュックは、カラフルで種類豊富! その魅力の秘密を探りながら、大人が持つのにふさわしいおすすめリュックもたっぷり紹介します。

ai sato

アイテム9『ニクソン』ランドロック2 バックパック

『ニクソン』ランドロック2 バックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

28Lの大容量を備えながらも薄型のシルエットでスマートに愛用できる『ニクソン』のバックパック。フロントはスケートデッキを取り付けられるストラップ付きでPCを収納可能なパネルも装備している。デザイン性と機能性を両立したデイリーユースな一品。

アイテム10『アノニム』12H デイパック

『アノニム』12H デイパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

名前のとおり12時間程度の旅をコンセプトに作られた日帰り旅行にぴったりなアイテム。どんな移動手段にもタイプできるようにシンプルな設計を採用している。フロントにはマチ付きファスナーポケット、両サイドにはマチなしのサイドポケット、内装には分割なしの仕切りポケットを装備。

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

Freeamericanidol編集部

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

近間 恭子

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    リュックブランド傑作選。見た目も機能も兼備した人気アイテムを完全網羅

    デイリーに愛用できるメンズリュックを徹底紹介。カジュアルなコーデはもちろん、きれいめな着こなしにもハマるリュックの選び方とおすすめのブランドをレクチャーします。

    Freeamericanidol編集部

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

    Freeamericanidol編集部

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK