ウィゴーで発見。大人仕様のウェアとファッション小物

ウィゴーで発見。大人仕様のウェアとファッション小物

安くて、おしゃれ。そんな一石二鳥のアイテムが揃う人気ショップの『ウィゴー』。基本的なラインアップは若者向けではあるが、+CLAP Men世代にも響く品が多数存在する。

NAKAYAMA

2016.10.02

ウィゴー(WEGO)
ブランドまとめ

『ウィゴー』とは

東京・原宿のリアルなカジュアルスタイルを発信する『ウィゴー』。始まりは1994年に大阪・ミナミのアメリカ村に開店した古着屋『WEGO』。ユーズドライクな雰囲気にトレンドを加味したアイテム展開で、かつ手が伸びやすい価格設定で若年僧から絶大な支持を博す。今では、北海道から九州地方までほぼ全国に店舗を展開する。

コスパ最高。『ウィゴー』のコーデを紹介

スタンダードの中に個性を効きかせたアイテム群がそろう『ウィゴー』。多くは、そんな若者向けのアイテムではあるが、実は手ごろな価格帯と汎用性の高さに定評がある品も豊富にライアップされている。

コスパを考えるならば真っ先にチェックすべき品の数々があるが、まずは『ウィゴー』のアイテムをどのように大人が着こなしているか、その実例を見ていこう。

スタイル1

コスパ最高。『ウィゴー』のコーデを紹介

ZOZOTOWNZOZOTOWN

プレーンな白のスウェットが『ウィゴー』の一枚。定番のアイテムではあるが、トップスはややオーバーサイズ、ボトムスはスリムなジーンズをセレクトし、今季的な表情に仕上げている。アイテム選びや着こなしから漂うオーセンティックなムードも、センスの良さをかき立てる要因に。

スタイル2

コスパ最高。『ウィゴー』のコーデを紹介 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

個性的なデザインを得意とするなかでも、『ウィゴー』のテーラードジャケットは希有な存在。モノトーンな構成ならば、大人らしく着こなせるはず。見習うべきは差し色のテクニック。アクセントとなるオレンジのキャップが、単調なカラーパレットをアップデートさせている。

スタイル3

コスパ最高。『ウィゴー』のコーデを紹介 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

こなれたムードの着こなしは、色づかいの妙技。マスタードカラーのシャツや、グレーのスウェットパンツ、アースカラーのスニーカーといった“土臭い”色みをベースとしながらも『ウィゴー』の白のインナーでクリーンな印象も加味。やぼったさをいなした好サンプルといえる。

スタイル4

コスパ最高。『ウィゴー』のコーデを紹介 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ミリタリーな気分の今季。当然ながらカーゴパンツに注目している大人も多いだろう。そこで提案したいのが『ウィゴー』の一本。定番のカモフラ柄と、程良くスリムなシルエットが大人の購買意欲を誘う仕上がりに。合わせるべきトップスは、やはり白一択。クリーンな印象のミリタリーは、今季挑戦すべきトレンドスタイルのひとつだ。

スタイル5

コスパ最高。『ウィゴー』のコーデを紹介 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

カジュアルなネルシャツも秋のムードを盛り立てるアイテムのひとつ。カジュアルかつ鮮やかな色みをニット帽で拾いつつ、ボトムスやシューズで大人らしくスタイリング。

大人も使える。『ウィゴー』の人気アイテム

持っておけばさまざまなスタイルやシーンで活躍してくれる『ウィゴー』のアイテムをリストアップ。ここでは、大人の定番といえる5品を厳選し紹介する。

アイテム1スウェット(トレーナー)

スウェット(トレーナー)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

秋のマストバイであるスウェットは、定番のブランドから揃えるのが絶対条件。ただし、新たな色みにチャレンジするならば、コスパ良好な一枚を選ぶのも正解といえる。今季注目のボルドーかつ、モックネックというディテールは、まさに押さえるべきアイテム。

アイテム2テーラードジャケット

テーラードジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ビジネスシーンでは冒険できない、新たな色みを試すのが休日着の楽しみ方のひとつ。ならば、ライトグレーのテーラードジャケットはその好例。休日のデニムファッションはもちろん、今季はカーゴパンツと合わせるのも得策だ。

参考記事:メンズファッション2016冬:大人コーデを作る10のこと

アイテム3ミリタリージャケット

ミリタリージャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

トレンドを加味したファッションを楽しむならば、ミリタリージャケットも押さえたい。ただし、今季限りの着こなしを楽しむならば『ウィゴー』のMA-1は指名買いリストの候補として最適。オーバーサイズのシルエットも、旬の気分を高めてくれるはず。

アイテム4スウェットパンツ

スウェットパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

街着の定番として定着しつつあるスウェットパンツ。とはいえ、積極的に挑戦することが難しい大人は少なくないだろう。だからこそ値段を気にせず、ラフな気持ちで付き合える一本はチェックして損はないはずだ。

参考記事:春夏秋冬に対応、スウェットパンツの最旬コーデ術

アイテム5ニット帽

ニット帽

ZOZOTOWNZOZOTOWN

カラバリ豊富なニット帽は、『ウィゴー』が得意とするところ。ざっくりとしたリブ編みのニット帽ならば、年齢を問わずに挑戦したい。重要なのはかぶり方。下記の記事も合わせてチェックし、ぜひ定番ながらもセンス良く仕上げよう。

参考記事:ニット帽の選び方|似合う形からかぶり方まで徹底指南

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK