ヒント満載!漫画のキャラクターから学ぶおしゃれの道

ヒント満載!漫画のキャラクターから学ぶおしゃれの道

スタイリッシュな漫画の登場人物からコーディネートのヒントを学べることがあります。自分に合うキャラクターから技を盗み、現実世界の主人公になっちゃってください!

平 格彦

2016.09.21

着こなし・コーデ

あのキャラクターも登場。漫画のキャラクターに学ぶおしゃれのヒント

漫画の登場人物は個性が強調している傾向にありますが、だからこそスタイリングもわかりやすい個性的なケースがほとんど。憧れのキャラクターやスタイリッシュな登場人物の服装を真似することで、センスアップできることも少なくないんです。ただし、漫画のなかのコーディネートをそのままストレートに取り入れるのは御法度。コスプレにならないよう、おしゃれなエッセンスのみを上手に盗むのがポイントです。おすすめのキャラクターとその着こなし術を、作品の概要やスタイルサンプルとともに解説します!!

ギネスも認めた世界の漫画王『ONE PIECE (ワンピース)』

時は大海賊時代。伝説の海賊王G・ロジャーの残した“ひとつなぎの大秘宝”を求めて海賊たちが争っていた。そんな海賊に憧れる少年ルフィは、海賊王を目指して船出する…。2014年末時点で単一作者による最多発行部数 (その当時で3億2000万部以上) でギネス世界記録にも認定されたほどの人気作品。映画も大ヒットしている理由はスタイリッシュなファッションにもありそうです。

「海賊王におれはなるっ!」と豪語しているモンキー・D・ルフィ

ルフィは『ワンピース』の主人公。いちばんのトレードマークは麦わら帽子ですが、季節感を重視してほかのかぶり物に置き換えて取り入れるのがおすすめです。またトップスは、素材やカラーを問わずベストやノーカラーシャツを着用しているのが定番。赤いトップスが多いのですが、大人が着こなすにはハードルが高いので、全体的なリラックス感を意識してイメージを模倣してみましょう。パンツはデニムが多いので、そのまま取り入れても今季らしさが演出できます。

はおっただけのアウター、ルーズなパンツ、ハット使いなど、リラックス感がルフィにリンクする着こなしです。色使いをモノトーン系にまとめることで大人っぽく仕上げています。

ノーカラーのシャツや色落ちしたデニムなどがルフィとの共通点。ゆるくタックインしたシャツの着こなしや、オーバーサイズのパンツが今季的リラックス感を醸しています。自分に似合う帽子選びのセンスも抜群!

ワイドブリムのハット、はおったベスト、デニムに近いライトブルーのパンツがルフィと通じるイメージを感じさせるスタイリング。旬色のオリーブをベストで取り入れ、今っぽいムードを演出しています。

「長い間、くそお世話になりました!」が印象的なサンジ

ルフィ率いる“麦わらの一味”でコックを務めるサンジ。上記の名言やレディーファーストな一面からは礼儀正しい性格もうかがえます。そのためか、着こなしに関してはキレイめなアイテムを取り入れるのが上手。ブラックスーツを着ていることが多いのですが、とくにダブルブレストのジャケットを適度に着崩したスタイルが印象的です。サンジのように、ダブルのジャケットを自分らしく着こなしてみましょう!

サンジと同じダブルブレストのジャケットとパンツのセットアップを着用。パンツのシルエットや丈感で今っぽく着崩しています。インナーのバンドカラーシャツでも今季らしさを上乗せ。

ダブルのジャケットをタイドアップしながらも、ジャケパンスタイルで気持ちカジュアルダウン。旬なベージュを軸にした色合いと、テーパードしたパンツの形状で今季的に仕上げています。

秋らしいコーデュロイ素材のジャケットがメイン。ダブルブレストがクラシカルで新鮮です。ジャケット以外をブラックで連携することで、旬色の主役を強調。クールな印象にまとめた好例です。

「愛してくれて、ありがとう!」とこの世を去ったポートガス・D・エース

主人公のルフィと幼少期を一緒に過ごし、兄のような存在なのがエース。上半身はいつも何も着ていませんが、大きなビーズネックレスが目を引きます。その他のコーディネートに関しても小物使いが印象的。ゴーグルを組み合わせたハット、左手のバングル&ブレスレットなどを巧みに取り入れています。ただし,もっとも注目したいのはやはりネックレス。アクセサリーの中でもビーズネックレスの人気は衰えそうもないので、スタイリングのアクセントとしてエースのように大胆に取り入れてみましょう!

エースといえば、ボリュームたっぷりの真っ赤なビーズネックレス。そんな象徴的アクセサリーを、旬色のカーキを主体としたコーディネートのスパイスとして効かせたお手本です。

ジージャン×スラックスというシンプルで定番的なコーディネートをベースにしつつ、ビーズネックレスで個性を加味した好サンプル。ルーズなパンツのシルエットでも今季らしさを加味しています。

ネックレスに加え、ブレスレットも活用。ハット使いとワイルドな雰囲気もエースさがならのスタイリングです。クラッシュジーンズを用いていますが、黒いトップスで締めて大人なバランスにまとめた手腕も見事!!

時代も世代も超えて愛され続ける不朽の漫画『ルパン三世』

怪盗ルパンの孫、ルパン三世が主人公の物語。初めて発表されたのは何と1967年のこと! 1971年からはテレビアニメもスタートし、映画やほかのメディアにも拡大。最後まで読者を裏切るストーリー展開に加え、ハードボイルドでスタイリッシュな独自の作風で人気を集めました。アニメ作品ではジョークやギャグも多く、時代や世代を超越して幅広い層から支持され続けています。

「裏切りは女のアクセサリーだぜ」といったセリフまでおしゃれなルパン三世

ルパン三世は神出鬼没の大泥棒。優れた知能を技術を持っていますが、お調子者で憎めないキャラクターです。女性に弱いダテ男で、スタイリングもおしゃれ。鮮やかなカラージャケット使いの名手ともいえます。シリーズなどによってジャケットの色は変わるのですが、レッド、グリーン、ブルーといったカラーを見事に着こなしています。少しキザなくらいのカラーリングを取り入れ、コーディネートに刺激を与えてみてください!!

フレッシュなグリーンのジャケットを取り入れるのはかなり難しいので、旬色のオリーブを採用。シンプルに着こなしてもかなり新鮮です。袖まくりやロールアップでこなれ感も醸しています。

鮮やかなレッドはかなりスパイシー。カジュアルな仕様や素材感のジャケットなら取り入れやすいはずです。赤はためらうという人はボルドーのジャケットも狙い目。白いパンツでクリーンな印象も融合し、アウターの色味を引き立てましょう!

美しいロイヤルブルーのジャケットを組み込むだけで、コーディネート全体がフレッシュに映るという好サンプル。ほかのアイテムをモノトーンで統一し、ジャケットのカラーを強調しています。キャップ&スニーカーで適度な抜け感も加味。

「俺は約束を守る男さ」という言葉からも男の美学が滲む次元大介

次元は早撃ちの拳銃使い。ファッションに関しては、ダンディーなスーチングスタイル+ハットがトレードマークです。タイドアップの着こなしをそのまま普段使いに取り入れるのは無粋ですが、スーツをセットアップに置き換え、カジュアルに取り入れるとスタイリッシュに仕上げることができます。色使いもポイントで、ブラックやグレー、ネイビーといったクールなカラーが次元の定番。全身を同系色でまとめる着こなしを盗みつつ、インナーやシューズで適度に着崩せたら完璧です!!

ブラックのセットアップ+ハットでクールにまとめたコーディネート。シンプル過ぎるほどの着こなしですが、だからこそ美しいシルエットと上品な素材感が際立っています。大人はこれくらい潔いスタイルで十分おしゃれ。

ウール混のジャージー生地を用いたセットアップは、少しカジュアルなムード。普段使いに最適です。インナーやスニーカーまでグレーで統一しながら、トーンや質感の変化で表情豊かに仕上げた大人のワントーンスタイルに脱帽!

ネクタイを締めるのではなく、デザインのあるシャツでVゾーンにアクセントを加えたスーツスタイル。次元に通じるダンディズムをスリーピースで表現しつつ、パンツの丈感でさり気なくハズした絶妙な着こなしです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK