そうだったのか。女性ウケが悪いファッションのすべて

そうだったのか。女性ウケが悪いファッションのすべて

見た目は大事。とはいえ、見た目をブラッシュアップするのは難しいもの。でも“NGな着こなしを正解例に近づける”ことは簡単です。NGから正解までの道しるべを解説します。

小松 りこ

2016.09.13

モテ・好印象

「ファッションのせいで女性ウケが悪かった」。そんな経験はありませんか?

「ファッションのせいで女性ウケが悪かった」。そんな経験はありませんか?

女性がかわいいと思っているヘアスタイルやファッションなどを見て、男性目線では「それってどうなの?」と、あまり好感をもてないときってありますよね。それと同じで、男性がいいと思っているオシャレも、女性目線から見れば好感がもてない。モテ服だと思っていたコーデは、ダサ服に見られていることも……。

女性ウケの悪いコーデってこういうこと。

男性的に考えれば「普通でしょ」と思うような着こなしでも、女性の目はごまかせません。そこで、男性がやってしまいがちな“女性的NG”ファッションのサンプルをご紹介。各NG例のあとに、正解例も解説しますのでお見逃しなく。

NG1ダボダボ、ピタピタ……。サイズ感があっていないとだらしない

服を上下合わせてみて、全体のバランスを見てください。普段着ている自分のサイズにぴったりな服でも、トータルコーデをしてみたら全体的な印象が“ダボダボ”“ピタピタ”になっていて女性からは「だらしない人」という印象をもたれてしまうことも。

女性ウケの悪いコーデってこういうこと。

シャツの肩の位置が中途半端に落ちているものは、基本的にNG。いくらオーバーサイズが気分とはいえ、「サイズ違いと気がつかずに着用している」パターンは裏で陰口をたたかれているかも……。また、パンツのウエストがゆるく、いわゆる”腰パン”になっていないかどうかも要注意ですよ。

サイジングはジャストサイズが基本です。爽やかな印象を与える白シャツは、自分のバストや肩幅に合った程よいサイズ感+襟元の露出も少なめに清潔で紳士的な印象。ジーンズでラフ感をプラスし近寄りやすい雰囲気も出しつつ、パンツはタイトにすっきりと着こなすことで大人らしい印象も加味されています。

NG2ボロボロすぎるアイテムは清潔感がない

ダメージ加工の度が行き過ぎたオシャレは、女性から見るとただのボロボロファッションに見えてしまいがちです。ダメージデニム×ダメージTシャツなどの組み合わせは、合コンなどの場でモテたいなら避けるのが無難です。

女性ウケの悪いコーデってこういうこと。 3枚目の画像

加工ではなく、リアルにはきつぶしてしまったジーンズはナンセンス。両脚ともに膝小僧が全開になっていると、それだけで”ちょっとイタイ人”に見えかねません。「大人なのに、恥ずかしくないの?」と思われてしまうかも。

ダメージの主張が強すぎないデニムに、爽やかなホワイトボーダーを合わせて清潔感を意識したコーデ。足元にはサンダルを素足で合わせてすっきりと。

NG3全身真っ黒は近寄りがたい

黒はどんなコーディネートにも合わせやすく選びやすいカラーですが、全身黒でまとめておけば無難というのは違います。差し色で明るいカラーを取り入れ、爽やかな印象をプラスした方が女性ウケは◎。

女性ウケの悪いコーデってこういうこと。 5枚目の画像

男性視点ではOKなオールブラックですが、何から何まで”まっくろ”というのは避けたいもの。クールな演出として狙ったつもりが、”積極的に避けたい人物”として認識されてしまうかも……。

ブラックパンツに、ホワイトのシャツを合わせた清潔感のあるモノトーンコーデ。靴もブラックで揃えれば、バランスのとれたツートーンコーデの完成です。アクセサリーで色みを取り入れるのもアリですね。

NG4個性は大事。でも“特殊すぎる”のは女性的にナシ

「柄×柄」や「奇抜なカラー」を合わせたファッションセンスは、女子からの評価は低いです。ただの“派手好きな変わり者”と思われてしまったら、合コンなどの場では完全に近寄りがたいと思われ、仲良くなるのが難しくなってしまうことも。

女性ウケの悪いコーデってこういうこと。 7枚目の画像

上下で異なる柄&色みも違うとなれば、その着こなしは”女子的NG”の筆頭候補です。着用者の好みとはいえ、やはり奇抜に見える組み合わせは避けるのがベターですよ。

柄のないシンプルなひざ丈ハーフパンツに、サマーニットを合わせたコーデからはオシャレな大人の余裕が感じられ女子からは好印象です。

NG5リュックは一歩間違えれば、“オタク”っぽく見られちゃう……

男女共にリュックの人気は止まりません。とくに、男性の場合は持ち歩くものもないのに欲しくなってしまうほどのトレンドアイテムであり、空っぽのリュックこそオシャレといっても過言ではありません。しかしそのリュック、組み合わせ次第ではオタク感が漂います。

女性ウケの悪いコーデってこういうこと。 9枚目の画像

リュックのNGポイントは非常に難しいところ。あえて指摘するならば、サイズ感と背負い方。とくにサイズ感は重要で、あなた自身の体型の割にリュックが小さいとなれば、そこには違和感が出てしまいますよね。「幼い頃とは体格が違うのに、なぜ子供が背負うようなリュックを使っているのか」という素朴な疑問を抱かせないバッグ選びが重要です。

Tシャツ×ハーフパンツのシンプルでラフな組み合わせですが、ボーダーパンツを選ぶことでぐっとオシャレに。バランスを見たとき、重くならないスニーカーを合わせることでリュックの重みが軽減されオシャレなコーデになります。

ご存じでしたか? 女性が見ている男性ファッション、5つの視点

女子は、男性を見るときにチェックするつもりがなくても自然とチェックしてしまう場面が多々あります。気付かなければ気にならないことも、一度目につくと頭から離れなくなってしまう女子もいますので気をつけましょう。

視点1そのシャツ、“シワシワ”になってない?

そのシャツ、“シワシワ”になってない?

シャツがシワシワなことによって、それを見た女子は男性の普段の生活を想像してしまいます。私生活がだらしないと思われるのはもちろん、そのシワシワを着ていて恥ずかしくないオシャレに無頓着な人と思われてしまいますので、せめてシャツはハンガー掛けを心がけてください。

視点2あなたのお気に入りの靴、汚れてない?

あなたのお気に入りの靴、汚れてない?

どこに行ってきたの? と思わず聞きたくなるほど汚れがひどく、ましてや穴が開いているなんてもっての外。フォーマル系でまとめたコーデの革靴に、汚れがついていたり擦れていたり……そんな細かいところでも、女子は気にする人って多いですよ。

視点3ちょ、ちょっと……。その“汗染み”って何をアピールしてるの?

ちょ、ちょっと……。その“汗染み”って何をアピールしてるの?

満員電車に揺られていたり、店内が少し暑いなーと思ったら要注意。汗染みになっているかも。ほんのり色のついたシャツやグレー系のTシャツなどを着ていく場合はとくに意識してください。少しの汗でも変色して目立ちますので気をつけましょう。

視点4いつまで学生気分なの? “腰パン”はありえない

いつまで学生気分なの? “腰パン”はありえない

腰パンファッションは、女子にとって少しやんちゃなイメージがあります。パンツを腰ではいてしまうクセがついている男性は、大人な雰囲気作りを目指してフォーマルスタイルにも対応できるように、タイトなパンツにも挑戦してみてください。

視点5絶対イヤ。 乳首が浮き出てますよ……

絶対イヤ。 乳首が浮き出てますよ……

TシャツやYシャツを1枚で着て、鏡の前では気付かなかったけど少し肌寒い場所に行ったら乳首が浮き出てしまっているなんてことにならないためにも、薄め生地のものやフィット感のあるものを着る時は、インナーを着用するように心がけてください。

意外と知らない。女子が苦手なアイテムを一挙公開

女性と男性とでは、好みの違いや細かいところまでチェックされていることが理解できたのではないでしょうか。「女って面倒だな」と思っているでしょうが、大事なことですよ。最後に、女子ウケの悪いアイテムを紹介しますのでこちらも参考にしてみてください。

アイテム1オタクっぽいウエストポーチ

オタクっぽいウエストポーチ

先ほど紹介した、「リュックは一歩間違えればオタクっぽい」のと同じでウエストポーチはオタクのイメージが強いです。オシャレにコーデしていれば問題はありませんが、男性目線と女性目線とでは受ける印象がまったく違いますので要注意です。

アイテム2胸元が開きすぎなインナー

胸元が開きすぎなインナー

胸元ががっつりと開いたインナーに、シャツなんかを着ただけの露出の激しいコーデはNG。いくら筋肉に自信があったとしても、男性の胸元の地肌に引いてしまう女子も多いですし、ただの肌着のように見られてしまうこともありますので注意。

アイテム3黒のロングブーツ

黒のロングブーツ

男性では好きな人も多いハイカットのブーツも、度を超えてロングなものは女性から見て軍隊や魚屋さんのように見えてしまうことも。女性ウケを狙うなら、シンプルで清楚なアイテムを使ったコーデを心がけたほうが良さそうです。

アイテム4レザーパンツ

レザーパンツ

ハリウッドスターがはくとカッコよく決まるレザーパンツも、女性はあまり好みません。パツパツすぎるフィット感は、体のシルエットがわかってしまい、なんだか気持ち悪く感じてしまう女性もいるため注意が必要です。

アイテム5ギラついているベルト

ギラついているベルト

スパンコールやキラキラのパーツがついているベルトや、バックルがゴツいベルトなどはファッションのワンポイントになりますが女性はNGな人が多数。ブラックの革ベルトなど、シンプルで大人っぽい小物がおすすめです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK