ピュアで新鮮。白リュックをアクセントにしよう

ピュアで新鮮。白リュックをアクセントにしよう

カジュアルバッグの定番として人気のリュックの中でも、白のリュックに注目。鮮度が高く、洗練されたイメージのアイテムは、スタイリングのスパイスになること間違いなし!

平 格彦

2015.04.18

バッグ
バックパック・リュック

ピュアなホワイトを選ぶことで、新鮮味をアップすることが可能!

ランウェイで多く用いられるなど、リュックが最近もてはやされている。さまざまなタイプが出揃っているが、今ならトレンドカラーのホワイトを選ぶべき。コーディネートに取り入れることで、旬なアクセントとしても活用することができる。機能性まで追求すれば、デイリーに使用できる愛しい相棒となってくれるはずだ。

自由な発想と職人技が融合する『ホーボー』のバックパック

丈夫でしなやかなオックスフォード生地を採用。縦糸にナイロン、横糸にコットンを起用している。三角形に近いシンプルなフォルムだが、マチが薄めでスマートに背負うことができるのも魅力だ。また、黒いラインがアクセントとして効いている。カジュアルながらシックにまとまっていて、幅広いシーンで活躍してくれる。

独創的な機能美で人気を集める『イザリシー』のELLIP

滑らかなタッチと耐久性を兼備するウルトラスエードや、通気性の高いWラッセルメッシュ地などをポイント使いしたレザー製デイパック。立体的なフォルムが特徴的だ。トップのハンドルは長さが調整できて肩掛けも可能。音楽プレイヤーの本体は内ポケットに入れ、イヤホンコードだけを外に出せるなど、利便性も追求している。

モードな薫り漂う『ダーク ビッケンバーグ』のリュックサック

スポーツのスタイルからインスピレーションを得た躍動感あふれるデザインで人気のコレクションブランド『ダーク ビッケンバーグ』。このチュックサックも、ブラックのラインがスポーティな印象を何気なくプラスしている。コンパートメントが2つ分かれているので、デジタルグッズとその他など、整頓もしやすい逸品だ。

クリーンなデザインに定評のある『スタンダードサプライ』のデイパック

フロント、サイド、内側にポケットを備えつつも、シンプルで上品な表情に仕上げたデイパック。余白美を感じさせ、長く愛することのできるプロダクトを提案するブランドらしい風貌だ。ジャケットを用いたキレイめなコーディネイトにも対応してくれる。ブラックやネイビーなどのカラバリもあるが、やはりホワイトが新鮮!!

合わせて読みたい:
シンプルを好む大人に。スタンダードサプライのバッグがちょうどいい

サーフ系ブランド『MEI』のノーブルなリュックサック

カリフォルニアのサーフシティ、ハンティントンビーチが『MEI』の拠点。そんなエリアのムードを投影したアイテムで人気を集めている。このリュックもベースはサーフ調のシンプルな形状で、素材は丈夫なコーデュラナイロン。ただしホワイトで統一し、シックにまとめている。通常はカラフルなロゴもモノトーンにアレンジ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK