春スタイルをさらりと格上げしてくれるコート5選

春スタイルをさらりと格上げしてくれるコート5選

マテリアル・カラー・テイスト別に春用コートのオススメモデルをピックアップ。さらには、ちょっと新鮮な印象のレインコートも。

ライターK

2015.04.17

アウター
コート

春の大人はコートのバリエーションで差をつける!

重たく見えがちなコートですが、生地感やカラーにこだわればそんな心配も皆無。ここでは、むしろ軽快に見せてくれるスプリングコートを5点厳選してお届けします。

Item1清涼素材! 『ヤエカ』のコットンリネンコート

リネン51%×コットン49%という割合で、さらりと心地よく羽織ることができます。着丈は短めで、余計な装飾を排したすっきりデザイン。少しくらいのシワは気にしないで着るのが粋です。今季のトレンドである白いボトムスと合わせれば、たちまち清涼感あふれる春スタイルが完成します。

Item2劇的な春色! 『カトー ベーシック』のステンカラーコート

春の日差しに映えるイエローカラーが気分まで明るくしてくれそうです。薄手のコットン1枚仕立てなので、羽織り心地はシャツ感覚。白いTシャツにレイヤードすると、見た目も着心地も爽快感たっぷり!

Item3カジュアル代表! 『キャピタル』のショップコート

『キャピタル』は、デニムの生産地として世界的に知られる岡山県倉敷市児島に本社を置くメーカー。こちらのショップコートは、8オンスの薄手のデニムを使用しているので軽快に羽織れます。ウエストベルトを装備しているので、ボタンを閉めずにベルトだけを軽くしばってみるなど、着こなしに変化を持たせることも可能。

Item4ドレッシー代表! 『ジャーナル スタンダード』のチェスターコート

今年の秋冬は、とにかくチェスターコートが流行りました。チェスターコートといえば、ウール地が使われていて寒い時期に着用するものというイメージですが、コットンリネンのタイプライター生地で作られた春用モデルもあるんです。こちらは、グレーのカットソーといった明るい色を合わせても、かなり洒脱なのでは。

旅行やフェスに! 『マーモット』×『ビームス』のモッズコート

梅雨やフェスのシーズンに備えて準備しておきたいのがレインウェア。『ビームス』がアウトドアブランドの『マーモット』に別注したこちらは、耐水性と透湿性に優れたナイロン製で、モッズコートのデザインになっているのがポイントです。収納袋が付いているので、これからの季節、キャンプや旅行に持っていくのに便利。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK