素材&色からピックアップした秋のスニーカーリスト

素材&色からピックアップした秋のスニーカーリスト

そろそろ着こなしは本格的な秋モードに突入。となれば、洋服だけではなく足元もシフトする必要あり。秋仕様のシックなスニーカーを手に入れ、装いの完成度を上げましょう。

山崎 サトシ

2018.09.19

スニーカー
秋の着こなし・コーデ

秋本番、スニーカーも衣替えしませんか?

ウェアは秋仕様へと変えたのに、スニーカーは夏のまんま……。そんなチグハグな着こなしは大人に不相応と言わざるを得ません。“おしゃれは足元から”なんて言葉はいささかベタではありますが、足元を秋っぽいスニーカーに衣替えするだけで、コーディネートは一気にアカ抜けます。

秋スニーカーの本命はずばりこの3タイプ!

では、秋っぽいスニーカーとは具体的にどのようなデザインを指すのでしょうか? 今シーズンの本命となりそうなのは下記の3タイプです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

▼タイプ1:レザー素材の辛口スニーカー

程よい重厚感とエレガンスを併せもったレザースニーカーは、秋の落ち着いた着こなしとベストマッチな好アイテム。履けば履くほど味が出るのもレザースニーカーの持ち味です。

アイテム1『バンズ』オールドスクール

オールドスクールといえばキャンバス素材が定番ですが、『417エディフィス』の別注ではアッパーをマットなレザーに変更。素材を変更したことにより、オールドスクールならではのストリート感とラグジュアリーな表情がMIXされたハイブリッドな1足に。

アイテム2『アディダス』×『トゥモローランド』BW ARMY

『アディダス』の直営店舗と『トゥモローランド』のみで展開されているBW ARMYは、ミリタリーシューズの定番であるジャーマントレーナーがベース。光沢感のあるレザーにより、ミリタリーシューズ然としながらも品の良さが加わっています。

アイテム3『リーボック』 DMX RUN 10 GUM

1997年に登場したDMX RUN 10は、昨今の90年代トレンドともマッチする“今、狙い目”のスニーカー。独特なガムソールの形状やスポーティなムードは人気のスポーツMIXコーデに取り入れるにはうってつけですよ。

アイテム4『コンバース』レザーオールスター

説明不要の1足ではありますが、定番素材ではなくレザー仕様のこちらも汎用性の高さが魅力。オールブラックのシックな見た目は、秋のコーディネートにもハマります。

アイテム5『ターミガン』×『スティーブンアラン』スムースレザーシューズ

ホールド感を高める、ワイヤーとダイヤルによるフリーロックシステムを採用する『ターミガン』の1足に『スティーブンアラン』ならではのアレンジが加わった1足。通常はスエード素材で展開されていますが、こちらはよりシックなスムースレザー仕様に。「人とかぶりたくない」という方にもおすすめです。

アイテム6『ハフ』Dylan Slip-On

ミニマルなルックスですが、履き心地は上々。さすがはスケーターブランドと言ったところですが、こちらはインソールに「ハイドロスナフ」という衝撃を吸収し通気性、防臭も兼ね備えた逸品を採用しています。

アイテム7『ディーゼル』メンズスニーカー

ジーンズに定評がある『ディーゼル』ですが、そのデザイン性の高さを踏襲したスニーカーも秀逸作ばかり。今季らしいダッド感を香らせながらも、程良くスマートに仕上げた1足は今が狙い目です。

▼タイプ2:ほっこりとした起毛素材のスニーカー

スエードやツイードなど、ほっこりとした表情の起毛素材を使ったスニーカーも、季節感たっぷり。比較的防寒性が高いという、実用的なメリットもあります。人気ブランドから多数リリースされているので、こちらも要チェックを。

アイテム1 『ティモシーエベレスト』×『ムーンスター』バルカナイズウールスニーカー

『ティモシーエベレスト』×『ムーンスター』バルカナイズウールスニーカー

英国の高級紳士ブランド『ティモシーエベレスト』で使用されるウールフランネルをアッパーに採用した、ぜいたくな1足。随所に施されたパープルの装飾がノーブルな印象を醸します。

アイテム2『コンバース』ジャックパーセル

見慣れたジャックパーセルも、ニュアンス豊かなスエード素材だと新鮮な面持ちです。シックで大人な雰囲気を醸し出すブラックのワントーンカラーなので、上品な着こなしともマッチします。

アイテム3『デデスケン』本革スエードスニーカーソールシューズ

目の細かなスエードを駆使した端正なアッパーデザインとは裏腹に、ソールはボリュームをもたせていてスポーティ。そのギャップ感がなんともユニークなモデルです。深みのあるレッドも秋の着こなしにマッチ。

アイテム4『リーボック』クラブC 85 SG

1985年にテニス専用のコートシューズとして誕生したクラブC 85。アッパーには高級感あるリアルヌバックが使用されています。ちらりとのぞくガムソールがクラシカルなムードを加味。

アイテム5『アディダス』ガゼル ビンテージ

不動の人気のガゼル。グリーンの柔らかいヌバックのアッパーが秋の着こなしをカジュアルに演出。レザーに馴染むように計算されたゴールドのトレフォイルロゴが、さり気なく個性を主張します。

アイテム6『トローヴ』ビブラモック Ver:1.2

国内タンナーの協力により開発された、オリジナルの防水ヌバックレザーを使用。多少の雨であればまったく苦にしません。アウトソールには高機能なビブラムソールをセレクト。

アイテム7『ニューバランス』M996

言わずと知れたM996ですが、こちらはMADE IN USAモデルの30周年を記念して作られた限定モノ。当時の質感を再現した上品なアッパーと同ぶらんならではのレトロなルックスは、ファンならずとも要チェックです。

▼タイプ3:シックなダークトーンのスニーカー

そしてもう1つが、ブラック・ブラウン・カーキといったダークトーンをまとったスニーカー。カラーリングで秋らしさにアプローチするのも大いに有効です。主張しすぎない色だからどんなスタイリングにもハマりやすく、1足あれば頼りになる相棒となってくれるはず。

アイテム1『ナイキ』SC NIKE SB ズームブレザー LOW スニーカー

単色に統一した暖かみがあるブラウンカラー。美しいフォルムで秋コーデが様になるデザインです。スケートボードシューズの仕様なので軽量Zoom Airクッショニングを組み合わせ履き心地は抜群。

アイテム2『オニツカタイガー』タイガーアライアンス

1980年代に発表されたランニングシューズ、アライアンスをベースとした逸品。αゲルを内蔵した成型ミッドソールを採用し、驚異的なクッション性を誇ります。深みのあるオリーブカラーで足元はナチュラルに。

アイテム3『ニューバランス』ML574

人気の『ニューバランス』からも秋色バーガンディーが登場。従来のシューズ構造をアップグレードしより快適なフィット感を実現。シックなヘリテージカラーで秋色映えのコーディネートに加えてみては。

アイテム4『ザ・ノース・フェイス』トラバースTRレザー

撥水性の高いフルグレインレザーアッパーや2層構造のミッドソールなど、高いスペックが光ります。モノトーンカラーなのできれいめ&カジュアル、どちらの装いにもフィット。秋冬の重めの着こなしにも負けない1足。

アイテム5『スピングルムーブ』レザースニーカー

伝統的なバルカナイズド製法で作られたスニーカー。アッパーには丈夫で軽量なカンガルーレザーを使用、中敷き素材には天然ゴムをピックアップし、包み込むような履き心地を実現しています。シックなネイビーで上品な足元に。

アイテム6『プーマ』ステイツAA

『プーマ』ステイツAA

『プーマ』の名作コートシューズたるステイツを、ストリートテイストにアレンジしたのがこちらのステイツAA。アッパーのリアルレザーはイタリアの工場にて仕上げられています。落ち着いた深い色みが季節感のある足元をメイク。

アイテム7『サッカニー』シャドウ オリジナル

1985年にランニングスニーカーとして登場したシャドウオリジナル。軽快な前進運動を促すアウトソールとレトロなデザインは今も健在です。ベージュとカーキをメインカラーにすることで、秋らしさを見事に好演。

真似たい足元! 秋のスニーカーコーデ好サンプル

最後は、秋顔のスニーカーを巧みに履きこなすファッショニスタたちの着こなしにフォーカス! 今すぐにでも真似したい、高感度なスニーカーコーデを一挙ご紹介しましょう。

ゆるいサイズ感のリラックスコーデですが、ダークトーンでまとめているので大人っぽいイメージです。『リーボック』のポンプフューリーも全体の色合いに合わせてブラックを選択。

程よくかっちりとしたブリティッシュトラッドスタイル。ハリスツイード素材を使った『フランチェスコ』のスリッポンで、コーディネートの英国感をいっそう高めています。

ジャケットコーデのハズしとして起用したのは、『アダム エ ロペ』別注の『サッカニー』。カジュアル感が加わると同時に、カーキ&ベージュを基調としたカラーが秋らしさを促進します。

クリーンな着こなしの足元に持ってきたのは、『ランバンオンブルー』のスエードスニーカー。適度な起毛感がスタイルに温かみをもたらします。端正なライトグレーだからコーデとの相性も良し。

『ユナイテッドヌード』のスエード×レザースニーカーで、スタイリングに季節感を付加。さらに、着用したカーキのVネックも秋らしいムードを創出する一助となっています。

ブルーのシャツは清涼感が前に出がちですが、ボトムス&シューズをダークトーンでリンクさせることで、季節はずれに見えないようにコントロール。バッグでの引き締めも効果的です。

マウンテンパーカ×ショーツのアクティブなスタイル。下手をうつと子供っぽく見えますが、落ち着きのあるダークネイビーのスニーカーを足元に抜てきすると、全体の雰囲気が落ち着いて大人っぽい風貌に。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK