あの銘品、501に新シルエットのテーパードモデルが!

あの銘品、501に新シルエットのテーパードモデルが!

ストレートシルエットの『リーバイス』501は、デニムの歴史にその名を刻んだ永遠のオーセンティック。その501がモダンなテーパードシルエットに変貌した501CTが今季登場!

ライターT

2015.04.16

リーバイス(Levi's)
ボトムス
ジーンズ

色バリ、ダメージ加工のタイプも。上品なリジッド、そしてホワイトがオススメ。

直営店でのカスタムサービスであるデニムのサイズ、シルエット直しでは、ストレートシルエットであるオリジナルの『リーバイス』501の裾をスリムに変更し、今っぽく履きこなすことができるテーパードシルエットにするというお客さんが多数。そんな背景から誕生したのが、この501CTなんです。

Item1501CT リンスカラー

きれいめの着こなしには、濃密なインディゴカラーが映えるリジッドが最適! コーディネートにも取り入れやすく、着回し力の高いカラーなんです。ラフにロールアップして足元にポイントを作ればカジュアルに、細くひとつだけ折り返せば革靴にも似合う上品なスタイリングにすることができますよ。

Item2501CT ホワイトカラー

これは激売れするんじゃないでしょうか。デニム生地の肉感と透明度の高いホワイトのクリーンな色合いが同居し、さらりと品良さを演出してくれる白デニム! スニーカーやシャツ、ジャケットまで白であわせたくなってしまいそう。こちらもリジッド同様、着回しにも重宝するアイテムですね。

Item3501CT ライトカラー

ひざにハードなクラッシュを効かせたタイプもいい感じ。ブリーチをかけて淡い水色に仕上げているので、ダメージ加工もハードな印象というよりも、程良く効かせたツイストとして機能します。靴も白いローテクスニーカーをあわせて、あくまでもクリーンな着こなしを心がけるのが正解です。

Item4501CT ダークカラー

ムラ感のある色落ち加工を施してヴィンテージライクに仕上げたタイプは、肩の力を抜いた無造作なスタイリングで、モダンなアメカジスタイルに使えます。ヒザ下を絞ったスッキリとしたシルエットなので、スニーカーにツークッションさせても程良いシワ感で、足首にポイントが作れるんですよ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    ユニクロのジーンズ、みんなどうはいてる?おしゃれに見せる8つの法則

    ユニクロのジーンズ、みんなどうはいてる?おしゃれに見せる8つの法則

    高品質なのに低価格。汎用性の高いベーシックなデザインも加わり、圧倒的な人気を誇る『ユニクロ』のジーンズ。着こなしをスタイリッシュに見せる法則をご紹介します!

    平 格彦

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

    大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

    メンズのマストハブであるテーラードジャケットは、定番だからこそ着こなしで差別化を。相性抜群のアイテムと、これを活用したジャケットコーデ30スタイルを紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    BACK