秋だって楽しみたい。夏のボーダー着回しコーデ帖

秋だって楽しみたい。夏のボーダー着回しコーデ帖

春夏のイメージが強いボーダー柄。しかし、定番の柄として秋も継続して取り入れたい人も多いはず。そこで秋でも違和感なく取り入れるための着こなし方を紹介する。

菊地 亮

2016.09.01

トップス
カットソー
ボーダーカットソー
秋の着こなし・コーデ

”ボーダー=夏”だけじゃない。秋もボーダーを活用しよう

ボーダー柄は春夏のイメージが強いとはいえ、いわばメンズカジュアルではお馴染みの柄。ゆえに、1年を通して活用できる頼もしい存在でもある。では夏と秋とでは合わせる際にどのような違いがあるのか。それを明確にしながら秋のボーダーコーデをひも解こう。

夏のボーダーコーデサンプル

開放感を存分に満喫したい夏のボーダーコーデ。持ち前の爽やかさを前面に押し出し、ショーツやサンダルとのマッチアップで程良く海っぽさを漂わせたスポーティな着こなしが王道。

秋のボーダーコーデサンプル

秋のボーダーコーデは夏とは一転シックさを重視。白が中心だったカラーも、モノトーンやアースカラーを多めに採用しながら、すがすがしさを程良いアクセントとして使いたい。

夏ボーダーを秋コーデに着こなす活用術

夏ボーダーをいかに秋仕様へとシフトさせるか。それを巧妙に実践した着こなしサンプルを紹介しながら、そのポイントやテクニックを披露。これらを参考に秋のボーダーコーデを楽しもう。

ボーダー活用術1▼ミリタリーアイテムの投入で男らしさを盛る

ボーダー柄が醸す夏っぽさを中和するなら、粗野感が男らしさをあおるミリタリーアイテムを採用するのが最短ルート。今やトレンドの最先端を走るアイテムだけに、取り入れやすいのもうれしい要素だろう。シャツなら武骨さを気にせず気軽に羽織れるのでおすすめだ。

センターラインから見えるボーダー×チェックの柄合わせがキモ。うるさくなりがちだが、ピッチに違いをつけ、さらに全体をブラックでまとめたことでうまくなじませている。

ボーダートップスとスウェットパンツは今や相思相愛の間柄。夏の“お決まり”ではあるが、その上にミリタリー系アウターを羽織るだけで、見た目はすっかり秋気分に。

ミリタリーシャツが放つ武骨さや、黒のスキニーパンツが備えるシャープさがボーダーのイメージを変える特効薬に。ラフになりすぎないよう小物で引き締めている点も優秀。

軍シャツとソリッドな黒パンによるヘビーな印象が秋らしさを強調。袖丈の異なるアウターとインナーをレイヤードさせたことで、脱・普通を実践した点も見逃せないテクニック。

ボーダー活用術2▼ブルーデニム→ブラックデニムへ

サーフルックやマリンルックに、まるで日焼けしたような色褪せたデニムは欠かせない。だからこそボーダートップスともウマは合うがそれでは夏感を払拭できない。そこでぜひとも黒をお試しあれ。クールな趣が、夏→秋への自然なシフトチェンジを促してくれる。

ゆったりめなトップスに細身のジーンズを合わせたシルエットギャップがおしゃれさのカギ。細ピッチの白ボーダーが夏の名残を感じさせるが、随所に入れた黒ジメが効果的アシストに。

アウターにボマージャケット、ボトムスにブラックデニムを選択し、インナーはボーダーTを加えながらネック部にはエレガントにスカーフをひと巻き。その甘辛ミックスが絶妙。

ネイビーの採用やボーダートップスと、一見マリンぽさが漂いそうな着こなしも、ミリタリーアウターを選び、ボトムスやハットに黒を選んだことで全体が落ち着いた印象に。

柄トップスやキャップ、スニーカーなど、セレクトしたアイテムはカジュアル系。浮き足立ちそうな合わせだが、トレンチコートや黒デニムによってグッと大人っぽく仕上げている。

ボーダー活用術3▼アースカラーを投入する

夏のボーダースタイルはホワイト×ネイビーがメインカラー。となれば、すがすがしいその配色からの脱却を図ることでおのずと秋ボーダーへとイメチェンすることが可能ということ。狙い目は何気に旬も匂わせることのできる、カーキやブラウン、ベージュアースカラー。

クリーンなホワイト基調のボーダートップスをインナーへ。それでもなお夏ルックのような浮ついた印象を抱かせないのは、グレーアウターと軍ライクなカーキボトムスのおかげ。

インナーに差したグリーン×ホワイトのボーダーカットソーや、濃紺のジーンズとの組み合わせが実にみずみずしい。ただ、そこへベージュのコートを添えたことで表情を一変させた。

バスクシャツやスニーカーで開放感をチラつかせながらも、コートやスラックスといったフォーマルアイテムで大人らしさをキープ。そのヌケとシメのバランスがおしゃれのヒケツ。

太ピッチのボーダーTで爽やかさをアピールしつつ、カーキのMA-1やベージュのチノパンに見るミリタリーアイテムの追加で男もあげた着こなし。足元の何気ない遊びも効いている。

ボーダー活用術4▼レザージャケットでヘビーさを追加する

夏ボーダーの長所としてあげられる軽快感。春夏には必須だが、ネクストシーズンを考えると季節遅れ感を露呈する危険性も伴う。そこで、ウェイトを適度に上乗せすることがシンプルな処方箋に。タフさと艶っぽさを備えるレザージャケットはまさに適任だ。

内側から主張する太ボーダーのインナーの上に、オーセンティックなダブルのライダースをさらり。さらにテーパードシルエットの黒パンを加えて軽々しさをしっかり抑制している。

上質なラムレザーを使用したシングルライダースをあえて肩掛け。ハイネックのインナーで品良く見せつつ、ボーダーTやレトロスニーカーなどヌキどころをわきまえた合わせはさすが。

ボーダーカットソーとスウェットパンツの夏の定番コンビ。ただ、そこ革ジャケを加えるだけで男らしいルックスに豹変。小物に白を使いクリーンさをキープした点も抜け目なし。

ボーダーTに腰巻きしたチェックシャツ、そして足元は山靴。そのリラックスしたアイテムを、ヘビーなレザージャケットやシャープなスキニーシルエットの黒パンで秋風に料理。

ボーダー活用術5▼テーラードジャケットを合わせてキリッとさせる

夏は開放感が大きなカギを握るが、こと秋スタイルとなれば話は別。その浮ついたイメージをどのようにクールダウンさせるかがポイントになる。そこでドレスコードのテーラードジャケットが格好のアイテムに。りりしさと茶目っ気の二面性を同時に表現できる。

夏ボーダーのお約束であるバスクシャツに、濃紺のジーンズやホワイトスニーカーを添えた爽やかなスタイリング。そこへグレージャケットを羽織ったことで端麗な容姿へ昇華させた。

色褪せデニムやショーツへ合わせていたいつもの夏ボーダーを、スーツのセットアップのインナーへ。それによりカジュアルシーンでも通用するスーチングと新鮮さを手に入れた。

ボーダーインナーへジャケットとスラックスをミックス。ただ、ジャケットはノーカラーを、スラックスは側章入りを、足元はスニーカーを選び適度にハズしている点が好プレー。

テーラードジャケットと同色のボトムスを選んだセットアップ風。そのボトムスはというと、リラックスしながらはけて、ボーダーカットソーとも同調しやすいスウェットパンツ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    この春はカジュアルにもきれいめにも使えるボタンダウンシャツに注目。今回は、ボタンダウンシャツの基本的な選び方からおすすめのアイテム、着こなし方までお届け。

    大中 志摩

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    紺色がもたらす好印象。ネイビーコーデを覚えよう

    紺色がもたらす好印象。ネイビーコーデを覚えよう

    定番色のなかでも、特に大人に取り入れてほしいのがネイビーです。その理由をオン・オフのおすすめコーデとともにお伝えします。ネイビーコーデはしっかり覚えましょう!

    近間 恭子

    バンズのスニーカーはどれを選ぶ? どう履く? 人気&定番モデルを徹底攻略

    バンズのスニーカーはどれを選ぶ? どう履く? 人気&定番モデルを徹底攻略

    熱狂的なファンが多い『バンズ』のスニーカー。そのなかから、クラシック感が魅力の定番モデルをピックアップして詳しく解説します。着こなし術も合わせて一挙に紹介!

    平 格彦

    大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

    大人の定番。テーラードジャケットの着こなし30スタイル

    メンズのマストハブであるテーラードジャケットは、定番だからこそ着こなしで差別化を。相性抜群のアイテムと、これを活用したジャケットコーデ30スタイルを紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    BACK