今年はデニムの当たり年!春はジージャンがマストです

今年はデニムの当たり年!春はジージャンがマストです

定番でありながら、トレンドという意味では長らく影をひそめていたデニムが、今年大復活。デニム=ジーンズではありません。ジージャンの人気も急上昇しています!

CANADA

2015.04.15

アウター
ジャケット
デニムジャケット・Gジャン
春の着こなし・コーデ

デニム地のアウターといえば、Gジャンです。

デニム人気に乗って、今年はGジャンのバリーエションが特に豊富。定番のデザインから個性を出せるデザインまで、好みに合わせて買い揃えて。

濃紺Gジャン

濃紺Gジャン

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

ダメージや強く洗いのかかっていない、もっともベーシックなGジャン。着古した感がないので、きれいめに着こなしたい方におすすめ。また、1年を通してどの季節にもマッチするのがメリット。

アイスブルーカラーGジャン

アイスブルーカラーGジャン

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

よりこれからの季節らしい爽やかさを出したいなら、洗いのかかったアイスブルーカラーを選びましょう。春はインナーにシャツやパーカを合わせて、初夏は中にTシャツを合わせるなど、着回し力も抜群です。

ブラックGジャン

ブラックGジャン

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

ロックな着こなしやGジャンを男らしく着こなしたいなら、ハードなイメージが出せるブラックをチョイス。こちらも、濃紺のGジャンと同様に、秋冬シーズンまで着られます。

ホワイトGジャン

ホワイトGジャン

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

今年は白いパンツが流行っていますが、トレンドを一歩先取りたいならGジャンで白を取り入れてみては? ファッション感度の高い人には、パンツも白にした、オールホワイトで着こなす人も増えています。

ブリーチGジャン

ブリーチGジャン

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

激しくブリーチをしてグラデーションを表現。パッと見で目を引く存在感が、コーデのポイントになってくれます。また、トレンドのデニムonデニムのスタイリングにも取り入れやすいのが魅力。

バック刺繍入りGジャン

バック刺繍入りGジャン

LEVI'S E-SHOPLEVI'S E-SHOP

お気に入り追加

背中に「ENDLESS OCEAN BLUE」の3色刺繍入り。ポップすぎない文字刺繍が好印象で、タウンにもサーフシーンにもハマるデザイン。ボトムは濃色デニムで引き締めるとカラーバランスがいい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

    リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

    メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

    ライターR

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK