足元にトレンドを。2018年の新作スニーカーカタログ

足元にトレンドを。2018年の新作スニーカーカタログ

スニーカーの人気は衰えるどころか、その範囲を拡大中。デザインやカラバリの種類も増えています。そのなかから、今春らしいスニーカーをえりすぐって紹介しましょう。

平 格彦

2018.04.02

スニーカー

2018年もスニーカーシーンは群雄割拠の様相

トレンドという定義を飛び越え、幅広いシーンで市民権を獲得しているスニーカー。当然ながら、今年も人気が衰えることがありません。バリエーションは拡大し、ブランドやモデルの人気も分散。おしゃれな人ほど自分の好みや着こなしに合ったスニーカーを選んでいます。

それでもあえて傾向を分析するなら、名作や定番モデルに現代的な要素を加えたローテクタイプは2018年春も根強い人気。また、最先端のテクノロジーを採用したハイテクタイプもリリースされるたびに注目を浴びています。さらに、人気急上昇の新興ブランドも登場! つまりはどれを選んでもハズすことはないので、自分に合う1足を見つけ出すしかないということです。

スニーカーで鮮度を演出! 新作から探す自分らしい1足

人気が高いニューモデルの中から、この春に選ぶべきおすすめのスニーカーを12足ピックアップ。春らしさや今っぽさが演出できる逸品ばかりなので、好みや目的に沿うスニーカー選びの参考にしてみてください。

新作1『アディダス』×『エディフィス』別注サンバ

今年はサッカーのワールドカップが開催される年。ということで、サッカーシューズがベースとなっている『アディダス』の人気モデル、サンバに注目。とくに『エディフィス』の別注品は、いかにもサッカーシューズというムードではないところが新鮮。アッパーに高品質なヌバックを採用しつつ、ワントーンでまとめて上品に仕上げています。ガムラバーソールのレトロ感も大人の着こなしにマッチ。

新作2『ニューバランス』CT10

春らしい爽やかさを演出するなら、今季もオールホワイトのスニーカーが本命。テニス系のコートスタイルシューズなら、さらに爽快な足元を築くことができます。そんな目的でのイチ推しは、『ニューバランス』のCT10。1970年代のモデル、WT30をキャンバス地アッパーとインジェクションEVAソールでアレンジした新作。ワントーンのシックでレトロな面持ちと、優れたコストパフォーマンスが大きな魅力です。

新作3『ナイキ』ズーム フライ

『ナイキ』の技術の粋を集めて生み出された厚底のランニングシューズが話題を呼んでいます。ズーム フライもそのひとつです。柔軟なフォームと強硬なフォームを組み合わせた分厚いルナロンクッショニングが快適性、衝撃吸収性、安定性、反発性をすべて実現。ミッドソールに内蔵したフルレングスのカーボン混ナイロンプレートが、前に押し出す推進力を与えてくれます。また、アッパーはフライメッシュで軽量性、通気性、フィット性を完備。そんな実力派のスニーカーですが、厚底の見た目が新鮮でファッションアイテムとしても狙い目です。

新作4『ホカ オネオネ』

定番ブランドのリストに割って入るほどの勢いで人気を高めている2009年スタートの新進ブランドが『ホカ オネオネ』。特徴的な名前は、ニュージランドのマオリ族の言葉で“Time to fly(さぁ、飛ぼう)”という意味を持っています。デザインに関してはボリュームのあるソールが大きな特徴。コレクションの中でも汎用性の高いモデルがこのフバナで、先日は『エンジニアド ガーメンツ』とのコラボレーションも発表されて話題を呼びました。“フパナ”はマオリ族の言葉で“跳ね返り”という意味を持ち、高い反発力を持つ仕上がりが特徴。空を飛ぶような履き心地が体感できます。

新作5『コンバース』ジャックパーセル

オールスターと並ぶ『コンバース』の名作、ジャックパーセル。定番中の定番スニーカーは人とカブることも少なくありませんが、これは配色でさりげない差別化を達成しています。具体的には、つま先のスマイル、ヒールラベル、インソール、アウトソールに太陽をイメージしたレッドを採用。しかもキャンバス地に撥水加工を施しているため、小雨などの悪天候にも対応可能です。葉をイメージしたグリーンを取り入れたタイプや、アッパーのカラバリも展開されていますので、色使いで個性を表現してみてください。

合わせて読みたい: 語り継がれる名作、ジャックパーセル。圧倒的人気は白と黒!

新作6『ニューバランス』×『ビューティ&ユース』別注スケートスタイルAM101

2017年の秋冬シーズンに店舗限定でデビューした『ニューバランス』の「スケートスタイル」コレクションが今シーズン本格的にローンチ。スケートやアクションスポーツをカジュアルに楽しむユーザーのライフスタイルにフォーカスした新しいコレクションですが、『ビューティ&ユース』とのコラボ品は上品な印象で大人の着こなしに難なく馴染みます。3型同時に発売される別注品は、オフホワイトが基調で今春らしいクリーンなイメージ。アメリカの星条旗から色を拾ったアクセントカラーも効いています。スエードがメインのシンプルなスリッポンタイプは汎用性も抜群です。

新作7『ナイキ』エアマックス 270

ハイテク感あふれる、見るからに独創的なスニーカーは『ナイキ』のエアマックス270。エアマックス180とエアマックス93というアイコン的なモデルをフュージョンしたデザインで、『ナイキ』の中で最も大きなエアユニットを搭載しています。しかもカラーコントラストが斬新。コーディネートのアクティブなスパイスになることは必至です。すでに完売間近なので、気になったらすぐに確保を。

新作8『バンズ』オーセンティック

今シーズンのトレンドカラーは春らしさのある色。その代表格がペールトーンのカラーです。そんな旬色を採用した新作スニーカーも狙い目で、こちらはそんなアレンジを取り入れた1足。オールドスクールと並ぶ『バンズ』の名モデル、オーセンティックがベースなので、シンプルで履きまわしやすい面持ちに。ホワイトスニーカーの感覚で着用すれば、今春らしい新鮮味が広がります。

新作9『リーボック』ポンプシュプリーム

空気圧でフィット感が調整できる「ザ ポンプ テクノロジー」を搭載したポンプシリーズの最新モデルとして開発されたモデル、ポンプシュプリーム。こらはアッパーにシームレスのウルトラニットを採用した新タイプで、通気性と柔軟性にも優れています。アイボリーの淡いトーンが春のスタイリングに最適です。

新作10『ニューバランス』×『グリーンレーベル リラクシング』ML574

大人なスニーカーの王道ともいえるグレースエードの『ニューバランス』は、今季もワードローブに欲しい存在です。そして今から新調するなら、今年リニューアルしたモデル、ML574が狙い目です。デザインは踏襲しながら構造をトータルに再構築し、フィット性、クッション性、グリップ性をグレードアップしています。しかもこの逸足は、『グリーンレーベル リラクシング』による別注品。メインのスエードと“N”のロゴを明るいグレーで統一しつつ、白いレザーを適度に効かせた色使いでクリーンかつ上品に仕上げています。ストリート系のラフな着こなしからビジネスカジュアルまで幅広く対応可能です。

新作11『オニツカタイガー』モンク

外国人を中心に人気上昇を続けている『オニツカタイガー』は、独創的なデザインのスニーカーが豊富。だからこそ、あえてシンプルなタイプを選ぶと新鮮です。たとえばこれは、春らしい清潔さを感じさせるコートタイプのシューズがベース。ダブルモンクストラップをモチーフにした形状のベルトで、しっかりと個性もプラスしています。オールマイティに使えて独自性もあるバランス感は、圧巻です。

新作12『ナイキ』 エア ヴェイパーマックス プラス

分割したエアユニットで抜群の屈曲性を実現したのがヴェイパーマックスの特徴。さまざまなモデルが誕生していますが、これは新型の『ナイキ』 エア ヴェイパーマックス プラスです。1998年にリリースされたエアマックス プラスをベースにしつつ、画期的なクッショニングシステムで機能性もデザイン性もアップデート。履くだけで足元からハイテク感を振りまくことができます。

合わせて読みたい: ナイキエアの注目作。ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    KEYWORD関連キーワード

    BACK