季節感を打ちだそう。3つの秋色で作るカラーコーデ術

季節感を打ちだそう。3つの秋色で作るカラーコーデ術

依然として暑い日が続きますが、そろそろ気分のほうは秋服モードという人も多いかもしれません。そこで色使いで秋らしさを加える、初秋コーデを探してみました。

桐田 政隆

2016.08.25

秋の着こなし・コーデ

まだまだ残暑が厳しい9月。色使いを変えるだけで秋の装いが楽しめます

おしゃれ上手な人は、たいがい季節感を大事にしたコーディネートをしています。そこでここからはまだ夏の涼しげな着心地をキープしながら、アイテムの色使いを変えるだけで季節の移ろいを先取りできるコーディネートを考えてみました。

温かみのあるアースカラーで秋コーデにチェンジ

最近ではトレンドのキーワードになっているアースカラー。これはもともと1970年代に流行した土、砂、木、植物などを思わせるナチュラルなカラーリングです。たとえばブラウン、ベージュ、落ち着いた色みのグリーンなどが代表的です。

たとえばこちらの土を思わせるブラウンもアースカラー的な風合い。春夏だともっとライトで爽やかなブラウンが好まれますが、秋冬はこうしたナチュラルな温かみが感じられるほうが気分。ショーツのちょっと色を変えるだけでも初秋らしい季節感が加わります。

▼アースカラーを取り入れた初秋コーデ

それでは温かみのあるアースカラーを取り入れた初秋のためのコーディネートとおすすめのアイテムを紹介していきます。最近は秋冬本番のコーデでも人気の色使いなので、ぜひ予習してみてください。

深みのあるオリーブグリーンのチノを着用。最近のトレンドカラーでもあるので、いつものベージュのチノを、ちょっと色を変えてみるのもおすすめです。また夏だと白Tに手が伸びがちですが、グレーのほうが秋らしくなりますね。

着用しているのはこのアイテム

改良を重ねて開発されてきた、美しいテーパードシルエットが自慢の『ジャーナルスタンダード レリューム』のオリジナルチノ。ストレッチも効いているので、細身ながら快適なはき心地も楽しめます。

マリンボーダーのカットソーとオールホワイトの『テバ』のサンダルに、グリーンのショーツを着用。アーシーなグリーンは、こうした夏らしいアイテムにも合わせやすいと思います。

着用しているのはこのアイテム

コットン×ラミー素材の2タックショーツ。ラミー混の爽やかな肌触りと上品な光沢も魅力です。深めにとった股上と、2タックのリラックス感のあるゆったりとした腰回りも今どき。

ノーカラーのMA-1をシャツ地で仕上げたトレンド感たっぷりのトップスを着用。温かみのあるベージュがフライトジャケットのミリタリーテイストをマイルドに仕上げています。ベージュのサンダルで色を拾っているのもおしゃれ。

着用しているのはこのアイテム

ぜいたくに超長綿を使用したタイプライタークロスを使用。上品な光沢と適度なハリがあり、ノーカラーデザインでカーディガン感覚で着られるのも便利。ディテールはMA-1なのでアウターライクな存在感もあります。

深みのあるカラーで秋コーデにチェンジ

ここからは秋冬テイストを盛りあげる深みのあるカラー、ワインレッド、マスタード、モスグリーンを使ったコーディネートを紹介。その効能を見ていきます。ちなみに女性の間ではこっくりカラーと呼ばれていて人気ですね。

ワインレッド

ワインレッドは秋らしい温かみのある色の代名詞。ひとつ加えるだけでグンと季節感が増します。また大人っぽい雰囲気が高まり、品良く華やかさも加わるメリットも。またメンズでははっきりした色みだけでなく、味のあるくすんだようなワインレッドもおすすめです。

マスタード

黄色と似ていて楽しそうで元気な雰囲気が高まるマスタード。差し色としても人気の色ですね。ただ黄色ほど鮮やかではないので、安っぽくなりにくく落ち着いた印象で着られる点がメリットです。暖色でもあるので秋冬らしさをくわえるのにも効果的です。

モスグリーン

モスとは苔を意味し、グリーンよりも暗く深みのある色みが特徴のモスグリーン。知的で浮ついた印象がないため、大人っぽい秋冬コーデにもぴったりなカラーです。またほかの色と合わせやすい点も魅力ですね。

▼深みのあるカラーを取り入れた初秋コーデ

それでは上で紹介してきたワインレッド、マスタード、モスグリーンの深みのある色を活用した、初秋コーデを見ていきたいと思います。またメンズアイテムでも注目されているカラーなので、トレンド的な観点としてもぜひ押さえておきたいところです。

ワインレッドのシャツを主役に、デニムを合わせてきれいめカジュアルな着こなしに。パンツの裾をロールアップすることですっきり仕上げています。黒でそろえた小物使いがコーデをシックに味つけ。

着用しているのはこのアイテム

上品な雰囲気漂うワインレッドのボタンダウンシャツ。体に程よくフィットするサイズ感で着やすい一枚です。コットン100%で着心地の良さも魅力。

マスタードカラーの半袖ニットは、1枚で秋らしさがグッと出ます。黒のスキニーパンツ、レザーシューズと合わせたかっちり感のある着こなしが初秋にぴったりです。

着用しているのはこのアイテム

ゆったりと着られる半袖ニット。鹿の子リネンニットなので、まだまだ残暑が厳しい時期でも快適に着られます。くすみがかった色みなので派手になりすぎず、合わせやすいのでおすすめです。

モスグリーンのTシャツとベージュの色合わせが秋らしさ満点。ストライプのノーカラージャケットの着こなしも一気に秋めきます。野暮ったくならないよう、半端丈ボトムスとスリッポンで軽快に仕上げたのがポイント。

着用しているのはこのアイテム

程よく肉厚なヘビーな素材感が男らしいオーセンティックな一枚。定番の白の爽やかな印象とは異なり、グッと秋らしい雰囲気です。しっかりとした質感ですが、伸縮性があり着心地◎。ガシガシ使えるのでヘビロテ確実。

モノトーンカラーで秋コーデにチェンジ

モノトーンカラーとは黒と白、そしてグレーのことをさします。また最近ではこの3色によるコーディネートも人気になっています。色数が少ない印象になるので、コーディネートは自然とシャープでモダンなイメージが高まります。

先述のとおり、モノトーンカラーのアイテムは都会的でシャープな雰囲気のものが多いです。またほかの色とケンカしないので、コーディネートにもなじみやすく着回しやすい特徴があります。

▼モノトーンカラーを取り入れた初秋コーデ

初秋のコーディネートとしては、モノトーンカラーのメリットは落ち着きのある雰囲気を高めるという点でしょうか。とくにブラック、グレーをうまく活用した着こなしを心掛けたいです。ただ多用しすぎると、味気ない雰囲気になる恐れもあるので気をつけましょう。

秋らしい落ち着いた雰囲気のあるモノトーンコーデのスポーツMIX。春夏の軽快さとはまたひと味違った、都会的な雰囲気がおしゃれです。またグレーのパンツは、温かみのあるフリースパンツをセレクトしている点もポイント。

着用しているのはこのアイテム

『フリークス ストア』別注のフリースパンツ。『グラミチ』ならではのクライミングディテールはそのままに、リブ付きのジョガーデザインを採用してスニーカーとの相性も抜群です。

ブラックのポケT、グレーのワイドチノ、大ヒット中の『キーン』のユニークもブラックでまとめたモノトーンコーデ。アクセもすべてシルバーで統一していて、大人っぽい落ち着きのあるモノトーンコーデになっています。

着用しているのはこのアイテム

どんな足の動きにもフィットする、2本のひもで編み上げた画期的なアッパーで大人気の『キーン』のユニーク。オールブラックは、秋のサンダルスタイルにも格好の一足になるでしょう。ソックス合わせてはきたい一足。

グレーのジャケットにジレ、シャツ、タイ、そしてパンツからソックス、スニーカーまで徹底したモノトーンコーデ。普通これだけモノトーンだとのっぺりしそうですが、ジャケットがマイルドな素材感のあるスウェットなので、秋らしいアクセントが加わってます。

着用しているのはこのアイテム

シンプルなグレーの表地とトリコロールの裏地で2通りの着方が楽しめる、『ビームスライツ』のダブルフェイスジャケット。同ブランドらしい機能的な収納も備えています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK