上限10万円未満で予算別に厳選!シンプルで使いやすい腕時計カタログ

上限10万円未満で予算別に厳選!シンプルで使いやすい腕時計カタログ

華美な装飾を施した腕時計は実にエレガントだが、オン・オフ使えるオールマイティーさと洗練さを備えたシンプルな一本は何かと心強い。そんな使える“美形”時計をご紹介。

菊地 亮

2017.07.19

腕時計

男心くすぐるデジタルやクロノグラフも捨てがたいが、原点回帰してみては?

男心くすぐるデジタルやクロノグラフも捨てがたいが、原点回帰してみては?

腕時計を選ぶ際に、やはりデジタル系やクロノグラフ、航空時計といったメカニカルなタイプは当然視野に入ってくるだろう。持ち前のタフさや機能性はメカ好きな我々には代えがたい魅力がある。ただ、時計のあるべき姿に今一度立ち返ってみるのも決して悪い選択ではない。生活を支える有益な要素だけを残し、むだを削ぎ落とした美しくも洗練されたフォルムは、あらゆるシーンで大人の男たちの味方となってくれるに違いない。

ビジュアル面においてはその時々で流行がある。当然ブランド側もそれらを意識したもの作りを進めるが、ビジネススタイルの多様化にともない、今やオン・オフで兼用できる腕時計は無視できないほどにシーンからの要望が高い。ご覧のように、おしゃれに敏感なちまたのファッショニスタたちの手元を見てもそれは容易に想像がつく。さまざまなスタイルに違和感なくなじんでくれる一本が、ツールとしてもアクセとしも有効であることを彼らは深く心得ているのだ。

上限は100,000円未満まで。予算別、男性にハマるシンプル腕時計

では、我々大人の男の手元に添えても遜色のない、美しくもシンプルなルックスの腕時計とは。ここでは、上限を10万円未満に設定し、価格帯ごとに最良の一本をご提案。財布と相談しながら納得の一本を手に入れたい。

予算1〜9,999円で発見。お手頃価格がうれしいシンプル腕時計

腕時計は高級品、といったイメージを誰もが持っている。が、それを踏まえたうえであえてそのチープさを手元へ添えるのも、“遊び”を心得た大人の本領発揮といえるのではないだろうか。

『カシオ』アナログベーシックウォッチ/4,320円(税込)

LCDウォッチの分野でトップクラスの『カシオ』だが、アナログで定番のモデルといえばこちら。アラビア数字を大きくあしらった視認性の高さとデザイン性が男女を問わず人気のヒケツ。

『ニクソン』ザ タイムテラーP/9,936円(税込)

ラバー性のカラーブレスを身につけているかのような手軽さがウリ。トイ感覚のユニークさとお手頃な価格帯はコレクター心をくすぐるはず。ユニセックスで使える。

『タイメックス』キャンパー/8,964円(税込)

アメリカのミリタリーウォッチの元祖ともいわれる『タイメックス』。キャンバーは、1980年代にアメリカ軍から正式採用された同社の定番中の定番。こちらはその初期モデルの復刻版。

『ホークカンパニー』ウォッチ/8,100円(税込)

“進化したスタンダード”を発信し続けるドメスティックブランド。きらびやかなメタルと、職人が革本来の良さを存分に引き出したながらハンドメイドで仕上げたバンドとのコンビが秀逸。

予算210,000円〜19,999円で発見。手が届きやすいシンプル腕時計

お手頃なプライスと抜群のビジュアルパフォーマンスを披露する一本なら、どのシーンでもきっと胸を張れるに違いない。わがままでこだわりもひとしおな大人たちを納得させる厳選の5本をご覧あれ。

『コモノ』ウィンストン ロイヤル/12,744円(税込)

自由な発想の元にデザインする『コモノ』らしいビジュアル。フラットなラウンドフェイスにワントーンの文字盤が洗練された印象で、4時部分にロゴを配しながら遊び心もプラスした。

『オリエント』クラシッククオーツ レザーバンド/16,200円(税込)

直径40mmのやや広めの薄型軽量ケースが特徴の『オリエント』らしいクラシックで都会的、シンプルなスタイルの時計。オン・オフどちらにも対応する落ち着いたルックスも頼もしい。

『スカーゲン』SKW2342/12,800円(税込)

創立12年の新鋭ながら、時計ブランドの知名度ランキングでは世界トップ10入り。そのヒミツは何といっても北欧らしい研ぎ澄まされたデザイン性で、むだのない美しさが世界を虜(とりこ)にしている。

『ベーリング』11938-002/19,980 円(税込)

北欧デザインの新たな一面を伝えてくれる近未来的なフォルムが魅力。必要最低限のフェイスデザインにポリッシュケース、そして強じんなサファイアガラスを搭載してこの価格は驚異的。

『ノット』クラシックスモールセコンド/税込 15,120 円(税込)

ケース径36o&厚さ6.5oのコンパクトサイズがうれしいノットの一本。腕時計の最美を極めた1940〜60年代に発表されたトラッド時計からインスパイアされたもので、磨きの美しさに日本製の神髄が見える。※時計本体のみ、ベルト別売り

予算320,000円〜49,999円で発見。流行にとらわれないシンプル腕時計

もはやファッションとしての領分に含まれる腕時計。だからこそトレンドもないがしろにはできないが、振り回されてもいけない。ここでは、いつの時代も色あせない、おしゃれかつ安定の一本を選んでみた。

『ダニエル ウェリントン』クラシックセイントアンドリュース/23,760円(税込)

英国紳士をイメージしたというデザインは、オフホワイトの文字盤を囲うゴールドのケースと茶革のバンドが実にエレガンス。6oのケース厚で袖口にすんなり収まってくれるのもいい。

『クラス14』ヴォラーレ/27,000円(税込)

イタリアの新進気鋭ブランド、『クラス14』。洗練されたルックスにくわえ、中央に凹凸を作ることで立体的なフェイスデザインに。そんなデザイン的仕掛けもイタリアならでは。ネクストウォッチブランドとして注目度大。

『ツェッペリン』ヒンデンブルク/38,880 円(税込)

メッシュベルトがエレガントな雰囲気を漂わす定番モデル。シンプルなラグやアラビアンインデックスも特徴。ラウンドケースのやわらかな印象とメタルのシャープさが巧妙にマッチ。

『ドゥッファ』ヴァルター・グロピウス/38,880円(税込)

1920年代にクロックシーンの最高峰を極めた誉れ高きドイツの老舗。バウハウスの創始者であるヴォルター氏が語った「工学終わるところに建築学あり」の精神を宿すスモールセコンドを搭載。

『トリワ』ファルケン/32,400円(税込)

2007年創業と歴史は浅いものの、世界中から熱い視線を注がれているのがこの『トリワ』。同モデルは、空高く舞うファルケンの滑らかで鋭い翼からインスピレーションを受けてデザインされている。

予算450,000〜79,999円で発見。本格的なシンプル腕時計

数多のアイテムを経験してきた大人たちが最後に求めるもの、それはズバリ“本物”。そして、陶酔したアイテムを長く使い続けるのだ。そんな目利きに秀でた人も、このアイテムならきっと納得してもらえるだろう。

『ユンハンス』マックスビル ハンドワイド/60,100円(税込)

控えめでクラシカルな趣が目を引くこちらは、バウハウス最後の巨匠ともいわれる彫刻家、マックス・ビル氏が1962年にデザインした名作の復刻。ケースバックには彼のサインも刻印。

『エポス』エモーション/78,684 円(税込)

薄型のケース、オニオンリューズ、そして二重ベゼルと、随所にクラシックなディテールを散りばめた自動巻き腕時計。12、3、6、9位置だけ立体的に仕上げ視認性を高めている点も見逃せない。

『ブローバ』アキュスイス/68,589円(税込)

2016年、『ブローバ アキュトロン』として展開していたラインが新たに生まれ変わった。こちらはN.Y.本社のデザインスタジオで設計され、腕時計の本場、スイスで製作されたプロダクト。

『ハミルトン』イントラマティックオート/69,300 円(税込)

『ハミルトン』が誇る、1960年代のベストセラーウォッチがこのイントラマティック。緩やかにカーブを描く文字盤や、繊細なバーインデックスがポイントで、カーフベルとも大人びた雰囲気。

『ロンジン』ハイドロ コンクエスト/70,300 円(税込)

180年以上の歴史を誇るスイス時計界の名門ブランド。ハイドロコンクェストラインは、エレガントさと優れた性能を併せ持つタイムピースを求める男女のために生まれた時計。

予算580,000〜99,999円で発見。名家ブランドも手の届くシンプル腕時計

アイテムからおのずと漂うクラス感。それこそ一流ブランドのなせる技だが、気がかりなのはプライスだろう。ただ、そのハードルをクリアしたアイテムが、ちまたでは思いのほか多いようだ。

『ティソ』T-クラシック シュマン デ トゥレル パワーマチック80/ 89,640 円(税込)

1853年にスイスで操業を開始した老舗。スポーツの公式時計としても採用された実績を誇り、その実力の一端はこちらにも。内蔵するムーブメントのパワーマチック80が、正確な時を刻む。

『オリス』クラシック/86,400 円(税込)

100年以上の歴史を誇る『オリス』は、昨今コスパに優れた機械式腕時計の第一人者としての地位を築いてきた。クラシックはその代表作。特大のリューズやスリーピース構造のケースがポイントだ。

『アルピナ』ホロロジカル スイスクォーツ/ 94,187 円(税込)

1920〜30年代に製造されていた軍用航空時計をベースに、当時のヴィンテージ感を香らせながら現代的にアレンジ。44oの大型ケースに肉厚なシルバーベルトが存在感を発揮してくれる。

『アエロウォッチ』1942 エレガンス/81,000円(税込)

1920年創業以降、厳しい基準や検査を設定しクオリティーにとことんこだわってきた同社のスタンスは普遍。こちらも同様で、ラッカードブルーの美しさと高い機能性を高次元で融合させている。

『ルイ・エラール』ヘリテージ/92,880円 (税込)

1931年誕生の知る人ぞ知る名家。同社のエントリーモデルとしてロングセラーを続けるのがヘリテージシリーズで、こちらはゴールドのアラビアインデックスと針がラグジュアリー感をあおる。

※価格は7月19日現在のもの

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK