セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

セットアップをおしゃれに着こなすためのメンズコーデ10選

誰でも簡単に完成度の高い着こなしを作れるセットアップ。その取り入れ方とカジュアルダウンのテクニックを、ファッショニスタのコーデとともにご紹介します。

Freeamericanidol編集部

2018.07.20

アウター
セットアップ
着こなし・コーデ

簡単におしゃれに見せることができる秘密兵器。それがセットアップです

セットアップとは「上下揃いの服」という意味。ビジネスシーンで身に着けるスーツなども、身近なセットアップのひとつです。ジャケットとスラックスの合わせに限らず、カジュアルファッションにおいては上下で同じ素材を使用していればセットアップと呼ぶことも。

セットアップの強みは、インナーや小物さえ揃えてしまえば自然と着こなしがキマる気軽さにあります。30代男性にふさわしいかっちり感も演出できるので、グッと楽に旬のコーデが手に入れられるのです。今回はテーラードジャケットを使用したセットアップアイテムに絞り、大人の男性にふさわしいスタイリングを提案していきます。

主軸となるセットアップ選び。3つの視点でアイテムをチョイス

ポイント1着回しを狙うなら、色は“ブラック以外”

インにもアウトにも使えるセットアップを探しているなら、ブラック以外を選びましょう。グレーやネイビーなど明るい色みであれば、中に挿すアイテム次第でシックにもカジュアルにも振ることができます。とはいえ、ブラックが駄目と言うことではありません。スポーティかつモードにキメたい、自分のスタイルが固まっている大人なら、黒という選択肢はベストです。

ポイント2パンツの丈は“9分丈”ですっきり

カジュアルなセットアップスタイルの足元が重たくては、ビジネススーツと変わらなくなってしまいます。あくまでオフでセットアップを楽しむなら、9分丈でソックスをのぞかせるか、素足でシューズを履いて肌色を見せるのが正解です。トップスがかっちりとしていても、足元に抜け感が出るだけで洗練された着こなしに仕上がります。

ポイント3サイズは気持ち余裕を持たせた“ジャスト〜ルーズサイズ”

セットアップ選びで一番重要なポイントは、何といっても自分の体型に合ったサイズを選ぶということ。タイトすぎると重ね着ができなくなるのはもちろん、あまりにルーズすぎるとせっかくのクリーンなイメージが壊されてしまいます。今季的な着こなしを作るなら、あえて肩のドロップした大きめのサイジングもありでしょう。自分の体型と相談して、ジャストフィットする1着を選びましょう。

セットアップを抜け感たっぷりに着崩すコーデ10選

セットアップが主役として生きる、暖かい時期のコーデをチェック。きれいめな印象をキープしつつもスーツのように重たくない、軽やかな着こなしが簡単に作れるのがセットアップを着る利点です。

■参考: 春の新作揃いました。人気ブランド発狙い目セットアップ10選

コーデ1ホワイトニットで適度なカジュアル感を

ブリティッシュなウインドウペンチェックのセットアップを、サマーニットでカジュアルダウン。ニットにはホワイトを選んでネイビージャケットとのコントラストを強く出しつつ、ニット帽とスニーカーで程よいストリート感を投入しています。

コーデ2色数を抑えることで、清涼感をプラス

春夏シーズンにマッチするベージュのセットアップは、カットソーとスニーカーを合わせて大人っぽく着こなすのが正解。胸に挿したアイウエアがさりげないアイキャッチになっています。色を抑えた分、シューズは素足履きで肌色を見せるのがコツです。

コーデ3ダブルのジャケットこそ、着崩して

フォーマル感の強いダブルジャケットは男ならば1度は袖を通してみたいアイテム。ですが、カジュアルで着こなす場合、多少のアレンジは必須です。例えば、サイズ感。ボトムスにテーパードの強いタックパンツを、足元に柄スニーカーを合わせることでリゾートテイスト漂うこなれた着こなしが完成します。素材もコットンを選び、ざっくりと羽織るのがキモです。

コーデ4シャツ代わりのGジャンが男らしさを演出

かっちり感の強いセットアップも、インナーにGジャンを重ねれば大人のカジュアルダウンが可能。程良く色落ちした『マルタンマルジェラ』のGジャンの素材感と、折り目正しい『リングヂャケット』のスラックスがもたらすコントラストが、奥行きのあるスタイルを構築しています。

コーデ5かっちりジャケットとキャラものは意外とハマります

レトロな絵柄のスウェットシャツで、セットアップをカジュアルダウン。セットアップからカットソーまでグレートーンでそろえることで、ポップになりすぎないよう調整しています。柄で遊んだ分、サイジングはきっちりと。裾もロールアップすることで、パンツのシルエットを美しく保っています。

コーデ6ドレス感を抑えるなら、シルエットに少しの脱力感を

ボルドーを主役にスタイリング。柄を排した上品な印象のセットアップですが、あえて肩を落としたシルエットやホワイトのカットソーでうまくカジュアルダウンしています。大きく引き算した分は、足元のオペラシューズで品の良さをほんの少し品の良さをプラスしてあげると大人っぽく仕上がります。

コーデ7デニムのセットアップにはマリンテイストが好相性

ライトオンスのデニムセットアップは、軽い着心地で春夏シーズンにぴったり。デニムの素材感を生かすなら、インナーは主張控えめのアイテムがベターです。細ピッチのボーダーカットソーを合わせれば、クリーンさを損なわず夏らしいマリン感を添えられます。

コーデ8個性的な小物も巧みにいなす、ベージュセットアップ

清潔感があるベージュのセットアップ、その懐の深さを知ることができる好例です。ツートーンの『バンズ』、発色の良いキャップ、レジメンタルのボウタイ、ウォレットチェーン……と小物を盛りだくさんに仕込んでも、まとまりよく仕上がります。もちろん、もたつきのないジャストサイズが大前提です。

コーデ9白パーカーでほんのり薫らせるストリートテイスト

セットアップのかっちり感に程よくカジュアルさをMIXしてくれるパーカー。オリーブカラーのセットアップにホワイトのパーカーを合わせてクリーンに仕上げています。女子ウケもさることながら、今風なストリート感を取り入れるのにも使い勝手の良いアイテムです。デカNの『ニューバランス』でアクセントを作っている点にも注目。

コーデ10ポイントでの小物使いで、のっぺり感を回避

丈の長いカットソーをインナーに使用することで、メリハリの効いたレイヤードを構築しています。ただ、それだけだとシンプルになりすぎてしまうため、小物で遊びを投入。ベルトループに通したバンダナと足元のスリーストライプスで、ポイントを巧みに作っている好サンプルです。

セットアップを巧みにカジュアルダウンさせる、5つの神器

スーツほどではないにしてもカチッとして見えるセットアップ。それをいかにカジュアルダウンさせるかが、セットアップを着用する際の腕の見せどころです。上記のファッショニスタたちも取り入れていた、即効性の高い5つのアイテムをチェックしましょう。

アイテム1カットソー&Tシャツ

メンズコーデの基本アイテムであるカットソー&Tシャツはセットアップの着こなしにおいても重要なアイテム。堅苦しく見えてしまう襟付きアイテムと差し替えるだけで、とたんに軽快な印象にさま変わりします。無地もおすすめですが、春夏にはボーダーも要チェック。着こなしに程良いアクセントを作ってくれるはずです。

アイテム2スウェットパーカー

カットソー&Tシャツと同様、スウェットパーカーもセットアップに挑戦するなら用意しておいて損はないマストアイテム。シルエットが画一化しがちなセットアップコーデにおいて、首元に程よいボリュームを生み出します。プルオーバーだとよりスマートに仕上がりますが、ジップパーカーの前を開けてよりストリート色を強く押し出すのもユニークです。

アイテム3Gジャン

Gジャンはアウターである、という考えはひと昔前のもの。サイズアップしたジャケットの下にウォッシュがかったGジャンを仕込むだけで、清潔感と男らしさのバランスが取れた上級者コーデが完成します。フロントポケットの大きな2ndタイプは難易度が高いため、オーソドックスな3rdタイプを選びましょう。

アイテム4スニーカー

清涼感のあるローファーの素足履きなども有効ですが、よりドレス感を抑えたセットアップを楽しむならローカットのスニーカーがベターでしょう。コンバースなどのローテクスニーカーから、最新機能が搭載されたハイテクスニーカーまで、バリエーションで揃えておくと便利です。

アイテム5キャップ&ニット帽

あまり大げさにカジュアルダウンさせたくない場合、かぶりものの投入も良い選択です。セットアップ自体を着崩すことなくオーソドックスに仕上げた場合でも、キャップやニット帽をコーデに足すだけで程よい大人のオフスタイルが楽しめます。アイウエアやアクセサリーなど、他の小物との複数使いも効果的です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK