今秋ネルシャツどう着こなす?好相性なパンツを紹介

今秋ネルシャツどう着こなす?好相性なパンツを紹介

カジュアル派のメンズコーデに欠かせないウェアといえば、ネル素材のシャツ=ネルシャツ! 通年で使えるこの便利なシャツと相性のいいパンツの着こなしをご紹介します!

CANADA

2016.08.29

トップス
シャツ
ネルシャツ
秋の着こなし・コーデ

秋コーデに欠かせないネルシャツ。今秋の着こなしの気分は?

コーデにカジュアルなこなれ感を作ってくれるネルシャツ。秋冬に欠かせないアイテムですよね。ところで、ネルシャツと言えば、デニムパンツと作るアメカジにしか合わないと思っていませんか? いえいえ、決してそんなことはありません! 流行のジョガーパンツなどとも相性がいいんです。そこで、ネルシャツを使った着こなしをパンツのパターン別にご紹介します!

▼パターン1:アメカジの鉄板。デニムパンツと組み合わせる

ネルシャツの鉄板コーデといえば、何といってもデニムパンツと組み合わせたアメカジコーデ! 決して流行に左右されることなく、いつの時代もメンズファッションのスタンダードとして大人の男性から根強い支持を得ています。誰にでも似合うというのも魅力!

シャツとして着るのはもちろん、腰に巻いたり肩からかけたりとアレンジ次第でさまざまなコーデが楽しめるのがネルシャツです。スウェット×デニムパンツの王道カジュアルな着こなしも、腰にギンガムチェックのネルシャツを巻くだけで小気味のいいアクセントが生まれます。

デニム地のベストとデニムパンツをセットアップで着こなした、カジュアルなのにフォーマル感のある大人のコーディネート術。ベストのインナーをグリーンベースのネルシャツにしたことで、程よい脱力感と着こなしのアクセントを両取りしています。

ブロックチェック柄のネルシャツにデニムパンツ、足元は『バンズ』のスニーカーと、アメカジ王道の組み合わせですが、タイトなサイジングときれいめな色合わせで現代的なコーデに見せています。デニムパンツのさり気ないロールアップもポイント!

やや大ぶりなチェック柄のネルシャツは、アイテム自体にインパクトがあるのでコーデのメインにするにはもってこい。立体的なカッティングともも部分のプリーツが特徴のバイカーデニムを合わせて男らしいコーデに仕上げています。

グリーンのネルシャツに合わせたのは、リアルなダメージ加工が目を引くデニムパンツ。裾に向けて強くテーパードがかかっているので、脚の形をきれいに補正してくれて美脚に見せてくれます。ネルシャツの袖をロールアップして、さり気なくアクセサリーを目立たせています。

▼パターン2:大人カジュアル派はスラックスと組み合わせて

ネルシャツはデニムパンツに合わせるだけではありません! きれいめなスラックスと合わせれば、途端に大人カジュアルに生まれ変わるのです。これまでネルシャツ=アメカジ一辺倒になっていた方、今年はスラックスと合わせてみてはいかがですか?

ネルシャツをモードの着こなした好例。ややワイルドなシルエットが印象的なスラックスは、無地でむだのないミニマルなデザインなので、さまざまな着こなしにマッチ。ショルダー部分にパッチワークが施されたモードなネルシャツとの相性もバツグンです。

品のあるグリーン×ネイビーなら、カジュアルなネルシャツをきれいめなスタイルで着ることも可能。ネルシャツのネイビーとスラックスのネイビーをリンクさせることで全体の色数を減らし、シックに着こなしています。そこに、スニーカーでハズしを入れたのがキモ。

タイトなシルエットがきれいな『ユニクロ』のスラックスは、実はレディースアイテム。パンツでシュッとしたラインを出したいなら、レディースをチェックするのもアリです。合わせたネルシャツも『ユニクロ』ですが、自分に合ったサイズを選ぶことで安っぽく見えません。

『ジュン・ハシモト』と『ナノ・ユニバース』がコラボしたコーデュロイパンツは、太ももから膝までを極限まで細くし、膝から裾まではストレートなシルエットが特徴的。ネルシャツ×マウンテンパーカーのカジュアルコーデに大人の品格をプラスしています。

ニット帽、ネルシャツ、スニーカーとカジュアルなアイテムが続いているので、大人の男性ならどこかにきれいめ要素も入れておきたいところ。チノパンツも本来ならカジュアルなアイテムですが、これはドレス感のある生地とシルエットを採用しているので、コーデに高級感が加わります。

▼パターン3:定番の組み合わせ。チノパンツやコーデュロイパンツは配色に注意

ベージュ系のカラーリングが多いチノパンツやコーデュロイパンツは、トップスも薄いカラートーンで合わせてしまうとコーデ全体がぼやっとしがち。ハッキリとしたカラーリングのネルシャツをチョイスしてメリハリをつけるようにすると、コーデが引き締まって見えます。

むだのないテーパードシルエットで、トレンドに左右されず長く愛用可能なコーデュロイパンツは、『コーエン』のもの。コーデュロイ素材の雰囲気に合わせて、ネルシャツも古着屋にありそうなレトロなチェック柄をチョイス。ワークシャツ形が新鮮です。

ネルシャツをメインアイテムにしたアウトドアコーデ。色のアクセントとなるアイテムをネルシャツだけにしたことで、カジュアルなコーデも大人っぽく着られます。全体的にコーデにボリュームがあるので、足元もマウンテンブーツを合わせてバランスを調節。

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』×『リー』のコーデュロイパンツは、洗練された九分丈と裾に向かってきれいにテーパードさせたシルエットで、野暮ったくなりがちなコーデュロイパンツを品のあるアイテムに。ネルシャツもギンガムチェックを選べば、ラフになり過ぎません。

品のあるウィンドペンネルシャツでコーデ全体をきれいめに傾けつつ、チノパンツとスニーカーで抜け感を入れています。大人のシンプルカジュアルは、このように大きめのハットでアクセントをつけるなど、小物使いで差をつけるとおしゃれに見えます。

コーデのメインにしたのは、凝ったクレイジーパターンが目を引くネルシャツ。それをホワイトカラーのテーパードが効いたチノパンでスッキリとクリーンなイメージで仕上げています。足元のブーツもネルシャツに合わせてネイビーをもってきて、コーデに統一感を出しています。

▼パターン4:今秋の注目枠。リブパンツやスウェットパンツなど、スポーティなパンツとの組み合わせ

デニムパンツやチノパンツなど、ネルシャツのアメカジコーデはメンズコーデの超定番。ネルシャツを使って今年らしいコーデを作りたい! なら、リブパンツやスウェットパンツを合わせてみて。程よいゆるさがプラスされて、こなれたリラックスカジュアルが完成します。

『チャンピオン』×『ナノ・ユニバース』のスウェットパンツは、脚のラインをきれいに見せることができるテーパードシルエットを採用して、スウェットの野暮ったさを払拭。ネルシャツのチェック柄もシックな色合いでまとめて、ラフなコーデに品をプラスしています。

デニムジャケットの中に重ねたのは、ノーカラーのネルシャツ。襟がないので、フードの付いたパーカーともレイヤードしやすいのです。上半身を青系、小物を赤系でまとめているので、スウェットパンツは落ち着いた色を選んでトータルバランスを調整しています。

ネルシャツは今もっとも旬のブランドのひとつ、『フィアオブゴッド』のもの。ストリート色の強いブランドですが、インナーに『ジョンスメドレー』のサマーニットを合わせることでラフさを中和。ボトムにはリブパンツをもってきてリラックス感を出しています。

日に焼けたような色合いが夏カジュアルに最適なスウェットパンツは、『ジーユー』のレディースアイテム。『ジーユー』のレディースはサイズ展開が幅広いので、男性でも着られるサイズが見つかる可能性も。ネルシャツも白をメインに赤と青を効かせたデザインで、爽やかさを前面に押し出したコーデに。

ブラウン×ネイビーのネルシャツにマウンテンパーカーを羽織って、アウトドアテイスト漂うコーデに。ここにあえてリラックス感のあるスウェットパンツを合わせることで、街仕様のコーデに。スウェットパンツの裾をブーツインしたのもさり気ないポイントです。

ネルシャツ×相性の良いパンツの着こなし、いかがでしたか? ぜひ、この秋はいつもとは違うネルシャツコーデに挑戦してみてください。

合わせて読みたい!
参考記事: オタクに見せない!ネルシャツで作るおしゃれコーデ術

    KEYWORD関連キーワード

    BACK