アンクレットで足元をおしゃれに。今夏の注目ブランド15選

アンクレットで足元をおしゃれに。今夏の注目ブランド15選

ショーツやサンダルで足首の露出が増えるこの時期。今ならではのアクセリー使いを楽しんでみては? おすすめブランドから厳選したアンクレットと着こなし例を紹介します。

平 格彦

2016.08.15

アクセサリー
アンクレット
夏の着こなし・コーデ

アンクレットとは?

アンクレットは、足首に巻くアクセサリーのこと。足用のブレスレットと思えばわかりやすいと思います。足首がのぞく季節だからこそ活きるアイテムで、これ見よがしにではなく、さり気なくおしゃれへのこだわりが表現できるのが魅力。夏には率先して着用したいアイテムです。

■合わせて読みたい:
初夏の足元に洒落感を添えてくれるアンクレット

足元のひと手間が周囲の好印象を生むきっかけになる

誰でも簡単! アンクレットの活用術

普段つけていないとなかなかイメージが沸かないかもしれませんが、アンクレットは次に挙げるポイントを意識するだけで誰でも簡単に活用することができます。ではさっそく、3つの活用術とそれを実践している着こなし例をご紹介していきましょう。

▼活用術1:丈が短いパンツと合わせる

足首が露出するコーディネートで使用するのがアンクレットの大前提。ショートパンツやクロップドパンツとのマッチングは最適です。露出した足首にアンクレットが加わるだけで物足りなさが解消でき、さらには選ぶアイテム次第でさり気なく個性を加味できます。

着けこなし例1白ショーツに真っ赤なアンクレットを差す

ホワイトのショーツにアンクレットを取り入れたコーデ。全身をネイビー×ホワイトで爽やかに組み立てつつ、真っ赤なレザー素材のアンクレットをセレクト。焼けた肌にも映え、良いアクセントになっています。

着けこなし例2短丈ショーツにビビッドカラーで存在感を出す

細ボーダーの膝上ショーツを用いた大人なカジュアルスタイル。リネン素材のネイビーシャツや革靴など全体的に品よくまとまっていますが、そこにイエローのビーズアンクレットをプラス。素材や色で存在感を出しています。

着けこなし例3クロップドパンツからのぞく足首にメリハリを

こちらもホワイト×ネイビーの爽やかコーデに赤のアンクレットで差し色使い。クロップド丈からのぞく露出した足首に目線がいきがちですが、そこにアンクレットを着けることでメリハリがつきます。

▼活用術2:ジーンズのロールアップで無造作にチラ見せ

フルレングスのパンツでも、夏にはロールアップして足元を軽やかに見せる人も多いはず。無造作にまくり上げた裾からちらりとのぞく足首。そこにアンクレットがあれば、おしゃれへのこだわりが表現できます。

着けこなし例1定番カジュアルスタイルをブラッシュアップ

白T×ジーンズの定番カジュアルスタイルをネックレスやブレスレット、アンクレットでブラッシュアップした好例。チェーン素材が男らしさを醸しています。複数のアクセを着用するときは、色みを揃えるとコーデに統一感が生まれます。

着けこなし例2控えめロールアップからさり気なくのぞかせる

サマーニット×ノンウォッシュジーンズのストリートスタイル。くるぶしがやっと出るぐらいの控えめなロールアップと白スニーカー使いで軽快に仕上げた足元に、アンクレットが程良く存在感を出しています。定番スタイルだからこそ、こなれたムードをプラスするのに重宝するテクニック。

着けこなし例3ブラックコーデにはゴツめアンクレットで武骨に

クールなブラックコーデにゴツめのアクセは相性抜群。首元、手首、足首に重ねづけして、ワイルドに仕上げています。アンクレットは『ジャムホームメイド』のモノ。

▼活用術3:サンダルとのセットで足元の抜け感を最大限に

足首を覗かせて着用するのがアンクレットの原則ですが、そもそも夏はサンダルの出番が多いはず。露出が増える分、足首が寂しくなったらアンクレットが役に立ちます。

着けこなし例1頭から足元まで、アクセの色合わせで統一感を出す

くるぶしが隠れるぐらいのレングスですが、サンダルなので足元の露出量はしっかり確保。そこにアンクレットを着ければ動きが加わります。白いノーカラーシャツ、ボーダーカットソー、薄色ジーンズを組み合わせた爽快なコーディネートですが、ハットとリュック、アンクレットをすべて黒で統一してシックさをプラスしています。

着けこなし例2モードな着こなしをカジュアルダウン

ブラック基調のプルオーバーシャツに白パンツを合わせたモードなスタイル。そこにサンダルと赤のアンクレットで抜け感を加えています。赤色を選ぶことで絶妙なスパイスに。

着けこなし例3スポサンに少しのドレス感をプラス

スポーツサンダルの人気は継続中。その名の通りスポーティなアイテムなので、アンクレットを合わせることでややドレスアップした印象を加味できます。全身をダークトーンでまとめているので、足元は軽快に。

人気ブランドから厳選。この夏おすすめのアンクレット15選

足元に夏っぽさをプラスしながら、大人っぽさは損なわないアンクレットを厳選。おすすめのブランドからピックアップしていますので、アイテム選びだけでなくブランド選びの参考にもぜひ。

アイテム1『ゲンリ』クロスアンクレット

細身のチェーンが特徴のアンクレット。全体的にはシンプルですが、クロスのチャームがアクセントとなって存在感を高めています。華奢なチェーンアンクレットは、合わせるスタイルを選ばず着けやすいので、アンクレットの初心者にも最適です。

アイテム2『マーズ』コンビネーションアンクレット

ブラックスピネル、ブラックパール、シルバーのビーズをリズム良く連ねたアイテム。0.3cm幅とは思えない程のインパクトで足元にアクセントを加味してくれます。アジャスターチェーン付きでサイズ調整も可能。

アイテム3『ワカミ』3連アンクレット ネイビー

フェアトレードというビジネスモデルによってグアテマラ共和国の作り手と世界の人々をつなげ、貧しい国々が豊かになっていくことを願って誕生したブランド『ワカミ』。ワックスコードを軸にメタルやグラスのビーズもプラスしたアンクルは3種類がセット。バランスを考慮して着ける本数や種類などが調節できます。

アイテム4『サンク』ビーズアンクレット

ぜいたくに使ったオリジナルのビーズは、ネイティブアメリカンのナバホ族に伝わる中空ビーズの技法を用いて製作したもの。シルバーのスター型チャームが適度なアクセントとして効いていて、足元にポイントを作ってくれます。

アイテム5『ビビファイ』ナチュラルブレイディングアンクレット

ディアスキンの紐1本と麻の紐2本を三つ編みにした組み紐のコードでアンクレット兼ブレスレットに仕上げています。ナチュラルな印象ながら、オリジナルのコインボールとウッドビーズが装着時のスパイスとしてさりげなく主張!

アイテム6『ラウンジリザード』ブラス ナローアンクレット

シャープなスタイルが構築できるアイテムが揃う『ラウンジリザード』。こちらのアンクレットも細長く薄いチェーンで仕上げており、シャープな印象です。シンプルなのに鈍く光るシルバーが存在感を発揮します。

アイテム7『チャンルー』シードビーズ アンクレット

ブルー系のシードビーズをナイロンコードで挟み込んだ『チャンルー』らしいアンクレット。エスニックさやアンティークさを感じさせるテイストが絶妙で、足元での個性作りに貢献してくれます。サイズ調整は4段階で可能。

アイテム8『アンプジャパン』10セント ワックスドコード アンクレット

10セントコインをくり抜いて“AMP”の刻印を打ち込んだチャームがアイキャッチ。ブルー系のカラーで編み込んだコードとのコントラストでよく映えています。コインの反対側にはシルバー色とブラス色のディスクビーズがランダムに配置されていて、アンティークなムードを上乗せしています。

アイテム9『ライオンハート』コインチャームアンクレット&ネックレス

メインのチャームはイタリアが発行したユーロ硬貨。そこに描かれているのはレオナルド・ダ・ヴィンチによる「理想的な人体図」です。ビーズのカラーによってコインも異なり、このビーズはダークブルー。他にブラック、ホワイト、ブラック×ホワイトも選べます。

アイテム10『ノースワークス』カラーロープ スター アンクレット

ハンドメイドによる味わい深いアクセサリーをリリースしている『ノースワークス』。コイン使いが得意で、このアンクレットでもクラスプにコインを起用しています。スター型のチャームとコードのカラーで適度なポップ感もMIX。

アイテム11『ステュディオス』2WAYアンカーチャームアンクレット・ブレスレット

細身のチェーンと、その幅に合わせた小さなアンカーチャームで作られた繊細かつエレガントなデザイン。嫌みのない存在感で、あらゆるコーディネートにさりげなくマッチします。長さが調整できるため、アンクレットだけでなくブレスレットとしても使用可能。

アイテム12『ビリーブインミラクル』スクエア レザー アンクレット

身に着けることで奇跡や幸運を呼び寄せるようなアクセサリーを自由な発想で提案しているブランド『ビリーブインミラクル』。このアンクレットではコインチャームに、キリスト教の奇跡のひとつとされる“グアダルーペのマリア”が描かれています。スクエアカットの革のコードが男らしい質感を主張。

アイテム13『ブラック by ヴァンキッシュ』ブレイズブレスアンクレット(2WAYタイプ)

編み込み(ブレイズ)のようなモチーフのチェーンが特徴的。シンプルなデザインなのに存在感があり、足元に自然なアクセントを加味してくれます。チェーンの一部がクリップ式で着脱でき、短くすればブレスレットとしても着用できます。

アイテム14『岩座』本藍染め 綿麻アンクレット

ブランド名は“イワクラ”と読み、日本の美しい心や祈りをテーマに御守り、雑貨、アクセサリーを展開しています。この2連アンクレットは本藍染めのよる藍色のコードと天然石のビーズによるコンビネーションが上品。“ジャパンブルー”とも称される高貴な藍色は、古来“褐色(=かちいろ=勝色)” とも呼ばれ、勝利への縁起担ぎに用いられてきました。

アイテム15『ロゼッタプレア』別注 コンチョ アンクレット

ハンドメイドのアクセサリーブランドに『ビームス』が別注を掛けて誕生したアンクレット。留め具を兼ねるコンチョが映えているシンプルなデザインで、初心者でも着けやすいデザインに仕上がっています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

    山崎 サトシ

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド

    多様なスリッポンのなかでも、スニーカーソールを用いたタイプが主流です。カジュアルスタイルの足元に取り入れやすいブランドをレコメンドしていきます。

    平 格彦

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    BACK